桑田佳祐

日本のシンガーソングライター(1956 - )、サザンオールスターズのメンバー

桑田 佳祐(くわた けいすけ、1956年〈昭和31年〉2月26日[11] - )は、日本の男性ミュージシャンシンガーソングライター[17]サザンオールスターズバンドマスターを務め、ボーカルギターを担当[11]神奈川県茅ヶ崎市出身[11]。所属事務所はアミューズ[18]。所属レコード会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント[19]、所属レーベルタイシタレーベル鎌倉学園高等学校卒業、青山学院大学経営学部除籍[12]。愛称は、佳ちゃん[注 8]スケちゃん[注 9]桑っちょ[注 10]桑田くん[注 11]など。身長は170センチメートル[30]

桑田 佳祐
出生名 桑田 佳祐
別名
生誕 (1956-02-26) 1956年2月26日(66歳)[11]
出身地 日本の旗 日本神奈川県茅ヶ崎市[11]
学歴 青山学院大学経営学部除籍[12]
ジャンル
職業
担当楽器
活動期間
レーベル
事務所
共同作業者
公式サイト SOUTHERN ALL STARS OFFICIAL SITE
桑田 佳祐
YouTube
チャンネル
活動期間 2012年 -
ジャンル 音楽
登録者数 52.4万人
総再生回数 3.4億回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2022年7月20日時点。
テンプレートを表示

妻はサザンオールスターズのキーボード・ボーカル担当の原由子[17]、姉は作詞家岩本えり子[31]

概要

1978年にロックバンド・サザンオールスターズのボーカルとしてメジャーデビューを果たし、1987年に「悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)」でソロ活動を開始した。以降はサザンとソロの活動を交互に行い、ソロとして「波乗りジョニー」「白い恋人達」「明日晴れるかな」などがヒットしているほか[32][33]、3時代および5年代[注 12]でアルバム首位などの記録を持つ[34]。オリジナル・アルバムは1994年に『孤独の太陽』、2017年に『がらくた』など計5枚、ベスト・アルバムは2002年に『TOP OF THE POPS』など計3枚、ミニ・アルバムは2021年に『ごはん味噌汁海苔お漬物卵焼き feat. 梅干し』が発売されている[35]:168,174,176[36]

発表された楽曲のテーマは幅広く、ラブソングエロティックな曲、コミックソングナンセンスな曲、応援歌反戦歌プロテストソング、生まれ育った日本への強い愛情や世界平和などのメッセージが込められた曲などが存在する[37][38][39][40][41]

またエイズ啓発運動であるアクト・アゲインスト・エイズへの参加や、東日本大震災を含む様々な災害の復興支援活動を行っており、66歳となる2022年には、同級生のアーティストらと制作した楽曲「時代遅れのRock'n'Roll Band」で収益の一部をセーブ・ザ・チルドレンに寄付するなど、音楽活動を通して社会的貢献を行っている[15][42][43]

人物

音楽性

桑田は自身の音楽観については「言い訳が許されない音楽っていうのが一番正しい」とし、またそれは自身にとってはポップスだとしている[44]。楽曲・功績・音楽性はジャンルを問わず広範なミュージシャンから高く評価されている[45][46][47][48]

歌唱法はジョー・コッカー前川清から影響されている[49][50]。学生時代にダミ声が流行しており桑田も声を潰そうと思って声質をより近付けるため、ウイスキーを飲み自宅の部屋にこもって枕に顔を押し付けて大声を出し続けるといったことを行っていたという[49]

アマチュア時代および活動初期は日本語英語のダブルミーニングの歌詞や早口な歌い方を取り入れていた[51]:175, 176。この歌いまわしは「桑田節」「桑田語」と形容されることがある[52][53][54]。桑田の早口の歌い方に視聴者が「歌詞が判らない」と苦情を寄せたことが、テレビの音楽番組において歌詞の字幕スーパー(テロップ)が流される端緒であるといわれており、テレビ局が桑田の歌い方に対応するために音楽番組での字幕スーパー表示を行ったとされる[55]。桑田はかつての自身の表現方法への反省の弁を語ることがあり、また近年は楽曲によって自覚的に前述の手法を取り入れたり、明解な日本語で歌詞を書いたりするなど、表現を使い分けている[56][57]。この変化に関しては「日本人歌手としての自覚が強くなった」と語っている[58]

楽曲の制作はほとんどが作曲した曲に詞を当てはめる「曲先」で行うが[51]:79、作品によっては作詞から先に行う「詞先」のケースもある[59]。制作のモチベーションが上がるきっかけはクライアントやスタッフからの依頼があり、締め切りが明確に存在してからであるといい、自身の立ち位置を「職業作家」と語っている。タイアップ先のコンセプトや内容に合わせて制作することもある[60][61][62]。制作する楽曲にはサザン・ソロ名義問わず、エロティックな内容も多く、放送禁止にならないギリギリのラインを狙って作詞するケースも多い[63]。また、シンコペーションを多用している[64]。近年はコンプライアンスにも配慮しており、レコード会社やマネジメントの若いスタッフに相談を持ちかけることがある[65]

洋邦問わず幅広いジャンルの音楽やミュージシャンの影響を受けている。10代の頃から広範な洋楽を聴き、桑田自身が言うには「咀嚼じゃなく丸呑み」するように吸収してきた[66]。学生時代に影響を受けたアーティストは、ビートルズエリック・クラプトンリトル・フィートボブ・ディランなどがいる[67]。また、フィラデルフィアポップス筒美京平すぎやまこういちの作品にも影響を受け[68][69]、それらは後の音楽活動(演奏、作曲など)の下地になっている[67]。他にも吉田拓郎尾崎紀世彦加山雄三内山田洋とクール・ファイブザ・ピーナッツハナ肇とクレージーキャッツ宇崎竜童藤圭子浅川マキ弘田三枝子中島みゆき坂本九森繁久彌加藤登紀子などのミュージシャンにも影響を受けた[70][71][72][51]:12[73]:206[74][75][76][77][78][79]。また、『桑田佳祐のやさしい夜遊び』での企画『桑田佳祐が選ぶ邦楽ベスト20』では同世代や自身より年下のミュージシャンに対しても敬意を表している[80]

生まれ故郷の茅ヶ崎市や高校時代を過ごした鎌倉市への郷土愛を度々語り、楽曲のモチーフにもしている[81][82][83][注 13]。また、自身が好きな街と公言している京都[注 14]や日本に生まれ育ったことへの誇りを持っている旨[注 15]も楽曲のモチーフにしている[51]:213[41]

日本文化・古典への敬意を持っており、四季折々の情景や古語を始めとした和風要素を楽曲やライブの演出に取り入れている[90][91]。かつては「自分もアメリカ人イギリス人みたいになりたい」「いつかなれるんじゃないかって本気で思ってた」と考える程海外のロックに憧れていたが、次第に「なれるわけない」と気づき「逆に日本人の良さを出したいというか、の感じで勝負したいな」と方針転換をし、日本語の歌詞を重視した和洋折衷な作品を目指すようになった[92]。また、日本の歌謡曲文部省唱歌沖縄音楽などの影響も受けており、度々そのイメージを楽曲に取り入れている[93][94][95]。サザンのベスト・アルバム『海のYeah!!』と『海のOh, Yeah!!』を聴き比べた際には、前者を「英語と日本語を融合させようとあれこれ格闘している跡が見てとれます」、後者を「やっぱり日本語を大切にして歌いたいという気持ちが、全面に出ていますね」と自己分析した[96]

1980年代にはバブル景気などの影響も相まって「日本人のポップスやロックが、海外でも通用するんじゃないか」という期待が湧いたこともあり、全編英語詞の楽曲を制作したり、外国人のレコーディング・エンジニアを起用したり、海外のアーティストとコラボレーションするなどの活動を行っている[注 16]。しかし、海外に出向いての活動を経験すると「自信を失ってしまった」といい「向こうの流儀を真似しているようでは、太刀打ちできないのは当然」と思うようになったと明かしている[96]

スペイン語ハングルを「ミスマッチの仕方が、多少定番とズレている方が面白い」という興味本位な理由で楽曲や映像に取り入れたことがある[注 17]。しかし後者は出自や思想に関するデマ[注 18]がネット上に流れる遠因になった[104]:14 - 17[101]。また、インチキ外国語(外国語に聞こえるように歌っているが、実際には日本語)が主体の楽曲[注 19]も存在しており、藤村有弘タモリに少なからず影響を受けたという[105]

社会を風刺したり世相を憂う趣旨の曲も存在するが[注 20]、特別な意図を持って制作していた訳ではなかった旨がインタビューで語られており[92]、桑田は「正直、そこまで社会に対して問題意識を抱いていたわけじゃなかった」「ジャーナリスティックな視点でロックやポップスを描くようなトレンドがあって、自分もそこに乗っかっていた」[107]、ビクターのスタッフは「桑田さんは、ミュージシャンである前に一人の日本人だということを昔からよく言っていたので、今の日本の置かれている状況を感じ取って、特別に意図的ではなく、自然な感じで作っていると思うんですよね。桑田さんはあくまで音楽の表現者であり、世の中に対して直接政治的な動きは全くしないでしょうから」という見解を示している[110]反戦平和への願いを込め、戦死者や遺族などへの思いを馳せた楽曲[注 21]も存在している。桑田は「歌を歌うこともある意味語り部のようだと思う」と語ったことがある[107][111][112]:189

ソロ名義の「漫画ドリーム07」やサザン名義の「Missing Persons」などのように北朝鮮による日本人拉致問題の解決を求める楽曲がいくつか存在する[113][114]ほか、拉致問題、ミサイル発射実験核問題主体思想といった北朝鮮の諸問題への批判をビートルズの「サン・キング」に乗せて歌ったり[115]新疆ウイグル自治区騒乱などの重大事件を「漫画ドリーム09」の歌詞のテーマにする[106]など時事問題を歌にすることがある。

一般に披露することは滅多にないがベースドラムピアノキーボードなど、バンドで必要な楽器は一通り演奏出来る。ごく一部のソロ作品のレコーディングでは桑田が全ての楽器のパートを担当した楽曲もある[116][117]。また、特にベースを弾くことについてはかなり細かい部分までこだわりがあることが語られている[118]。ボトルネックでのスライドギターによるソロプレイをレコーディングやライブで度々行っている[51]:87[119]

冗談やコスプレで視聴者や観客を笑わせることも重要視している[120][10]。また、自身のことやこれまでの音楽活動を自虐的に語り、制作した楽曲やアルバムの反省点を述べたり[121]、過去の言動・パフォーマンスに行き過ぎた部分があった場合には自らの非を認めることもある[122][123]。近年のライブではエンディングで観客やファンに対して「みんな死ぬなよ!」「頑張ろうな!」と叫びエールを贈ることが多くなった[124][125]

サザンとソロの違いについては「やってる途中でよくわからなくなってきた」と述べている[126]。ソロのほうが「逆に匿名性が高い」「フェイクしやすい」とも述べている[126]

桑田はカバーしたい楽曲はあると公言しており、自身の冠番組『桑田佳祐のやさしい夜遊び』『桑田佳祐の音楽寅さん 〜MUSIC TIGER〜』やライブ『ひとり紅白歌合戦』にてカバーを行っているが、カバーアルバムは作らないとコメントしている[127][128]

日本の音楽シーンで長く活躍していることについて桑田は「好きな音楽を(2010年の時点で)32年間続けてこれたのは自分の才能とかじゃなく、スタッフやファンのお陰である」「自分は優秀なミュージシャンじゃない。自分の手癖を愛してくださってるんじゃないかな」と語っており、福山雅治平井堅がこの事を証言している[129][130]

自身が制作した曲の中で好きな曲は「あなただけを 〜Summer Heartbreak〜」「SEA SIDE WOMAN BLUES」「イエローマン 〜星の王子様〜」と語っている[131][132]

桑田が考える日本の三大名曲として植木等の「ハイそれまでョ」、笠置シヅ子の「買物ブギー」、藤本二三吉の「祇園小唄」を挙げている[133]。また、世界で一番好きな曲としてヒデとロザンナの「愛の奇跡」を挙げている[134]

思想・哲学

  • 桑田は自身の思想について「僕には何か特定の主義もなければ思想もありませんし、でもでもリベラリストでもなけりゃ、聖人君子でも何でもない」と述べている[135]勝谷誠彦は桑田の思想・哲学について「桑田佳祐は右でも左でもない。アナキストなのだ。ただし、愛国者であるなとは、私はときどき感じるのである」と評価している[136]
  • 愛妻家として知られており、自身のラジオでも「女の人の意見とかね、女の人の顔色うかがうっていうのは、これ基本ですね。生きる上で」といった発言をしている[137]
  • 生まれ育った日本および茅ヶ崎市に対する誇りを持っており[138][139]、2000年にサザンとして行った茅ヶ崎ライブでは「茅ヶ崎に生まれて良かったです!!」と感謝の言葉を述べた[139]東日本大震災発生から一週間後に放送された自身のラジオ番組『桑田佳祐のやさしい夜遊び』では「日本の国民のみなさんは素敵で優しい人たちだと思う。この国に生まれて良かったなと思います」と発言している[138]。同震災から10年後の新聞のインタビューでは「音楽人として東北に向き合い、復興のために活動することが第一のプライオリティー(優先順位)だと思っている」と述べた[140]
  • 日章旗の掲揚や国歌「君が代」の歌唱に対して肯定的であり、ライブ・映像作品[注 22]・ラジオ[注 23]などでその姿勢を示している[146][147][144][141][145]。特に日章旗はサザン名義の「東京VICTORY」の歌詞のモチーフにもなった他[注 24][146][148]、1984年には日章旗を持ったサザンのメンバーのイラストが及川正通によって制作され、情報雑誌「ぴあ」の表紙になったこともある[149]。2013年にサザンとして行ったライブ『灼熱のマンピー!! G★スポット解禁!!』では日章旗をはじめとする世界各国の国旗が球体になって転がり、中央にピースマークが登場し世界平和を希求する映像が取り入れられた[注 25][151]。桑田の反戦を訴える姿勢は祖母や満州からの引揚者だった父の影響によるもの。桑田は「戦争なんて悲惨なことはもう二度とやるもんじゃないというのは、ともかく親父から刷り込まれました」と語っている[152]。また、激動の時代を生き抜いた先人への感謝の念も述べている[153]
  • 高須光聖に「今後、歌を歌ってはならない!という『歌禁止令』が世界で決まりました。最後に1曲だけ歌ってもいいと言われたら、どんな曲をどんなシチュエーションで歌いますか?」と質問された際に、文部省唱歌「故郷」を挙げ「できたら、母校である茅ヶ崎小学校の、昔の音楽教室で、私の同級生たちと歌いたいなあ」と答えた[154]
  • エコロジーという言葉の定義に関しては「自分の中だけの原風景があるんです。それが『ふるさと』でね。僕のふるさとは茅ヶ崎なんですよ。そこの沼や池の匂い、そして街の肌触りとか、母のぬくもりがずっと心の中に残り続けていて。そういう母性や匂いを作品にしていくこととか、そういう気持ちがエコロジーなんだと思うんです」という見解を『ap bank fes '06』に出演した際に語っている[81]
  • 2014年秋に紫綬褒章を受章した際には驚きながらも「身に余る光栄」と語り、ファンや自身の音楽性に影響を与えた音楽家に感謝の念を述べた。天皇・明仁(当時)や皇室に対する尊敬の念があることを述べており、現在は褒章は神棚に保管している[155][156][123]
  • 違法薬物の存在や薬物乱用については批判的な立場で「ドラッグに頼ればいい音楽をつくれるわけでもありませんしね」と語っており、薬物の所持などで逮捕された元メンバーの大森隆志を『桑田佳祐のやさしい夜遊び』で叱責したこともある[157][158]
  • の楽曲のイメージが強いが、日本の四季の中ではが一番好きであることを公言している[159]
  • 各界に幅広くファンや友人がおり、桑田もファンや友人のイデオロギーを問わず分け隔て無く接している[160][161]。また、日本だけに留まらずアジア圏(台湾香港韓国など)を始めとした海外のファンも存在しており、彼らにも分け隔て無く接している[162][163][164]

エピソード

日本文化への造詣

日本人が日本文化を見失ってしまうことへの危機感を持っており「みんな日本人であることをもっと懐かしむべきだよ」とも発言している[165][51]:52。サザンの11枚目のオリジナル・アルバム『世に万葉の花が咲くなり』の制作の過程で桑田は『万葉集』を読み返しており、日本語独特の情緒や情報量の多さに興味を覚えつつ「この言葉を我々はなくしていいのだろうか」といった危機感を持った[166]

御霊神社を始めとした鎌倉市周辺を散策コースとして気に入っており、自身の楽曲の歌詞のモチーフにすることもある[83]。また、毎日仏壇神棚に手を合わせたり[167]、両親や姉の墓参りに関しても積極的に行っている[168]

DVDの冊子に越前和紙を使用したり、自ら春画風のイラストを書き下ろしてTシャツにデザインするなど、サザン・ソロ問わずグッズやDVDなどにも日本文化・和風要素を意欲的に取り入れている[169][170]

桑田が理想とする和食のメニューとして味噌汁海苔漬物卵焼き梅干しの六品を挙げている。これらは2021年のミニ・アルバム『ごはん味噌汁海苔お漬物卵焼き feat. 梅干し』のタイトルやジャケットの由来にもなっている[171]

歌舞伎に対して興味を持っている[112]:186十八代目 中村勘三郎のファンであり、本人とも手紙などを通して間接的な交流があった[172]。2012年の全国ツアー『I LOVE YOU -now & forever-』ではオープニングで歌舞伎を意識した演出[注 26]が取り入れられた[91]。また、四代目 中村梅玉とも京都で出会ったことをきっかけに意気投合し、交流がある[173]

落語ファンであることを公言しており、特に好きな落語家として立川談志三代目 古今亭志ん朝などを挙げている[7]。また、立川志の輔三代目 桂春蝶桂雀々らとの共演や交流があることが語られている[174][112]:186,187[175]。桑田は2016年および2017年に架空の落語家『波乗亭 米祐(なみのりてい べいすけ)』に扮して落語を演じた経験がある[7][8]

2017年に桂雀々の落語会にゲストで出演していたブレイク前の六代目 神田伯山(当時:神田松之丞)による講談を見たことを自身のラジオ番組で言及し高く評価した。当時桑田は長年メールでの親交がある太田光爆笑問題)に伯山のことを教えており、後に太田と伯山は共演頻度が多い間柄になった[176]

ボウリング関連

学生時代に桑田は父に教えてもらった影響からボウリングに傾倒する[177]。プロボウラーを目指していた時期があり、マイボールを保持しアマチュア公認の試合に出場していたという[49]。大人に混じっての公式戦では優勝しトロフィーを獲得。40年以上経過した2017年には実物を発見し写真で公開した[178]。当時は毎週4ゲームずつ投げ、アベレージ220点は出ていた。また、ボウリング場でアルバイトをしていた経験があり、レーンにオイルを引くなどして、客が来ない早朝には練習もしていたという。しかし、ボウリングのレーンの規定などが変わってからフォームが決まらず、そこでプロボウラーになることを諦め、音楽に関心が移っていったという[49][177]

2016年に親交のあった矢島純一プロに還暦祝いとしてマイボールをプレゼントされて以降はボウリング熱が再燃し、週に一度スタッフと10ゲーム以上プレーしている。その実力は年を重ねても衰えず、1年後の2017年には279点[注 27]という高記録を達成した[179]。同年には自ら編集長に就任し『Sports Graphic Number』のボウリング特集号『Number PLUS 桑田佳祐×ボウリング特集』(文藝春秋ISBN 9784160082311)を製作している。

