メインメニューを開く

Kバレエカンパニー

東京都文京区に拠点を置くバレエ団

Kバレエ カンパニー (けいバレエ -、K-BALLET COMPANY) は、世界的バレエダンサーである熊川哲也が主宰し東京都文京区に本拠を置くバレエ団。1999年創立。熊川が芸術監督を務める。名誉総裁A・ダウエル

F・アシュトンG・バランシンR・プティの振付作品や熊川自身の新演出よる古典バレエ、オリジナルの振付作品など、高いレベルのダンサーと世界的デザイナーとのコラボによる舞台美術・衣装など評価が高く、バレエ公演は国内でも突出した集客を誇っている。所属するダンサーは約80名[1]、年間の総公演数は約50回。

目次

概要編集

沿革編集

1996年、熊川が当時所属していた英国ロイヤル・バレエ団の夏期休暇中に、"Made in London" と称するバレエ公演を日本でおこなったのを発端とする。シーズン休暇中、当時の同僚10名と共に新作と古典の小品の交えた舞台を上演した。この企画は1998年まで毎夏続けられた。

1998年9月、熊川がロイヤル・バレエ団からの退団を発表。程なくして、同じく熊川の同僚であった5人の男性舞踊手も退団[2]。翌1999年1月、熊川が旗振り役となり6人を基幹とする新たなバレエ団、「Kバレエ カンパニー」の結成が発表された。

結成時のメンバーは、熊川と上記5人のほか、オーディションで選ばれた日本人女性のコール・ド・バレエ、客演者として現役のロイヤルの女性プリンシパルと第一ソリスト数名で、総勢26名だった。英国在住者が中心のため拠点をロンドンに置き、民放のTBSテレビが日本に招聘するという形でビジネスパートナーとして提携。欧州での公演も行い、日本は巡演の一部と位置づけられていた[3]。初年度は外部の振付家に委嘱して作ったコンテンポラリー作品や古典の楽曲による新振付の小品を出し物とし、日本国内では春・冬の2度の巡演でそれぞれ約20日間の公演をおこなった。

2001年11月、谷桃子バレエ団の協力を得て、全幕物 『ジゼル』 を上演した。以後、古典の全幕物を熊川が再振付・再演出し、毎年1作の割合でレパートリーに加えられていく、近年では完全オリジナルの新作グランドバレエも発表している。2002年9月、本拠地を文京区小石川に移して名実ともに日本のバレエ団となった。

TBSテレビとはビジネスパートナーを継続し、1シーズンごとに2度の国内ツアー、季節ごとの短期公演など旗揚げ公演以来コンスタントに興行を成功させ、カンパニーの成長と発展は、内外での評価にも結びつき、2004年、2006年には『白鳥の湖』『くるみ割り人形』『ドン・キホーテ』の舞台成果に対し朝日舞台芸術賞を受賞。また、海外では2004年ニューヨークメトロポリタン歌劇場で開催されたリンカーン・センター・フェスティバル「アシュトン記念公演」に招聘され正解有数のバレエ団と共演。2012年には熊川がBunkamuraオーチャードホールの芸術監督に就任し、『シンデレラ』『ラ・バヤデール』『カルメン』の新作を発表、2017年には原作も音楽も存在しない完全オリジナルの全幕作品『クレオパトラ』を世界初演し、完全オリジナルのグランドバレエの成功に国内外より高く評価される。2018年、熊川の『クレオパトラ』の演出・振付に置ける長年の功績が評価され、第59回毎日芸術賞特別賞を受賞。国内のみならず世界からも注目されるなど、パレエ文化の発展に向けて精力的な活動をしている。2013年には、次世代のダンサー育成を目的としたジュニアカンパニー、K-BALLET YOUTHも設立。プロフェッショナルと同じ環境を提供し全幕作品を上演する機会を設けている。2015年には熊川の人材育成への貢献が評価され「第24回モンブラン国際文化賞」を受賞。またプロフェッショナルダンサーへの登竜門として知られるスイスのローザンヌ国際バレエコンクールのオフィシャル・パートナーカンパニーとなっている。

特徴編集

株式会社TBSテレビが興行を担当し、芸術面で妥協をしないバレエを実現することを創立時からの理念としている[4]シアター オーケストラ トーキョーを保有し、日本で唯一オーケストラを持つバレエ団である。

