石原プロモーション

日本の芸能事務所、映像作品制作会社(1963 - 2021.1.16)

株式会社石原プロモーション(いしはらプロモーション) は、俳優石原裕次郎が設立した日本芸能事務所制作プロダクションである。本社は東京都調布市に所在。略称・通称は「石原プロ」。また、所属タレントの面々は『石原軍団』(いしはらぐんだん)の愛称で広く親しまれていた。代表取締役会長は石原まき子[2]

株式会社 石原プロモーション
Ishihara International Productions, Inc.
種類 株式会社
略称 石原プロ
本社所在地 日本の旗 日本
182-0024
東京都調布市国領町1丁目34番地18
設立 1963年1月16日
業種 サービス業
法人番号 9012401007283 ウィキデータを編集
事業内容 芸能事務所番組制作会社
代表者 代表取締役会長 石原まき子
資本金 3000万円
純利益 2374万8000円(2017年12月31日時点)[1]
総資産 47億0709万4000円(2017年12月31日時点)[1]
従業員数 30人(所属タレントを除く)
主要子会社 石原音楽出版社
石原インターナショナル
アイ・ビー・エフ
石原ミュージック
石原裕次郎記念館
関係する人物 石原裕次郎
渡哲也
舘ひろし
神田正輝
外部リンク 石原プロモーション
特記事項:2021年1月16日解散
テンプレートを表示

概要編集

芸能事務所・制作プロダクションであるが、プロデュースやマネジメントが中心の他のプロダクションと違い、撮影用機材やクルーを自社で保有し、自社を「映画製作会社」と名乗っていた。

石原裕次郎は、所属していた映画会社である日活とは別に、水の江瀧子と「石原商事」を経営していたが、1963年1月16日に個人事務所(プライベートオフィス)として設立され、浅丘ルリ子など、日活出身の俳優が所属した。

1963年から1973年にかけて、大手映画会社に出来ない作品を作るという理想のもとに『太平洋ひとりぼっち』『黒部の太陽』『栄光への5000キロ』など、裕次郎主演映画を中心に多数の映画を製作。特に1967年から1969年にかけては、黛ジュンの活躍によって一時的に経営が潤ったが、収益を自社製作映画の膨大な製作費に充てていた状況で、映画産業の斜陽化の煽りも受け、『甦える大地』や『ある兵士の賭け』など興行的に失敗した作品も多かった[注 1]。会社存続が危ぶまれ、8億円(当時)近い負債を背負った。

1972年、テレビへの過小評価から頑なにテレビドラマ出演を拒否していた裕次郎は、周囲の強い説得で嫌々ながらもテレビドラマ『太陽にほえろ!』(東宝日本テレビ)に主演する。番組は反響と高視聴率を獲得し、テレビが持つ影響力の大きさを身をもって体験したことがもとで、活動の軸足を映画からテレビに移していくこととなる。会社の再建のため、また自分が愛してやまない映画をもう一度作りたいという想いから、自社でテレビドラマ『大都会』及び『西部警察』シリーズを製作して人気を集め、負債を完済したのみならず約30億円に上る資産を築き、再建に成功した。しかし本来の目的であった映画製作は、1993年公開の『欽ちゃんのシネマジャック』向け短編が最後となり[注 2]、テレビドラマの制作も2009年が最後となった。

会社存続が危ぶまれた当時、裕次郎を慕っていた日活の後輩である渡哲也を皮切りに俳優が所属するようにもなり、彼らのマネジメントを手掛けた。裕次郎亡き後は、副社長の渡が社長に昇任し、所属俳優の神田正輝舘ひろしも共に取締役に就任。専務取締役には「コマサ」こと小林正彦が長年にわたり務めていた(詳しくは本人の項を参照)。

事務所の所在は、設立当時は虎ノ門だったが、1973年調布市国領町に移転し、1991年には布田の「調布シティビル」に移転。解散後の2021年2月には国領町に再移転した[4]