2019年以降は桑田の名を冠したボウリング大会『KUWATA CUP』を開催。テーマソングも担当し、「日本ボウリング競技 公式ソング」として日本ボウリング機構から認定されている[180][181]

2020年1月31日、自身初となるパーフェクトゲームを達成した[182][183]

その他

  • 同じサザンのメンバーであり、かつ妻である原由子にはミュージシャンとしても一人の女性としても頭が上がらないといい、度々敬意を示し感謝の言葉を述べている[184][185]
  • 性格に関しては「とにかくおとなしい真面目な人」と評されており、散見される三枚目を装うパフォーマンスは照れ隠しであることが指摘されている[186]
  • サーフィンに関しては『稲村ジェーン』制作時は全くやっておらず[187]、1993年に37歳を迎えてから本格的に始めた。パドルサーフィンも好んでいる[79]
  • 有料配信でのバラエティ番組やドラマの鑑賞を好んでいる[188]。また、好きなサスペンスドラマや映画を見たうえで、プロットを楽曲の歌詞のアイディアに応用することもある[189]
  • アダルトビデオ鑑賞も趣味の一つであり、それを題材にした楽曲も制作されている。MVや雑誌で多くのAV女優と共演したほか、村西とおる監督の型破りな半生を描いた配信ドラマ『全裸監督』をNetflixで視聴したことも語っている[190][191][192][188]
  • 野球選手では長嶋茂雄を敬愛している。青学時代には長嶋の引退試合を青山の喫茶店で見ており、一つの時代の終わりを感じたのと同時に長嶋の人生と桑田自身を比較し、人目をはばからず号泣したと語っている[193]
  • プロレスのファンでアントニオ猪木を敬愛している[194]。インタビューなどで自身の音楽活動をプロレスに例えることもある[195]。2007年には「WONDA」(アサヒ飲料)のCMで(合成映像の)ジャイアント馬場と“共演”した際に馬場から“十六文キック”を浴びせられた[196]
  • 料理が得意。レコーディング中は鍋料理をよく作る[112]:62,63。自身の著作に本格的なカレーのレシピを掲載したこともある[197]。スタッフに手料理を振る舞ったこともあり[198]、本人曰く「喫茶店風ナポリタン」をよく作るという[199]
  • オカマのことを「男と女のハーフだからニューハーフだね」と、大阪のラジオ番組で「Bettyのマヨネーズ」(パブ)のママに名付け、「ニューハーフ」という言葉を世間に広めた[200][201]。しかし本人は、自分が広めたわけではないと否定している[202]
  • かつてはヘビースモーカー(銘柄はハイライト)だったが、1999年10月23日から禁煙[203]。定期検診に通い、スタッフにも人間ドックへ行くことを勧める、暴飲暴食をしないなど、2010年の闘病以前から健康には気を使っていた[204]
  • 桑田・原夫妻と山下達郎竹内まりや夫妻の家族ぐるみでの交流は公私ともに長く、山下・竹内の楽曲には後述のように4人でコーラスを入れたものが存在するほどである[205]

家族・親族

  • 父方の先祖は明治初頭小倉(現:福岡県北九州市)の城下町に住んでいた[注 28]。曽祖父が40代で早世した影響により桑田家は息子達が中心となり満州に渡っている。桑田家は祖母の実家にあたり、祖父は満州に働きに来ていた鹿児島の農家の次男であった。満州にいた時期に離婚したことにより、祖母は父を連れて桑田家に戻り、終戦後に北九州[注 29]引き揚げて来た後に上京している[103]
  • 母方の先祖は昭和初期に『太田屋百貨店』という百貨店を東海道沿いで経営していた。当時の店の写真は茅ヶ崎市の歴史写真集『保存版 ふるさと茅ヶ崎』(郷土出版社)に掲載されている[103]
  • 父は映画好きだった影響から上京後はしばらく日本劇場で働いていた。その縁により当時映画製作が盛んだった茅ヶ崎市に移り住み、妻(桑田の母)と出会っている[103]。その後も湘南の地方新聞の記者[207]、茅ヶ崎の映画館(大黒館。後に茅ヶ崎国際劇場と改名[208][51]:12)や小田原市の西洋料理店「grill KONOMI」の雇われ支配人[207]、妻と二人三脚でのバー経営[209]と数々の職業を転々とした。また、真偽は明確ではないが小津安二郎の運転手をやっていた時期があることも示唆されている[188]。母は父とのバー経営の後に平塚市割烹の経営をした[210]
  • 桑田によると、姉のえり子とは腹違い(異母姉弟)であるという[211]

来歴

生い立ち、学生・アマチュア時代

1956年2月26日に神奈川県茅ヶ崎市にて生誕した[212]

1962年に茅ヶ崎市立茅ヶ崎小学校に入学した[212][213]。小学生時代から将来の夢として漠然と歌手になることを考えていたが、先生によっては通用しないと思い、建築家弁護士になりたいと答えていたこともあったという[199]。5・6年生の頃に入浴中に父の勧めで当時流行していた歌謡曲を歌い、「上手いね」と褒められた経験があり、それを後の音楽活動における原点として挙げている[214]

1968年に茅ヶ崎市立第一中学校に入学した[212][215]。当時は野球部に所属しており[216]、エースだった。同じ野球部にいたことがきっかけで宮治淳一との交流ができている[217][215]。このころから教壇でコンサート会場さながらに歌い皆を楽しませており、また黒板消しをマイクに見立てて前川清のものまねをするなど、エンターテイナーの片鱗を見せている[218][219]。登校前の早朝には学校のすぐ隣にあったパシフィックホテル茅ヶ崎でボウリングを行っていた[220]

1971年に鎌倉学園高等学校に入学した[212][221]。当時は友人と2人で「ボウリング部」を名乗りトレーニングや練習をやっていた[220]。また、これまで交流がなかった小中学校の同級生とも音楽を通して交流が生まれ、互いの家に出入りして楽器を鳴らしながらビートルズなどを2人で歌ったことが、桑田にとってギターやピアノを覚えるきっかけになった[222]。3年生になった1973年に宮治からのオファーにより神奈川県立鎌倉高等学校の文化祭(鎌倉高校祭)のロック・コンサートに出演、ビートルズの「マネー」とエルヴィス・プレスリーの「ブルー・スエード・シューズ」を披露した[223]。これが桑田が人前で演奏した初めてのステージであった[224]。本人によると3年生の時のみ勉強に集中しており、英語日本史国語を勉強していた。特に英語と日本史は自己採点の結果パーフェクトだったという[225]

1974年に5校の入試を受験した結果、最初に合格の通知の電話が来た青山学院大学に入学した[225][212]。大学の音楽サークルBETTER DAYS」(ベター・デイズ)に所属し[226]、本格的にバンド活動を開始。「温泉あんまももひきバンド」「脳卒中」「ピストン桑田とシリンダーズ」「青学ドミノス」など、頻繁にバンド名の変更やメンバーチェンジを繰り返していたが、1976年ごろから宮治の命名により自身のバンドに“サザンオールスターズ”の名を使用した[224]

1977年にサザンとして『EastWest '77』に出場し、桑田はベストヴォーカル賞を受賞、デビューのきっかけをつかむ。この頃の桑田は音楽のプロになる気はなかった[227]といわれるが、一方で軽い気持ちで「作詞家になる」と父に告げていたとも語っている。父は自身の経験から学生時代の桑田に喫茶店の学校に行ってバーテンダーの勉強をすることや自衛隊に入隊することを勧めていたという。これについて桑田は「今思うと、親父は僕のことをよく考えてくれていたんだなと思いますね」とインタビューでこのことを振り返った際に述べている[228]

メジャーデビュー

1978年6月25日にビクター音楽産業より、サザンオールスターズとして「勝手にシンドバッド」でメジャーデビューを果たした。

1979年に桑田は青山学院大学を除籍となった[212][12]

1980年に発売したサザンの3枚目アルバム『タイニイ・バブルス』に収録されている原由子のボーカル曲「私はピアノ」が評判となり、1981年に桑田によるプロデュースで原が「I Love Youはひとりごと」でソロデビューを果たした。1982年に桑田と原は結婚をした[35]:10,19-24。後に2児が生まれる[229]。また、1982年に中村雅俊に提供した「恋人も濡れる街角」が50万枚近くの売り上げを記録し[230]、1983年にはアミダばばあ & タケちゃんマンに提供した「アミダばばあの唄」が35万枚を売り上げた[231]

KUWATA BAND結成、ソロデビュー

1986年から原が産休に入るため、サザンは活動を休止した[232]。桑田は同年1月に結成したKUWATA BANDとして活動をした。活動期間は1年であり、シングル4作もヒットした。唯一のスタジオアルバム『NIPPON NO ROCK BAND』は、日本語詞中心に構成されたシングル曲は一切収録せず、全曲新曲の全英語詞アルバムになった[35]:11,48,54-55。同年と1987年の12月24日には自身が企画・出演した特別番組『メリー・クリスマス・ショー』(日本テレビ系列)が放送され明石家さんま松任谷由実忌野清志郎らと共演した[233]

1987年10月には「悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)」でソロデビューした。小林武史藤井丈司が楽曲制作に参加し、プログラミング打ち込み中心のポップス路線を展開。1988年には桑田・小林・藤井の共同プロデュースで1枚目アルバム『Keisuke Kuwata』を発売。発売後は再びサザンとしての活動となった[35]:11,48,54-55

サザンの活動と並行して、1989年9月から自身が監督と音楽を務めた映画『稲村ジェーン』の撮影を開始し、同時に映画の楽曲のレコーディングも開始した[104]:10。映画は1990年9月に公開され、賛否両論ありながらも、配給収入は18.3億円を記録し、同年の日本映画配給収入年間4位にランクインした[234][235]。1991年に入り、7月にサザンとして「ネオ・ブラボー!!」を発売後に桑田は小林を迎え、SUPER CHIMPANZEEを結成し、9月に「クリといつまでも」を発売した[35]:12

アコースティックでの製作、エイズ啓発チャリティー

1993年7月、桑田はサザンとして発売した「エロティカ・セブン」のヒット直後に再びソロ活動を始動させた[35]:78。第2期ソロ活動では小倉博和との共同作業を行い、10月には3枚目シングル「真夜中のダンディー」をソロで発売した。11月に札幌厚生年金会館で行われた泉谷しげる奥尻島救済コンサートに参加[236]、12月にアクト・アゲインスト・エイズの一環でAct Against AIDS '93に出演するなど、チャリティー活動も行った[237]

1994年2月に母が心筋梗塞により60歳の若さで死去。このことは当時の作風に影響を与えている[238][73]:53 - 59。8月には4枚目シングル「」を発売し、9月には2枚目アルバム『孤独の太陽』を発売した。アルバムは前作とは異なり、楽器本来の音に着目したアコースティックアンプラグド)・フォーク路線を展開した[73]:53 - 59。10月末には5枚目シングル「祭りのあと」を発売。12月にはAct Against AIDS '94に出演し、年末には年越しライブを開催した[35]:12

1995年に入り、1月に小林武史によるプロデュースでMr.Childrenとコラボしたチャリティーシングル「奇跡の地球」を発売。半年間による期間限定販売であったが、170万枚以上を売り上げ、全ての収益金が「Act Against AIDS基金」に充てられた[239][240]。4月からは現在も放送しているラジオ番組『桑田佳祐のやさしい夜遊び』が開始した。5月からはサザンとしての活動を再開した[35]:12。1995年も引き続きAct Against AIDS '95に出演した。1996年以降は桑田が単独でアクト・アゲインスト・エイズの一環したライブを開催した[35]:13

ポップとロックの展開、フェスとの関わり

2000年10月にサザンの活動と並行して、桑田はフジテレビ系列で自身の冠番組となる『桑田佳祐の音楽寅さん 〜MUSIC TIGER〜』が開始し、11月にはパシフィコ横浜で『Act Against AIDS 2000 桑田佳祐が選ぶ20世紀ベストソング』も開催された。2001年に入り、桑田は完全にソロ活動に移行した。同年7月発売の6枚目シングル「波乗りジョニー」が110万枚、10月発売の7枚目シングル「白い恋人達」が120万枚を記録し、夏と冬のポップソングがヒット[241][35]:14,72,82,171。11月にパシフィコ横浜で『Act Against AIDS 2001 桑田佳祐 plays "The Beatles" クワガタムシ対カブトムシ』、12月にはクリスマスコンサートを開催するなど精力的に活動した [35]:14,72,82,171

2002年に入ると、斎藤誠・片山敦夫らサポートメンバーで結成されたTHE BALDING COMPANYとの共同作業を行い、前年に発売したポップ作品とは異なり、バンド形態の本格派ロック路線を展開した。8月には「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2002」に出演[242]。9月には6月に発売した8枚目シングル「東京」を収録した3枚目アルバム『ROCK AND ROLL HERO』を発売した[35]:14,72,82,171。前年の楽曲はアルバムには収録せずに、12月に発売したベストアルバム『TOP OF THE POPS』に収録された。このベストアルバムは170万枚を記録して、ソロ名義として最大ヒット作品となった[243]。なお、11月から12月にかけて全国ドームツアーを開催している。2003年以降はサザンが25周年を迎えることもあり、再びサザンとしての活動を再開した[35]:14,72,82,171

2004年3月に父ががん性腹膜炎で死去。葬儀・告別式では桑田が喪主として挨拶を行い、生前に父が好んでいた黒沢明とロス・プリモスの「ラブユー東京」を生ギターで歌った[204][244][214]

2006年8月26日・27日、浜名湖ガーデンパークにてフェス『THE 夢人島 Fes.』が開催された。きっかけは桑田が「無人島でフェスを開催できないのか」と提案したことが実現した。出演者はアミューズの後輩である福山雅治BEGINポルノグラフィティONE OK ROCKなど、また桑田と交流がある加山雄三Mr.ChildrenGLAYなども参加した[35]:86。同年11月から12月にかけて、桑田は『Act Against AIDS 2006 「星条旗よ永遠なれ!? 〜私のアメリカン・ヒーローズ」』を開催している[35]:15,88

2007年4月に桑田が本格的にソロで活動することが発表され、5月に9枚目シングル「明日晴れるかな」を発売した。オリコンで1位を獲得し、着うたではミリオンセラーとなり大ヒットした。その後、8月発売の10枚目シングル「風の詩を聴かせて」と、12月発売の11枚目シングル「ダーリン」も共にオリコン1位を獲得。11月から12月末にかけて、年越しも兼ねてソロでライブツアーを開催した[35]:15,88[245]。2008年はサザンが30周年を迎えることもあり、再びサザンとして活動を始めた[35]:87

食道癌の治療、震災復興チャリティー、ソロ25周年

2008年5月、年中いっぱいでサザンが無期限活動休止をすることを発表し、8月にライブ『真夏の大感謝祭』を開催した[35]:15,88。10月に桑田の音楽性に影響を与えた姉が膵臓癌で亡くなっている[246]。11月に桑田はソロで『Act Against AIDS 2008 昭和八十三年度! ひとり紅白歌合戦』を開催し、2009年以降からは本格的にソロ活動を再開した。桑田は4月から9月まで、『桑田佳祐の音楽寅さん 〜MUSIC TIGER〜』(レギュラー第2期)に出演した。番組が終了と共に10月から2010年10月に発売予定の4枚目アルバム『MUSICMAN』の製作に入り、12月には12枚目シングル「君にサヨナラを」を発売した[35]:15,88

2010年に入り、毎年誕生日(2月26日)を目処に行う定期検診を半年以上早めて7月に受けたところ、食道癌であることが発覚[247]。治療に専念することで音楽活動を休止し、10月発売のアルバム『MUSICMAN』は発売延期となり、その後のライブツアーも中止となった[248]。8月に手術が無事に終了して退院した。直後に手術前から決まっていた通り13枚目シングル「本当は怖い愛とロマンス」を発売[249]。10月にはアルバムのレコーディングを再開[250]。12月には紅白歌合戦に特別枠として出演し音楽活動を再開させた[35]:15,88

2011年2月に発売延期となったアルバム『MUSICMAN』を発売した。その直後に発生した東日本大震災の被災地に収益を寄付するチャリティーを行うために桑田は所属事務所の後輩である福山雅治らと共にチーム・アミューズとして「Let's try again」を5月に発売した。この楽曲は桑田が制作したものであり、8月にはソロフルバージョンとして「Let's try again 〜kuwata keisuke ver.〜」が制作され、14枚目シングル「明日へのマーチ/Let's try again 〜kuwata keisuke ver.〜/ハダカ DE 音頭 〜祭りだ!! Naked〜」に収録したうえで発売された。9月に入ると宮城でライブ『宮城ライブ 〜明日へのマーチ!!〜』を開催し、12月には年越しライブを開催した[35]:15,88

2012年に入り、桑田はソロとして25周年を迎えた。7月に25周年ベストアルバム『I LOVE YOU -now & forever-』を発売し、80万枚に迫るヒットを記録した[251]。9月から12月の年越しにかけてアルバムを引っ提げ、全国ツアー『I LOVE YOU -now & forever-』を開催した。2013年3月に15枚目シングル「Yin Yang/涙をぶっとばせ!!/おいしい秘密」を発売。6月にサザンは35周年を迎え、バンドとしての活動を再開した。7月には商工会議所や同級生を始めとした地元有志の働きかけもあり茅ヶ崎市民栄誉賞を受賞した[252][253]。なお、サザンの活動と並行しつつ、11月には『Act Against AIDS 2013 昭和八十八年度! 第二回ひとり紅白歌合戦』を開催した[35]:15,88

2014年11月には長年の音楽活動が評価され紫綬褒章を受章[155]。14日には妻である原を伴って伝達式に出席して実物と章記を受け取る。午後には他の受章者と共に皇居を訪れて天皇陛下に拝謁した[254][255]。同年のサザンの年越しライブでは実物を観客に向けて披露し、受章への喜びやメンバー、スタッフ、ファンへの感謝を綴った黒沢明とロス・プリモスの「ラブユー東京」の替え歌「ラブユー褒章」を歌った[注 30][150]

還暦、ボウリングイベントの開催、オリンピックテーマの制作

2015年8月に桑田はサザンとしてのライブ『おいしい葡萄の旅』が終演し、11月からソロ作品発売のためにレコーディングを開始した[256]。2016年2月に還暦を迎え、誕生日当日にはソロ名義の作品のダウンロード配信が開始された[257]。6月に16枚目シングル「ヨシ子さん」を発売した。この楽曲はR&BHIPHOPEDMサブスクリプションなどの最先端の音楽用語に対応しきれず、サタデー・ナイト・フィーバーナガオカ針演歌などを回顧するアナログ世代の悲哀ととれる内容になっている[258]。そして、11月に17枚目シングル「君への手紙」を発売し、12月には年越しライブを開催した[35]:16

2017年4月、特設サイトにて「ROUND30」と名付けられた企画を発表し、ソロデビュー30年の節目を迎えるにあたって、30項目におよぶ“全力投球”を宣言した[259]。7月にライブハウスイベントの開催、8月には「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017」に出演した。直後に5枚目アルバム『がらくた』を発売。アルバムは35万枚を超えるヒットとなり、この年の男性ソロアルバムとして最大売上を記録[260][261][注 31]。10月から12月にかけて、アルバムを引っ提げて、全国ツアー『がらくた』を開催した[35]:16

