nohana(ノハナ)は、スマートフォンで撮影した写真を家族だけで共有するとともに、フォトブックを簡単に作成し、毎月無料(送料別)で1冊受け取ることができるサービス。(iOSAndroidに対応。)

nohana
開発元 ミクシィ
初版 2013年2月19日
対応OS iOS
Android
公式サイト nohana.jp
テンプレートを表示

ミクシィ2013年平成25年)2月19日に開始し、同年9月2日に「nohana」(ノハナ)事業を分社化。新会社 株式会社ノハナを設立。[1]

同年11月15日には、日本郵便と連携し、スマートフォンに保存した画像などを使って年賀状を作成できるサービス「ノハナ年賀状」の提供を開始した。[2]

沿革編集

  • 2013年 2月 - ミクシィがフォトブック作成アプリ「nohana」をリリース
  • 2013年 9月 - ミクシィの100%子会社として株式会社ノハナを法人化
  • 2013年 10月 - グッドデザイン賞受賞
  • 2013年 11月 - 姉妹アプリ「ノハナ年賀状」をリリース
  • 2014年 5月 - 「オリジナルフォトブックケース」販売開始
  • 2015年 4月 - 会員数100万人突破
  • 2018年 3月 - セルフスタイル撮影スペース「スタジオノハナ」たまプラーザ店オープン[3]
  • 2018年 4月 - 会員数200万人突破
  • 2019年 3月 - ミクシィからMBOで独立[4]
  • 2019年 6月 - セルフスタイルPOPUP撮影スペース「OYACO nohana(オヤコノハナ)」ららぽーと立川立飛店オープン[5]
  • 2020年 1月 - 「プレミアムフォトブック(ハードカバー銀塩プリント)」販売開始

フォトブック編集

通常フォトブック編集

スタンダードタイプのフォトブック。毎月1冊まで無料(送料別)で作ることができる。

無料権利用後、次の無料権を取得するまでの注文は本体価格+送料となる。

用途によってオプションを追加できるのが特徴。

  • サイズ:14cm×14cm
  • 写真枚数:21枚(表紙含む)
  • ページ数:24ページ
  • 厚さ:約2mm
  • 印刷:インクジェット
  • 製本:ソフトカバー
  • 用紙:ラフ調塗工紙
  • コメント挿入:可能
  • オプション:高画質オプション、表紙デザインオプション、ギフト包装ギフトオプション、フォトブックケースオプション、特急オプション

プレミアムフォトブック編集

銀塩プリント、ハードカバータイプのフォトブック。フルフラット製本で180度開くことができる。

写真の枚数に応じてレイアウトが提案され、あとから自分で編集が可能。

  • サイズ:14.5cm×14.5cm / 18.5cm×18.5cm
  • 写真枚数:21枚〜67枚(表紙含む)
  • ページ数:24ページ
  • 厚さ:約12mm
  • 印刷:銀塩
  • 製本:ハードカバー
  • 用紙:銀塩印画紙(半光沢)
  • コメント挿入:可能

脚注編集

外部リンク編集