メインメニューを開く

KLモノレール(ケイエル-モノレール、マレー語KL Monorail)は、マレーシアクアラルンプール市・KLセントラル駅からティティワンサ駅を結ぶ、アルヴェーグ式モノレールである。

KLモノレール
ブキッ·ビンタン駅付近を走行するKLモノレール
ブキッ·ビンタン駅付近を走行するKLモノレール
基本情報
マレーシアの旗 マレーシア
所在地 クアラルンプール
種類 モノレール
起点 KLセントラル駅
終点 ティティワンサ駅
駅数 11
開業 2003年8月31日
運営者 ラピドKL
路線諸元
路線距離 8.6 km
電化方式 直流750V
最高速度 80 km/h
テンプレートを表示
駅・施設・接続路線
KBHFa
0:00 ティティワンサ駅
ÜST
BHF
チャウ・キット駅
BHF
メダン・トゥアンク駅
BHF
ブキッ・ナナス駅
BHF
ラジャ・チュラン駅
BHF
ブキッ・ビンタン駅
BHF
インビ駅
BHF
ハン・トゥア駅
BHF
マハラジャレラ駅
BHF
トゥン・サンバンタン駅
ABZg+l KDSTeq
車両基地
ÜST
KBHFe
8.6 KLセントラル駅

概要編集

11駅8.6kmの路線で、最高速度80km/hで全区間を19分で結んでいる。運賃は距離制で、RM1.20〜2.50。全駅で自動改札が設置されている。

当初は日立製作所モノレール技術によって建設が始められたが、1997年に起こったアジア通貨危機の影響で同年12月に工事は中断してしまう。1998年7月に国内で車両や建設を調達してコストダウンを図ることとなり、国内の企業によって工事を再開。総工費11億8千万リンギットで、2003年8月31日に開業した。 しかしKLモノレール開業以降、経営にあたっていたKLインフラストラクチャグループは多額の減価償却費や利子支払による損失を被り、会計年度の2004年4月30日には、1508万リンギットの収益に対して、4624万リンギットの純損失を計上したと発表。このため政府系金融機関に借入を申し入れる。

2007年4月に政府間との話し合いがもたれ、2007年11月にマレーシア政府100%出資のナショナル・インフラストラクチャ・カンパニー(略称:SPNB, マレー語:Syarikat Prasarana Negara Berhad, 英語:National Infrastructure Company Limited)に売却した。同時に、ラピドKLが運営を開始した。

車両編集

2両1組のスコミ・レール製車両が12編成在籍している。しかし、輸送力不足から、その後の増備車両は4両編成に増車されている。

駅一覧編集

関連項目編集

外部リンク編集