RUN&RUN』(ラン アンド ラン)は、1980年3月15日に全国劇場公開された矢沢永吉ドキュメンタリー映画[1]。製作・プルミエ・インターナショナル、富士映画配給[2]。矢沢の1979年9月15日ナゴヤ球場ライブと、普段見せない私生活を追う[1]

RUN&RUN
監督 根本順善
出演者 矢沢永吉
音楽 矢沢永吉
撮影 黒柳満
編集 熱海鋼一
配給 富士映画
公開 1980年3月15日
上映時間 98分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

概要編集

1980年のテーマを「青春―音楽―愛」をテーマにしていた富士映画が『さらば青春の光』『ワンダラーズ (映画) 』に次いで配給を決め、1979年10月に発表した[2]。当時矢沢はテレビ、ラジオ出演を一切拒否していたため、その矢沢が映画に出るというのが大きな売りであった[2]。企画は矢沢が1980年代に何をやろうとするのか、矢沢の成り上がり哲学を基に描く、というものだった[2]

ファンからの問い合わせが富士映画に殺到したが、当時の矢沢は徹底したマスコミ嫌いを標榜し[1]、富士映画が何度頭を下げても矢沢は表舞台に出て来てくれず[1]。このため製作記者会見も出来ず、完成披露試写会での出席も拒否され、映画の宣伝に一切協力しなかった[1]。ところが1980年2月10日にNHK教育の『若い広場』に突如出演し[3]、富士映画の関係者をビックリさせた[1]。この放送が大きな反響を呼んだため、これ以上ない映画の宣伝になった[1]

なぎら健壱は、公開時に映画館に本作を観に行き、劇場内で矢沢タオルを宙に放るYAZAWA信者を目撃し、衝撃を受けたと話している[4]

収録曲編集

  • 過ぎてゆくすべてに
  • バイバイサンキューガール
  • ズッコケ娘
  • I SAY GOOD-BYE,SO GOOD-BYE
  • 古いラヴレター

ワンナイトショー

  • 馬鹿もほどほどに
  • 苦い涙など、他12曲

スタッフ編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g 「〈るっく 人と事件〉 矢沢永吉が宣伝に協力してくれなくて映画会社は困惑」『週刊現代』1980年2月7日号、講談社、 48頁。
  2. ^ a b c d 週刊映画ニュース (全国映画館新聞社): p. 3. (1979年10月27日) 
  3. ^ 若い広場 | なつかしの番組 こども・教育番組編 | 特集記事から探す | NHK
  4. ^ 「リレー・エッセイ 映画と私(247) フォークシンガー なぎら健壱」『キネマ旬報』2006年4月下旬号、キネマ旬報社、 116-117頁。

外部リンク編集