芸能事務所活動の一方、たびたび大規模イベントを行い、そのド派手さが話題となった。これまで、後述の「炊き出し」や「『1億人の心をつかむ男』新人発掘オーディション」「国立競技場での裕次郎二十三回忌法要」「林家正蔵の襲名披露パレード」「林家三平の襲名披露両国国技館公演」などを成功させてきた。「裕次郎の凄さを伝え続けるためには、スケールの大きさにはこだわり続けなければいけない」という方針からのものだった[5]

2011年3月28日の株主総会で、裕次郎夫人であるまき子会長以外の取締役5人が退任。代表取締役社長であった渡、取締役であった神田と舘は、いずれも一俳優として石原プロに所属することとなり、小林専務は健康上の理由で業界から引退することとなった[2]。なお、それまでの所属タレントや社員は同年6月30日付で全員一旦退職した上で、翌7月1日付で一部社員が再雇用される形になる。また、執行役員制となり、社長の座は空席となった[6][7]

2015年6月22日チャンネル銀河株式会社と業務提携契約を締結。それに伴い、まき子がチャンネル銀河の名誉会長に、また、チャンネル銀河代表取締役社長の関本好則が石原プロの会長特命コンテンツアドバイザーに就任した[8]2017年4月1日に渡哲也が経営陣に復帰し、「相談取締役」の肩書きで相談役取締役を兼任した。

裕次郎が生前各界と交流を深めていたことや、莫大な映画製作費の補填もあり、全国に協賛企業・後援団体が数多く存在していた。特に代表的なものとして宝酒造があり、裕次郎時代から所属俳優がCMに出演していたほか、石原プロのイベントには宝酒造の樽酒を毎回提供していた。また、ドラマ『大都会 PARTII』では同社の島原工場、『西部警察』の日本全国縦断ロケでは札幌工場(現在は閉鎖)・伏見工場で撮影が行われ、後者は当時の社長であった大宮隆が本人役として出演していた。また、著名人では初代林家三平一門との交流があり[注 3]、前述の正蔵・三平襲名披露における大規模イベントのバックアップも担当している。

終焉編集

裕次郎の没後、渡の体調不良等のゴシップ報道のタイミングで事務所解散についての噂が度々流れていたが、石原プロ側はその都度、事務所の解散は決定事項ではないとして否定する姿勢を取っていた。しかし実際には、2017年石原裕次郎記念館北海道小樽市)が閉館した後から解散についての話が始まっていた[9]

創業から57年が経ち、裕次郎の命日である2020年7月17日に、2021年1月16日を以て「株式会社石原プロモーションの商号を石原裕次郎の仏前に返還する」との名目で芸能事務所としての業務を終了することが、公式サイトなどで発表された[10][11]。それと前日の7月16日には裕次郎の遺品管理を行う新組織「一般社団法人ISHIHARA」が設立されていたことも明らかとなった[12][13] ほか、映像・音楽作品の版権管理業務を石原音楽出版社に移管することが分かった。その報告でまき子は、裕次郎の遺言が「俺が死んだら即会社をたたみなさい」だったことを明かしており、まき子が30年以上所属俳優やスタッフに言い出せなかったその遺言は裕次郎の34回忌を迎えようやく実行に移されることになった[11]。発表後の8月10日には、渡が肺炎のため他界(79歳没)している。

発表通り、創業から58年の節目を迎えた2021年1月16日、石原プロは解散の日を迎えた[14][15]。同日10時より調布市布田の「調布シティビル」3階の本社にて「解散式」が執り行われ[注 4]、長きに亘り掲げられてきた「株式会社石原プロモーション」の看板が裕次郎と渡の遺影に一度供えられた後、同社を出発して渡の自宅に立ち寄って渡の仏前に供えられ、最後は世田谷区成城にある裕次郎の自宅で仏前に供えられて看板は"返還"され[17][18]、58年の歴史に幕を下ろした。なお、石原プロは2月1日にこれまで事務所を構えていた布田から国領町に移転(但し法人登記はそのまま)[注 5][4][19]して版権会社となり、12月までに清算作業を完了させる予定である[16]

