SBA航空(SBAこうくう、英語: SBA Airlines[1]、旧名:サンタバーバラ航空)はベネズエラ カラカスにあるEdificio Tokayの3階に拠点を置く航空会社である[2]2008年まではサンタバーバラ航空というブランド名で運航していた。国内線と国際線を運航しており、カラカス マイケティアにあるシモン・ボリバル国際空港を主な本拠地としている。

SBA航空
SBA Airlines
サンタバーバラ航空.gif
IATA
S3
ICAO
BBR
コールサイン
SANTA BARBARA
設立 1995年11月1日
ハブ空港 シモン・ボリバル国際空港
マイレージサービス Privilege
親会社 PAWAドミニカーナ
保有機材数 5機
就航地 2都市
スローガン

Con calidez venezolana

('with Venezuelan warmth')
本拠地 ベネズエラの旗 ベネズエラ 首都カラカス
代表者 Francisco González(BBVAグループ代表取締役会長)
外部リンク sbairlines.com
テンプレートを表示

歴史編集

航空会社は1995年11月1日に設立し、1996年3月1日に運航を開始した。

最初は、カビマスメリダアルベルト・アドリアーニサンタ・バルバラ・デ・スリアへの国内線の運航を開始。メリダのアルベルト・カルネバリ空港へのルートはサンタバーバラ航空518便墜落事故の後、ファン・パブロ・ペレス・アルフォンソ空港に変更となった。その後、新たにバルキシメトカラカスクマナラス・ピエドラスサン・アントニオ・デル・タチラバレンシア (ベネズエラ)への国内線とオラニエスタッドへの国際線の運航を開始し[要出典]、またその後、キトリマリスボンロンドンマドリッドマイアミニューヨークサンティアゴ・デ・コンポステーラオーランドテネリフェパリなどの国際線の運航を開始した[要出典]

なお、SBA航空とアセルカ航空は現在、合併を提案している[要出典]

就航地編集

2017年9月時点でのSBA航空の就航地は以下の通りである[3]

アメリカ
ベネズエラ

保有機材編集

現在の機材編集

2017年5月時点でのSBA航空の保有機材は以下の通りである[4]

SBA航空の保有機材
機材 保有数 発注数 座席数[4] 備考
J Y
ボーイング757-200ER 2 - 24 154 178
ボーイング767-300ER 3 - 18 224 242
5 -

退役済みの機体編集

 
サンタバーバラ航空のボーイング767-300ER

長年、SBA航空は以下の機体を運航していた[要出典]

SBA航空の過去の保有機材
機材 保有数 備考
ATR 42 14
ボーイング757-200ER 9
ボーイング767-300ER 7
マクドネル・ダグラス DC-10 2
マクドネル・ダグラス MD-82 2
34

事故編集

2008年2月21日、国内定期便として運航されていた、メリダカラカス行きのサンタバーバラ航空518便が離陸直後に墜落。43名の乗客と乗員3名が乗っていた。翌日、機体の残骸がメリダの北東約10kmに位置する標高12000フィート(3700m)の山脈で発見されたが、生存者はいなかった。またこの事故は、航空会社が新しい広報戦略だけでなくマーケティング活動や航空会社名を変える契機となった。

脚注編集

  1. ^ "English page." SBA Airlines
  2. ^ "Oficinas." SBA Airlines. Retrieved on January 17, 2012. "Calle 3B, Edificio Tokay, Piso 3, La Urbina."
  3. ^ sbaairlines.com retrieved 25 May 2017
  4. ^ a b Nuestra Flota” [保有機材] (スペイン語). sbairlines.com. Santa Barbara Airlines C.A. 2017年5月25日閲覧。

外部リンク編集

  ウィキメディア・コモンズには、SBA航空に関するカテゴリがあります。