LEAGUE PRINCESS(りーぐぷりんせす)は、プロレス団体のJDスター女子プロレス2006年2007年に開催した、各女子団体のキャリア3年未満の若手選手によるシングルマッチのリーグ戦。優勝者にはPOP(プリンセス・オブ・プロレスリング)王座が贈られた。

第1回大会(2006年) 編集

参加10人
Aブロック
Bブロック
内容
参加10選手が2ブロックに分かれ、日本プロレスワールドリーグ戦での「日本組対外人組」のように、同ブロック同士では試合せずAブロック対Bブロックで対戦して勝ち点を争うという形式がとられた。リーグ戦はそれぞれ10分1本勝負、時間切れの場合は5分間の延長戦が行われ、10分以内に勝つと勝ち点2、延長で勝つと勝ち点1、延長でも決着がつかなければ両者0点。各ブロック上位2名が6月24日の決勝トーナメントに駒を進め、決勝はAブロック代表の風香がBブロックの夏樹を下し優勝、初代POP王者となった。

第2回大会(2007年) 編集

参加8人
内容
8名による総当たりリーグ戦となり、試合形式も10分1本勝負のみで延長戦がなくなり、勝ち2点、時間切れ引き分け1点という普通のリーグ戦になった。前年末の第4回ジュニア・オールスター戦で風香を破り第2代POP王者となった夏樹☆たいようが大会前に王座を返上し、この大会も優勝者がPOP王座を獲得することになったが、前シリーズで浜田文子にリンチまがいの攻撃を受けた風香がシリーズの途中で欠場したり、期間中の5月20日にJDスターの活動停止が発表されるなど、関心はリーグ戦以外のところに集中した。3人が勝ち点10で並び、「格闘美」としての最後の興行となった6月17日に行われた優勝決定巴戦で中島が優勝し、この時点で保持していたJWPジュニア王座と合わせて二冠王者となった。

関連項目 編集

外部リンク 編集