2021年3月31日、石原プロのホームページが閉鎖された。そして翌日の4月1日、裕次郎の遺品等の一般公開およびオリジナルグッズの販売を行うサイト「石原裕次郎オンライン記念館」が公開された。運営は石原音楽出版社が行う。この公開において、一般社団法人ISHIHARAおよび石原音楽出版社の代表が、まき子の養子にあたる「石原邦彦」であることが公表された。

2021年4月30日、株主総会にて解散を決議。(2021年5月24日発行官報 号外第113号71頁にて解散公告を掲載)

名物の炊き出し編集

 
東北地方太平洋沖地震東日本大震災)での炊き出しのため開設された石巻げんき食堂
(2011年4月19日、宮城県石巻市)

石原プロは撮影用の車やバイクなどのほかに、餅つき機や3,000人分の炊飯ができる炊事器などを所有しており、関連イベントで炊き出しをするのが恒例となっていた。小林正彦が自ら調理して所属俳優が料理を配るのも人気の一つであり、カレー、赤飯、豚汁、おはぎ、雑煮など種類も豊富である。「炊き出しカレー」が市販されていた。

1995年1月17日に発生した兵庫県南部地震阪神・淡路大震災)では、被災地の兵庫県芦屋市で、渡と実弟の渡瀬恒彦焼きそばの炊き出しを行った。

2006年4月12日放映の『愛のエプロン3時間スペシャル』(テレビ朝日)では、渡をはじめとする所属俳優が料理を披露。2007年1月1日放映の『SMAP×SMAP』(関西テレビ・フジテレビ)の料理コーナー「BISTRO SMAP」に渡、舘、神田、徳重の4人が出演した際には、過去のイベントでの炊き出しの模様を記録したプロモーションビデオの存在が明らかになり、「THE 炊き出し PART4」なるビデオの一部が紹介された。その中で舘は「ただ、俳優のプロモーションビデオはひとつもない」とも明かしている。

2008年11月12日放送の『ナニコレ珍百景』(テレビ朝日)では、徳重聡が都内にある石原プロの倉庫を紹介した。この際、動態保存された多数の劇用パトカー等と共に炊き出しに使う鍋なども紹介されたが、珍百景としては登録されず。

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)では、トラック28台を連ねて被災地の宮城県石巻市を訪れ、渡・舘らが4月14日から20日までの一週間、カレーや焼きそば、おでんぜんざいなど豊富な炊き出しを行った[20]。この炊き出しでは、被災地・被災者とは関係無い一般の石原プロファンが多数来場し、道路渋滞が発生した事で苦情が出たとの報道が一部でされた[21]

2011年9月7日から6日間、東京・日本橋髙島屋屋上で行われた催事・大東北展では、「屋上げんき食堂」を特設し、売上金全額は日本赤十字社を通じて被災地に寄付した[22]。またレトルト食品(炊き出しカレー、とん汁、おでん、ぜんざい)として一般販売もされた。

2017年に石原裕次郎記念館が閉館したことや渡本人の意向[23]に伴い、同記念館の倉庫にあった炊き出し用具を全て処分しており、また人員の問題や高齢化もあって、2016年の熊本地震被災地で実施[24]したのを最後に炊き出しは終了した[25]

作品傾向編集

石原プロが製作する作品は石原裕次郎、渡哲也を主役として設定したものが多く、裕次郎死後は舘を主役にした作品が量産された。社名が「プロモーション」となっている点から、代表者の名前に囚われない幅広い作品作りを目指した三船プロダクションなどの独立スタープロとは対照的なものであった。

黒部の太陽』『西部警察』に代表される、大規模なセットを組んだアクションを重視した作品が多く、撮影中の演者やスタッフの怪我や事故がたびたび発生している。2003年には『西部警察2003』の撮影時に観客を負傷させる車両事故が発生しており、最終的に連続ドラマは制作中止となった。

