メインメニューを開く

PRIDE.21(プライド・トゥウェンティーワン)は、日本総合格闘技イベント「PRIDE」の大会の一つ。2002年6月23日埼玉県さいたま市さいたまスーパーアリーナで開催された。海外PPVでの大会名は「PRIDE 21: Demolition」。

PRIDE.21
イベント詳細
シリーズ PRIDE(ナンバーシリーズ)
主催 DSE
開催年月日 2002年6月23日
開催地 日本の旗 日本
埼玉県さいたま市
会場 さいたまスーパーアリーナ
開始時刻 午後4時
試合数 全8試合
放送局 フジテレビ
入場者数 22,568人
イベント時系列
PRIDE.20 PRIDE.21 THE BEST Vol.2

大会概要編集

メインイベントの高山善廣ドン・フライの対戦はPRIDE史上に残る一戦となった。互いが互いの首を掴み合い、ガードなしでそのまま殴りあうという非常に単純で熱い闘いとなり、会場を大歓声で埋め尽くした。

PRIDEデビュー戦となったリングス無差別級王者エメリヤーエンコ・ヒョードルセーム・シュルトを判定で下した。また第1試合に出場したボブ・サップ田村潔司に開始11秒でTKO勝ち。

試合結果編集

第1試合 PRIDE特別ルール 3分5R
  ボブ・サップ vs.   田村潔司 ×
1R 0:11 TKO(レフェリーストップ:右フック→パウンド
第2試合 PRIDEルール 1R10分、2・3R5分
  ゲーリー・グッドリッジ vs.   ラバザノフ・アフメッド ×
3R終了 判定2-1
第3試合 PRIDEルール 1R10分、2・3R5分
  アンデウソン・シウバ vs.   アレックス・スティーブリング ×
1R 1:23 TKO(ドクターストップ:額カット)
第4試合 PRIDEルール 1R10分、2・3R5分
  ジェレミー・ホーン vs.   ギルバート・アイブル ×
3R終了 判定3-0
第5試合 PRIDEルール 1R10分、2・3R5分
  大山峻護 vs.   ヘンゾ・グレイシー ×
3R終了 判定3-0
第6試合 PRIDEルール 1R10分、2・3R5分
  ダニエル・グレイシー vs.   杉浦貴 ×
3R終了 判定2-1
第7試合 PRIDEルール 1R10分、2・3R5分
  エメリヤーエンコ・ヒョードル vs.   セーム・シュルト ×
3R終了 判定3-0
第8試合 PRIDEルール 1R10分、2・3R5分
  ドン・フライ vs.   高山善廣 ×
1R 6:10 TKO(レフェリーストップ:マウントパンチ

ドン・フライ 対 高山善廣編集

ドン・フライ 対 高山善廣
開催日 2002年6月23日
認定王座
リングアナ ケイ・グラント
実況・解説 森脇淳
高田延彦
谷川貞治

ドン・フライ 対 高山善廣
炎のアルティメット・キング アパッチ・タワー
比較データ
36 年齢 35
  アメリカ合衆国アリゾナ州シエラビスタ 出身地   日本東京都墨田区
戦績
185cm 身長 196cm
98kg 体重 115kg
評価

結果 フライの1RTKO勝ち
主審 島田裕二

ドン・フライ 対 高山善廣は、2002年6月23日に行われた総合格闘技イベント『PRIDE.21』のメインイベントである。

解説編集

本来ドン・フライはマーク・コールマンと対戦予定であったが、大会1週間前にコールマンが怪我により欠場することとなった。 そのため、急遽ピンチヒッターとして高山が出場することが決まった。

関連項目編集

外部リンク編集