MGMリゾーツ・インターナショナル

アメリカの娯楽企業

MGMリゾーツ・インターナショナルMGM Resorts InternationalNYSEMGM)はアメリカ合衆国ネバダ州ラスベガスに本社を置く統合型リゾート運営会社。ベラージオMGMグランドマンダレイ・ベイザ・ミラージュといったリゾートブランドを運営し、ホスピタリティとエンターテインメント業界で世界を代表する企業。

MGM Resorts International
種類
株式会社 (NYSEMGM)
業種 ホスピタリティ
エンターテインメント
MICE
飲食
ショッピング
カジノ
ホテル
設立 2000年5月
創業者 カーク・カーコリアン ウィキデータを編集
本社 3600 Las Vegas Blvd., South Las Vegas, NV 89109
主要人物
ウィリアム・ホーンバックル
(William Hornbuckle)
社長兼会長兼最高経営責任者
ポール・セイラム
(Paul Salem)
会長
売上高 $128億9900万 (2019)[1]
総資産 増加 $339億 (2019)[1]
純資産 増加 $77億 (2019)[1]
従業員数
74,500 (2020)
子会社 List of Subsidiaries
ウェブサイト www.mgmresorts.com

現在、MGMチャイナの株式の51%を所有し、傘下のMGMマカオ・リゾート&カジノや、コタイ地区で建設中のゲーミングリゾート、さらにラスベガスの都市型リゾートであるシティセンターの株式も50%保有している。同社の社長兼会長兼最高経営責任者はウィリアム・ホーンバックル(William Hornbuckle)と会長はポール・セイラム(Paul Salem)。2021年9月、大阪府と大阪市は、夢洲へのIR誘致において、MGMリゾーツ・インターナショナルとオリックスを中心とする企業グループを、事業者として正式に選定したと発表した[2]

歴史編集

MGMリゾーツはMGMグランドとミラージュ・リゾーツとの合併で2000年5月31日にMGMミラージュとして設立。

MGMミラージュの大株主(過半数以上を所有)であるカーク・カーコリアンは、2005年にメトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)をソニーらが主導のコンソーシアムに売却。MGMミラージュとMGMとの資本上の関係は完全に無くなっている。

2010年6月に「MGMミラージュ」から「MGMリゾーツ・インターナショナル」に名称変更した。

運営施設編集

ラスベガス編集

米国のその他の地域編集

  • サーカス・サーカス・リノ
  • ゴールド・ストライク・ジーン
  • ゴールド・ストライク・チュニカ
  • ボーリバージュ・ビロクシ
  • MGMグランド・デトロイト
  • MGMナショナルハーバー

その他の地域編集

  • MGMグランド・コタイ
  • MGMグランド・マカオ(51%)
  • MGMグランド・三亜

脚注編集

  1. ^ a b c U.S. Securities Exchange Commission Form 10-K - February 27, 2020.”. 2020年7月6日閲覧。
  2. ^ 大阪IR、MGMに正式決定 年間売上高5400億円見込む” (日本語). 日本経済新聞 (2021年9月28日). 2021年11月5日閲覧。

外部リンク編集