メインメニューを開く

Paltalkとはユーザーがインターネット上でビデオやチャット、音声通話をすることができるビデオグループチャットサービスである[1]チャットルーム英語版やユーザーが自身の公開仮想チャットルームを作成出来る機能を提供している。Paltalk Messengerというほとんどのユーザー向けの基本バージョンと、Paltalk MobileというiPhone、Android対応バージョン、Paltalk Expressという非Windowsユーザー向けにFlashで作成されたバージョンの3種類があり、プロプライエタリ・ソフトウェアとなっている。基本サービスは無料で、ソフトウェアも無料でダウンロードできるが、PaltalkのメーカーであるAVM Softwareは有料会員制度やより機能の充実した有料バージョンへの有料アップグレードも提供している。

Paltalk Messenger
開発元 AVM Software
初版 1998年6月
最新版 Version 11.4 / 2014年5月22日(5年前) (2014-05-22
対応OS Microsoft Windows, iOS, Android, BlackBerry
ライセンス プロプライエタリ
公式サイト http://www.paltalk.com/
テンプレートを表示

2013年時点で550万人のユーザーを抱えるなど利益をあげている[2]

デスクトップPC用ソフトウェア編集

PaltalkのメインアプリケーションはPC用のPaltalk Messengerだが、インターネットブラウザで使用するPaltalkExpressというAdobe FlashJavaで作成されたウェブ型アプリケーションも無料で提供している[3]

モバイル・タブレット用アプリケーション編集

複数のモバイルプラットフォームにネイティブ対応したアプリケーションがあり、ウェブカメラ、音声チャット、多人数参加もしくはプライベートセッションでの文字チャットが可能である。

Android:

  • タブレット用アプリケーション
  • スマートフォン用アプリケーション

Apple (iOS)

  • iPad
  • iPhone

全て、公式アプリストアやPaltalkモバイル版ページのリンク先の公式アプリストアから入手可能である。

機能編集

文字、音声、ビデオでのやりとりが可能なチャットルームを作成することができる。チャットルーム1つで100人入れるが、1つのコンバージョンで1000人に増やせる例もある。チャットルームはダウンロードして使うPC用ソフトウェア、ウェブサイト経由のFlashバージョン、iOSやAndroidのスマートフォン、タブレット用アプリケーションでアクセスできる。

また、15人まで参加できるプライベートなビデオチャットセッションも行える。

受賞編集

特許問題編集

2009年、Paltalkはコンピュータゲーム開発会社に対し、アメリカ合衆国特許5,822,523号、6,226,686号である「Server-group messaging system for interactive applications(→双方向アプリケーションに対応したサーバーグループメッセージングシステム)」を侵害しているとして複数の訴訟を起こした。最初の提訴先はマイクロソフトHalo: Combat EvolvedXbox Liveが特許を侵害していると主張した。マイクロソフトとはPaltalkが特許を20万ドル以下で買収したことに関して争ったが、その後法定外で和解した[4]

その後Paltalkはソニーアクティビジョン・ブリザードNCSOFTJagexTurbine, Inc.に対しても自社特許を侵害したことで「1000万ドル」の損害を負ったと提訴したが、訴えられた企業は20ドル以下でゲームを販売していた上、JagexはRuneScapeの無料バージョンを配布していることからコンピュータゲーマーのコミュニティ内でPaltalkに対する批判が噴出した[5][6][7]

事件編集

2013年6月、アメリカ国家安全保障局によるPRISMの傍受対象になっていたことが発覚した[8][9]

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ CNET”. Paltalk. 2013年7月1日閲覧。
  2. ^ PalTalk: It Was "Flattering" To Be Included In The PRISM Slidedeck”. TechCrunch. 2013年8月6日閲覧。 “PalTalk, a profitable group video chat site that’s been around for more than a decade and has about 5.5 million monthly uniques [...]”
  3. ^ Try Paltalk Express - Access free chat rooms, IM and video chat”. Paltalk. 2012年1月12日閲覧。
  4. ^ “Microsoft settles lawsuit over Xbox”. Seattle Post-Intelligencer. (2009年3月12日). http://www.seattlepi.com/business/article/Microsoft-settles-lawsuit-over-Xbox-1302404.php 
  5. ^ Thompson, Michael (2009年9月17日). “Multiple MMO developers/publishers named in patent suit”. Ars Technica. http://arstechnica.com/gaming/news/2009/09/multiple-mmo-developerspublishers-named-in-patent-suit.ars 2012年1月12日閲覧。 
  6. ^ Decker, Susan (2009年9月14日). “Sony, Activision Blizzard Sued Over Online Games (Update1)”. Bloomberg. http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=conewsstory&tkr=SNE:US&sid=aAhAaaSzKQIA 2012年1月12日閲覧。 
  7. ^ Bray, Hiawatha (2009年9月16日). “Westwood-based video game maker named in patent infringement suit”. The Boston Globe. http://www.boston.com/business/technology/articles/2009/09/16/westwoods_turbine_inc_named_in_patent_infringement_lawsuit/ 2012年1月12日閲覧。 
  8. ^ Winter, Michael (2013年6月6日). “Reports: NSA siphons data from 9 major Net firms”. USA Today. http://www.usatoday.com/story/news/2013/06/06/nsa-surveillance-internet-companies/2398345/ 2013年6月12日閲覧。 
  9. ^ Lobosco, Kate (2013年6月7日). “Google ... Facebook ... Paltalk?!”. CNN Money. http://money.cnn.com/2013/06/07/technology/security/paltalk-nsa-surveillance/?hpt=hp_t2 2013年6月12日閲覧。