2018年11月に『Act Against AIDS 2018 平成三十年度! 第三回ひとり紅白歌合戦』を開催した。今回のライブで桑田にとって、Act Against AIDS活動は終了した[262]。2019年に入り、サザンの全国ツアー『LIVE TOUR 2019 “キミは見てくれが悪いんだから、アホ丸出しでマイクを握ってろ!!” だと!? ふざけるな!!』と並行して桑田佳祐 & The Pin Boys名義の活動を開始。1月にボウリングシングル「レッツゴーボウリング」の発売、2月に自身主催のボウリング大会「KUWATA CUP 2019」を開催した。「レッツゴーボウリング」に関しては、オリコンで1位を獲得したことにより、30歳代〜60歳代で1位を獲得した。この記録は史上初となる記録になった[263][264]。同年12月にはサザンも含めて自身の楽曲全てがサブスクリプション型サービスでのストリーミング配信が解禁された[265]

同年7月に民放5局列による2020年東京オリンピック共同企画「一緒にやろう2020」のテーマソングを桑田が制作することが発表され、2020年1月に民放5局列で同時放送された番組内で「SMILE〜晴れ渡る空のように〜」が公開された[266][267]。2月にはボウリングシングル2枚目となる「悲しきプロボウラー」が発売された[268]

2020年1月から2021年4月まで、『週刊文春』にて『ポップス歌手の耐えられない軽さ』のタイトルでエッセイの連載をした[269]

2021年3月に桑田にとって初となるブルーノート東京で無観客ライブを開催し、昨年のサザンの無観客ライブも合わせて通算3回目の無観客ライブとなった。ブルーノートは格式が高く、桑田はこの会場でのライブに憧れていたという[270]。このライブから得た収益の一部は「Music Cross Aid ライブエンタメ従事者支援基金」を通じ、ライブエンタテインメント業界支援のために役立てられた[271]。9月には自身初となるミニ・アルバム『ごはん味噌汁海苔お漬物卵焼き feat. 梅干し』が発売され、発売に先駆けて7月に「SMILE〜晴れ渡る空のように〜」、8月に「炎の聖歌隊 [Choir]」と「Soulコブラツイスト〜魂の悶絶」が配信シングルとして先行発売された[272][273][36][274]。ミニ・アルバムはオリコン週間ランキングで1位を獲得し、男性ソロアーティストとして初となる5年代(1980年代〜2020年代)連続アルバム首位獲得を記録した[34]

2022年5月に桑田の呼びかけによって、桑田と同学年・同級生である佐野元春世良公則Char野口五郎らと共にチャリティー配信シングル「時代遅れのRock'n'Roll Band」を発売。収益の一部は、困難に直面している世界中の子供たちの未来といのちを守るため、「セーブ・ザ・チルドレン」に寄付される[275]。8月にはソロとして5年ぶりとなる「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022」に出演予定であったが[276]、出演3日前に新型コロナウイルスに感染したことをアミューズが発表し、出演見合わせとなった[277][278][注 32]

評価

前述の通り出身地である茅ヶ崎市やその周辺都市を取り上げた楽曲も多く、その影響で知名度や経済への貢献を評価され、これらが決め手となり2013年の茅ヶ崎市民栄誉賞贈賞に至った[252]

チーフマネージャーから若手スタッフまで幅広い関係者から意見を募ったり、食事に連れて行ったりするなど面倒見がいいことでも知られる[280]。また、音楽活動においてのメンバーやスタッフとの連携を大切にしており、リハーサルの際には誰よりも早くスタジオに入り、一人一人に挨拶をして回ることが語られている[281]。桑田は「サザンは5人だけじゃない、スタッフを含めた総力戦」と発言している[79]。ソロ活動でサポートメンバーとして共演した経験がある亀田誠治は桑田について「僕らに対してもスタッフさんに対しても偉そうにしている姿なんて見たことない」と評している[281]

ファンへの対応も評価されており、チーフマネージャーの話によると、桑田をはじめとしたサザンのメンバーは全員ファンレターにはすべて目を通しており、返信ハガキが同封されたものは時間が許す限り返信を書いている[280]。老若男女幅広くファンが存在しており、桑田は「ファンレターや掲示板(公式BBS)を通じて、ファンの皆さんから教えられることも年々多くなってきた」と述べている[114]

共演機会が多くメールでの交流もある内村光良ウッチャンナンチャン)は桑田を「繊細な方」「あんなにスターなのに、全然スターに見えないというか、なにも飾らないし、本当に気さくな方」と評価している[122]

2003年にHMVが発表した『邦楽アーティストの重要な100人(Top 100 Japanese pops Artists - No.1)』の12位に選ばれ、サザンは同チャートの1位に選出された[282]

2012年3月にgooが発表した「国歌斉唱、聴きたい男性歌手は?」と題したランキングで11位(668票)を獲得している[283]

オリコンが2007年・2008年に調査した“父親にしたいと思うアーティスト”にて総合1位を獲得[284]、2007年に調査した“夏のバラードが似合う男性アーティスト”や“イケてる夏ダディ”でも全世代で1位を獲得している[285][286]

2014年の明治安田生命保険のアンケートで、「理想の有名人夫婦」ランキングの3位に桑田・原夫妻が入った[287]。夫婦で苦楽をともにする姿が共感を集めたとされ、また2人とも第一線で活躍していることが支持された[287]

サザンのメンバーで且つ妻であり、楽曲提供を多く受けている原由子は「私はずっと桑田の音楽の大ファンなんです」と語っている[288]

元サザンのメンバーの大森隆志は「あれだけバラエティに富んだ楽曲を生み出せるミュージシャンは他にいない」と評している[289]

ビートたけしはミュージシャンとしての桑田の才能を「大した天才だと思う」と評価している[290]。また、桑田も芸人としてのたけしを認めている[291]。ファンや識者の間では桑田とたけしに関して照れ隠しなどが混じった人柄や芸風の共通点を指摘する意見も存在している[292]

作家の百田尚樹中島みゆき、桑田、松任谷由実の才能を高く評価する発言をしている[293]。桑田は2013年のサザンの活動の中で、百田の原作の小説『永遠の0』の映画版に主題歌「」を書き下ろしている[294]

同郷の先輩の加山雄三は「茅ヶ崎出身で世界に通用するのは桑田君しかいない」「世界に誇れるアーティスト」と桑田の才能を高く評価する発言を度々している[295][296]

同世代で親交がある世良公則は桑田のことを「戦友」と語っており、サザンを解散せずに長く継続していることに対して尊敬の念を持っている旨を公言している[297]。桑田は世良について「ライバルで戦友でもあり大好きな人」「いまでもたまに会うと、なんか兄弟と久しぶりに会うときのくすぐったさを感じる」と話している[298][299]

桜井和寿Mr.Children)は桑田について「サビへの盛り上げ方は桑田さんから」と、音楽性に多大な影響を受けたことを公言している[300]。桑田も桜井のことを「個人的に日本で一番才能があるライターでありシンガーです」と高く評価している[81]

坂本冬美は元々は音楽への興味の中心はポピュラー音楽よりも演歌だったが、中学生時代からは初恋の相手の影響でサザンの楽曲にも関心を示すようになった。当時のことを「ハスキーな歌声がせつなくて、そのときは歌詞の深い意味まではわからなかったけど、胸にキュンときたのを覚えています」と回想している[301]

前川清は桑田の楽曲について「あの人のメロディーというのは、予測つかないです」「聴いててうれしくなるんです。ゾクーっときますよね」「ご自分しか歌えない歌というのも、けっこうありますよね。そういうところもおもしろいんだよなぁ」と評価しており[48]、カバーすることに対しても積極的な姿勢を示している[302]

山崎まさよしは桑田について「引っかかりのある言葉でいい曲を作るから、尊敬する」と語っている[303]

藤井フミヤは桑田について「誰も敵わないと思う」「昨日、たまたまなんだけど、ラジオを聴いていたら、桑田さんの曲を何人かのアーティストが歌っていたのよ。別に届いてこないんだよね、歌詞もメロディも。ところが、桑田さん本人が歌うと、ドーンってくるじゃん。やっぱり、すごいなぁと思い知らされたね」「オレ、キングオブポップは桑田佳祐さんだと思ってる」と述べ敬意を払っていることを明かしている[304][305]

草野マサムネスピッツ)は「今現在日本のポピュラーソングを作ってる人間で直接的でも間接的でも(桑田の曲の)影響受けてない人ってほとんどいないと思うんですよ」「とくに、ロックのリズムに強引に日本語をのっけちゃう手法とか」「言葉の意味よりもリズム重視という作詞をコミカルになり過ぎない範囲でスマートにやれちゃうっていう、この辺がねぇ桑田佳祐さんこそ、J-POPのゴットファザーだと思う所以です」と桑田の音楽的な影響力の強さを語っている[306]

R-指定Creepy Nuts)はサザンおよび桑田ソロの楽曲を愛好しており、桑田の音楽性を「最初は普通に音楽を楽しんでたんですけど、いま聞くと、もうあの人は表現がラッパーなんですよね」「めっちゃ韻踏んでたりとか、言葉を詰めるとか、日本語の発音を耳障りが良いように崩すとか、あの人の歌い方がなかったら日本語でラップするのは難しいんじゃないかなって思うくらい(笑)」と評価している[47]

パク・ジニョンは桑田の音楽性を「桑田さんは本物のソウルを持っていて、アメリカのアーティストに比べて全然劣らないと思います」と評価しており、「一番好きな日本のアーティストです」と語っている[46]

賞・記録

栄典

日本レコード大賞

作品 カテゴリー
1982 夏をあきらめて 作曲賞
1988 Keisuke Kuwata 優秀アルバム賞
1990 真夏の果実 作曲賞
1994 優秀賞
孤独の太陽 ベストアルバム賞・アルバム大賞
2001 白い恋人達 金賞
2017 がらくた 優秀アルバム賞[307]

日本ゴールドディスク大賞

作品 カテゴリー
2002 波乗りジョニー ソング・オブ・ザ・イヤー
白い恋人達 ソング・オブ・ザ・イヤー
2003 東京 ソング・オブ・ザ・イヤー
ROCK AND ROLL HERO ロック&ポップ・アルバム・オブ・ザ・イヤー
TOP OF THE POPS ロック&ポップ・アルバム・オブ・ザ・イヤー
2008 明日晴れるかな シングル・オブ・ザ・イヤー

SPACE SHOWER Music Video Awards

作品 カテゴリー
2002 白い恋人達 BEST MALE VIDEO
2003 東京 BEST VIDEO OF THE YEAR
2010 該当なし 特別賞
2017 該当なし BEST ACHIEVEMENT ARTIST

ザテレビジョンドラマアカデミー賞

作品 カテゴリー
2007 明日晴れるかな ドラマソング賞
2013 Yin Yang
2017 若い広場

その他の賞

ミュージック・ジャケット大賞
大賞『MUSICMAN』(2011年
日本プロ音楽録音賞[308]
最優秀賞「ハダカ DE 音頭 〜祭りだ!! Naked〜」(2011年)
CDショップ大賞[309]
マエストロ賞『がらくた』(2018年)
日本ボウリング場協会賀詞交歓会[310]
ボウリング・マスメディア大賞(2019年)[310]

主な記録

※この記録は全てオリコンによるものである。

  • グループとソロプロジェクトの両方のシングル・アルバム総売上が1000万枚を超えているのは桑田のみである[注 33][311]
  • ボーカリスト別売上では、B'z稲葉浩志(8523万枚)に次いで歴代2位(6525万枚)を記録している(2016年現在)[311]
  • 作曲家シングル総売上:3901.8万枚(歴代4位・2020年10月現在)[312]

シングル記録

  • シングル総売上枚数:684.9万枚(2019年9月現在)[注 34]
  • 年齢4年代連続シングル1位獲得:歴代1位(30代〜60代)[263]
    • 30代「真夜中のダンディー」
    • 40代「波乗りジョニー」「白い恋人達」「東京」
    • 50代「明日晴れるかな」「風の詩を聴かせて」「ダーリン」「君にサヨナラを
    • 60代「レッツゴーボウリング」

アルバム記録

映像作品記録

  • 昭和八十八年度! 第二回ひとり紅白歌合戦』は、男性ソロアーティストとして初のDVD・Blu-ray総合1位を獲得した作品[317]
  • キャリア30年3か月でDVD・Blu-ray映像作品ランキングの首位獲得でソロアーティスト歴代1位(2018年1月現在)[318]
  • ソロアーティストによる「ミュージックDVD・Blu-ray Disc通算1位獲得作品数」:歴代4位(4作)(2021年10月現在)[319]

作品

桑田佳祐名義で発売された作品のみ記載する。桑田が参加した作品についてはこちらを参照。

桑田佳祐のディスコグラフィ
リリースリスト
スタジオ・アルバム 5
ベスト・アルバム 3
EP 1
シングル 17
映像作品 15
ミュージック・ビデオ 2
配信シングル 3

シングル

「初週売上」「順位」は「オリコン週間シングルランキング」の記録に準じる。
太字の「順位」はオリコンによる累計売上枚数がミリオンセラーを示す[241]
# 発売日 作品名 形態 規格品番 初週売上 順位 収録アルバム
1 1987年10月6日 悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE) EP VIHX-1725 未公表 2位 Keisuke Kuwata
CT VST-10325
1988年2月21日 8cmCD VDRS-1001
2001年6月25日 12cmCD VICL-35305
2 1988年3月16日 いつか何処かで (I FEEL THE ECHO) EP VIHX-1731
8cmCD VDRS-1010
CT VST-10347
2001年6月25日 12cmCD VICL-35306
3 1993年10月6日 真夜中のダンディー 8cmCD VIDL-170 1位 孤独の太陽
CT VISL-280
2001年6月25日 12cmCD VICL-35308
4 1994年8月24日 8cmCD VIDL-201 4位
CT VISL-311
2001年6月25日 12cmCD VICL-35309
5 1994年10月31日 祭りのあと 8cmCD VIDL-202 2位 TOP OF THE POPS
CT VISL-312
2001年6月25日 12cmCD VICL-35310
6 2001年7月4日 波乗りジョニー EP VIZL-60 51.9万枚[320] 1位
12cmCD VICL-35300
7 2001年10月24日 白い恋人達 EP VIJL-60090 52.0万枚[321]
12cmCD VICL-35330
8 2002年6月26日 東京 EP VIJL-60095 未公表 1位 ROCK AND ROLL HERO
12cmCD VICL-35380
9 2007年5月16日 明日晴れるかな EP VIJL-60600 16.8万枚[322] I LOVE YOU -now & forever-
12cmCD VICL-36600(初回盤)
VICL-36601(通常盤)
10 2007年8月22日 風の詩を聴かせて EP VIJL-60800 9.3万枚[323]
12cmCD VICL-36800
11 2007年12月5日 ダーリン EP VIJL-60900 9.4万枚[324]
12cmCD VIZL-371(初回盤)
VICL-37100(通常盤)
12 2009年12月9日 君にサヨナラを EP VIJL-62000 7.1万枚[325] MUSICMAN
12cmCD VIZL-380(初回盤)
VICL-37200(通常盤)
13 2010年8月25日 本当は怖い愛とロマンス EP VIJL-60500 11.0万枚[325] 2位
12cmCD VIZL-550(初回盤)
VICL-37300(通常盤)
14 2011年8月17日 明日へのマーチ/
Let's try again 〜kuwata keisuke ver.〜/
ハダカ DE 音頭 〜祭りだ!! Naked〜
EP VIJL-61000 9.2万枚[326] I LOVE YOU -now & forever-
12cmCD VIZL-570(初回盤)
VICL-37500(通常盤)
15 2013年3月13日 Yin Yang/涙をぶっとばせ!!/おいしい秘密 EP VIJL-61200 6.9万枚[327] 3位 がらくた
12cmCD VICL-37400
16 2016年6月29日 ヨシ子さん 12cmCD VICL-37900(初回盤) 8.1万枚[328] 2位
VICL-37901(通常盤)
2016年7月27日 EP VIJL-61600
17 2016年11月23日 君への手紙 VIJL-61700 7.0万枚[329]
12cmCD VICL-38200(初回盤)
VICL-38201(通常盤)

配信シングル

「初週売上」「順位」は「オリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキング」の記録に準じる。
# 発売日 タイトル 初週売上 順位 収録アルバム
1 2021年7月12日 SMILE〜晴れ渡る空のように〜 2.3万DL[注 37] 2位[注 38] ごはん味噌汁海苔お漬物卵焼き feat. 梅干し
2 2021年8月11日 炎の聖歌隊 [Choir] 1.0万DL[332] 7位
3 2021年8月30日 Soulコブラツイスト〜魂の悶絶 1.0万DL[333] 2位

オリジナル・アルバム

「初週売上」「順位」は「オリコン週間アルバムランキング」の記録に準じる。
# 発売日 タイトル 規格 規格品番 初週売上 順位
1 1988年7月9日 Keisuke Kuwata LP VIH-28333 未公表 1位
CT VCF-10360
CD VDR-1520
1992年6月27日 VICL-8061
2001年6月25日 VICL-60804
2 1994年9月23日 孤独の太陽 CT VITL-132
CD VICL-555
2001年6月25日 VICL-60806
3 2002年9月26日 ROCK AND ROLL HERO LP (2枚組) VIJL-60101〜60102 2位
CD VICL-60920
4 2011年2月23日 MUSICMAN LP (2枚組) VIJL-60700〜60701 27.3万枚[314] 1位
CD VIZL-560(初回盤)
VICL-63600(通常盤)
5 2017年8月23日 がらくた LP (2枚組) VIJL-61800〜1 16.8万枚[334]
CD VIZL-1700(初回盤A)
VIZL-1701(初回盤B)
VIZL-1702(初回盤C)
VICL-65000(通常盤)

ベスト・アルバム

「初週売上」「順位」は「オリコン週間アルバムランキング」の記録に準じる。
太字の「順位」はオリコンによる累計売上枚数がミリオンセラーを示す[243]
# 発売日 タイトル 規格 規格品番 初週売上 順位
1 1992年6月27日 フロム イエスタデイ CT VITL-107 未公表 2位
CD VICL-300
2001年6月25日 VICL-60805
2 2002年11月27日 TOP OF THE POPS CD(2枚組) VICL-61006〜61007 96.1万枚[335] 1位
3 2012年7月18日 I LOVE YOU -now & forever- CD(3枚組) VIZL-640(初回盤) 43.2万枚[335] 1位
CD(2枚組) VICL-64000〜64001(通常盤)

ミニ・アルバム

「初週売上」「順位」は「オリコン週間アルバムランキング」の記録に準じる。
# 発売日 タイトル 規格 規格品番 初週売上 順位
1 2021年9月15日 ごはん味噌汁海苔お漬物卵焼き feat. 梅干し CD+Blu-ray VIZL-2400(初回盤A) 9.7万枚[34] 1位
CD+DVD VIZL-2401(初回盤B)
CD VICL-67100(通常盤)
LP(重量盤) VIJL-62100

