メインメニューを開く

LUNAR-A(ルナーA)は、宇宙航空研究開発機構 (JAXA) により開発されていた日本初の本格的な探査機。「ペネトレータ」と呼ばれる状の観測装置による月内部の探査を主な目的としていた。当初1995年の打ち上げを目指していたものの、計画は大幅に遅延。2007年1月15日、計画中止の方針が示された[1][2]

概要編集

LUNAR-A計画は日本初の本格的な月探査プロジェクトとして計画されていた。なお、日本の探査機としてはLUNAR-A以前にひてん・はごろも月周回軌道に乗ったが、これらの主目的はスイングバイ等の軌道制御技術の習得で、月探査については簡単な宇宙塵の観測や写真撮影を行った程度だった。

月探査を行うため、LUNAR-Aは月面に「ペネトレータ」と呼ばれる槍状の観測装置を投下し、地中の約2メートル前後の深さまで潜り込ませるという手法を取っていた。ペネトレータには地震計熱流量計が搭載されており、投下された2本のペネトレータによって月の内部構造を調査する。一方、母機のほうは、月周回軌道を周り、ペネトレータから情報を収集するだけでなく、搭載されているカメラ (LIC) によって月表面を撮影する。以上のような方法で、月の内部と外部を約1年に渡って観測することが計画されていた。

これまでの月探査では、主として月の表面の地形や岩石など、地質の調査しか行われていなかった。それに対して、LUNAR-Aではペネトレータで観測器を打ち込み、月の内部を直接探査するので、その起源と進化を研究するためのデータが数多く得られることが期待されていた。

また、アメリカアポロ計画ソ連ルナ計画(初期のものを除く)などの場合、できる限り衝撃の少ない方法で月面に着陸機を降ろすため、探査機は月に軟着陸したが、LUNAR-Aの場合は月面に観測装置を直接落とすため、減速するためのロケットや制御装置も小型で済み、探査機の小型化が可能になるという利点があった。

なお、LUNAR-Aを月周回軌道に投入する飛翔マニューバーは、工学実験衛星ひてんで開発されたものを採用する予定であった。これは地球周回軌道の遠地点高度を高度150万km付近にまで上げることにより、地球からの重力の影響を最小限とした遠地点付近で太陽による摂動を利用して近地点高度を上げ、月公転軌道に近い軌道に探査機を投入すると言うものである。

計画の中止編集

1995年度の打ち上げを目指し1991年から開発が始まったが、探査機本体(1997年に完成)及び、本プロジェクトの目玉であるペネトレータの開発に手間取り、さらに推進剤 / スラスターのリコールなどもあって計画が遅れ、2004年以降、打ち上げ時期が未定な状態が続いていた。さらに、本探査機を打ち上げる予定であったM-Vロケット2006年7月に廃止が決定され、本探査機に使用される予定であったM-Vロケット2号機も、部品が他のロケットに流用されてしまい、使用不可となった。このため、打ち上げ手段も未定となり、これらの状況から計画中止が危ぶまれていた。

2007年1月10日、JAXAは現状の報告[1]を行い、同月15日、本計画を中止し、別の方法による月探査の実施を目指すとした見直し案を、文部科学省宇宙開発委員会推進部会に提出した。先述のペネトレータの開発の遅延のため、母船に使用した機材の接着剤の劣化が進んだなど、計画の見通しの甘さが響いた形となった。ペネトレータそのものの開発は目処が立っており、今後はJAXAで打ち上げを計画している別の月または惑星探査機や、他国の衛星に搭載する方針である。中でも、ロシアが2010年代前半に打ち上げる予定の「ルナグローブ」探査機 (Luna-Glob) に、日本で開発されたペネトレータが搭載されるという可能性[3]もあったが、ペネトレータの試験結果が2010年10月に確認されて開発が終了した時点ではスケジュール的に搭載は間に合わなくなっていた[4]

このLUNAR-A計画に使用される予定であったM-Vロケット2号機は、2008年10月から、神奈川県相模原市JAXA相模原キャンパス(宇宙科学研究本部)にて展示されている。

JAXAの念願だった月探査に関しては、2007年に打ち上げられたかぐやで達成されることになった。

実現しなかったこの月ペネトレータはその後、月ペネトレータ技術実証ミッションとして、イプシロン搭載宇宙科学ミッション(公募型小型衛星1号機)への公募提案が進められていた。ルナーA計画では2基(当初3基)、ロシアと検討した共同ミッション、ルナーグローブでは4基のペネトレータによる多地点ネットワーク観測を予定していたが、この提案では搭載するペネトレータは1基[5]となっていた。2015年2月、公募型小型衛星1号機には小型探査機による高精度月面着陸の技術実証(SLIM)が選ばれた[6]

2017年1月現在、月ペネトレータはAPPROACH(Advanced Penetrator PRObe Applied for a Challenge of Hard-landing)ミッションとして公募型小型衛星3号機の選定を目指している[7][8]。1基のペネトレータと探査機本体のインパクトモニタカメラを組み合わせ、月への衝突現象と月震の同時観測を目指している。

脚注編集

  1. ^ a b 第17号科学衛星 (LUNAR-A) プロジェクトの状況について (PDF)”. 宇宙航空研究開発機構 (2007年1月10日). 2012年1月28日閲覧。
  2. ^ 松浦晋也の「宇宙開発を読む」 第8回 やっと決まったLUNAR-A中止-徹底した原因・経緯の調査が必要-」、日経BP、2007年1月19日。
  3. ^ JAXA立川理事長定例記者会見”. 宇宙航空研究開発機構 (2007年10月11日). 2012年1月28日閲覧。
  4. ^ “LUNAR-A計画中止後のペネトレータ”. 日本地震学会(2011年9月). http://www.zisin.jp/modules/pico/index.php?content_id=2316 2012年1月28日閲覧。 
  5. ^ “ISASメールマガジン 第491号 月ペネトレータ技術実証ミッション”. ISAS. (2014年2月18日). http://www.isas.jaxa.jp/j/mailmaga/backnumber/2014/back491.shtml 2014年3月3日閲覧。 
  6. ^ 宇宙科学・探査ロードマップの検討状況について (PDF)”. 宇宙政策委員会 (2015年4月20日). 2015年11月28日閲覧。
  7. ^ 次期Approach計画におけるペネトレータを用いた科学観測 (PDF)”. 惑星科学研究センター (2014年10月28日). 2015年11月28日閲覧。
  8. ^ Joint ISAS-LPL Workshop on Planetary Science Enabled by Epsilon Class Missions”. The University of Arizona LUNAR & PLANETARY LABORATORY. 2016年12月12日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集