メインメニューを開く

Kseries(Kシリーズ)とは、JVCケンウッド(旧・ケンウッド)がKENWOODブランドで、2004年から現在まで販売しているプレミアムミニコンポハイコンポ)のシリーズ名である。

前身となる、1993年から販売されていた「K's(ケイズ)」シリーズについても便宜上この項目で記載する。

概要編集

ケンウッドが長年培ってきたHi-Fi技術を生かした高音質を特徴とするプレミアムミニコンポとして、2004年11月に発売された。現在はケンウッドのホームオーディオ製品の基幹モデルとなっている。カタログでは"Acoustic Sound System"とも表記されている。以前のモデルには、設置環境が理想的でない場合においても、付属のマイクによる測定結果をもとに音場を改善する「AUTO ROOM EQ」という自動音場補正機能が搭載されていた。

2006年以降の製品では、CDや圧縮音源の再生時における高域補間技術として「Supreme EX」という機能が搭載されている。

さらに、2013年以降の一部機種には「K2 TECHNOLOGY(ケーツーテクノロジー)」を搭載したコンポも登場している。 (K2は、1987年に株式会社JVCケンウッドと株式会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメントのビクタースタジオにより共同開発されたデジタルにおける高音質技術) K2は音質をいたずらに派手に加工したり無理な誇張はせず、開発コンセプトが「元(オリジナル音源)と同じにする」ということを踏まえ、あくまでもオリジナルのそのままを忠実に再現することを理念としています。開発にあたり指針とされたのが「変質させない・オリジナルのまま」と「元の状態に戻す・復元する」です。

また「Kシリーズ」のブランド名は、1970年代にトリオ(現・JVCケンウッド)が販売していたコンポーネントステレオのシリーズ名として使用されていた経緯がある。

現行製品編集

2013年10月発売
iPodiPhoneiPhone 6以前の製品対応)
ハイレゾリューション音源対応
DLNAradikoに対応したアンプ
K2TECHNOLOGY搭載
2013年10月発売
iPod、iPhone(iPhone 6以前の製品対応)
K2TECHNOLOGY搭載
  • LS-K901(2Wayスピーカーシステム)
2013年10月発売
ハイレゾリューション音源対応
  • K-735(CD/FM/AMチューナーレシーバー)
2013年10月発売
iPod、iPhone(iPhone 6以前の製品対応)
前面にiPod、iPhone、USBフラッシュメモリ対応USB端子、背面にPC対応USB端子
ゴールドカラーのCDレシーバーと、NEW2Wayスピーカーとのセット販売
Supreme EX搭載
  • R-K731(CD/FM/AMチューナーレシーバー)
2011年12月発売
iPod、iPhone(iPhone 6以前の製品対応)
前面にiPod、iPhone、USBフラッシュメモリ対応USB端子、背面にPC対応USB端子
Supreme EX搭載
ブラックとシルバーの2色展開
  • LS-K731(2wayスピーカーシステム)
2011年12月発売
木目とブラックの2色展開
  • K-505(CD/FM/AMチューナーコンポ)
2014年9月発売
iPod、iPhone(iPhone 6以前の製品対応)
(500シリーズ初の前面のUSB端子でのiPhoneの充電/再生が可能に)
Bluetooth (NFC) 搭載
USB録音対応(CDラジオAUXからUSBフラッシュメモリへ)
CDレシーバーとスピーカーのセット販売
ゴールドとシルバーの2色展開