映像作品

「初週売上」「順位」は「オリコン週間DVDランキング」「オリコン週間Blu-rayランキング」の記録に準じる。
作品分類 発売日 タイトル 規格 規格品番 初週売上 順位
ライブビデオ 1991年10月2日 Acoustic Revolution Live at Nissin Power Station 1991.3.26 VHS VIVL-49 未公表 未公表
LD VILL-43
2001年12月5日 DVD VIBL-44
ライブビデオ 1994年12月21日 すべての歌に懺悔しな!! -桑田佳祐 LIVE TOUR '94- VHS VIVL-140(初回盤)
VIVL-141(通常盤)
LD VILL-99(初回盤)
VILL-100(通常盤)
2001年12月5日 DVD VIBL-45
ライブビデオ 1997年3月5日 夷撫悶汰(いヴもんた)レイト・ショー 〜長距離歌手の孤独 in Jazz Cafe〜 VHS VIVL-200
DVD VIBL-6
2001年12月5日 VIBL-46
ミュージック・ビデオ 2002年12月11日 D.V.D. WONDER WEAR 桑田佳祐ビデオクリップス2001〜2002 VHS VIVL-270
DVD VIBL-67
ライブビデオ 2003年3月26日 けいすけさん、ビデオも色々と大変ねぇ。 VHS VIVL-286
DVD VIBL-109
ライブビデオ+CD 2008年3月12日 桑田さんのお仕事 07/08 〜魅惑のAVマリアージュ〜 DVD+CD VIZL-500(初回盤) 1位
VIZL-501(通常盤)
ライブビデオ 2009年3月25日 昭和八十三年度! ひとり紅白歌合戦 DVD(2枚組) VIBL-700〜701 2位
Blu-ray VIXL-200 4位
ライブビデオ 2011年11月16日 宮城ライブ 〜明日へのマーチ!!〜 DVD VIBL-800(通常盤) 3.8万枚[336] 3位
VIBL-580(初回盤)
2011年11月23日 Blu-ray VIXL-300 未公表 20位
ライブビデオ 2013年3月13日 桑田佳祐 LIVE TOUR & DOCUMENT FILM
「I LOVE YOU -now & forever-」完全盤
DVD VIBL-900〜901(通常盤) 3位
VIZL-900(初回盤)
Blu-ray VIXL-400〜401(通常盤) 2位
VIZL-901(初回盤)
ライブビデオ 2014年3月12日 昭和八十八年度! 第二回ひとり紅白歌合戦 DVD(2枚組) VIBL-1200〜1201 2.0万枚[317] 1位
Blu-ray VIXL-600 1.9万枚[317]
イメージビデオ 2016年11月30日 THE ROOTS 〜偉大なる歌謡曲に感謝〜 DVD VIBL-1000(通常盤) 未公表 4位
VIZL-1501(初回盤)
Blu-ray VIXL-800(通常盤) 5位
VIZL-1500(初回盤)
ミュージック・ビデオ 2018年1月3日 MVP DVD VIBL-1402〜1403(通常盤) 3.4万枚[318] 1位
VIBL-1400〜1401(初回盤)
Blu-ray VIXL-901(通常盤) 4.1万枚[318]
VIXL-900(初回盤)
ライブビデオ 2018年4月4日 がらくたライブ DVD VIBL-1500〜1501(通常盤) 1.3万枚[337] 2位
VIZL-1901(初回盤)
Blu-ray VIXL-1000(通常盤) 1.9万枚[337]
VIZL-1900(初回盤)
ライブビデオ 2019年6月5日 Act Against AIDS 2018 平成三十年度! 第三回ひとり紅白歌合戦 DVD VIBL-1600〜1601(通常盤) 1.5万枚[338]
VIZL-2101(初回盤)
Blu-ray VIZL-2100(通常盤) 2.2万枚[338]
VIXL-1100(初回盤)
ライブビデオ 2022年4月6日 LIVE TOUR 2021「BIG MOUTH, NO GUTS!!」 DVD VIBL-1900~1901(通常盤) 1.5万枚[339] 1位
VIZL-2501(初回盤)
Blu-ray VIXL-1500(通常盤) 2.9万枚[339]
VIZL-2500(初回盤)

監督映画

公開日 タイトル 配給 配給収入
1990年9月8日 稲村ジェーン 東宝 18.3億円[235]

参加作品

サザンオールスターズの作品についてはサザンオールスターズのディスコグラフィを参照。KUWATA BANDの作品についてはKUWATA BAND#作品SUPER CHIMPANZEEの作品についてはSUPER CHIMPANZEE#作品桑田佳祐&Mr.Childrenの作品については桑田佳祐&Mr.Children#作品桑田佳祐&The Pin Boysの作品については桑田佳祐&The Pin Boys#作品を参照。

シングル(参加)

アーティスト名 発売日 タイトル 形態 規格品番 初週売上 順位 備考
チーム・アミューズ!! 2011年5月25日 Let's try again CD ASCM-6092(アミューズソフトエンタテインメント 19.0万枚[340] 2位
桑田佳祐&His Friends 2012年7月18日[注 39] Kissin' Christmas (クリスマスだからじゃない) - - - -
竹内まりや 2014年7月23日 静かな伝説(レジェンド) CD WPCL-11929(MOONWARNER MUSIC JAPAN 未公表 10位 コーラス
桑田佳祐 feat. 佐野元春, 世良公則, Char, 野口五郎 2022年5月23日 時代遅れのRock'n'Roll Band 配信 - 2.1万DL[341] 1位

アルバム

アーティスト名 発売日 タイトル 規格 規格品番 順位
嘉門雄三 1982年3月2日 嘉門雄三 & VICTOR WHEELS LIVE! LP VIX-1001 8位

アルバム(参加)

アーティスト名 発売日 タイトル 楽曲 形態 規格品番 順位 備考
山下達郎 1988年10月19日 僕の中の少年 蒼氓 CD 38XG-3(MOON RECORDS 1位 コーラス
山下久美子 2000年6月25日 THE HEARTS バスルームから愛をこめて TOCT-24361(東芝EMI 29位

提供作品

プロデュース作品

  • 西慎嗣&ロード・ロード・ローディ・ミス・クローディ・グループ
    • アルバム『NISHI.』[342]

楽曲提供

※楽曲提供のみ記載する。他の歌手がサザンオールスターズ・桑田の楽曲をカバーして発売した作品は記載しない。

歌手 楽曲 担当 発売年
中村雅俊 マーマレードの朝 作詞 1980
恋人も濡れる街角 作詞・作曲 1982
おまかせください(ナカムラ・エレキ音頭)
スペクトラム MOTION 作詞 1980
Lord,Lord,Lawdy Miss Clawdy Group すてきなトランスポーテイション 作詞・作曲 1980
Spin Love 作詞
シュールなるなぎさ1963 作曲
タモリ 狂い咲きフライデーナイト 作詞・作曲 1981
スタンダード・ウイスキーボンボン
高樹澪 恋の女のストーリー 作詞・作曲 1981
MIO-SUN
原由子 I Love Youはひとりごと 作詞・作曲 1981
My Baby Shines On Me 作詞・作曲[注 40]
がんばれアミューズ
いにしえのトランペッター
Last Single X'mas
恋は、ご多忙申し上げます 作詞・作曲 1983
Rimbaud(ランボオ)
横浜 Lady Blues
新・野毛山模様 作詞・作曲[注 41]
女優 作詞・作曲[注 42]
いちょう並木のセレナーデ 作詞・作曲
ヨコハマ・モガ
ガール(GIRL) 作詞・作曲[注 43] 1988
ためいきのベルが鳴るとき 作詞・作曲 1989
ハートせつなく 1991
じんじん
使い古された諺を信じて 作詞
東京ラブコール 作詞・作曲
花咲く旅路
イロイロのパー
想い出のリボン
涙の天使に微笑みを 1997
夢をアリガトウ 2009
京都物語 2010
小林克也&ザ・ナンバーワンバンド 六本木のベンちゃん 作詞・作曲[注 44] 1982
ブルースだ〜れ! 作曲[注 45]
My Peggy Sue 作詞・作曲[注 44]
茅ヶ崎は今日も黄色い 作詞・作曲 1983
プロレスを10倍楽しく見る方法 〜今でも豊登を愛しています
上田正樹 Miss You Baby 作詞・作曲 1983
松田弘 蒼いパリッシュ 作詞・作曲 1983
アミダばばあ&タケちゃんマン アミダばばあの唄 作詞・作曲 1983
ジューシィ・フルーツ 萎えて女も意志をもて 作詞・作曲 1984
[注 46]
明石家さんま さんまのまんま 作曲 1987
古舘伊知郎 夢見る頃を過ぎても 作詞・作曲 1988
早川義夫 アメンボの歌 作詞・作曲 1997
香取慎吾&原由子 みんないい子 作詞・作曲 1997
坂本冬美 ブッダのように私は死んだ 作詞・作曲 2020
斎藤誠 涙のMidnight Soul 作詞 2022

メインヴォーカル(デュエット含む)

  • ザ・ナンバーワンバンド
    • 『六本木のベンちゃん』『茅ヶ崎は今日も黄色い』
  • Real fish featring 桑田佳祐・いとうせいこう
    • 『ジャンクビート東京』
  • 村上"ポンタ"秀一
    • 『ホワイト・ルーム〜サンシャイン・オブ・ユア・ラヴ〜天国への扉』
  • 村田陽一
    • 『クロス・タウン・トラフィック』

ライブ・コンサートツアー

タイトル 公演規模・会場
1981年 嘉門雄三 & Victor Wheels
全2公演
1991年 アコースティック・レボリューション
全3公演

3月24日 日清パワーステーション
3月25日 日清パワーステーション
3月26日 日清パワーステーション

1994年 桑田佳祐 LIVE TOUR '94 -さのさのさ-
帰ってきた青山のダンディー
1995年 IBM PC & OS/2 Warp PRESENTS
|LIVE UFO '95 桑田佳祐 & Mr.Children "Acoustic Revolution with Orchestra" 奇跡の地球
全12公演

4月18日 名古屋市総合体育館 レインボーホール
4月19日 名古屋市総合体育館 レインボーホール
4月28日 国立代々木競技場 第一体育館
4月29日 国立代々木競技場 第一体育館
5月1日 国立代々木競技場 第一体育館
5月2日 国立代々木競技場 第一体育館
5月6日 国立代々木競技場 第一体育館
5月7日 国立代々木競技場 第一体育館
5月10日 大阪城ホール
5月11日 大阪城ホール
5月13日 大阪城ホール
5月14日 大阪城ホール

1996年 Act Against AIDS '96
夷撫悶汰(いヴもんた)レイト・ショー 〜長距離歌手の孤独 in Jazz Cafe〜
全3公演

12月1日 パシフィコ横浜 国立大ホール
12月2日 パシフィコ横浜 国立大ホール
12月3日 パシフィコ横浜 国立大ホール

1997年 Act Against AIDS '97
桑田佳祐 歌謡サスペンス劇場
全3公演

11月29日 ワールド記念ホール
12月1日 パシフィコ横浜 国立大ホール
12月2日 パシフィコ横浜 国立大ホール

1998年 Act Against AIDS '98
桑田佳祐 オールリクエストショー
全3公演

11月30日 パシフィコ横浜 国立大ホール
12月1日 パシフィコ横浜 国立大ホール
12月2日 パシフィコ横浜 国立大ホール

1999年 Act Against AIDS '99
桑田佳祐 エリック・クラプト 横浜公演
全3公演

11月30日 パシフィコ横浜 国立大ホール
12月1日 パシフィコ横浜 国立大ホール
12月2日 パシフィコ横浜 国立大ホール

2000年 伊豆だらけのローラ
全5公演

1月29日 Zepp Sapporo
1月31日 仙台BEEBベースメントシアター
2月3日 名古屋 CLUB DIAMOND HALL
2月4日 神戸 チキンジョージ
2月5日 福岡 DRUM LOGOS

Act Against AIDS 2000
桑田佳祐が選ぶ20世紀ベストソング
全3公演

11月30日 パシフィコ横浜 国立大ホール
12月1日 パシフィコ横浜 国立大ホール
12月2日 パシフィコ横浜 国立大ホール

2001年 古賀紅太 No Reason! ライブハウスツアー
全7公演

7月5日 岐阜モダンカフェクラブ
7月9日 Yokohama Bay Hall
7月12日 PENNY LANE 24
7月15日 青森クォーター
7月18日 佐賀GEILS
7月19日 奈良NEVER LAND
8月9日 LIQUIDROOM

Act Against AIDS 2001
桑田佳祐 plays "The Beatles" クワガタムシ対カブトムシ
全3公演

11月30日 パシフィコ横浜 国立大ホール
12月1日 パシフィコ横浜 国立大ホール
12月2日 パシフィコ横浜 国立大ホール

No Reason Coca-Cola Presents
|桑田佳祐 Xmas LIVE in 札幌
全3公演

12月22日 北海道立産業共進会場
12月23日 北海道立産業共進会場
12月24日 北海道立産業共進会場

2002年 桑田佳祐全国ドームツアー2002 「けいすけさん、色々と大変ねぇ。」
桑田佳祐年越しライブ2002 「けいすけさん、年末も色々と大変ねぇ。」
全4公演

12月27日 横浜アリーナ
12月28日 横浜アリーナ
12月30日 横浜アリーナ
12月31日 横浜アリーナ

2003年 桑田佳祐 Act Against AIDS 2003
栄光のDISCO & SOUL
全3公演

12月2日 パシフィコ横浜 国立大ホール
12月3日 パシフィコ横浜 国立大ホール
12月4日 パシフィコ横浜 国立大ホール

2004年 桑田佳祐 Act Against AIDS 2004
「THE GOLDEN AGE OF BRITISH ROCK 〜愛と青春の英国ロック〜」
全3公演

11月30日 パシフィコ横浜 国立大ホール
12月1日 パシフィコ横浜 国立大ホール
12月2日 パシフィコ横浜 国立大ホール

2006年 桑田佳祐 Act Against AIDS 2006
「星条旗よ永遠なれ!? 〜私のアメリカン・ヒーローズ」
全3公演

11月30日 パシフィコ横浜 国立大ホール
12月1日 パシフィコ横浜 国立大ホール
12月2日 パシフィコ横浜 国立大ホール

2007年 WONDA presents
|桑田佳祐 LIVE TOUR 2007 呼び捨てでも構いません!! 「よっ、桑田佳祐」SHOW
supported by ショコライフ
全14公演

11月21日 マリンメッセ福岡
11月22日 マリンメッセ福岡
12月1日 北海道立総合体育センター 北海きたえーる
12月2日 北海道立総合体育センター 北海きたえーる
12月6日 ホットハウススーパーアリーナ
12月7日 ホットハウススーパーアリーナ
12月11日 大阪城ホール
12月12日 大阪城ホール
12月19日 日本ガイシ スポーツプラザ 日本ガイシホール
12月20日 日本ガイシ スポーツプラザ 日本ガイシホール
12月27日 横浜アリーナ
12月28日 横浜アリーナ
12月30日 横浜アリーナ
12月31日 横浜アリーナ

2008年 Meet the Music 2008! 全国民放FM53局 & KDDI present
桑田佳祐 アコースティックライブ in 石垣島
3月23日 石垣市民会館
桑田佳祐 Act Against AIDS 2008
昭和八十三年度! ひとり紅白歌合戦
全3公演

11月30日 パシフィコ横浜 国立大ホール
12月1日 パシフィコ横浜 国立大ホール
12月2日 パシフィコ横浜 国立大ホール

2009年 桑田佳祐 Act Against AIDS 2009
「映画音楽寅さん チャラン・ポランスキー 監督・脚本・主演 『男はしたいよ』」
全3公演

11月30日 パシフィコ横浜 国立大ホール
12月1日 パシフィコ横浜 国立大ホール
12月2日 パシフィコ横浜 国立大ホール

2010年 桑田佳祐 LIVE TOUR 2010 全国への階段 〜Stairway to Nippon〜
全19公演

10月28日 愛媛県武道館
10月29日 愛媛県武道館
11月6日 朱鷺メッセ
11月7日 朱鷺メッセ
11月13日 セキスイハイムスーパーアリーナ
11月14日 セキスイハイムスーパーアリーナ
11月20日 広島県立総合体育館 グリーンアリーナ
11月21日 広島県立総合体育館 グリーンアリーナ
11月27日 札幌ドーム
12月4日 東京ドーム
12月5日 東京ドーム
12月11日 京セラドーム大阪
12月12日 京セラドーム大阪
12月18日 福岡 Yahoo! JAPAN ドーム
12月19日 福岡 Yahoo! JAPAN ドーム
12月24日 ナゴヤドーム
12月25日 ナゴヤドーム
12月30日 横浜アリーナ
12月31日 横浜アリーナ

  • 桑田の病気に伴う療養のため、全公演が中止。
2011年 桑田佳祐 宮城ライブ 〜明日へのマーチ!!〜
全2公演

9月10日 セキスイハイムスーパーアリーナ
9月11日 セキスイハイムスーパーアリーナ

マウントレーニアダブル presents
|桑田佳祐 ライブ in 神戸&横浜 2011 〜年忘れ!! みんなで元気になろうぜ!!の会〜
全4公演

12月24日 ワールド記念ホール
12月25日 ワールド記念ホール
12月30日 横浜アリーナ
12月31日 横浜アリーナ

2012年 NTT docomo presents
|桑田佳祐 LIVE TOUR 2012 I LOVE YOU -now & forever-
全22公演

9月15日 セキスイハイムスーパーアリーナ
9月16日 セキスイハイムスーパーアリーナ
9月29日 北海道立総合体育センター 北海きたえーる
9月30日 北海道立総合体育センター 北海きたえーる
10月6日 サンドーム福井
10月7日 サンドーム福井
10月24日 愛媛県武道館
10月25日 愛媛県武道館
11月7日 広島県立総合体育館 グリーンアリーナ
11月8日 広島県立総合体育館 グリーンアリーナ
11月14日 さいたまスーパーアリーナ
11月15日 さいたまスーパーアリーナ
11月28日 マリンメッセ福岡
11月29日 マリンメッセ福岡
12月5日 日本ガイシ スポーツプラザ 日本ガイシホール
12月6日 日本ガイシ スポーツプラザ 日本ガイシホール
12月12日 大阪城ホール
12月13日 大阪城ホール
12月27日 横浜アリーナ
12月28日 横浜アリーナ
12月30日 横浜アリーナ
12月31日 横浜アリーナ

2013年 桑田佳祐 Act Against AIDS 2013
昭和八十八年度! 第二回ひとり紅白歌合戦
全4公演

11月30日 パシフィコ横浜 国立大ホール
12月1日 パシフィコ横浜 国立大ホール
12月3日 パシフィコ横浜 国立大ホール
12月4日 パシフィコ横浜 国立大ホール

2016年 桑田佳祐 年越しライブ2016「ヨシ子さんへの手紙 〜悪戯な年の瀬〜」
Supported by UCC
全4公演

12月27日 横浜アリーナ
12月28日 横浜アリーナ
12月30日 横浜アリーナ
12月31日 横浜アリーナ

2017年 この夏、大人の夜遊び in 日本で一番垢抜けた場所!!
supported by ニッポンハム / Billboard Live 10th Anniversary
全2公演
WOWOW presents
|桑田佳祐 LIVE TOUR 2017「がらくた」
supported by JTB
全18公演

10月17日 朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター
10月18日 朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター
10月28日 広島グリーンアリーナ
10月29日 広島グリーンアリーナ
11月11日 東京ドーム
11月12日 東京ドーム
11月18日 ナゴヤドーム
11月19日 ナゴヤドーム
11月25日 福岡 ヤフオク!ドーム
11月30日 宮城セキスイハイムスーパーアリーナ
12月1日 宮城セキスイハイムスーパーアリーナ
12月9日 アスティとくしま
12月10日 アスティとくしま
12月16日 京セラドーム大阪
12月17日 京セラドーム大阪
12月23日 札幌ドーム
12月30日 横浜アリーナ
12月31日 横浜アリーナ