また、過去に製作された作品はいずれも二次利用の機会が少なく、断片的な形でのリリースとなった『西部警察』や、自社の版権が失効している『太平洋ひとりぼっち』『ゴキブリ刑事』などを除いてソフト化されていないものが大半を占めていた。その後、経営体系の大幅な刷新を経た2012年に創立50周年プロジェクトとしてテレビ作品の順次DVDリリースが決定(ただし一部の作品を除いて原則セレクション形式でのリリースとなる)、翌2013年には『黒部の太陽』をはじめとする劇場映画5作品がBlu-ray及びDVDでリリースされた。

地上波以外での再放送もDVDと同様の傾向が見られたが[注 6]2007年に日本テレビ系の専門チャンネルである日テレプラスで『大都会』シリーズが放送されて以降は、衛星放送を中心に自社作品の再放送が活発化している。2015年には石原裕次郎生誕80周年企画「4K未来映像プロジェクト」[26][27] の一環として、チャンネル銀河との共同制作で紀行番組『西部警察 全国キャラバン!!ロケ聖地巡礼』(全10話)を製作[28]。石原プロモーションがCS向け番組を制作するのはこれが初めてである[29]

2016年1月からは動画配信事業にも参入、『大都会』『西部警察』シリーズの配信が開始されている[30]

幻の社歌編集

同社の社歌として「太陽と星たちの賛歌」(作詞:なかにし礼、作曲:羽田健太郎)が存在する。

元々は1978年に裕次郎がなかにしに作詞を依頼した曲で、同年5月に予定されていたパーティー(同社の設立記念パーティーとする説[31] と、同社と関係の深い宝酒造のパーティーとする説[32] がある)で披露される予定だったが、裕次郎が同時期に闘病生活に入ったためレコーディングや披露も行われず、また譜面も行方不明となったため「幻の社歌」となっていた。当時は同社のスタッフの間でも「社歌があるらしい」という都市伝説扱いだったという[31]

裕次郎の死後の2013年8月に、同社の社史編纂のため裕次郎の自宅資料室を整理していたところ譜面が発見されたことから、舘ひろしの歌唱と船山基紀によるアレンジで初めてレコーディングが行われ、2014年3月にその存在が公表され、石原プロモーションのサイトで期間限定で公開されている[33]

歴代所属俳優・歌手編集

一般に「石原軍団」の愛称で親しまれていた。

石原プロNEXT GENERATION[34]

歴代所属スタッフ編集

会社概要編集

解散時の役員編集

  • 代表取締役会長:石原まき子
  • 専務取締役:浅野謙治郎[注 7]
  • 映像版権取締役:佐藤泰博
  • 芸能部取締役:小嶋克巳
  • 制作事業部取締役:古賀正行
  • 映像制作部取締役:椎野茂
  • 経理部取締役:小林聖

元役員編集

  • 元代表取締役社長(初代)兼会長:石原裕次郎
  • 元代表取締役社長(2代目) / 元相談取締役:渡瀬道彦(渡哲也)
  • 元代表取締役専務:小林正彦
  • 元代表取締役常務:金宇満司
  • 元常務取締役・常務執行役員:仲川幸夫
  • 元取締役:舘廣(舘ひろし)、神田正輝、福原昇
  • 水の江滝子
  • 浅丘ルリ子
  • 石原慎太郎
  • 中井景(元専務)
  • 元執行役員:阿部洵二郎
  • 元執行役員:小林聖

社歌編集

作品編集

映画編集

黒部ダムを建設する男たちの試練を描いた映画。
※1969年に日本テレビ系列でテレビドラマ化された。石原はこのテレビドラマ版にも出演している。
日産・ブルーバードのラリーカーで、サファリラリーで活躍する日本人ドライバーをテーマにした日産自動車とのタイアップ映画。

テレビドラマ編集

ドキュメント・バラエティ編集

CM編集

関連企業編集

公式サイト内では、系列会社として扱っている。

  • 石原音楽出版社
  • 石原インターナショナル(2020年閉鎖[35]
  • アイ・ピー・エフ(2019年石原プロと合併して消滅[36]
  • 石原ミュージック(2019年閉鎖[37]
  • 石原裕次郎記念館

