メインメニューを開く

Ni〜ya(ニーヤ/新弥、1981年6月23日 - )は宮城県角田市出身の日本のロック・ベーシスト。ヴィジュアル系バンド「ナイトメア」のベース担当である。

Ni〜ya
生誕 (1981-06-23) 1981年6月23日(38歳)
出身地 日本の旗 日本 宮城県角田市
ジャンル ロック
職業 ベーシスト
担当楽器 ベース
共同作業者 ナイトメア
TAIJI
J

概要編集

  • 中学生の頃にXTAIJIに憧れ地元の先輩からB.C.リッチのワーロックを購入する。高校生になるとバンドを組み始め、高校3年生の時に友人の紹介で咲人と知り合い、ナイトメアを結成。
  • 2007年にベースの脱退したPENICILLINのサポートベーシストも務めており、このことがきっかけでサウンドの指向性が変わったとNi〜yaは語っている。

人物編集

  • 中学生の頃まではバスケットボールに没頭していたが怪我により引退を余儀なくされている。
  • 自身の影響になっているミュージシャンは前述のTAIJIをはじめ、LUNA SEAのベーシスト・Jについては、"彼の生き方そのものが自身にとっての美学"であると公言し尊敬している。
  • 地元については「山々に囲まれて平野がほぼ田畑で阿武隈川があって…田舎だけど世界一好きな場所です」と語るほど愛している。
  • 重度の花粉症である。毎年2〜3月になるとTwitterやブログで花粉症関連の話題が出る。
  • 釣り好きである。海釣り中心。ダイワの釣り用具を愛用している。

ナイトメア以外での活動編集

  • 2007年11月28日 Zy.創刊7周年記念 stylish wave'07 MATRIXの渋谷AX公演にてPENICILLIN with Ni〜yaとして出演。
  • PENICILLINの『RAINBOW』(2008年8月20日発売)のレコーディングとPVにゲストベーシストとして参加。
  • GACKTの『雪月花 -The end of silence-』(2009年12月9日発売)のPVに参加。
  • 2010年3月、RUKAのソロプロジェクト「The LEGENDARY SIX NINE」として「BEAT SHUFFLE LIVE SIDE 2010 Spring」3公演(19日名古屋E.L.L.、21日大阪BIG CAT、26日渋谷AX)に出演。
  • GACKTの『EVER』(2010年7月28日発売)のPVに参加。その際には『MUSIC JAPAN』(NHK)にも出演した。
  • 2013年11月30日 LOUDNESSが主催した樋口宗孝追悼ライブ vol.5 EVERLASTING MUNETAKA HIGUCHI 2013 6th MEMORIALのZepp Tokyo公演に出演。
  • 2013年12月22日 wyse presents 2013 X'mas Live 『at holy night -サンタ達からのプレゼント-』の渋谷O-EAST公演にてゲストミュージシャンとして出演。

使用機材編集

使用ベース編集

ライブでのNi〜yaのメインになっているレスポールシェイプのベース。名前の"FERVENCY"には熱烈、熱情を意味している。チューニングは半音下げで4弦のペグにDチューナーを搭載させ、ライブでは瞬時にドロップC#チューニングに対応できるようにしている。ピックアップはセイモア・ダンカンのSSB-4 "Passivephane Ⅱ"を搭載。
  • Killer KB-VULTURE JB:FERVENCY誕生以前のメインベース。
「夜想曲」で使用されるベース。

使用アンプなど編集

  • EBS TD650 (アンプ)
  • EDEN WT-800 (アンプ)
  • AVALON U5 (DI)
  • EBS Evolution Pro Line 2000 (キャビネット)
  • FURMAN PL-8J (電源)
  • EBS (コーラス)
  • BBE MAXCOM (コンプレッサー)
  • BOSS GEB-7 (イコライザー)

出典編集

  • 「glare vol,2」
  • 「glare vol,8」

関連項目編集

外部リンク編集