2018年 桑田佳祐 Act Against AIDS 2018
平成三十年度! 第三回ひとり紅白歌合戦
全3公演

11月29日 パシフィコ横浜 国立大ホール
12月1日 パシフィコ横浜 国立大ホール
12月2日 パシフィコ横浜 国立大ホール

2021年 桑田佳祐「静かな春の戯れ 〜Live in Blue Note Tokyo〜」
3月7日 ブルーノート東京(配信ライブ)
桑田佳祐 LIVE TOUR 2021「BIG MOUTH,NO GUTS!!」
Supported by SOMPOグループ
全20公演

9月18日 宮城セキスイハイムスーパーアリーナ
9月19日 宮城セキスイハイムスーパーアリーナ
9月25日 愛媛県武道館
9月26日 愛媛県武道館
10月1日 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター
10月2日 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター
10月7日 広島グリーンアリーナ
10月8日 広島グリーンアリーナ
10月20日 マリンメッセ福岡 A館
10月21日 マリンメッセ福岡 A館
10月30日 北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
10月31日 北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
11月10日 大阪城ホール
11月11日 大阪城ホール
11月20日 さいたまスーパーアリーナ
11月21日 さいたまスーパーアリーナ
12月4日 愛知・日本ガイシホール
12月4日 愛知・日本ガイシホール
12月30日 横浜アリーナ
12月31日 横浜アリーナ

2022年 桑田佳祐 LIVE TOUR 2021「BIG MOUTH,NO GUTS!!」
Supported by SOMPOグループ
オンライン特別追加公演
全4公演(配信ライブ)

1月3日 さいたまスーパーアリーナ
1月7日 さいたまスーパーアリーナ
1月8日 さいたまスーパーアリーナ
1月9日 さいたまスーパーアリーナ

  • 全て2021年11月20日・21日公演のストリーミング配信。

出演

太字は、現在放送中の番組である。

ラジオ番組

放送年 番組名 放送局
1979年〜1980年 桑田佳祐のオールナイトニッポン ニッポン放送
1984年〜1985年
1981年1月 - 1981年9月 桑田クンと関口クン[注 47] ニッポン放送
1980年10月 - 1981年3月 桑田佳祐のゼロックス・ポッピン・ポップス ニッポン放送
1981年〜1982年 サタデーアドベンチャー FM東京
(現: TOKYO FM
1981年10月 - 1982年3月 桑田佳祐と○○○○のなんでもスルー・ザ・ナイト ニッポン放送
1981年10月~1982年3月 MBSミュージックマガジン MBSラジオ
1982年4月 - 1983年9月 桑田佳祐のミスターポップス! ニッポン放送
1989年〜1993年 ミュージック・スクエア NHK-FM
1995年〜現在 桑田佳祐のやさしい夜遊び TOKYO FM
2020年3月20日〜22日 WE LOVE RADIO, WE LOVE MUSIC 桑田佳祐のお家うちでRADIO〜こんな時こそラジオでSMILE!〜 supported by SUUMO 全国民放ラジオ101局

テレビ番組

レギュラー番組/スペシャル番組

放送年 番組名 放送局 備考
1986年12月24日 Merry X'mas Show
〜メリー・クリスマス・ショー〜
日本テレビ -
1987年12月24日 -
2000年〜2001年 桑田佳祐の音楽寅さん
〜MUSIC TIGER〜
フジテレビ レギュラー放送
2003年6月29日 FNS27時間テレビ』内で放送。
2006年8月21日 特別番組
2009年 レギュラー放送
2012年7月11日 特別番組
2016年8月26日 桑田佳祐「偉大なる歌謡曲に感謝 〜東京の唄〜」[344] -
2019年1月3日 桑田佳祐のレッツゴーボウリング 日米オールスター頂上決戦![345] テレビ東京 -
2019年3月20日 桑田佳祐 大衆音楽史「ひとり紅白歌合戦」
〜昭和・平成、そして新たな時代へ〜[346]
NHK -

カメオ出演

放送年 番組名 放送局 備考
2007年 プロポーズ大作戦 フジテレビ エンディングのみ出演
2012年〜2017年 ちびまる子ちゃん エンディングのみ、アニメーション出演
2017年10月1日 学生の頃の桑田(声:西谷修一)が本編にアニメーションとして出演[347]
2013年 最高の離婚 第8話以降のエンディングのみ出演

NHK紅白歌合戦出場歴

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手 備考
2010年(平成22年)/第61回 特別出演(初) 「本当は怖い愛とロマンス」「それ行けベイビー!!」 - - -
2017年(平成29年)/第68回 特別出演(2) 「若い広場」 - - ひよっこ』特別編には浜口庫之助役で出演[348]
2020年(令和2年)/第71回 VTR出演 - - - 桑田が坂本冬美に楽曲提供した「ブッダのように私は死んだ」の披露に合わせてVTR出演[349]

映画

作品名 備考等
1995年 【es】 Mr.Children in FILM 本人 Mr.Childrenのドキュメント映画。
2017年 茅ヶ崎物語 〜MY LITTLE HOMETOWN〜 本人 桑田の学生時代を映画化した作品。
2019年 男はつらいよ お帰り 寅さん 本人 オープニングに出演[350]

吹き替え

作品名 放送局 備考
1980年10月24日 アメリカン・グラフィティ ウルフマン・ジャック フジテレビ ゴールデン洋画劇場』で放送

CM

※すべて桑田佳祐個人での出演によるもの。

出演年 企業名 プロモーション商品など テーマ
1981年 アンネット アンネシャンテS N/A
1982年 雪印乳業 スライスチーズ N/A
1986年 TDK カセットテープSF46・AD46 N/A
1989年 富士フイルム フジカラー N/A
1989年〜1991年 日本生命保険 ロングラン N/A
1991年〜1992年 キヤノン ビデオi N/A
1993年〜1995年 キリンビバレッジ JIVE N/A
1994年 角川書店 角川文庫 N/A
1996年 麒麟麦酒 キリン・ラガー N/A
1998年 三菱電機 デジタル・ムーバ D207 N/A
2000年 WOWOW N/A サマーキャンペーン
2016年〜2017年 N/A N/A
2001年〜2002年 日本コカ・コーラ コカ・コーラ No Reason! キャンペーン
2003年〜2004年 日本航空 N/A FLY! JAL! キャンペーン
2004年〜2005年 トヨタ自動車 N/A MORE THAN BEST キャンペーン
2006年〜2007年 明治製菓 ショコライフ N/A
2007年 アメリカン・エキスプレス N/A MORE THAN JUST A CARD キャンペーン
ダンディハウス N/A ニッポン ダンディ? キャンペーン
アサヒ飲料 WONDA モーニングショット
アフターショット
圧力仕立て ブラック
2008年 金の微糖
2009年〜2010年 大塚製薬 UL・OS(ウル・オス) N/A
2011年〜2012年 NTTドコモ N/A walk with you 2011 SUMMER キャンペーン
2011年 森永乳業 マウントレーニア ダブル N/A
2013年〜2014年 サッポロビール サッポロ プレミアムアルコールフリー N/A
2014年 三井住友銀行 N/A Lady, Fight!
2016年〜2017年 JTB N/A JTBの春旅・JTBの夏旅
2016年 UCC上島珈琲 UCC BLACK無糖 N/A
2020年〜 SOMPOホールディングス N/A N/A
2021年〜 ユニクロ LifeWear ふだん着の日が、人生になる。

タイアップ楽曲

※桑田佳祐名義で発表された曲のタイアップを記載している。

楽曲 タイアップ
SHE'S A BIG TEASER コカ・コーラ「I feel Coke & Sound Special」CMソング
いつか何処かで (I FEEL THE ECHO) JAL '88沖縄キャンペーン CMソング
ユニクロ「LifeWear」CMソング[351]
遠い街角 (The wanderin' street) 富士フイルム「フジカラー」CMソング
ユニクロ「LifeWear」CMソング[352]
Blue 〜こんな夜には踊れない 松竹富士映画『ラッフルズホテル』主題歌
真夜中のダンディー キリンビバレッジ「JIVE」CMソング
すべての歌に懺悔しな!!
祭りのあと 日本テレビ系ドラマ『静かなるドン』主題歌
キリンビバレッジ「JIVE」CMソング
MUSIC TIGER フジテレビ系『桑田佳祐の音楽寅さん 〜MUSIC TIGER〜』オープニングテーマ
波乗りジョニー コカ・コーラ「No Reason! キャンペーン」CMソング
ユニクロ「LifeWear」CMソング[353]
白い恋人達 コカ・コーラ「No Reason! キャンペーン」CMソング
夏の日の少年 Town&Country CMソング
可愛いミーナ コカ・コーラ「No Reason! キャンペーン」CMソング
ユニクロ「LifeWear」CMソング[354]
ROCK AND ROLL HERO コカ・コーラ「No Reason! キャンペーン」CMソング
影法師
こんな僕で良かったら アメリカン・エキスプレス「MORE THAN JUST A CARD」CMソング
こんな僕で良かったら (Trumpet & Jazz Piano Trio:CM Version)
明日晴れるかな フジテレビ系ドラマ『プロポーズ大作戦』主題歌
男達の挽歌(エレジー) ダンディハウス「ニッポン ダンディ?」CMソング
風の詩を聴かせて 東宝系映画『Life 天国で君に逢えたら』主題歌
KDDI沖縄セルラー電話au LISTEN MOBILE SERVICE」キャンペーンCMソング
ユニクロ「LifeWear」CMソング[355]
NUMBER WONDA GIRL 〜恋するワンダ〜 アサヒ飲料WONDA」CMソング
ダーリン アサヒ飲料WONDA」CMソング
DEAR MY FRIEND アサヒ飲料WONDA」CMソング
ユニクロ「LifeWear」CMソング[356]
現代東京奇譚 ゴー・シネマ映画『闇の子供たち』主題歌
HONKY JILL 〜69(あいなめ)のブルース〜 フジテレビ系『桑田佳祐の音楽寅さん 〜MUSIC TIGER〜』オープニングテーマ
君にサヨナラを 大塚製薬「UL・OS」(ウル・オス)CMソング
ユニクロ「LifeWear」CMソング[357]
EARLY IN THE MORNING フジテレビ系『めざましテレビ』2010年度テーマソング
大塚製薬「UL・OS」(ウル・オス)CMソング
月光の聖者達(ミスター・ムーンライト) 三井住友フィナンシャルグループ CMソング
松竹映画『護られなかった者たちへ』主題歌[358]
銀河の星屑 フジテレビ系ドラマ『CONTROL〜犯罪心理捜査〜』主題歌
明日へのマーチ NTT docomo「walk with you 2011」キャンペーンソング
ユニクロ「LifeWear」CMソング[359]
CAFÉ BLEU 森永乳業「マウントレーニア ダブル」CMソング
幸せのラストダンス 三井住友銀行 CMソング
100万年の幸せ!! フジテレビ系アニメ『ちびまる子ちゃん』エンディングテーマ
愛しい人へ捧ぐ歌 NTT docomo「ドコモthanksキャンペーン」CMソング
NTT docomo20周年記念スペシャルドラマ 夢の扉 特別編『20年後の君へ』テーマソング
MASARU フジテレビ主催イベント『お台場合衆国!2012〜ここから始まるNIPPON応援団!〜』テーマソング』テーマソング
涙をぶっとばせ!! NTT docomo「ドコモ2012冬」キャンペーンソング
Yin Yang フジテレビ系ドラマ『最高の離婚』主題歌
フジテレビ系土曜プレミアム『最高の離婚Special 2014』主題歌
おいしい秘密 サッポロ「プレミアム アルコールフリー」CMソング
愛のプレリュード JTB TVCMソング
大河の一滴 UCC BLACK無糖 TVCMソング
百万本の赤い薔薇 フジテレビ系情報番組ユアタイム』テーマソング
ヨシ子さん WOWOW 開局25周年CMソング[360]
君への手紙 ショウゲート映画『金メダル男』主題歌[361]
WOWOW 25周年記念CMソング[362]
若い広場 NHK連続テレビ小説ひよっこ』主題歌[363]
ユニクロ「LifeWear」CMソング[351]
オアシスと果樹園 JTB「オアフ島」篇「ハワイ島」篇CMソング[364]
愛のささくれ〜Nobody loves me WOWOW CMソング[365]
MY LITTLE HOMETOWN ライブ・ビューイング・ジャパン映画『茅ヶ崎物語 〜MY LITTLE HOMETOWN〜』主題歌[366]
SMILE〜晴れ渡る空のように〜 民放共同企画「一緒にやろう」応援ソング[367]
ユニクロ 「LifeWear」CMソング[368]
悲しきプロボウラー SOMPOグループ CMソング[369]
金目鯛の煮つけ SOMPOグループ CMソング[370]
悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE) ユニクロ「LifeWear」CMソング[371][372]
ほととぎす[杜鵑草]
炎の聖歌隊 [Choir] SUBARUフォレスター」CMソング[36]
Soulコブラツイスト〜魂の悶絶 ユニクロ「LifeWear」CMソング[373]
Netflix映画『浅草キッド』主題歌[374]
JOURNEY ユニクロ「LifeWear」CMソング[375]
平和の街 SOMPOグループ CMソング[376]

演じた人物

映画
テレビアニメ

書籍

著書

関連書籍

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 1981年のライブ「嘉門雄三 & VICTOR WHEELS LIVE!」などで使用した。名前の由来は英語の「COME ON(カモン)」と、桑田と同郷で敬愛する加山雄三から。嘉門の部分は後に元落語家でシンガーソングライターの鳥飼達夫に譲っており、現在も芸名を嘉門タツオと名乗っている[1]
  2. ^ 1988年、RCサクセションのアルバム『COVERS』などで使用した。名前の区切りを変えたぎなた読み。漢字は当て字である[3]
  3. ^ 1988年、泉谷しげるのアルバム『吠えるバラッド』にスライドギター奏者として参加した際に使用した[2][4]
  4. ^ 1996年のAAAライブ『夷撫悶汰(いぶもんた)レイト・ショー』で使用した。名前の由来はフランスの俳優イヴ・モンタンより[5]
  5. ^ 2001年、シングル「波乗りジョニー」のMVなどで使用した[6]。名前の由来は桑田がCMソングを担当した「コカ・コーラ」のもじり[2]
  6. ^ 2016年および2017年に落語を披露した際に使用した。初出はNHK『SONGS』2016年12月1日放送分[7][8]
  7. ^ 2017年のLIVE TOUR 2017『がらくた』のツアー本編で映し出された映像で使用した。名前の由来は怪談の語り手の稲川淳二、桑田が監督を担当した映画『稲村ジェーン』、ディーン・フジオカの3種類を組み合わせたものである[10]
  8. ^ 佳ちゃん(けいちゃん)は、原由子や家族ぐるみでの交流がある山下達郎竹内まりやなどが呼んでいる[20][21]。また、歌詞が完成した際に桑田自身が押すとされる「けいちゃん」と書かれた判子も作られており[22]、2013年にはそれをデザインしたTシャツが抽選で1万名にプレゼントされた[23]
  9. ^ スケちゃんは、1980年10月から1981年3月までニッポン放送で放送されたラジオ番組『桑田佳祐のゼロックス・ポッピン・ポップス』で呼ばれていた[24]
  10. ^ 桑っちょ(くわっちょ)は、『音楽寅さん』で共演したユースケ・サンタマリアなどが呼んでいる[25]。ユースケは状況によっては「桑田さん」とも呼んでいる[26]
  11. ^ 桑田くんは、タモリ[27]佐野元春[28]神木隆之介などが呼んでいる。神木が"君づけ"で呼んでいるのは、桑田が「僕はジャニーズに憧れていて、先輩・後輩の“君づけ”ってすごくいいと思うんだよね。あれをやりたくて」と述べたことがきっかけである[29]
  12. ^ 3時代は昭和、平成、令和、5年代は1980年代から2020年代[34]
  13. ^ サザン名義の「茅ヶ崎に背を向けて」「北鎌倉の思い出」やソロ名義の「MY LITTLE HOME TOWN」など[84][85][82]
  14. ^ 原由子に提供した「京都物語」やサザン名義の「イヤな事だらけの世の中で」など[86][87]
  15. ^ ソロ名義の「明日へのマーチ」「Let's try again 〜kuwata keisuke ver.〜」やサザン名義の「東京VICTORY」など[88][89][41]
  16. ^ かつてはトミー・スナイダーや岩本えり子が英語補作詞を行った時期が存在する[97][98]
  17. ^ 楽曲におけるスペイン語はルイス・サルトール、朝鮮語は具善恵の補作詞によるものである[99][100]
  18. ^ 桑田を在日認定するなど[101]。桑田本人は生粋の日本人であることを度々言及している[51]:214[102]。また、2021年には桑田の著書『ポップス歌手の耐えられない軽さ』の原由子によるあとがき『女房の日記』の中で正確な出自が記載されている[103]
  19. ^ サザン名義の「マイ フェラ レディ[35]:80,81,82,83パリの痴話喧嘩[105]など。
  20. ^ 漫画ドリーム」「ROCK AND ROLL HERO」「どん底のブルース」「いいひと 〜Do you wanna be loved?〜」など[106][107][108][109]
  21. ^ ソロ名義の「鬼灯ほおずき」やサザン名義の「」など[107][111]
  22. ^ 桑田はサザン名義の『シークレットライブ'99 SAS 事件簿 in 歌舞伎町』のアンコールで国歌「君が代」を観客と共に斉唱[141]。ソロ名義の『宮城ライブ 〜明日へのマーチ!!〜』『I LOVE YOU -now & forever-』では「月光の聖者達ミスター・ムーンライト」のアウトロで日章旗をバックモニターに掲揚した[142][143]チーム・アミューズ!!名義の「Let's try again」のMVでは桑田およびサザン、福山雅治ポルノグラフィティBEGINが日章旗をバックに歌唱するシーンが存在する[144]
  23. ^ 桑田はレギュラーラジオ番組『桑田佳祐のやさしい夜遊び』2010年5月29日放送分で国歌「君が代」を独唱した[145]
  24. ^ 桑田は日章旗を「東京VICTORY」の歌詞のモチーフに取り入れたことについて「戦場にもっていくとか、Show the flag じゃなくて(中略)スポーツとか音楽とか映画とか文化的なもので日本の国旗がたなびく感じ」というイメージがあったことを語っている[146]
  25. ^ なお、同ライブでは世相を憂う意図から当時世界で起こっていたデモのニュース映像も流したが、後年には一部分を切り取って「サザンが日章旗に罰マークを付けた」という上記と正反対のデマがネット上で流れた[150]
  26. ^ 青砥稿花紅彩画』の名科白のパロディ[91]
  27. ^ 10フレーム目の1投目を9本、2投目に残りの1本を倒した他はすべてストライク[179]
  28. ^ この時期は森鷗外が小倉に赴任して「小倉日記」を書いた頃と重なっている。桑田の父方の先祖の戸籍を確認したところ、当時の桑田家の住所が森鷗外旧居のすぐ近くだったことを原由子が言及している[103]
  29. ^ 桑田自身も本籍地が北九州市若松区(旧若松市)であることを公表している[206]
  30. ^ そこで意図せず起きたハプニングや自身が述べた冗談、それに乗じて発生した楽曲の歌詞に対する曲解やデマ、抗議デモを始めとしたトラブル、上述した実際の出自や思想と異なるデマ、騒動に対する謝罪と釈明についてはひつじだよ! 全員集合!ピースとハイライト灼熱のマンピー!! G★スポット解禁!!#収録曲第65回NHK紅白歌合戦#後半を参照のこと[65][123]
  31. ^ 出荷枚数はビクター調べ。
  32. ^ なお、最終的にこの日のロッキンの開催は台風8号の影響により会場内の安全の確保ができないと判断したため中止となった[279]
  33. ^ 桑田のソロプロジェクトは桑田佳祐、KUWATA BAND、チーム・アミューズ!!、SUPER CHIMPANZEE、嘉門雄三名義の作品の売上を合算しての計算である。桑田単独名義の総売上でも1000万枚を突破している。
  34. ^ 男性アーティスト別で集計すると歴代40位となる[313]
  35. ^ 松任谷由実が1970年代〜2010年代で同記録を保持している。
  36. ^ 井上陽水山下達郎氷室京介福山雅治も同記録を持つ。
  37. ^ 初週順位は3位にランクインを果たした[330]
  38. ^ 週間1.0万DLを記録し、2位にランクインを果たした[331]
  39. ^ 作品発売としてはアルバム『I LOVE YOU -now & forever-』に初収録された。
  40. ^ 作曲は八木正生との共作。
  41. ^ 作曲はHead Arrangersとの共作。
  42. ^ 作曲は神山暁雄との共作。
  43. ^ 原由子との共作。
  44. ^ a b 作詞は小林克也との共作。桑田のクレジットは嘉門雄三の名義で表記されている。
  45. ^ 世良公則鈴木慶一との共作。桑田のクレジットは嘉門雄三の名義で表記されている。
  46. ^ サザンオールスターズ としてセルフカバーされている。
  47. ^ 関口和之と共にパーソナリティを担当[343]

