スペクトラム6 SPECTRUM FINAL』(スペクトラムシックス スペクトラム・ファイナル)は、1981年11月5日にビクター音楽産業(現:JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)から発売されたスペクトラムライブ・アルバム。正式なタイトルは『スペクトラム6 SPECTRUM FINAL Budoukan Live Sept. 22,1981』。

SPECTRUM FINAL
スペクトラムライブ・アルバム
リリース
録音 1981年9月22日
ジャンル J-POP
時間
レーベル ビクター音楽産業
プロデュース 大里洋吉
スペクトラム アルバム 年表
スペクトラム5 SPECTRUM BRASSBAND CLUB
(1981年)
スペクトラム6 SPECTRUM FINAL
(1981年)
スペクトラム伝説
1983年
テンプレートを表示

概要 編集

その名の通り、1981年9月22日日本武道館で行われた解散ライブの模様を収録したアルバム。スペクトラム唯一の2枚組アルバムである(当初の企画では3枚組の予定だった)。

収録曲 編集

DISC 1 A面
全作曲・編曲: スペクトラム(特記以外)。
#タイトル作詞作曲・編曲
1.「サンバ・イン・F」(作曲:奥慶一)-スペクトラム(特記以外)
2.「メモリー」宮下康仁スペクトラム(特記以外)
3.「ノー・タイトル〜モーション」桑田佳祐スペクトラム(特記以外)
4.「F・L・Y」Maboスペクトラム(特記以外)
B面
#タイトル作詞作曲・編曲
5.「夜明け(アルバ)」スペクトラム 
6.「ファースト・ウェイブ〜クェッション '81 & '82〜ロリータ〜ミーチャン・ゴーイング・トゥ・ザ・ホイクエン〜パッシング・ドリーム〜ロックン・ロール・サーカス」宮下康仁 
DISC 2 C面
#タイトル作詞作曲・編曲
1.「ソング」宮下康仁 
2.「侍ズ」- 
D面
#タイトル作詞作曲・編曲
3.「アクトショー」宮下康仁 
4.「NIght Night Knight」(作曲:渡辺直樹)巻上公一 
5.「イン・ザ・スペース」宮下康仁 
6.「サンライズ」山川啓介 
7.「トマト・イッパツ」宮下康仁 

曲解説 編集

DISC 1
  1. サンバ・イン・F
    本アルバムで初商品化となった曲。この曲をバックに、MCの桑田佳祐の紹介と共にメンバーが一人ずつ姿を現す。2014年現在スタジオ録音の音源は発表されていないため、聴けるのはこのライブ版のみ。解散コンサートでは同曲演奏時に、アミューズ所属ミュージシャンが多数、各自パーカッションを手に武道館のステージに登場した。
  2. メモリー
  3. ノー・タイトル〜モーション
  4. F・L・Y
  5. 夜明け(アルバ)
  6. ファースト・ウェイブ〜クエッション'81 & '82〜ロリータ〜ミーチャン・ゴーイング・トゥ・ザ・ホイクエン〜パッシング・ドリーム〜ロックン・ロール・サーカス
    クレジットは無いが、「ファースト・ウェイブ」と「クエッション'81 & '82」の間に「おてもやん」を演奏している。
    「ミーチャン・ゴーイング・トゥ・ザ・ホイクエン」では小学生になったミーチャンが登場、「ミーチャン・ゴーイング・トゥ・ザ・ショウガッコウになりました」と言っている。
Disc 2
  1. ソング
  2. 侍ズ
    原曲から大幅に引き伸ばされ、約17分40秒もの大作になっている。
  3. アクトショー
  4. Night Night Knight
  5. イン・ザ・スペース
  6. サンライズ
  7. トマト・イッパツ
    ラストナンバー。演奏終了後に流された、ライブ終了(更にはスペクトラムの活動終了)を告げるアナウンスも収録されている。