メインメニューを開く

KKコンビは、PL学園高等学校に1983年から1986年まで在籍しの甲子園で主力として活躍した桑田真澄(くわた ますみ)・清原和博(きよはら かずひろ)の2人を指す通称。由来は2人の名前の頭文字をとったもの。

2人とも卒業後はプロ野球選手となった。

目次

高校時代編集

PL学園高等学校で甲子園に1年生の夏(1983年)から3年生の夏(1985年)まで5季連続で出場し、それぞれ1年生の時から桑田はエース、清原は4番打者として活躍し、甲子園に伝説と記録を残した。なお、学校では同じクラスで席も隣だった年もある。

やまびこ打線の池田高校(1982年夏・1983年春)、松坂大輔を擁した横浜高校(1998年春・夏)、北海道勢初の甲子園制覇、さらには田中将大を擁しての夏の甲子園連覇(2004年夏・2005年夏)をした駒大苫小牧を含め、春夏連覇や夏春連覇を達成したチームは多数あるが、5季連続でここまでの成績を残したチームは学制改革後KKコンビ時のPL学園だけである。

高校最後の公式戦となった1985年10月の鳥取国体倉吉)でPL学園はベスト4に終わり、2人のコンビは一旦消滅した。

KK3年生時の1年生は、片岡篤史立浪和義橋本清野村弘樹桑田泉(真澄の弟)など錚々たるメンバーを揃え、彼らが3年生となった1987年にはKKコンビが成しえなかった春夏連覇を果たした(この時、2年には宮本慎也もいた)。彼らもプロ野球を代表する選手となり、泉もプロゴルファーとして活躍している。

甲子園での2人の個人記録編集

甲子園通算成績編集

  • 桑田
    • 25登板 20勝(通算記録)3敗  投球回数197 2/3 自責点34 防御率1.55 
    • 26試合 104打数37安打 打率.356 本塁打6(通算記録)[1][2][3]
    • 甲子園勝利回数は歴代2位。甲子園出場可能回数が6回から5回となった学制改革以降での勝利回数は1位
  • 清原
    • 26試合 091打数40安打 打率.440 本塁打13(通算記録)[4]
    • 02登板 00勝(通算記録)0敗  投球回数4.1 自責点00 防御率0.00[1]
    • 清原は一大会における選抜高等学校野球大会最多タイの3本塁打、全国高校野球選手権大会歴代2位の5本塁打[5]を挙げて、歴代1位の通算13本塁打を記録。桑田も甲子園で歴代2位タイの通算6本塁打を放っている[6][7]

名を知らしめた池田戦編集

1年生夏の準決勝、池田との試合に勝利した事などで、桑田・清原は全国の高校野球ファンから一気に注目されることとなった[8]

主催の朝日新聞社の分析によれば、前年夏からの3季連続優勝を目指す池田を筆頭に実力の接近した7強(中京広島商高松商池田高知商佐世保工鹿児島実[要出典]が優勝候補として挙げられていたが、PLは清原が「同校史上初めての1年生の四番打者」として注目をされる程度で、7強はおろかそれらを追う二番手グループの中にも挙げられていなかった[9]

池田は7強の一角である広島商を三回戦で、事実上の決勝戦と言われた[10]中京を準々決勝で退けるなどして順当に勝ち上がってきた。一方、同じく準々決勝で7強のひとつに名前を挙げられていた高知商に1点差で勝つなど、勝ち上がってきたPLも、池田絶対有利の評価は変わらなかったが[11]、大方の予想を覆し試合は7対0でPLの圧勝となった。桑田は強打の池田を完封したのみならず、それまで一度も甲子園で本塁打を打たれたことのない水野雄仁から本塁打を放った。

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
池田 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 1
PL学園 0 4 1 1 0 0 1 0 X 7 9 0
  1. (池) : 水野 - 井上
  2. (P) : 桑田 - 小島
  3. 審判:球審…布施、塁審…西大立目・本郷・清沢
  4. 試合時間:1時間25分

プロ入りで別の道を歩む編集

KKコンビ再び編集

  • 1997年に清原がフリーエージェント制度を利用して巨人入りすると、桑田・清原は高校卒業以来のチームメイトとなり、再度KKコンビが見られるようになった。これは清原が2005年シーズン一杯でオリックス・バファローズに移籍するまで9年間続いた。一方の桑田も2006年末をもって巨人を退団、メジャーリーグに移籍する。
  • 2008年7月、ピッツバーグ・パイレーツを解雇され現役を引退した桑田は、怪我から復帰して1軍昇格直前の清原とスカイマークスタジアムにおいて清原の打撃投手をパイレーツのユニホームを着て行った。後に清原は「桑田には(2006年9月に負傷した)スカイマークのバッターボックスに立てる勇気をもらった」と語っている。2008年に、清原も引退している。
  • 2012年12月、テレビ番組の企画で西武ドームで対決している[13]
  • AK砲」や「MK砲」(いずれも清原に関係している)など、野球界ではイニシャルの頭をつなげた略称が好まれるが、KKコンビは日本球界において存在感を発揮したコンビ名の一つである。

引退後編集

  • 引退後は、清原・桑田ともに野球解説者に転身した。桑田は解説業と並行して、早稲田大学および東京大学大学院に入学した。
  • 2012年3月、スカパー! -「スカパー! 野球王道 全国」篇CMにおいて清原・桑田が共演した[14]
  • 引退後、桑田が解説者や大学院生として順調に仕事をこなしている一方で、清原は薬物使用疑惑が報道されたことも影響し、解説者としての仕事が激減した。また、私生活では離婚、奇行が目立つなど転落の一途を辿った。

脚注編集

  1. ^ a b 清原と桑田、史上最強の「高校球児」だったKKコンビ - ベースボールチャンネル
  2. ^ 【スポーツ異聞】桑田真澄の凄さをPL学園の恩師・中村順司氏が明かした…「高校1年であれほどの球を投げる投手は見たことがない」(3/3ページ) - 産経ニュース、2016年9月30日
  3. ^ 「怪物」清原、大会5本塁打 最後の夏飾る - asahi.com:第87回全国高校野球選手権大会「記録が語る大会史」
  4. ^ 清原全成績(2008年10月1日現在) - 日刊スポーツ 清原特集
  5. ^ 1位は2017年に更新した中村奨成の6本塁打。
  6. ^ 甲子園「春夏」「夏の大会」通算本塁打数1位はともに清原和博だが、2位以下は? - アサ芸プラス、2017年8月22日
  7. ^ 広陵・中村2発!32年ぶり大会新記録6本塁打「甲子園の力」 - スポニチ、2017年8月23日
  8. ^ “恐るべし1年生KKコンビ”. 朝日新聞. (2008年2月6日). http://www.asahi.com/koshien/column/meisyoubu/meisyoubu_02.html 
  9. ^ 朝日新聞 1983年8月5日 2011年7月閲覧
  10. ^ 朝日新聞 1983年8月19日 2011年7月閲覧
  11. ^ 朝日新聞 1983年8月20日 2011年7月閲覧
  12. ^ 清原涙、巨人にふられ西武が1位交渉権 - PL学園 復刻ニュース(1985年11月21日付 日刊スポーツ)
  13. ^ “KK対決再び…左手小指骨折の清原氏に桑田氏は全力投球”. スポニチアネックス. (2012年12月13日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/12/13/kiji/K20121213004764470.html 
  14. ^ KKコンビ 桑田&清原CM初共演 成立するか不安だった

関連項目編集