出典

  1. ^ <私の恩人>嘉門達夫 名付け親は桑田佳祐さん 「サザン」の曲も好きに使っていいと許された”. THE PAGE (2013年8月18日). 2013年8月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。
  2. ^ a b c d e f 押井守、桑田佳祐、浜崎あゆみ……知らなかった! 別名義でも活動をしている著名人 exciteニュース 2016年2月18日配信・閲覧。
  3. ^ a b スージー鈴木「サザンオールスターズ 1978-1985」(2017年 新潮新書 P178)
  4. ^ 泉谷しげる『吠えるバラッド』歌詞カード P8
  5. ^ 島健が語る、桑田佳祐が歌謡曲を歌う意義「警鐘を鳴らす意味も」 CINRA.NET 2016年7月11日配信 2021年9月2日閲覧。
  6. ^ 「波乗りジョニー」(Full ver.) YouTube 2021年9月2日閲覧。
  7. ^ a b c 桑田佳祐がNHK「SONGS」で見せた落語家の姿。実現したリスナーとの対話 M-ON! MUSIC 2017年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ
  8. ^ a b 『桑田佳祐のやさしい夜遊び』に謎の落語家“波乗亭米祐”が登場! 桑田に物申す!? Billboard JAPAN 2017年6月23日配信 2021年8月31日閲覧。
  9. ^ 桑田佳祐、落語に初挑戦 “波乗亭米祐”が『SONGS』で小噺披露 - オリコン 2016年11月22日配信 2021年5月24日閲覧。
  10. ^ a b c サザンオールスターズ会報 代官山通信 vol.141 17ページより。
  11. ^ a b c d e PROFILE SOUTHERN ALL STARS OFFCIAL SITE 2021年3月24日閲覧。
  12. ^ a b c 『がらくた』初回限定盤A・B・C特典「がらくたノート」p12より。
  13. ^ a b Keisuke Kuwata | Biography, Albums, Streaming Links | AllMusic All Music 2021年1月24日閲覧。
  14. ^ 失われた時代へのレクイエム 平成12年の「TSUNAMI」(サザンオールスターズ)【柴那典 平成ヒット曲史】 バックハン 2020年6月19日配信, 2020年7月15日閲覧。
  15. ^ a b 桑田佳祐、今年はグッズ制作&販売で「Act Against AIDS 2014」に参加 ロッキング・オン 2014年11月30日配信 2016年3月31日閲覧。
  16. ^ 桑田佳祐が監督・音楽を務めた映画『稲村ジェーン』Blu-ra&DVDのスポット映像公開 ラジオでは2週連続特集 billboard JAPAN 2021年5月15日配信 2021年8月16日閲覧。
  17. ^ a b 桑田佳祐のプロフィール | ORICON NEWS オリコン 2016年1月8日更新, 2021年3月22日閲覧。
  18. ^ 韓国アイドル”BTS”株乱高下、芸能界の株式上場が世界的に珍しいワケ ITmedia 2020年10月23日配信, 2021年3月25日閲覧。
  19. ^ 表彰状 MVP桑田佳祐殿 新聞広告データアーカイブ 2021年3月25日閲覧。
  20. ^ サザンオールスターズ会報 代官山通信vol.137 15ページより
  21. ^ 竹内まりや、山下達郎、桑田佳祐、原由子が26年ぶり共演 音楽ナタリー 2014年4月18日配信 2021年8月19日閲覧。
  22. ^ FRIDAY 2012年12月21日号 P13。
  23. ^ 桑田佳祐、シングル&映像作品特典は「けいちゃんはんこ」TシャツORICON MUSIC 2013年2月19日配信 2022年1月6日閲覧
  24. ^ 明星集英社)1981年3月号 p.187 - 189「MYOJO PAPER RADIO」
  25. ^ 桑田佳祐の音楽寅さん 音楽寅の巻85ページより。
  26. ^ 「桑田佳祐の音楽寅さん 〜MUSIC TIGER〜 あいなめBOX」(アミューズソフトエンタテインメント、2010年)DISC-1。
  27. ^ タモリ、デビュー前の桑田佳祐に出待ちされていた? 日刊スポーツ 2015年12月19日配信 2021年9月2日閲覧。
  28. ^ 佐野元春 Web - MWS @MotoWebServer 2015年12月28日3:24 のツイート 2021年9月2日閲覧。
  29. ^ 神木隆之介、「芸能界で一番ビビった人」桑田佳祐を「君づけ」 Smart FLASH 2020年9月12日配信 2021年4月20日閲覧。
  30. ^ CD「悲しきプロボウラー」完全生産限定盤付属特典「“プロボウラーになりたくて”スペシャルカードステッカー」より。
  31. ^ 岩本えり子 | プロフィール | HMV&BOOKS online HMV 2020年8月20日閲覧。
  32. ^ 桑田佳祐 音楽ナタリー 2020年8月20日閲覧。
  33. ^ サザンオールスターズ会報 代官山通信vol.140 7ページより。
  34. ^ a b c d e 桑田佳祐、「昭和・平成・令和」3時代、「80年代~20年代」5年代でアルバム1位【オリコンランキング】 オリコン 2021年9月21日配信 2021年9月26日閲覧。
  35. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』リットーミュージック、2019年。1 - 264項
  36. ^ a b c 桑田佳祐、話題の新作EPからの先行配信シングル第2弾は「炎の聖歌隊[Choir(クワイア)」] THE FIRST TIMES 2021年8月9日配信, 2021年8月9日閲覧。
  37. ^ 『桑田佳祐論』(スージー鈴木著、2022年、新潮新書) P4
  38. ^ 桑田佳祐、「SMILE~晴れ渡る空のように~」は日本をひとつにする応援歌 初オンエアで感じた“2020年の主題歌”Real Sound 2020年1月26日配信 2022年6月23日閲覧
  39. ^ 平和への願いを込めて…。 『あなたの心に響いた反戦の歌とは?』森本毅郎 スタンバイ!TBS RADIO 2022年3月4日配信 2022年6月23日閲覧
  40. ^ 桑田佳祐、宮城ライブで復興支援&完全復活27曲 音楽ナタリー 2011年9月12日配信 2022年6月22日閲覧
  41. ^ a b c 日経エンタテインメント! 2018年9月号 p13
  42. ^ 桑田佳祐「ヨシ子さん」初回盤に女川さいがいFM生放送のライブ音源 音楽ナタリー 2016年6月4日配信, 2016年6月4日閲覧。
  43. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2022年5月22日). “桑田佳祐がチャリティーソングを緊急発表 日本音楽界を代表する同級生と平和への願いを込めて” (日本語). サンスポ. 2022年6月22日閲覧。
  44. ^ ROCKIN'ON JAPAN FILE」、p.269、ロッキング・オン、1988年
  45. ^ 大ヒット曲『TSUNAMI』を桑田佳祐が書くきっかけとなった出来事 exciteニュース 2016年4月22日配信 2021年10月24日閲覧
  46. ^ a b J.Y.Park、一番好きな日本のアーティストは桑田佳祐「本物のソウルを持っていて、アメリカに比べて全然劣らない」 スポーツ報知 2020年10月6日配信 2021年6月26日閲覧。
  47. ^ a b R-指定インタビュー ラッパーは16小節に生死を賭ける KAI-YOU 2016年3月26日配信 2021年10月24日閲覧
  48. ^ a b ほぼ日刊イトイ新聞 - 歌う歌。 ほぼ日刊イトイ新聞 2010年7月15日配信 2021年10月24日閲覧
  49. ^ a b c d サザンオールスターズ会報「代官山通信 vol.133」p10〜13より
  50. ^ 正直に生き まっすぐに歌う 神奈川新聞 2020年9月13日配信, 2020年9月14日閲覧。
  51. ^ a b c d e f g h 桑田佳祐『ただの歌詩じゃねえか、こんなもん」』新潮社、1984年。 1 - 264項
  52. ^ サザン桑田佳祐の名曲はなぜ切ない? ミュージシャンが”歌う和音”と”シンコペーション”を分析2021年5月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月12日閲覧。
  53. ^ 桑田佳祐、“どこか懐かしいようで新しい”感覚引き起こす音楽2017年8月11日配信 2021年12月12日閲覧 MusicVoice
  54. ^ 桑田佳祐の下ネタからお笑いまで“桑田語ロック”を堪能!革新的だった初期のサザンオールスターズの名曲をプレイバック!!2018年3月30日配信 2021年12月12日閲覧 WEBザテレビジョン
  55. ^ 【極秘】国民的歌手・桑田佳祐の知られざる噂と秘密情報9選を発表! 国民的バンドに引き抜かれそうになった過去が判明(1ページ目) exciteニュース 2017年12月23日配信, 2021年9月9日閲覧。
  56. ^ 「Pen」 2017年09月01日号 No.435 p33より
  57. ^ サザンオールスターズ会報『代官山通信 vol.152』p10-12
  58. ^ 朝日新聞 2013年3月16日 土曜版 Be フロントライナー b1
  59. ^ サザンオールスターズ会報「代官山通信vol.138」p6より
  60. ^ 「僕自身は空っぽの容れ物」――世の中の空気を歌に込め続ける桑田佳祐の今(2ページ目) Yahoo!ニュース 2021年9月17日配信 2021年9月19日閲覧
  61. ^ サザンオールスターズ会報『代官山通信 vol.155』p12-13
  62. ^ ROCKIN'ON JAPAN 2018年9月号 p72
  63. ^ 【極秘】国民的歌手・桑田佳祐の知られざる噂と秘密情報9選を発表! 国民的バンドに引き抜かれそうになった過去が判明(2ページ目) exciteニュース 2017年12月23日配信, 2020年12月15日閲覧。
  64. ^ サザン桑田佳祐の名曲はなぜ切ない? ミュージシャンが”歌う和音”と”シンコペーション”を分析 2021年1月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月12日閲覧。
  65. ^ a b 「僕自身は空っぽの容れ物」――世の中の空気を歌に込め続ける桑田佳祐の今(1ページ目) Yahoo!ニュース 2021年9月17日配信 2021年9月19日閲覧
  66. ^ MUSICMAN・桑田佳祐が丸呑みしたり、憧れたり、影響を受けているアーティスト/音楽とは……? タワーレコードオンライン 2011年04月06日更新 2021年8月30日閲覧。
  67. ^ a b 『Young Love』は高次元で洋楽ロックを取り込んだ20世紀のサザンオールスターズの最高傑作!(1ページ) OKMusic 2019年3月27日配信, 2020年7月15日閲覧
  68. ^ 朝日新聞夕刊インタビュー記事、2005年10月12日
  69. ^ 桑田佳祐「偉大な作曲家が…」すぎやまこういちさん追悼する「恋のフーガ」 日刊スポーツ 2021年10月10日配信・閲覧。
  70. ^ ロックの子、1985年、桑田佳祐、講談社、p.89
  71. ^ 桑田佳祐が尾崎紀世彦を歌う 日刊スポーツ 2012年7月15日配信 2021年8月29日閲覧。
  72. ^ 加山雄三、日本のポップス史に与えた影響とは? 新たな試みを続けてきた音楽遍歴を辿る Real Sound 2019年12月12日配信 2021年2月8日閲覧。
  73. ^ a b c 桑田佳祐『桑田佳祐 言の葉大全集 やっぱり、ただの歌詞じゃねえか、こんなもん』新潮社、2012年、1 - 136項
  74. ^ タブレット純のかながわ昭和歌謡波止場(18)ダウン・タウン・ブギウギ・バンド◆港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカイマカナ 2022年6月26日閲覧。
  75. ^ 週刊文春 2021年9月16日号 P140
  76. ^ サザン桑田佳祐、弘田三枝子さんを悼む「ナンバーワンでした。チャーミング。みんなの憧れ」 スポーツ報知 2020年8月1日配信 2021年2月8日閲覧。
  77. ^ Pen」2017年9月1日号 No.435 p66より
  78. ^ 「Pen」2017年9月1日号 No.435 p68より
  79. ^ a b c 『週刊文春』2014年9月18日号でのインタビュー特集(p14 - 15)
  80. ^ 【エンタがビタミン♪】桑田佳祐が選ぶ2015年邦楽シングルBEST20、桐谷健太『海の声』に「泣いた」 2015年12月27日配信 2022年6月22日閲覧 Techinsight
  81. ^ a b c ap bank fes'06 Live Report
  82. ^ a b 風邪も全快! 桑田佳祐、10年ぶり地元・茅ヶ崎で復活熱唱 「生きて故郷の土を踏めた」”. オリコン (2011年2月20日). 2021年3月23日閲覧。
  83. ^ a b 週刊文春』2014年9月18日号でのインタビュー特集(p18 - 19)
  84. ^ 神奈川県茅ヶ崎市=桑田佳祐の故郷は、"サザン"に満ちあふれていた! マイナビニュース 2012年10月30日配信 2022年4月2日閲覧。
  85. ^ 桑田佳祐、新曲「北鎌倉の思い出」歌唱の原由子にメッセージ「歌う曲を好きになってほしい」 Real Sound 2018年7月29日配信 2022年4月2日閲覧。
  86. ^ 京都物語 - SOUTHERN ALL STARS OFFICIAL SITE 2021年8月28日閲覧
  87. ^ サザン桑田佳祐は歌謡曲をどう吸収してきたか セルフライナーノーツ『葡萄白書』でルーツ明かす real sound 2015年3月28日配信, 2021年8月28日閲覧
  88. ^ 明日へのマーチ - SOUTHERN ALL STARS OFFICIAL SITE 2021年8月28日閲覧
  89. ^ Let's try again 〜kuwata keisuke ver.〜 - SOUTHERN ALL STARS OFFICIAL SITE 2021年8月28日閲覧
  90. ^ サザンオールスターズ - 通りゃんせ SOUTHERN ALL STARS OFFICIAL SITE
  91. ^ a b c 桑田佳祐 - LIVE TOUR & DOCUMENT FILM 「I LOVE YOU -now & forever-」完全盤(TRAILER)youtube
  92. ^ a b ROCK AND ROLL HERO 桑田佳祐TSUTAYA 2021年2月8日閲覧
  93. ^ 「ハラッド」特設サイト 桑田佳祐が“原 由子”を語るひととき”. sas-fan.net(サザンオールスターズ旧公式サイト). 2021年5月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月4日閲覧。
  94. ^ SONGS REVIEW”. sas-fan.net(サザンオールスターズ旧公式サイト). 2018年7月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月4日閲覧。
  95. ^ サザンオールスターズ 2018スペシャルサイト | 海のOh, Yeah!! 全曲解説 特設サイト 2020年9月10日閲覧。
  96. ^ a b 文藝春秋 2018年10月号 P158 - 159より
  97. ^ サザンオールスターズ - 太陽は罪な奴 SOUTHERN ALL STARS OFFICIAL SITE
  98. ^ 桑田佳祐 - 黄昏のサマー・ホリデイ SOUTHERN ALL STARS OFFICIAL SITE
  99. ^ 株式会社 HASカンパニー 外国人アーティスト LUIS SARTOR(ルイス・サルトール)株式会社HASカンパニー 2021年6月5日閲覧
  100. ^ サザンオールスターズ - LOVE KOREA SOUTHERN ALL STARS OFFICIAL SITE
  101. ^ a b <布帳馬車>LOVE KOREA 在日本大韓民国民団 2016年9月28日配信 2021年2月8日閲覧。
  102. ^ 『週刊文春』2014年9月18日号でのインタビュー特集(p17)
  103. ^ a b c d e 桑田佳祐『ポップス歌手の耐えられない軽さ』文藝春秋、2021年。 427 - 428項。
  104. ^ a b 桑田佳祐『桑田佳祐「平成NG日記」』講談社、1990年。1 - 191項
  105. ^ a b サザンオールスターズ応援団会報「代官山通信」Vol.127
  106. ^ a b 桑田佳祐の音楽寅さん 〜MUSIC TIGER〜『音楽虎の巻』p81-84
  107. ^ a b c d 「僕自身は空っぽの容れ物」――世の中の空気を歌に込め続ける桑田佳祐の今(3ページ目)Yahoo!ニュース 2021年9月17日配信・閲覧
  108. ^ 桑田佳祐、年越しライブでソロ4年ぶり有観客ツアー完遂「うれしいよ、また会えて」 ORICON MUSIC♪ 2022年1月1日配信 2022年4月3日閲覧。
  109. ^ サザン桑田が“政治風刺辞めない”宣言!「きつい風刺をさらりとできるくらい、常に自由でなくちゃ」紅白での炎上にもめげず リテラ 2018年10月5日配信 2022年4月3日閲覧
  110. ^ 桑田佳祐ソロ・アルバム『MUSICMAN』リリース記念インタビュー ビクターエンタテインメント株式会社 スピードスターレコーズ 制作部長 松元 直樹氏 Musicman 2011年2月18日配信 2021年2月8日閲覧。
  111. ^ a b サザン「永遠の0」で23年ぶり映画主題歌 日刊スポーツ 2013年7月12日配信 2020年10月12日閲覧
  112. ^ a b c d 原由子『あじわい夕日新聞〜夢をアリガトウ〜』朝日新聞出版、2013年。1 - 216項
  113. ^ 別冊宝島1548 音楽誌が書かないJポップ批評54 サザンオールスターズ&桑田佳祐 ドキドキ&ハラハラの30年全史 P92
  114. ^ a b 葡萄』初回生産限定盤A・B特典「葡萄白書」p.23より。
  115. ^ 桑田佳祐の音楽寅さん 〜MUSIC TIGER〜『音楽虎の巻』p9-16
  116. ^ 桑田佳祐 - MUSIC TIGER SOUTHERN ALL STARS OFFICIAL SITE
  117. ^ 桑田佳祐 - 素敵な未来を見て欲しい SOUTHERN ALL STARS OFFICIAL SITE
  118. ^ 葡萄」初回生産限定盤A・B特典「葡萄白書」P51より。
  119. ^ サザンオールスターズ、年越しライブ大団円 画面越しに日本中に笑顔と希望を届ける BARKS 2021年1月1日配信 2021年3月19日閲覧。
  120. ^ サザン、12年ぶり沖縄公演に大歓声「全員沖縄出身です!?」 ORICON MUSIC 2015年7月21日配信 2021年3月18日閲覧。
  121. ^ 桑田佳祐はなぜずっと輝き続けているのか 東洋経済オンライン 2015年6月13日配信, 2020年12月15日閲覧。
  122. ^ a b 内村光良が男泣きした、桑田佳祐の計らいとは? サザン愛を語る CINRA.NET
  123. ^ a b c サザン桑田 ラジオ謝罪【ほぼ全文】 デイリースポーツ 2015年1月18日
  124. ^ サザンオールスターズ、東京ドームで叫んだ「みんな死ぬなよ!」の一言に込めた想い CINRA.NET 2015年6月4日配信 2021年9月9日閲覧
  125. ^ サザンオールスターズ、夜明けを祈った年越しライブで再会約束「その日は必ずやって来る。死ぬなよ!」 音楽ナタリー 2021年1月1日配信 2021年9月9日閲覧。
