Marko Albrecht(マークオー、1970年6月2日-)は ドイツ出身のDJである。主にMark'Ohとして知られている。

マーク・オー
(Mark'Oh)
出生名 Marko Albrecht
生誕 (1970-06-02) 1970年6月2日(51歳)
ドイツ
ジャンル エレクトロ
職業 DJミュージシャンプロデューサー

経歴編集

ドイツDJであり、主にヨーロッパでエレクトロをジャンルとし、レコードプロデューサーとしても活動している。

シングル『Randy - Never Stop That Feeling』のヒットで、ドイツの音楽業界でよく知られる存在となり、ドイツのミュージックチャートに長い間君臨するようになる。

彼が次にリリースした『Love Song』はチャートで2位を記録、それはドイツでプラチナディスクを受賞し、このシングルはヨーロッパ諸国でもヒットした。

『Tears Don't Lie』は彼の最大の記録であり、これもプラチナディスクを受賞し、チャートで1位、また他のヨーロッパのチャートでもトップ10に入った。

彼が最後にドイツで1位を飾った『Droste, hörst du mich?』はゴールドディスクを受賞した。

その後は1位こそ飾らない物の、ドイツのチャートでトップ40以内にはランクインしている。

ディスコグラフィ編集

シングル編集

  • Randy (Never Stop That Feeling) (1994) (#D 25,#NL 16)
  • Love Song (1994) (#D 5, #CH 8, #NL 11)
  • Tears Don't Lie (1994) (#D 1, #CH 3, #NL 2, #S 1, #N 8)
  • Droste, Hörst Du Mich? (1995) (#D 2, #CH 8)
  • I Can't Get No (Wahaha) (1995) (#D 18, #CH 43)
  • Tell Me (1996) (#CH 41, #FIN 16)
  • Fade To Grey (1996) (#D 11, #CH 15, #NL 35, #S 45, #FIN 20)
  • The Right Way (1996) (#D 34)
  • The Team On Tour (Mark 'Oh feat. Cecile) (1998) (#D 54)
  • The Sparrows and The Nightingales (Mark 'Oh versus John Davies) (1999) (#D 14)
  • Your Love (Mark 'Oh versus John Davies) (1999) (#D 25)
  • Rebirth (Mark 'Oh versus John Davies) (1999) (#D 86)
  • Waves (Mark 'Oh & Mesh) (2000) (#D 83)
  • Never Stop That Feeling 2001 (2001) (#D 11)
  • Tears Don't Lie 2002 (2002) (#D 35)
  • Let This Party Never End (2002) (#D 6, #CH 94)
  • Because I Love You (Mark 'Oh meets Digital Rockers) (2002) (#D 7, #CH 97, #ROM 97)
  • When The Children Cry (2002) (#D 17)
  • Stuck On You (2003) (#D 10)
  • Words (Mark 'Oh feat. Tjerk) (2004) (#D 14)
  • Let It Out (Shout, Shout, Shout) (2006) (#D 63)
  • I Don't Like Mondays (2008)
  • United (2009) (#D 48)
  • Scatman (Mark 'Oh Featuring Scatman John) (2009)

* D - ドイツ, NL - オランダ, CH - スイス, S - スウェーデン, N - ノルウェー, FIN - フィンランド.

アルバム編集

  • 1995: "Never Stop That Feeling"
  • 1997: "Magic Power"
  • 1999: "Rebirth"
  • 2001: "Never Stopped Livin' That Feeling"
  • 2003: "Mark'Oh"
  • 2004: "More than Words"
  • 2009: "The Past, The Present, The Future"

外部リンク編集

備考編集