メインメニューを開く

KPE株式会社(ケーピーイー)は、コナミグループのパチンコパチスロ機器製造会社。

KPE株式会社
Tokyo Midtown East.jpg
KPE本社
東京ミッドタウン ミッドタウン・イースト)
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 KPE
本社所在地 107-0052
東京都港区赤坂9-7-2
設立 1999年6月
業種 情報・通信業
法人番号 9010401088121
事業内容 パチンコ遊技機用液晶表示装置および回胴式遊技機の製作・製造・販売
代表者 榎本真司(代表取締役社長)
資本金 10億円
主要株主 コナミホールディングス(株) 100%
外部リンク www.konami.com/amusement/psm(製品情報)
www.kpenet.co.jp(企業情報)
テンプレートを表示

目次

概要編集

1999年6月、コナミパーラーエンタテインメントとして設立、2002年11月より現社名となる。当初はパチンコ機の液晶表示装置・映像コンテンツの開発・製造・販売を手がけたが、OEM提供のためKPEとして表に出ることは少ない。東京都カジノ構想が持ち上がった時は、重点をゲーミングマシンにシフトしたこともある。

2004年からはパチスロ機本体の開発・製造・販売に参入。4号機時代は試作機の開発に留まり、実際に販売にこぎつけたのは5号機からとなる。主にコナミグループのゲーム等各種コンテンツを原作とした機種や、マジカルハロウィンシリーズ等の萌えスロを手がけている。KPEが製造・発売するパチスロは、KPEのコピーライト標記がなされている。

2012年2月、前年コナミグループ入りした同業の高砂電器産業(現・コナミアミューズメント)と「KPE・高砂販売株式会社(KTS)」を設立、同年4月に営業部門を統合したものの、KTSは2017年4月1日付でコナミアミューズメントへ吸収合併された。

2018年以降の企業活動は、連動サービスであったe-SLOTが同年1月9日の10:00をもって終了した他[1]同年5月発売のマジカルハロウィン6の製造・発売がコナミアミューズメントへ移管されるなど、パチスロ事業をコナミアミューズメントへ集約した関係で、活動休止状態となっている[独自研究?](コナミホールディングス公式サイトのグループ会社の項からもKPEが削除されている)[2]

事業所編集

機種一覧編集

5号機編集

機種名 発売年月 備考
ランブルローズ 2006年8月 初参入機種
パチスロあっぱれ応援団 2007年2月 京楽産業.の同名パチンコ機からのスピンオフ
トレジャーパイレーツ 2007年3月 業界初「デュアルリンクスクリーン」を搭載
パチスロ女ねずみ小僧ただいま参上! 2007年6月 ニューギンの同名パチンコ機からのスピンオフ
マジカルハロウィン 2007年7月
ツインビー 2007年9月
サンバ×サンバ 2007年12月
beatmania 2008年4月 新筐体採用
爆音伝説サクラ 2008年8月
キャプテンシャーク 2008年11月
ランブルローズXX 2008年11月
悪魔城ドラキュラ 2009年1月
マジカルハロウィンR 2009年3月 マジカルハロウィンのマイナーチェンジ版
プリティ戦記 2009年4月
国際サラリーマンとおるくん 2009年4月
がんばれゴエモン 2009年5月
ときめきメモリアル 2009年11月
マジカルハロウィン2 2010年1月 マジカルハロウィンの後継機
スパイガール 2010年4月
悪魔城ドラキュラII 2010年7月 悪魔城ドラキュラの後継機
極楽パロディウス 2010年9月
極楽パロディウスA 2010年11月
幻想水滸伝 2011年1月
雀龍桜花 2011年5月 麻雀格闘倶楽部シリーズのスピンオフ
グラディウス・ザ・スロット 2011年7月
マジカルハロウィン3 2011年9月 マジカルハロウィン2の後継機
がんばれゴエモン2 2011年11月 がんばれゴエモンの後継機
悪魔城ドラキュラIII 2012年2月 悪魔城ドラキュラIIの後継機
スパイガール2 2012年5月 スパイガールの後継機
戦人-上杉謙信- 2012年9月
ランブルローズ3D 2012年11月
戦国コレクション 2013年1月
魂斗羅3D 2013年8月
マジカルハロウィン4 2013年11月 マジカルハロウィン3の後継機
激闘! 西遊記 2014年1月 AT新技術「アクセルAT」を搭載
喧嘩祭 2014年4月 「アクセルAT」第2弾
麻雀格闘倶楽部 2014年5月
Dororonえん魔くん メ〜ラめら 2014年12月
戦国コレクション2 2015年3月
ハイスクールD×D 2015年11月

5.5号機・5.9号機編集

機種名 発売年月 備考
マジカルハロウィン5 2016年2月
セブンズビート 2016年8月 beatmaniaとのコラボ第2弾
メタルギアソリッド スネークイーター 2016年10月 32インチ液晶搭載の新筐体「BIGBOSS」採用
麻雀格闘倶楽部2 2016年12月
GI優駿倶楽部 2017年2月
防空少女ラブキューレ 2017年3月
ラッキーベガス 2017年5月
悪魔城ドラキュラ Lords of Shadow 2017年7月 BIGBOSS枠
戦国コレクション3 2017年11月 5.9号機初のART機、BIGBOSS枠
マジカルハロウィン6 2018年5月 5.9号機[3]
エルインカ〜黄金文明〜 2018年7月 5.9号機[4]

脚注編集

  1. ^ e-SLOTサービス終了のお知らせコナミアミューズメント
  2. ^ グループ会社・財団コナミホールディングス
  3. ^ コナミアミューズメントが「マジカルハロウィン6」”. パチンコビレッジ (2018年3月9日). 2018年6月11日閲覧。
  4. ^ KPE『エルインカ黄金文明/KK』、コナミアミューズメント『ルーレットクイーン/KN』が検定通過”. パチンコビレッジ (2018年3月19日). 2018年7月4日閲覧。

外部リンク編集