団員は6階級にクラス分けされ、上から4階級までは正規社員または契約社員、以下は実績に応じた歩合給となる[5]。正規社員には社会保険、厚生年金を保障するなど欧米並みの待遇をする方針を採っており、ダンサーにチケット販売の義務を課さず、トゥ・シューズ代も支給している[6]。シーズンごとの契約制のため人員の入れ替えがある。芸術監督補佐やバレエ・ミストレスといった要職にロイヤル・バレエ団の出身者が目立つ。創立以来さまざまな国籍のメンバーを擁しているが、2004年頃から日本人バレエダンサーを中心に起用し日本のバレエカンパニーとしてプロフェッショナルの地位を築いている。

演目編集

海外の著名作品、古典の全幕物の改訂・新演出、完全新作の3種類に分けられる。

新作は前述のとおり1999年までに外部の振付家に委嘱して作ったもののほか、2003年以降に熊川自身が振付けたものがある。熊川の作品は物語のない抽象作品や古典全幕作品の改訂や完全新制作がある。以下に代表的なものを記す。

  • ラプソディ(F・アシュトン)
  • シンフォニック・ヴァリエーション(F・アシュトン)
  • 二羽の鳩(F・アシュトン)
  • バレエ ピーターラビット™️と仲間たち(F・アシュトン)
  • 真夏の夜の夢(F・アシュトン)
  • レ・パティヌール(F・アシュトン)
  • セレナーデ(G・バランシン)
  • シンフォニー・イン・C(G・バランシン)
  • 放蕩息子(G・バランシン)
  • カルメン(R・プティ)
  • ボレロ(R・プティ)
  • 若者と死(R・プティ)
  • アルルの女(R・プティ)
  • プロムナード・センチメンタル(L・スカーレット)
  • 三人姉妹(K・マクミラン)
  • パッシング・ボイス(熊川)
  • ウォルフガング(熊川)
  • ベートーヴェン第九(熊川)
  • シンプル・シンフォニー(熊川)
  • パッションフルーツ(熊川/渡辺)

全幕バレエ(熊川版)

  • ジゼル
  • 眠れる森の美女
  • 白鳥の湖
  • コッペリア
  • ドン・キホーテ
  • くるみ割り人形
  • 海賊
  • ロミオとジュリエット
  • シンデレラ
  • ラ・バヤデール
  • カルメン
  • クレオパトラ(完全オリジナル)
  • 蝶々夫人

主なメンバー編集

ダンサーの階級名は「プリンシパル」「プリンシパルキャラクター」「プリンシパルソリスト」「ファーストソリスト」「ソリスト」「ファーストアーティスト」「アーティスト」と位置づけている。以下は2019年1月現在。

プリンシパル
プリンシパルキャラクター
  • スチュアート・キャシディ
  • 伊坂文月
  • 渡辺レイ
プリンシパルソリスト
  • 小林美奈
  • 成田紗弥
  • 高橋裕哉
  • 山本雅也
ファーストソリスト
  • 浅野真由香
  • 堀内將平
  • 井上とも美
  • 石橋奨也
  • 毛利実沙子
  • 酒匂麗
  • 杉野慧

脚注編集

  1. ^ 2019年1月現在。準団員を含む。メンバー情報(公式サイト)
  2. ^ スチュアート・キャシディ(Stuart Cassidy)、ウィリアム・トレヴィット(William Trevitt)、マイケル・ナン(Michael Nunn)、ギャリー・エイヴィス(Gary Avis)、マシュー・ディボル(Matthew Dibble)。この5人は高額の年俸で引き抜かれたという。当時ロイヤルの芸術監督であったA・ダウエルの証言。 cf. "Dancing for joy", The Guardian, 9 Nov. 1999.
  3. ^ とはいえ、実際は日本公演の成功を最重要視していた。 cf. "What's so special about K?", Daily Telegraph, 22 Apr. 1999.
  4. ^ "Q & A with Tetsuya Kumakawa", CNN.com, 7 Dec. 2007.
  5. ^ 「プロ力 - 仕事の肖像」、36頁
  6. ^ 「Kバレエカンパニー バレエ・ミストレス 堀内かおり」(『バレリーナへの道』 Vol.37、文園社、2001年、ISBN 4-89336-160-0 p.17.)

参考文献編集

公式サイト編集