POiSON GiRL FRiEND (ポイズン・ガール・フレンド)は、日本の音楽ユニット・女性ミュージシャン

POiSON GiRL FRiEND
別名 ポイズン・ガール・フレンド、nOrikO
出身地 日本の旗 日本,東京都
ジャンル

エレクトロニカ
テクノ

インディー・ポップ
活動期間 1989年 -
レーベル Psychoplanet
日本の旗ビクターエンタテインメント
(1991-1992)
日本の旗日本コロムビア
(1993-1994)
公式サイト http://www.psychopla.net

1990年の活動開始初期には The Poison Girl Friend, Poison Girl Friendsとして、複数メンバーからなるユニットであったが、1991年末以降、一貫してnOrikOによるソロユニットであり、現在では一般にはそのnOrikOの別名として用いられている。本項目ではPOiSON GiRL FRiENDの名義によるものか否かにかかわらず、nOrikOを統合した形で記載する。ユニット名はモーマスのアルバム、"ポイズン・ボーイ・フレンド” から[1]

表記編集

英米のサイトでは Poison Girlfriend と表記されることがあるが[2][3]アルバム等公式資料ではPoison Girl Friend と3語で表記。また公式には、iのみ小文字を他を大文字とした POiSON GiRL FRiEND が用いられている。業界ではしばしばPGFの略記が用いられることがある。日本語ではカタカナ表記では「ポイズン・ガール・フレンド」と"・"(中黒)2つ。また人名についても nOrikOとOのみを大文字にする表記が公式のもの。ただしこれら表記のゆれに関しては公式、準公式の資料などでもそれほど厳密ではない。

来歴編集

  • 1988年 シンガー・ソング・ライターとしてポリドールと契約[4]
  • 1989年 The POiSON GiRL FRiENDとしてライブ活動を開始。
  • 1990年より 六本木のParadisso、白金台のGiger Bar でアンビエントDJとして活動。
  • 1991年 Poison Girl Friendsとして自主制作初アルバム”Poison Girl Friends” をリリース(Psycho Planet Communicaitons)。この時のメンバーはnOrikO & 小雪結華。
  • 1992年 ビクター、エンドルフィンレーベルより、MELTING MOMENTをリリースしメジャーデビュー。同アルバムにはCMJK、斎藤ネコ (斎藤ネコカルテット)、大津真、磯貝健らが参加している。
  • このころよりクラブに依拠した活動も多く、川崎クラブチッタで The Shamen のオープニング・アクトに出演。Nobby uno、DJ WADA 、 Heigo Taniらと結成したユニットDark Eyed Kid名義では、Justin Robertson William OrbitがDJとして参加した西麻布のイエローのイベントで初ライブを行なった(William Orbitはキーボードとしても参加)。またCutemenのミニアルバムにゲスト参加。
  • 1993年 コロムビアに移籍。モーマスのプロデュースにより、Shynessを、続いて同年にミニアルバムMr. Polyglot Remixをリリース(いずれもロンドン録音)。同年、Dark Eyed Kid名義ではSpiralよりダンスミュージック系のAngelic Houseをリリース。
  • 1994年 Love me をリリース(コロムビア)。自らプロデュースを担当し東京でレコーディ ングすることで「前作であまりにも色濃かった"モーマス色”の払拭」を図る[5]
  • 1996年より 自主レーベル Psychoplanet に依拠して、NObby uNOとのダンスミュージックユニット Kiss-O-Matic として活動、アルバムをリリース: circularhythm(1996)、Sambanista! (1997)、St. Angelique(1997)
  • 2000年 〜 2004年 フランス在住。ライブ活動の傍ら、コーディネーションやCM音楽の分野で活躍。
  • 2005年に帰国し、ライブやDJで主に活動。
  • 2014年、POiSON GiRL FRiEND としては20年ぶりのアルバム rondoElectro をリリース。未発表旧作リマスタリングトラックも含めて参加ミュージシャンにはヲノサトル、大津真(Giulietta Machine)、サカエコーヘイ(COOOK)、高橋コウジ(高橋嵐)(タカハシテクトロニクス)、ハゼモトキヨシ(Sigh Society)、福間創 (Soyuz Project) 、ツキノワリョータ (リハビリ)、藤本敦夫、Picorin (ex Cutemen)、加藤みちあき、ツネマツマサトシ、西村雄介、宇野正展ら。[6]
  • 2018年、 エレクトロニクス系のミュージャンとの書下ろし新曲8曲と、PIL/Poptonesのカバー(CD only)を収録したアルバム das Gift を Nekon Records からリリース。参加メンバーは、 DJ WADA、Kiyoshi Hazemoto(Sigh Society)、 Kouji Takahashi(Palomatic)、Kohei Sakae、AE35、696SystemS、Moyuru。

ディスコグラフィー編集

アルバム編集

POiSON GiRL FRiEND編集

  • POiSON GiRLFRiENDS(Psycho Planet Communications, 1991)
  • MELTING MOMENT(ビクターエンタテインメント、1992)
  • Shyness(日本コロムビア、1993)
  • Mr. Polyglot Remix(日本コロムビア、1993)
  • LOVE ME (日本コロムビア、1994)
  • rondoElectro (Psychoplanet, 2014)
  • das Gift (Nekon Records, 2018)

Dark Eyed Kid編集

  • Angelic House (Spiral, 1993)

Kiss-O-Matic編集

  • circularhythm(Psychoplanet, 1996)
  • Sambanista! (Psychoplanet, 1997)
  • St. Angelique(Psychoplanet, 1997)

Kiss-O-Matic Remix編集

  • Tea 4 you (Track 4 me) from circularhythm Remixed by DJ WADA(Psychoplanet, 12inch Vinyl )
  • Kiss-O-Matic / Make a Miracle(DJ SHINKAWA'SSSS Remix) from Sambanista by DJ SHINKAWA(Psychoplanet, 12inch Vinyl )

参加アルバム編集

  • Hysteric Ball Room vol2 (Dark Eyed Kid名義、東芝EMI,1993)
  • Les jours de vacances en Provence : (NORIKO名義、Portazul, 1994)
  • Tribute to NEW WAVE (PGF名義、For the independent magazine “MEGABANK” 、1995)
  • TASTE OF SWEET LOVE V/A : Heidi 5(TRYCLE, 1997)
  • Voice From Tokio (hoarfrost feat.nOrikO名義、Limited Records, 2000)
  • Hub Compilation Album (Kaz Mashino feat. POiSON GiRL FRiEND, Nekon Records, 2016)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Remix Magazine, 1993年7月号 インタビュー
  2. ^ | BBC Playlister - Poison Girlfriend
  3. ^ | last.fm - Poison Girlfriend
  4. ^ POiSON GiRL FRiEND再始動!テクノポップ All About” (2014年7月10日). 2014年7月14日閲覧。
  5. ^ 流行通信1995年2月号
  6. ^ <90年代のテクノ・ブームが再燃?>ポイズン・ガールフレンドが20年ぶりのニューアルバム Japan In-Depth” (2014年6月14日). 2014年6月15日閲覧。

外部リンク編集