メインメニューを開く
プウォツクの本社
ORLENのブランド名を冠するガソリンスタンド

PKNオーレンポーランド語: Polski Koncern Naftowy Orlen S.A., PKN Orlen S.A.)は、ポーランドプウォツクに本拠を置き、石油ガスの精製、また石油化学工業等を行うエネルギー企業。ワルシャワ証券取引所上場企業(WSEPKN)。

沿革編集

ポーランドにおける石油事業は、1850年代から民間事業として活発に行われていたが、第二次世界大戦後に少数の国有企業に再編されたのち、冷戦末期後の事業民営化の流れを受け、そのうちのPetrochemia Płock S.A.1993年に株式上場)と、全額政府出資法人のPolski Koncern Naftowy S.A.が、1999年9月に合併しPKNオーレンが設立された[1]。合併した企業の新たなブランド名がその年の年末に公募され、ORZEŁ(ポーランド語で鷲)とENERGIAの合成からORLENと名付けられ、鷲の頭部を象ったロゴが採用された[1]

原油の探鉱・開発では、ポーランドに加え、カナダアルバータ州に大規模な上流部門(ORLEN Upstream Canada Ltd.)を有する[2]。製油所は、ポーランド・チェコリトアニアに合計6カ所を保有する[2]コンバインドサイクル発電事業をプウォツクやヴウォツワヴェクで行っている[2]。株式の27.52%はポーランド政府が保有している[2]

2002年2月、CEOAndrzej Modrzejewskiが金融不正行為を理由に逮捕される事件が発生したが[3]、その後はポーランドに加えて、ドイツ・チェコ・リトアニアへと下流部門が拡大し、着実な発展が続くこととなった。2003年、ドイツの石油・ガス会社であるAral AGから北ドイツ地域の約500のガソリンスタンド事業を買収した[4]2004年6月、チェコ・プラハに本拠を置く石油会社のUnipetrol a.sの株式の約62%を買収し、その後2018年に残りの株式も買収し完全子会社化した[5]2008年12月、リトアニアの石油会社のAB Mažeikių naftaの買収を発表[6]、翌2009年9月にORLEN Lietuvaの名称でリブランド化した[7]

スポンサー編集

ポーランド国内におけるスポーツや文化事業への協賛も多く行われ、ラリーレイドの「ORLEN Team」は、ポーランドでは特に知られている[8]2018年11月、ウィリアムズF1とのスポンサー契約を発表した[9]

脚注編集

  1. ^ a b ORLEN history in words” (英語). PKN Orlen S.A.. 2018年12月22日閲覧。
  2. ^ a b c d Annual Report 2017 (PDF)” (英語). PKN Orlen S.A.. 2018年12月22日閲覧。
  3. ^ Finance scandal rocks Poland” (英語). 英国放送協会 (2002年2月8日). 2018年12月22日閲覧。
  4. ^ Aral dla Orlenu: sieć 440 stacji paliwowych w RFN do przejęcia” (ポーランド語). Bankier.pl (2002年12月10日). 2018年12月22日閲覧。
  5. ^ Poland's PKN agrees to buy out Czech Unipetrol” (英語). ロイター (2018年5月23日). 2018年12月22日閲覧。
  6. ^ PKN Orlen ready for a buy out at AB Mažeikių nafta refinery” (英語). My Government (2008年12月19日). 2018年12月22日閲覧。
  7. ^ Public Company Mazeikiu Nafta changes the name to Public Company ORLEN Lietuva” (英語). ORLEN Lietuva (2009年9月2日). 2018年12月22日閲覧。
  8. ^ Sponsoringe” (ポーランド語). PKN Orlen S.A.. 2018年12月22日閲覧。
  9. ^ ウィリアムズ、PKNオーレンとのスポンサー契約を発表”. F1-Gate.com (2018年11月30日). 2018年12月22日閲覧。

外部リンク編集