  126. ^ a b 別冊カドカワ 徹底特集 桑田佳祐 KADOKAWA 2002年 p22
  127. ^ サザンオールスターズ会報「代官山通信 vol.133」p12
  128. ^ 桑田佳祐の音楽寅さん 〜MUSIC TIGER〜『音楽虎の巻』p91-98
  129. ^ 福山雅治、“先輩”桑田佳祐は「ハゲヅラでお尻出して帰ってくる」 ORIKON NEWS 2010年7月31日配信 2021年3月18日閲覧。
  130. ^ 「別冊カドカワ 総力特集 桑田佳祐」P70より。 角川書店 2011年
  131. ^ サザンオールスターズ会報 代官山通信vol.133 p12
  132. ^ 桑田佳祐インタビュー Victor Entertainment & Amuse, Inc 2021年8月20日閲覧
  133. ^ 『ポップス歌手の耐えられない軽さ』桑田佳祐 『週刊文春』2021年4月22日号 p110-111
  134. ^ サザンオールスターズ会報『代官山通信 vol.157』p9。
  135. ^ SWITCH Vol.33 No.4 Southern All Stars [我が名はサザン] p22より。
  136. ^ 【編集局から】年越しライブで桑田佳祐の痩せていたのが気になります ZAKZAK 2015年1月15日配信 2022年2月13日閲覧。
  137. ^ 「Pen」 2017年9月1日号 No.435 p78より
  138. ^ a b 桑田佳祐と吉田拓郎との隠された過去。今日までそして明日から。 - Techinsight 2011年3月20日配信 2020年12月8日閲覧。
  139. ^ a b この青い空、みどり 〜BLUE IN GREEN〜」CD盤収録。
  140. ^ 桑田佳祐さん、震災10年の被災地にエール インタビュー全文 河北新報ONLINE NEWS 2021年03月12日配信・閲覧。
  141. ^ a b 2000年のライブビデオ『シークレットライブ'99 SAS 事件簿 in 歌舞伎町』収録。
  142. ^ 『宮城ライブ 〜明日へのマーチ!!〜』DVD Disc.2より。
  143. ^ 『桑田佳祐 LIVE TOUR & DOCUMENT FILM 「I LOVE YOU -now & forever-」完全盤』Disc.1より。
  144. ^ a b チーム・アミューズ!!「Let's try again」Disc-2(DVD)より。
  145. ^ a b 桑田佳祐のやさしい夜遊び 2010年5月 TOKYO FM
  146. ^ a b c カバーアーティスト サザンオールスターズ”. LIVE DAM. 第一興商 (2014年9月12日). 2016年3月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月4日閲覧。
  147. ^ 桑田佳祐 – 涙をぶっとばせ!!(Full ver.) 2:15 - 2:17を参照。 Youtube 2020年5月5日配信 2020年12月9日閲覧。
  148. ^ 【東京VICTORY/サザンオールスターズ】前向きな想いを感じる歌詞の意味を解釈!PV&コードあり♪ - 音楽メディアOTOKAKE(オトカケ)” (日本語). otokake(オトカケ). 2021年4月27日閲覧。
  149. ^ ぴあDay(1984年)1984年7月の「ぴあ」 2019年7月5日配信 2020年12月8日閲覧 ぴあDAY。
  150. ^ a b 「政府批判の指摘こそ都合いい解釈」 桑田さん発言要旨”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2015年1月18日). 2022年5月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月23日閲覧。
  151. ^ サザンオールスターズ - ピースとハイライト 「灼熱のマンピー!! G★スポット解禁!!" 胸熱完全版」 2013年12月1日配信 2020年10月12日閲覧 YouTube。
  152. ^ SWITCH Vol.33 No.4 Southern All Stars [我が名はサザン] p26より。
  153. ^ 『葡萄』初回生産限定盤A・B特典「葡萄白書」p.29より。
  154. ^ 「BRUTUS」2011年3月1日号 p.41。
  155. ^ a b c 桑田佳祐が紫綬褒章受章「身に余る光栄」 音楽ナタリー 2014年11月2日配信 2021年3月30日閲覧。
  156. ^ 桑田佳祐、年越しライブについてラジオで説明と謝罪音楽ナタリー 2015年1月18日配信 2021年12月6日閲覧。
  157. ^ 週刊文春2020年1月16日号 P143
  158. ^ 拝啓 桑田佳祐様 大森隆志オフィシャルサイト~ブログ.2016年6月23日配信 2021年5月25日閲覧。
  159. ^ 中期から後期へと駆け抜けていくサザンオールスターズの軌跡。プレミアムアルバム『海のOh, Yeah!!』深掘りレビュー エンタメステーション 2018年8月9日配信 2018年9月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月13日閲覧。
  160. ^ 桂春蝶オフィシャルブログ シンクロニシティー ライブドアブログ 2013年07月12日配信 2021年6月26日閲覧。
  161. ^ 桑田佳祐、爆笑問題への前座要請に太田光が快諾で「すいません、アニキ!」 Asagei+plus 2017年9月30日配信 2021年6月26日閲覧。
  162. ^ 【台湾ブログ】がんばれ桑田佳祐!台湾ファンがお見舞いコメントライブドアニュース 2010年8月12日配信 2022年6月8日閲覧
  163. ^ 桑田佳祐 大晦日の年越しライブ、アジア同時生中継決定!PR TIMES 2011年12月16日配信 2022年6月7日閲覧
  164. ^ イヤホンでこっそり聴いたサザン 日韓結ぶ桑田さんからのサプライズ朝日新聞 2022年6月1日配信 2022年6月4日閲覧
  165. ^ 別冊宝島711 音楽誌が書かないJポップ批評21 教科書が教えないサザンオールスターズ&桑田佳祐ヒストリー P15
  166. ^ 『サザンオールスターズデビュー40周年』エフエム群馬 2018年6月25日配信 2020年12月12日閲覧。
  167. ^ 2016年のソロシングル「君への手紙」の初回限定盤に封入された直筆の手紙の二枚目より
  168. ^ 葡萄』初回生産限定盤A・B特典「葡萄白書」p.31より。
  169. ^ サザンDVD冊子に越前和紙使用 限定版「おいしい葡萄の旅ライブ」”. 福井新聞 (2016年1月28日). 2016年3月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月4日閲覧。
  170. ^ 桑田佳祐画伯“春画”Tシャツにメッセージ「歌い続けます」 音楽ナタリー 2010年11月22日配信 2022年4月4日閲覧。
  171. ^ ROCKIN'ON JAPAN』2021年10月号(35巻11号、通巻538号)、ロッキング・オン、2021年、 38頁
  172. ^ 勘三郎感激!桑田佳祐から直筆手紙 日刊スポーツ 2011年8月30日配信 2020年12月12日閲覧。
  173. ^ 中村梅玉が人間国宝に、過去にサザン桑田佳祐と京都で意気投合「桑田さんも頑張ってるから、こっちも」東京中日スポーツ 2022年7月22日配信・閲覧
  174. ^ 落語家・立川志の輔が「化け物」と言った桑田佳祐のスター性とは CINRA.NET 2016年2月25日配信 2021年5月24日閲覧。
  175. ^ 桑田佳祐、桂雀々の芸暦40周年記念公演にサプライズ登場!新曲「若い広場」を初披露 M-ON! MUSIC 2017年6月23日配信 2020年12月12日閲覧。
  176. ^ 週刊文春 2019年1月3日・10日 新年特大号 P66
  177. ^ a b 週刊文春 2021年1月21日号 P115
  178. ^ 「Sports Graphic Number PLUS 桑田佳祐編集長就任!ボウリング場でカッコつけて」 文藝春秋、p96より。
  179. ^ a b 桑田佳祐、プロボウラー転身しちゃう!?パーフェクト目前279点達成[リンク切れ] - サンケイスポーツ、2017年4月2日配信
  180. ^ KUWATA CUP 2019 みんなのボウリング大会
  181. ^ 桑田佳祐 & The Pin Boysの曲が日本ボウリング競技公式ソングに認定 ナタリー、2018年11月30日、2018年12月26日閲覧。
  182. ^ 桑田佳祐、ついにパーフェクト「300」達成”. ORICON STYLE (2020年2月1日). 2020年2月2日閲覧。
  183. ^ sasfannetのツイート(1223191486126149632) Twitter 2020年1月31日配信 2021年5月26日閲覧。
  184. ^ 『がらくた』初回限定盤A・B・C特典「がらくたノート」p33 - 36より。
  185. ^ 週刊文春 2021年3月25日号 P127
  186. ^ 桑田佳祐、「三枚目キャラは照れ隠し」! 業界関係者からの評判と素顔 サイゾーウーマン 2013年2月25日配信 2021年3月23日閲覧。
  187. ^ サザンオールスターズ応援団会報 「代官山通信」Vol.155 P10 – 11。
  188. ^ a b c 週刊文春 2020年1月23日号 P42
  189. ^ 週刊文春 2020年11月26日号 P114 - 115
  190. ^ 「BRUTUS」2011年3月1日号 p.57
  191. ^ SPECIAL MAGAZINE サザンオールスターズ『葡萄』(週刊プレイボーイ)24ページより
  192. ^ 「BRUTUS」2011年3月1日号 p.86
  193. ^ 『葡萄』初回生産限定盤A・B特典「葡萄白書」p.64より。
  194. ^ 真紀和泉 (2017年8月24日). “桑田佳祐 “人生で影響を受けた人物”や意外な“本籍地”明かす”. TechinsightJapan. 2018年8月22日閲覧。
  195. ^ an・an 2019年3月13日号 P66
  196. ^ 桑田佳祐今度はG馬場さんとCM共演 日刊スポーツ 2007年11月9日配信 2020年10月14日閲覧。
  197. ^ 桑田佳祐『素敵な夢を叶えましょう』角川書店、1999年、p.95
  198. ^ スポーツ報知 2020年8月20日 P18
  199. ^ a b 桑田佳祐 LIVE TOUR & DOCUMENT FILM 「I LOVE YOU -now & forever-」完全盤』 DISC2 DOCUMENT FILM 「I LOVE YOU -now & forever-」より。
  200. ^ Bettyのマヨネーズ
  201. ^ 渡辺周 (2010年9月16日). “ニューハーフ薩摩へ帰る” (日本語). 朝日新聞(夕刊) (朝日新聞社): p. 1. "桑田が言う。「ねえ、ベティはどこの国のハーフなの?」ベティが言い返す。「ばかねえ、男と女のハーフじゃないの」" 
  202. ^ サザンオールスターズ会報 代官山通信 vol.133 11ページより
  203. ^ SASダイヤリー サザンオールスターズラボラトリー 1999年10月(Internet Archive
  204. ^ a b 桑田佳祐食道がん早期発見8月手術 日刊スポーツ 2010年7月29日配信 2021年3月31日閲覧
  205. ^ 竹内まりやが夫の山下達郎、桑田佳祐夫妻らとの会食を明かす J-POPの現状も話題に livedoor NEWS 2014年9月14日配信 2021年8月25日閲覧。
  206. ^ “【エンタがビタミン♪】桑田佳祐 “人生で影響を受けた人物”や意外な“本籍地”明かす(2/2)”. Techinsight (メディアプロダクツジャパン). (2017年8月24日). http://japan.techinsight.jp/2017/08/maki08231947.html/2 2021年10月9日閲覧。 
  207. ^ a b About us | grill KONOMI | グリル木の実
  208. ^ みなみマート(茅ヶ崎駅前分譲)建替 46年の歴史に幕 タウンニュース 2013年8月9日配信 2021年4月25日閲覧。
  209. ^ アテネに届け…こちらサザンは初の五輪応援歌!”. サンケイスポーツ (2004年6月15日). 2008年8月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月6日閲覧。
  210. ^ 平凡 1979年6月号内の記事「本誌独占! 桑田佳祐の母親・実家を大公開! 我が家のスターが帰って来る日・・・」より。
  211. ^ 『ブルー・ノート・スケール』P6、ロッキン・オン、1987年
  212. ^ a b c d e f 『MUSICMAN』初回限定盤付録『MUSIC MANS NOTE』p98・99より。
  213. ^ 宮治淳一「MY LITTLE HOMETOWN―茅ヶ崎音楽物語」(ポプラ社、2017年、p200)
  214. ^ a b 佳祐、父に贈る「ラブユー東京」”. テレビ朝日 (2004年3月11日). 2018年5月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月8日閲覧。
  215. ^ a b 宮治淳一「MY LITTLE HOMETOWN―茅ヶ崎音楽物語」(ポプラ社、2017年、p205 - 206)
  216. ^ サザン桑田佳祐が愛したパン店閉店 ファンの聖地「清月」64年の歴史に15日幕”. 日刊スポーツ (2022年7月12日). 2022年7月12日閲覧。
  217. ^ 【南神奈川】サザン桑田佳祐、決勝進出の母校・鎌倉学園に激励電報「甲子園に連れて行って」スポーツ報知 2018年7月29日配信 2020年12月17日閲覧。
  218. ^ 宮治淳一「MY LITTLE HOMETOWN―茅ヶ崎音楽物語」(ポプラ社、2017年、p211)
  219. ^ 中島みゆきと桑田佳祐が芸能界で40年生き残ってきたワケ 週刊現代 2018年3月11日配信 2021年4月16日閲覧。
  220. ^ a b 「Sports Graphic Number PLUS 桑田佳祐編集長就任!ボウリング場でカッコつけて」 文藝春秋、p10より。
  221. ^ 桑田佳祐が母校鎌倉学園に電報、決勝「うれしくて」 日刊スポーツ 2018年7月29日配信, 2020年8月20日閲覧。
  222. ^ 宮治淳一「MY LITTLE HOMETOWN―茅ヶ崎音楽物語」(ポプラ社、2017年、p212 - 214)
  223. ^ 桑田が、茅ヶ崎のシンボル烏帽子岩で歌った 2017年8月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月22日配信 2021年10月24日閲覧。
  224. ^ a b Vol.02 - 宮治淳一さん Track 4 ロック・イベントの開催 〜「サザンオールスターズ」の名付親?! 音人千一夜
  225. ^ a b 桑田佳祐『ブルー・ノート・スケール』P90 - 91、ロッキン・オン、1987年
  226. ^ ニッポン放送 NEWS ONLINE
  227. ^ 元サザンオールスターズの大森隆志 桑田佳祐とまたやりたいという気持ちも 週刊女性PRIME 2020年8月8日配信 2021年4月18日閲覧。
  228. ^ Sports Graphic Number 997号 p16
  229. ^ 「無敵な夫婦」だと思う有名人夫婦ランキング excite.ニュース gooランキング 2013年6月5日配信 2021年8月30日閲覧。
  230. ^ 『オリコン・シングル・チャートブック(完全版):1968 - 2010』オリコン・エンタテインメント、2012年2月、549頁。ISBN 978-4-87131-088-8 
  231. ^ 坂本冬美、興奮!新曲で桑田佳祐と初タッグ「ヒットさせなければ罰が当たります!」 スポニチアネックス 2020年10月2日配信, 2021年5月3日閲覧
  232. ^ 【知りたい】桑田佳祐が1年限定で活動した「KUWATA BAND」が約30年前に起こした「日本のロック」の革命とは?” (日本語). rockinon.com. 2022年4月29日閲覧。
  233. ^ 『ポップス歌手の耐えられない軽さ』桑田佳祐 『週刊文春』2020年2月13日号 P114 - 115
  234. ^ 「平成サザン」を生んだ『真夏の果実』大ヒットの時代背景 FRIDAY DIGITAL 2020年8月2日配信 2021年3月30日閲覧
  235. ^ a b 1990年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  236. ^ ACTIVITIES - 1993 SOUTHERN ALL STARS OFFCIAL SITE 2021年8月31日閲覧
  237. ^ History of AAA Concert - 1993〜2015 - (PDF) 2020年8月30日閲覧
  238. ^ がん公表の桑田にエール続々…新曲予約は50倍 スポニチアネックス (2010年7月30日). 2021年12月7日閲覧。
  239. ^ 椎名林檎×エレカシ宮本で思い出す、ミュージシャン“伝説”のコラボユニット5選 日刊SPA 2018年11月30日配信、2018年11月30日閲覧
  240. ^ ACTIVITIES - 1995 SOUTHERN ALL STARS OFFCIAL SITE 2020年8月30日閲覧
  241. ^ a b ミスチル、初動50万枚突破!23作目の首位!! オリコン 2005年7月5日配信, 2021年1月15日閲覧
  242. ^ ポップの神、降臨! 奇跡の夜、桑田佳祐 19:00 GPASS STAGEロッキング・オン 2002年8月10日配信 2022年5月30日閲覧。
  243. ^ a b 桑田佳祐『上質なコメディ!?あきれるほど贅沢!?“本当にすごい”桑田佳祐に迫る!』”. ORICON STYLE. オリコン. 2011年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月21日閲覧。
  244. ^ 青野編集長のコーヒーブレイク|はいからチャンネル三昧の一日でした 2012年5月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2004年7月12日配信 2021年10月24日閲覧。
  245. ^ The Record vol.573 p14 日本レコード協会 2020年11月14日閲覧
  246. ^ がん闘病 サザン桑田の実姉、岩本えり子さん急死 産経新聞 2008年10月22日配信。
  247. ^ 桑田佳祐、自身の番組で病状を報告。「今後は原由子には頭が上がらないでしょう。」 BARKS 2010年8月1日配信 2021年8月17日閲覧。
  248. ^ 桑田佳祐、初期の食道がんを公表 手術・治療専念で新作発売延期、全国ツアー中止”. ORICON STYLE (2010年7月28日). 2014年2月25日閲覧。
  249. ^ 桑田佳祐無事退院!新作レコーディング再開にも意欲”. ナタリー (2010年8月24日). 2014年2月25日閲覧。
  250. ^ 『MUSICMAN』初回限定盤付録『MUSIC MANS NOTE』p42- 43より。
  251. ^ いま聞くべきベストアルバムはコレ 新定番36 NIKKEI STYLE 2016年3月17日配信・閲覧
  252. ^ a b c 桑田佳祐さんに茅ヶ崎市民栄誉賞-知名度アップ・経済発展に貢献 湘南経済新聞 2013年7月31日配信 2020年12月9日閲覧