また、系列会社ではないが、石原プロが設立に関わっている会社もある。

関連書籍編集

  • 『昭和の太陽 石原裕次郎』石原プロモーション、2009年8月。ISBN 978-4-903853-66-6
    2009年7月5日に旧国立競技場で行った二十三回忌法要の記念品を再編し書籍化
  • 『石原裕次郎 渡哲也 石原プロ社史』 青志社、2021年1月。ISBN 978-4-86590-111-5[38]
    石原プロの会社解散を機に記念出版。2014年発行の「石原プロ50周年史」(非売品)を、会社解散までの軌跡を加え書籍化
  • 佐藤利明『石原裕次郎 昭和太陽伝』石原プロ監修、アルファベータブックス、2019年7月。ISBN 978-4-86598-070-7
  • 『映画にかけた夢 石原プロモーション58年の軌跡』 朝日新聞出版週刊朝日ムック」2020年12月。ISBN 978-4-02-277060-8  

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 『ある兵士の賭け』撮影時には、三浦雄一郎のドキュメンタリー映画『エベレスト大滑降』を同時制作しており、いずれも海外ロケのある大規模な作品であり、石原プロのような小さな会社には無理なことだった、と関係者が証言している[3]
  2. ^ 2018年に公開された舘ひろしの主演映画『終わった人』には製作委員会の一つとして名を連ねている。
  3. ^ 三平の長女である海老名美どりは、峰竜太の妻である。
  4. ^ なお、神田正輝は解散式当日、司会を務める生放送番組『朝だ!生です旅サラダ』(朝日放送テレビテレビ朝日系)の関係で出席しなかった[16]
  5. ^ 但し、30年前の布田移転前とは異なる場所に位置する。
  6. ^ 例外的に『西部警察』シリーズは90年代後半からファミリー劇場で頻繁に再放送が行われていた。
  7. ^ 2020年7月の解散報道では「社長」と報道されている。2018年公開の舘ひろし主演映画「終わった人」では、石原プロの製作委員会参加における出資責任者(製作者)を務めた。

