メインメニューを開く

OpenGL ES(OpenGL for Embedded Systems)は、主に携帯電話などの組み込みシステムで使用されている3次元コンピュータグラフィックスAPI である。

OpenGL ES
開発元 Khronos Group
最新版 3.2 / 2015年8月10日(4年前) (2015-08-10
プラットフォーム クロスプラットフォーム
種別 3DグラフィックスAPI
公式サイト https://www.khronos.org/opengles/
テンプレートを表示

OpenGL ESは、従来から存在する(主にデスクトップPCワークステーション向けの)クロスプラットフォームなリアルタイム3DグラフィックスAPIである OpenGL のサブセットである。OpenGL同様、グラフィックスハードウェア(GPU)の機能および性能を活用した高速なグラフィックス描画が可能となる。OpenGL ESはオープン仕様でロイヤリティフリーであり、適合試験にパスすれば誰でもOpenGL ES実装を謳えるため、iOSAndroidSymbian OSなどの携帯端末向けオペレーティングシステムで採用されているほか、プレイステーション3ニンテンドー3DSにも採用されており、ゲーム開発でも使用されている。OpenGL ESの仕様は、OpenGLと同様にクロノス・グループによって管理されている。

バージョン編集

OpenGL ES 1.x系には1.0と1.1の2つが存在する。1.x系は、グラフィックスパイプライン処理が固定されたシェーダー(固定機能シェーダー)のみに対応しており、プログラム可能なシェーディング機能(プログラマブルシェーダー)には対応していない。このため、フラットシェーディングあるいはグーローシェーディングといった、カスタマイズ不可能な頂点単位のシェーディング(陰影計算)や質感表現のみがサポートされている。ハードウェアアクセラレーションがサポートされていない複雑な陰影処理や各種エフェクトなどの高度な特殊効果を実現する場合にはGPU側の支援は受けられなくなるため、特異なコンピュータアーキテクチャ[疑問点]でない限りは動作速度は大きく低下する[疑問点]

OpenGL ES 2.0は、プログラマブルシェーダーに対応した仕様であり、シェーディング言語GLSL ESに対応する一方で固定機能シェーダーは削除されている。OpenGL ES 2.0は1.x系との完全な後方互換性はない。陰影計算・質感表現をプログラマブルシェーダーで記述することによって、GPUによる支援が受けられるようになる。

OpenGL ES 1.0編集

OpenGL ES 1.0はOpenGL 1.3のサブセットとして2003年に登場した。Symbian OSAndroid プラットフォームの公式3DグラフィックスAPIとして採用されている。また、SCEによるOpenGL ES 1.0の拡張版(PSGL英語版)がプレイステーション3の公式グラフィックスAPIの1つとしてサポートされている[1]

OpenGL ES 1.1編集

OpenGL ES 1.1はOpenGL 1.5のサブセットとして、2004年8月9日に発表。Android 1.6、iPhoneiPod touchiPad等で広くサポートされている。1.0世代のハードウェアでもドライバーレベルのアップデートで1.1に対応可能とされる。

以下の機能がOpenGL ES 1.0に追加になっている。

  • バッファオブジェクト
  • 自動ミップマップ生成
  • 拡張テクスチャ処理
  • 頂点スキニング機能
  • ユーザー定義クリッププレーン
  • 拡張ポイントスプライト、ポイントスプライト配列
  • 静的・動的状態クエリー
  • テクスチャ描画
  • 新しいコア追加、プロファイル拡張

OpenGL ES 2.0編集

OpenGL ES 2.0はOpenGL 2.0のサブセットとして2007年に公開された。 iPhoneの3GS以降、iPod Touchの第3世代以降、iPad、Androidのバージョン2.2以降などでサポートされている。 プログラマブルシェーダーステージはバーテックスシェーダー頂点シェーダー)とフラグメントシェーダーピクセルシェーダー)の2つをサポートする。頂点単位やピクセル単位の陰影計算・質感表現の制御がGPUにより支援される。

シェーディング言語はGLSL ES 1.0をサポートする。

なお、本家OpenGLはバージョン4.1でOpenGL ES 2.0互換プロファイルを扱うことができるようになっている (GL_ARB_ES2_compatibility)。

WebGL 1.0は、ブラウザ上で利用できるOpenGL ES 2.0の派生規格であるが、細部に違いがある[2]

OpenGL ES 3.0編集

OpenGL ES 3.0は2012年に発表された。2.0との後方互換性あり。 DirectX 10 (Direct3D 10) やOpenGL 3.2のジオメトリシェーダーはサポートされないが、マルチレンダーターゲット機能やマルチサンプルアンチエイリアス(MSAA)を標準サポートするようになり、またUniform BlockやTransform FeedbackなどのDirectX 10世代(統合型シェーダーアーキテクチャ世代)の機能を多数サポートする。

シェーディング言語はGLSL ES 3.0をサポートする。

なお、本家OpenGLはバージョン4.3でOpenGL ES 3.0互換プロファイルを扱うことができるようになっている (GL_ARB_ES3_compatibility)。

WebGL 2.0は、ブラウザ上で利用できるOpenGL ES 3.0の派生規格であるが、細部に違いがある[3]

OpenGL ES 3.1編集

OpenGL ES 3.1は2014年3月17日に発表された。ジオメトリシェーダーおよびDirectX 11 (Direct3D 11) やOpenGL 4.0のテッセレーションシェーダーはサポートされないが、本家OpenGL 4.3で採用されたコンピュートシェーダーなどを導入している[4]。3.0世代のハードウェアでもドライバーレベルのアップデートで3.1に対応可能とされる[5]

シェーディング言語はGLSL ES 3.1をサポートする。

なお、本家OpenGLはバージョン4.5でOpenGL ES 3.1互換プロファイルを扱うことができるようになっている (GL_ARB_ES3_1_compatibility)。

OpenGL ES 3.2編集

OpenGL ES 3.2は2015年8月10日に発表された。Google Android Extension Pack (AEP) にて拡張として定義されていた機能[6]、すなわちジオメトリシェーダーおよびテッセレーションシェーダー、そしてテクスチャ圧縮技術であるASTC英語版のサポートが標準化されたほか、本家OpenGL 4シリーズ同等の機能が多数追加される[7]

シェーディング言語はGLSL ES 3.2をサポートする。

なお、本家OpenGLは2015年8月に追加されたARB拡張により、OpenGL ES 3.2互換プロファイルを扱うことができるようになっている (GL_ARB_ES3_2_compatibility)。

iOS/tvOSでの非推奨化編集

アップルWWDC 2018で自社プラットフォームにおけるOpenGL/OpenCLの非推奨化を発表し、iOS 12およびtvOS 12において(サポートはまだ打ち切られないものの)OpenGL ESは非推奨APIとなった[8][9]。iOSがネイティブにサポートするOpenGL ESのバージョンは3.0が最後となっている[10]

OpenGL ESの代替として推奨されているAPIはMetalだが、MetalはOpenGL ESよりもハードウェア層に近い下位レベルのAPIであり、基本的にアプリケーションソフトウェア開発向けではなくミドルウェア開発向けである。Metal APIを利用してOpenGL ESを実現するMoltenGLライブラリがBrenwill Workshopによって開発されている[11]

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集