増田久雄

日本の映画プロデューサー

増田 久雄(ますだ ひさお、1946年 - )は日本映画プロデューサー東京都出身。

経歴編集

早稲田大学政治経済学部卒業。在学中に石原裕次郎と出会い、大学卒業後石原プロモーションで映画製作に携わる。その後、石原プロの映画製作中止に伴い退社しフリーランスの映画プロデューサーとして活動を開始する。

1976年、ドキュメンタリー映画「永遠なる武道」製作のために、自身の会社「プルミエ・インターナショナル」を設立する。その後、次々と話題作を手がける。

映画プロデュースの傍ら、「北原陽一」のペンネームで脚本を書いたり、小説・舞台の英訳・プロデュースも行う。

石原プロとの交流は依然続いており、1997年には石原まき子からの奨めで、「石原裕次郎への私信のつもりで書きためた手紙を公開する」形での回顧録『太平洋の果実』(パルコ出版刊)を上梓した。

作品編集

著書編集

  • デイドリーム・ビリーバー: 昭和64年、新宿。(2006年、ポプラ社
  • 団塊、再起動。―経験と智恵を活かした団塊世代の第二の人生(2007年、ポプラ社)
  • サンタクロースに会いました(2007年、ポプラ社)
  • 栄光へのノーサイド(2019年、河出書房新社

関連項目編集

外部リンク編集