出典編集

  1. ^ a b 株式会社石原プロモーション 決算公告
  2. ^ a b 渡社長辞任“大政奉還”石原プロ新体制に サンケイスポーツ 2011年5月12日閲覧
  3. ^ NHK BSプレミアム『ありがとう裕さん さらば石原軍団「日本人が最も愛した男 真実の物語」』2021年2月27日放送
  4. ^ a b 石原プロモーション | 会社概要
  5. ^ 「恥ずかしい映画は作れない」解散石原プロの苦悩日刊スポーツ2021年1月17日記事
  6. ^ 石原プロ“大政奉還”渡社長退任 まき子夫人に経営を全面委任 - 中日スポーツ・2011年5月12日
  7. ^ 渡哲也「健康と年齢」理由に石原プロ社長勇退 スポニチアネックス・2011年5月12日
  8. ^ 石原プロモーション代表取締役会長・石原まき子氏、チャンネル銀河の名誉会長に就任”. チャンネル銀河「銀河ニュース」 (2015年6月22日). 2015年6月24日閲覧。
  9. ^ 「おもちゃ箱のようだった」舘ひろしが語る石原プロ58年の歴史 解散後も名を残す石原軍団 東京新聞、2021年1月10日付
  10. ^ 石原プロモーションよりご報告”. 株式会社石原プロモーション (2020年7月17日). 2020年7月19日閲覧。
  11. ^ a b “石原軍団が解散へ、石原まき子「石原裕次郎の遺言を実行いたしました」”. 映画ナタリー. ナターシャ. (2020年7月17日). https://natalie.mu/eiga/news/388114 2020年7月17日閲覧。 
  12. ^ “石原プロ縮小、裕次郎さん遺品管理「社団法人」設立”. 日刊スポーツ. (2020年7月17日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202007160000642.html 2020年7月17日閲覧。 
  13. ^ 一般社団法人ISHIHARAの情報”. 国税庁法人番号公表サイト. 2020年7月17日閲覧。
  14. ^ "石原プロモーション、16日に解散 58年前に起業した日に看板下ろす". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 16 January 2021. 2021年1月16日閲覧
  15. ^ "破壊した車4600台 オーディションには5万人…石原軍団解散 裕次郎さん設立から58年". 中日スポーツ. 中日新聞社. 16 January 2021. 2021年1月16日閲覧
  16. ^ a b "舘ひろし「寂しいな」裕次郎さんに看板返還…石原プロ58年の歴史に幕 (2/2ページ)". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 17 January 2021. p. 2. 2021年1月19日閲覧
  17. ^ "舘ひろし「寂しいな」裕次郎さんに看板返還…石原プロ58年の歴史に幕". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 17 January 2021. pp. 1–2. 2021年1月17日閲覧
  18. ^ [1]公式インスタグラム2021年1月20日記事
  19. ^ 石原音楽出版等、2月1日付で事務所を移転文化通信2021年01月23日分記事
  20. ^ 石原軍団、石巻で“男の炊き出し”…風呂なし寝袋1週間”. スポーツ報知 (2011年4月15日). 2011年4月19日閲覧。
  21. ^ 「石原軍団」の炊き出しで渋滞発生 石巻で聞いた賛否両論 ニッケンタイムズ 2011年04月18日
  22. ^ 渡ら「げんき食堂」、被災地支援も続けます 日刊スポーツ新聞社 2011年9月7日
  23. ^ “渡哲也さん終活 炊き出し鍋処分していた 裕次郎さんが始めた“思い出の道具類”3年かけて”. スポーツニッポン. (2020年8月16日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/08/16/kiji/20200815s00041000481000c.html 2021年1月17日閲覧。 
  24. ^ “1万2000食配る!石原軍団が元気の炊き出し、車中泊で寄り添う”. サンスポ. (2016年6月12日). https://www.sanspo.com/smp/geino/news/20160612/geo16061205050001-s.html 2021年1月18日閲覧。 
  25. ^ 石原プロ名物“炊き出し”は? 被災地に行けない意外なワケ 日刊ゲンダイ 2018年8月16日
  26. ^ “石原裕次郎生誕80周年企画『4K未来映像プロジェクト』キックオフ” (プレスリリース), チャンネル銀河, (2015年7月31日), http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000030.000007290.html 2021年1月16日閲覧。 
  27. ^ 4K未来映像プロジェクト”. チャンネル銀河. 2016年1月3日閲覧。
  28. ^ “「西部警察」ロケ地巡礼番組を制作へ 「渡さん出演してくれたら」”. スポニチアネックス. (2015年7月31日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/07/31/kiji/K20150731010845460.html 2016年1月3日閲覧。 
  29. ^ ドラマロケ地 全国10カ所を4K映像で紹介『西部警察 全国キャラバン!!ロケ聖地巡礼』9月1日よりJ:COMオンデマンドで4K版を独占配信”. ジュピターテレコム (2015年8月31日). 2016年1月3日閲覧。
  30. ^ 「西部警察」、「大都会」石原プロが'16年元旦からデジタル配信進出。Hulu他”. AV Watch (2015年12月16日). 2016年6月5日閲覧。
  31. ^ a b 石原プロの“幻の社歌” 36年ぶり発見 裕次郎さん命日に無料配信へ スポーツニッポン 2014年3月19日閲覧
  32. ^ 石原プロ“幻の社歌”発見!舘ボーカルで36年ぶり復活へ - サンケイスポーツ・2014年3月19日
  33. ^ 石原プロモーション幻の社歌期間限定配信中 石原プロモーション
  34. ^ 【イケ男図鑑】石原軍団ジュニア「伝説の男の背中を追う石原プロ次世代スターたち」”. 2021年5月31日閲覧。
  35. ^ 株式会社石原インターナショナルの情報”. 国税庁法人番号公表サイト. 2020年7月14日閲覧。
  36. ^ 株式会社アイ・ピー・エフの情報”. 国税庁法人番号公表サイト. 2020年7月14日閲覧。
  37. ^ 石原ミュージック株式会社の情報”. 国税庁法人番号公表サイト. 2020年7月14日閲覧。
  38. ^ 石原裕次郎 渡哲也 石原プロ社史 青志社、2021年1月16日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集