生産完了品編集

  • Kseries Esule(Kシリーズ エシュール)
    • R-K1(CDレシーバー)
    • LS-K1(3wayスピーカーシステム)
2006年10月発売。Kseriesの最高級モデルであり、これをベースとした限定モデルも存在した。(後述)
  • K-521(スピーカー・CDレシーバーのセット。iPod対応)
  • U-K525(スピーカー・CDレシーバー一体型システム。iPhone/iPod対応)
  • U-K323(スピーカー・CDレシーバー一体型システム)
K-521は2009年11月に、U-K323は2009年3月に発売。
  • K1000シリーズ
    • R-K1000(レシーバー)
    • DP-K1000(CDプレーヤー)
    • LS-K1000(2wayスピーカーシステム)
2007年11月発売。Kseriesの中で唯一、レシーバーとCDプレーヤーが単体で販売されていた。
  • K711シリーズ
    • R-K711(CDレシーバー)
    • LS-K711(2wayスピーカーシステム)
2007年9月発売。K800シリーズの後継モデル。
  • LS-K703(2wayスピーカーシステム)
  • K800シリーズ
    • R-K801(CDレシーバー)
    • LS-K800(2wayスピーカーシステム)
K700シリーズの上位モデル。2005年10月発売。
  • K700シリーズ:Kseriesの初代モデル。
    • R-K700(CD/MDレシーバー)
    • LS-K701(2wayスピーカーシステム)
    • LS-K707(2wayスピーカーシステム)
  • K500シリーズ
  • K-521
2009年11月発売
iPod、iPhone(iPhone 4以前の製品に対応するDOCKを天盤に装備)
USB録音対応(CD、ラジオ、AUXからUSBフラッシュメモリへ)
ブラックとシルバーの2色展開
CDレシーバーとスピーカーのセット販売
  • K-531
2012年9月発売
iPod、iPhone(iPhone 4S以前の製品に対応するDOCKを天盤に装備)
Kseries初のBluetooth対応でiPhoneやAndroid各種スマートフォンからも音楽再生が可能になった
USB録音対応(CD、ラジオ、AUXからUSBフラッシュメモリへ)
ブラックとシルバーの2色展開
CDレシーバーとスピーカーのセット販売だが、インターネット直販限定でCDレシーバー部が単体販売されている。
  • オプション
    • SR-K800(スピーカースタンド)
    • SW-508ES-ML(アクティブ・サブウーファー
    • KH-K1000(ヘッドホン)

限定モデル編集

  • ハイコンポ15周年限定モデル
    • Kseries Silver Limited(CDレシーバー、2wayスピーカーシステムのセット)
  • TRIOモデル
    • K-TR60(CDレシーバー、3wayスピーカーシステムのセット)
創立60周年記念モデル。Kseries Esule(R-K1・LS-K1)をベースに、ケンウッドの旧社名であった「トリオ」をこのセット限定で復活させた。
  • コンパクトHi-Fiシステム
    • U-K323LT(U-K323の突板仕上げバージョン)
    • U-K525LT(U-K525の突板仕上げバージョン)
  • 欧州カラーモデル
    • K-521-SB(K-521の別カラーバージョン)
  • コラボレーションモデル
    • JK-RB21/RS11(R-K531に、JVCのウッドコーンスピーカーをセットにしたモデル)

K's編集

K's(ケイズ)は、現在のKseriesの前身となったミニコンポのシリーズ名。同社のROXYALLORAとは異なる高級モデルとして開発され、1993年から販売されていた。

  • 初代モデル
    • A-1001(プリメインアンプ)
    • DP-1001(CDプレーヤー)
    • T-1001(FM/AMチューナー)
    • X-1001(カセットデッキ)
    • DM-1001(MDデッキ)
    • LS-1001(2Wayスピーカーシステム "LS-300G" の型番で単体発売もされた)
    • GE-1001(グラフィックイコライザー)
  • 第二世代モデル
    • KAF-7002/5002(プリメインアンプ)
    • DPF-7002/5002(CDプレーヤー)
    • KTF-5002(FM/AMチューナー)
    • KXF-5002(カセットデッキ)
    • DMF-7002(MDデッキ のちに録音レベルの設定を可能にした "DMF-7002S" 、MDメカ部と電源部が改善された "DMF-7003" が追加で単品販売される)
    • LSF-777(2Wayスピーカーシステム)
    • LSF-555(2Wayスピーカーシステム)
    • LSF-333(2Wayスピーカーシステム)
  • K's Esule(ケイズ・エシュール)
    • K270(CDレシーバー)
    • S270(2Wayスピーカーシステム)

関連項目編集

外部リンク編集