  253. ^ 桑田さんに市民栄誉賞を 地元団体が会を発足 タウンニュース 茅ヶ崎版 掲載号:2013年7月5日号
  254. ^ 桑田褒章受賞に緊張“兄弟”加山明かす デイリースポーツ 2014年11月15日配信 2021年4月24日閲覧。
  255. ^ サザン桑田さん、女優高畑さんら、秋の褒章受け取る(14/11/14)YouTube
  256. ^ サザンオールスターズ会報『代官山通信 vol.134』p11より。2016年6月28日閲覧。
  257. ^ 桑田佳祐“還暦記念” ついにソロ全211曲配信解禁 オリコン 2016年2月26日配信 2021年3月20日閲覧
  258. ^ 桑田佳祐、約3年ぶりのニューシングル「ヨシ子さん」 還暦の桑田が放つ現代へのリアリティオリコンスタイル
  259. ^ 桑田佳祐、朝ドラ初回放送で新曲解禁 ソロ30周年へ本格始動 オリコン 2017年6月3日閲覧
  260. ^ 安室奈美恵ベストアルバム、初日売上で1位 今年度ソロアーティスト最高記録 オリコン 2017年11月8日閲覧
  261. ^ 桑田佳祐、新アルバム『がらくた』発売4週目にして再び1位に返り咲き ロッキング・オン 2017年9月19日配信, 2020年5月25日閲覧
  262. ^ 桑田佳祐、昨年開催「ひとり紅白」がパッケージ化!初回盤は全3回のコンプリートBOX 音楽ナタリー 2019年3月21日閲覧,2019年3月21日配信
  263. ^ a b 桑田佳祐、歴代最年長1位&史上初の4年代シングル連続1位 オリコン 2019年1月8日閲覧、配信
  264. ^ 桑田佳祐、史上最大のボウリング大会『KUWATA CUP』開催 オリコン 2018年10月25日閲覧
  265. ^ サザン関連全972曲 サブスク一斉解禁 メンバーソロ曲も対象に オリコン 2019年12月20日配信, 2021年3月20日閲覧
  266. ^ 桑田佳祐、東京オリンピック民放共同企画のテーマソングを担当 Billboard JAPAN 2019年7月24日配信, 2019年9月28日閲覧。
  267. ^ 桑田佳祐、民放共同企画『一緒にやろう 2020』応援ソング「SMILE〜晴れ渡る空のように〜」スペシャル動画公開 M-ON! MUSIC 2020年1月24日配信, 2020年1月26日閲覧
  268. ^ 桑田佳祐 & The Pin Boys、新曲でプロボウラーの悲哀を歌う 音楽ナタリー 2019年12月16日配信, 2019年12月16日閲覧
  269. ^ 桑田佳祐、『週刊文春』連載終了を報告「またぜひ」 音楽活動に専念へ ORICON NEWS 2021年4月17日配信 2021年8月19日閲覧。
  270. ^ サザンオールスターズ会報『代官山通信』Vol.154 p6
  271. ^ 桑田佳祐、ブルーノートから配信ソロライブ「“静かな春”の楽しみになれば」 音楽ナタリー 2021年2月21日配信, 2021年2月22日閲覧
  272. ^ 桑田佳祐が4年ぶり新作音源リリース、収録曲「SMILE~晴れ渡る空のように~」先行配信 音楽ナタリー 2021年7月11日配信, 2021年7月11日閲覧。
  273. ^ 桑田佳祐、“究極の献立”を新作タイトルに『ごはん味噌汁海苔お漬物卵焼き feat. 梅干し』 オリコン 2021年8月6日配信, 2021年8月6日閲覧
  274. ^ 桑田佳祐、“必殺曲”「Soulコブラツイスト~魂の悶絶」をフライング配信リリリース決定 オリコン 2021年8月22日配信, 2021年8月22日閲覧。
  275. ^ 桑田佳祐、66歳同級生と平和を歌う…佐野元春、世良公則、Char、野口五郎とチャリティーソング スポーツ報知 2022年5月22日配信, 2022年5月22日閲覧。
  276. ^ 桑田佳祐が「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」最終日に出演 音楽ナタリー 2022年5月29日配信, 2022年5月30日閲覧。
  277. ^ 桑田佳祐、新型コロナ感染 13日の『ロッキン』出演キャンセル オリコン 2022年8月10日配信, 2022年8月10日閲覧。
  278. ^ サザン桑田佳祐が新型コロナ感染 13日「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」出演キャンセル スポニチアネックス 2022年8月10日配信, 2022年8月10日閲覧。
  279. ^ 『ロッキン』台風8号の影響で最終日の開催中止「会場内の安全が確保できないと判断」 オリコン 2022年8月12日配信, 2022年8月12日閲覧。
  280. ^ a b 「BRUTUS」2011年3月1日号 p.72より。
  281. ^ a b 桑田佳祐 (9/11) - 音楽ナタリー Power Push 音楽ナタリー
  282. ^ 邦楽アーティストの重要な100人 (Top 100 Japanese pops Artists - No.1) HMV 2003年11月30日配信, 2020年7月15日閲覧。
  283. ^ 国歌斉唱、聴きたい男性歌手は? 11位から20位 gooランキング 2012年03月24日配信, 2021年5月12日閲覧
  284. ^ “理想の父親アーティスト”サザン桑田が2連覇! 所ジョージも健闘 オリコン 2008年6月11日配信, 2021年1月31日閲覧。
  285. ^ 夏のバラードが似合う男性アーティスト、1位は桑田佳祐 オリコン 2007年8月31日配信, 2021年1月31日閲覧。
  286. ^ 「イケてる夏ダディ」、1位は桑田佳祐 エルザ by オリコン 2007年8月10日配信, 2021年1月31日閲覧。
  287. ^ a b サザン桑田さん夫妻が3位に 理想の有名人夫婦 日本経済新聞 2014年11月20日配信 2021年8月28日閲覧。
  288. ^ SWITCH Vol.31 No.8 Southern All Stars [僕らのサザン、みんなのサザン] p36より。
  289. ^ Back to Shimokitazawa 開催記念特別対談 大森隆志×平野悠 p2 ROOFTOP 2017年6月1日配信 2021年8月17日閲覧。
  290. ^ ビートたけし 桑田佳祐は「大した天才だと思う」と発言 livedoor NEWS 2022年6月6日閲覧
  291. ^ 太田光が桑田佳祐からのメールに驚き「偽ベッキーを連れて行きます」,ライブドアニュース , 2016年2月17日配信 2022年6月6日閲覧
  292. ^ 「別冊カドカワ 総力特集 桑田佳祐 」P171 - 172より 角川書店 2011年
  293. ^ 2021年7月17日のツイート百田尚樹 @hyakutanaoki
  294. ^ サザンオールスターズ23年ぶり映画主題歌!「永遠の0」にバラード「蛍」提供 映画.com 2013年7月12日配信 2022年6月5日閲覧。
  295. ^ 桑田佳祐、加山雄三ライブにサプライズ登場「幸せだなあ」 SANSPO.COM 2014年8月24日配信 2021年10月26日閲覧
  296. ^ 加山雄三、桑田佳祐に祝福の電話「世界に誇れるアーティスト」 サンケイスポーツ 2014年11月16日配信 2021年10月26日閲覧
  297. ^ 世良公則、桑田佳祐は「戦友ですね…尊敬してます」日刊スポーツ 2017年5月16日配信 2020年12月18日閲覧。
  298. ^ 桑田佳祐、66歳の誕生日を迎え「この歳で音楽をやれていること、健康でステージに立てることがなにより有り難いです」BuzzFeed 2022年3月7日配信 2022年4月30日閲覧。
  299. ^ 桑田佳祐 素敵な夢を叶えましょう P54 1999年 角川書店
  300. ^ 『WHAT's IN?』ソニー・マガジンズ、2004年2月
  301. ^ 坂本冬美 大ファンだったサザン…桑田佳祐にしたためた手紙 女性自身 2021年2月14日配信 2021年10月24日閲覧
  302. ^ 大人の歌ネット:インタビュー「前川清」 歌ネット 2021年10月24日閲覧
  303. ^ 山崎まさよし『このままこのまま』 スペースシャワーブックス P97
  304. ^ 藤井フミヤ/ インタビュー /@ぴあ – PIA 2021年6月26日閲覧
  305. ^ 藤井フミヤ『TRUE LOVE』歌いすぎて封印しかけた過去「一生、歌っていく曲」週刊女性2018年9月18日号 2018年9月18日配信 2021年6月26日閲覧。
  306. ^ 草野マサムネ、スピッツの歌詞について言及!「意味がよくわかんないとか言われることありますけど…」 モデルプレス 2021年9月13日配信 2021年10月4日閲覧
  307. ^ 第59回 日本レコード大賞 日本作曲家協会 2021年11月5日閲覧。
  308. ^ 「第18回日本プロ音楽録音賞」受賞作品一覧 2016年9月25日閲覧
  309. ^ 「CDショップ大賞」受賞に米津玄師が感謝、台風クラブ石塚はPUNPEEにサインもらう 音楽ナタリー 2018年3月24日閲覧
  310. ^ a b KUWATA CUP公式 2019年1月22日配信 2021年1月1日閲覧
  311. ^ a b 祝還暦! 桑田佳祐のスゴさが分かる5つのヒット分析 日経トレンディネット 2016年2月19日配信・閲覧
  312. ^ 筒美京平さん、歴代作曲家シングル総売上1位の偉業 「魅せられて」から「サザエさん」まで幅広い年代に愛された楽曲 オリコン 2020年10月12日配信, 2021年1月31日閲覧
  313. ^ 歌のゴールデンヒット 2019年10月7日放送回 TBS 2019年10月8日閲覧
  314. ^ a b 桑田佳祐、完全復活! ソロ新作が16年半ぶり首位” (日本語). オリコン (2011年3月1日). 2011年3月1日閲覧。
  315. ^ 【オリコン】桑田佳祐、ソロ30年で初のアルバム返り咲き首位 男性ソロ20年ぶり快挙 オリコン 2017年9月19日閲覧
  316. ^ 福山雅治、「年齢4年代連続アルバム1位」達成 「歴代シングル・アルバム総売上」男性ソロ歴代1位の2431.1万枚【オリコンランキング】 オリコン 2020年12月15日配信, 2020年12月16日閲覧
  317. ^ a b c 【オリコン】桑田佳祐、男性ソロ初のDVD&BD同時制覇 オリコン 2016年12月12日閲覧
  318. ^ a b c 【オリコン】桑田佳祐MV集が映像3冠 キャリア30年以上のソロ歌手初 オリコン 2018年1月10日閲覧
  319. ^ 堂本剛「ミュージックDVD・BD」1位 通算1位獲得作品数はソロアーティスト歴代1位タイ【オリコンランキング】 オリコン 2021年10月21日配信, 2021年10月26日閲覧。
  320. ^ “【オリコン】NMB48、自己最高の初週37.6万枚 2位作品が11年ぶり30万枚超え”. オリコン. (2012年5月15日). https://www.oricon.co.jp/news/2011587/full/ 2015年3月30日閲覧。 
  321. ^ “嵐が2作連続初動50万超、7年7か月ぶりの快挙”. ORICON STYLE. (2009年6月2日). https://www.oricon.co.jp/news/66597/full/ 2014年1月4日閲覧。 
  322. ^ 桑田佳祐、5年ぶりソロ作が1位!“連続1位”歴代トップに! オリコン 2007年5月22日配信, 2020年11月13日閲覧
  323. ^ 桑田佳祐、ソロ・アーティストとして史上2人目の5作連続1位! 2007年8月28日配信,2020年11月23日閲覧
  324. ^ 桑田佳祐、07年ソロ歌手初の年内3作1位! オリコン 2007年12月11日配信,2020年11月25日閲覧
  325. ^ a b 桑田佳祐、前人未到の5年代連続シングルTOP3入り2015年6月23日閲覧。
  326. ^ CDシングル 週間ランキング”. ORICON STYLE. オリコン. 2011年9月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月22日閲覧。
  327. ^ 桑田佳祐「ヨシ子さん」に見る音楽的先鋭性 グローバルなヒット曲との共通項を読む リアルサウンド 2016年7月10日配信 2016年7月10日閲覧。
  328. ^ 【オリコン】桑田佳祐、60歳以上男性歌手のシングル最高位 オリコン 2016年7月5日閲覧・配信。
  329. ^ 【今週のオリコン】RADWIMPSが2作連続で首位獲得!シングルはモーニング娘。’16が通算18作目の1位 m-on music 2016年11月29日閲覧
  330. ^ オリコン週間 デジタルシングル(単曲)ランキング 2021年07月12日~2021年07月18日 オリコン 2021年7月21日閲覧。
  331. ^ オリコン週間デジタルシングル8/2〜8/8、映画『竜とそばかすの姫』メインテーマ「U」が今年度3作目の4週連続1位に Musicman 2021年8月11日配信, 2021年8月11日閲覧。
  332. ^ オリコン週間 デジタルシングル(単曲)ランキング 2021年08月09日~2021年08月15日 オリコン 2021年8月18日閲覧。
  333. ^ オリコン週間デジタルシングル8/30〜9/5、ReoNa「生命線」で自身初の1位獲得 Musicman 2021年9月8日配信, 2022年1月16日閲覧。
  334. ^ 【オリコン】桑田佳祐、ソロアルバム今年度最高売上で首位 ソロ30周年に華 オリコン 2017年8月29日閲覧
  335. ^ a b 【オリコン】桑田佳祐ソロベストが首位 今年ソロトップの初週43.2万枚 オリコン 2012年7月24日配信, 2022年6月8日閲覧。
  336. ^ 【オリコン】桑田佳祐、復活ライブDVDが3年8ヶ月ぶり首位 オリコン 2011年11月23日配信, 2022年7月14日閲覧。
  337. ^ a b 【オリコン】桑田佳祐、ソロ歌手初・年内2度目のミュージック映像首位 オリコン 2018年4月11日配信・閲覧
  338. ^ a b 桑田佳祐『ひとり紅白』完結編、「音楽DVD・BD」3作連続・通算4作目の1位 オリコン 2019年6月13日配信, 2019年6月13日閲覧
  339. ^ a b 桑田佳祐ライブ作品、「映像3部門」同時1位【オリコンランキング】 オリコン 2022年4月14日配信, 2022年4月14日閲覧
  340. ^ 桑田・福山ら“チーム・アミューズ!!”復興支援曲が19万枚 オリコン 2020年6月24日閲覧
  341. ^ 桑田佳祐が“同級生”佐野元春、世良公則、Char、野口五郎を迎えた新曲、「デジタルシングル」1位【オリコンランキング】 オリコン 2022年6月1日配信, 2022年6月1日閲覧。
  342. ^ 桑田佳祐初プロデュース作品、西慎嗣 & LORD,LORD,LAWDY MISS CLAWDY GROUP『NISHI.』待望の再入荷! TOWER RECORDS ONLINE 2021年6月29日閲覧
  343. ^ 関口和之 プロフィール|関口和之 「湯のみ?」 note 2021年3月23日閲覧。
  344. ^ 桑田佳祐 謎の音楽評論家も登場!? 未発表新曲「悪戯されて」地上波初披露の音楽特番8/26オンエア Billboard JAPAN 2016年8月25日配信 2016年8月25日閲覧。
  345. ^ 桑田佳祐のボウリング特番、日米オールスターが集結 オリコン 2019年1月3日配信、閲覧。
  346. ^ 桑田佳祐、NHK特番で『紅白』豪華共演を語る 『ひとり紅白』に込めた想いも オリコン 2019年3月4日配信 2019年3月21日閲覧。
  347. ^ 桑田佳祐『まる子』本編初登場 5年半担当EDテーマは見納め オリコン 2017年9月23日閲覧
  348. ^ 桑田佳祐、ソロ7年ぶり紅白で30周年締め「お世話になりました」
  349. ^ サザン桑田佳祐、紅白歌合戦にVTR出演決定 坂本冬美にエール送る スポニチアネックス 2020年12月30日配信, 2020年12月30日閲覧
  350. ^ サザンオールスターズ会報「代官山通信 vol.146」(2019年4月発行)35項より
  351. ^ a b 桑田佳祐 ソロ名曲群がユニクロTVCMシリーズを彩る 第1弾は「若い広場」 オリコン 2021年2月10日配信, 2021年2月10日閲覧
  352. ^ @sasfannet 2021年4月12日11:08ツイート Twitter 2021年4月12日閲覧
  353. ^ @sasfannet 2021年5月13日11:00ツイート Twitter 2021年5月13日閲覧。
  354. ^ サザンオールスターズ official 2021年9月20日11時37分のツイート Twitter 2021年9月20日閲覧。
  355. ^ 桑田佳祐、ユニクロ新CMソングに「風の詩を聴かせて」起用! CMは綾瀬はるか×斎藤佑樹出演 THE FIRST TIMES 2022年3月7日配信, 2022年3月7日閲覧。
  356. ^ 2022年3月14日のツイート Twitter サザンオールスターズ official 2022年3月14日配信, 2022年3月16日閲覧。
  357. ^ 綾瀬はるか出演、ユニクロ新TVCM公開! 楽曲は桑田佳祐「君にサヨナラを」 THE FIRST TIMES 2021年10月13日配信, 2021年10月13日閲覧。
  358. ^ 「護られなかった者たちへ」主題歌は桑田佳祐「月光の聖者達」、楽曲流れる予告公開 映画ナタリー 2021年7月6日配信, 2021年7月6日閲覧。
  359. ^ @sasfannet 2021年5月6日13:04ツイート Twitter 2021年5月6日閲覧
  360. ^ 桑田佳祐、3年ぶりシングルで新境地開拓 6・29「ヨシ子さん」 オリコン 2016年7月29日閲覧。
  361. ^ “桑田佳祐、内村光良監督の映画に主題歌提供「喜劇の傑作だと思いました」”. 音楽ナタリー. (2016年7月27日). http://natalie.mu/music/news/195977 2016年7月27日閲覧。 
  362. ^ “桑田佳祐「君への手紙」がWOWOW25周年CMソングに、来月特番オンエアも決定”. 音楽ナタリー. (2016年11月8日). http://natalie.mu/music/news/208421 2016年11月8日閲覧。 
  363. ^ 桑田佳祐、ソロデビュー30周年で30項目にチャレンジ ビルボードジャパン 2017年5月6日閲覧
  364. ^ 桑田佳祐、ハワイの大自然を満喫 新曲「オアシスと果樹園」を書き下ろし オリコン 2017年5月6日閲覧
  365. ^ 桑田佳祐が新CMで“悲哀溢れる”サラリーマン役を熱演 オリコン 2017年8月10日閲覧
  366. ^ 映画『茅ヶ崎物語 〜MY LITTLE HOMETOWN〜』、茅ヶ崎からハワイへ太平洋横断上映決定 ミュージックマンネット 2017年9月16日閲覧
  367. ^ 桑田佳祐、「一緒にやろう」応援ソング「SMILE〜晴れ渡る空のように〜」をラジオ初オンエア BARKS 2020年1月25日配信, 2020年1月26日閲覧
  368. ^ 綾瀬はるかが桑田佳祐の楽曲口ずさむ さまざまな生活送る人たちにたくさんの“SMILE”届ける オリコン 2021年10月15日配信, 2021年10月15日配信。
  369. ^ 桑田佳祐、SOMPOグループとパートナー契約締結 Billboard JAPAN 2020年2月4日配信, 2020年2月5日閲覧
  370. ^ 桑田佳祐、サラリーマン役でCM登場 「金目鯛の煮つけ」に悪戦苦闘 スポニチアネックス 2020年8月20日配信, 2020年8月20日閲覧
  371. ^ 綾瀬はるか、濡れたシャツを脱ぎブラトップ姿に「ま、大丈夫か」 ユニクロ新CM オリコン 2021年3月10日配信, 2021年3月10日閲覧
  372. ^ 綾瀬はるか「ユニクロ」CM新キャストに光石研&三浦貴大 楽曲は桑田佳祐「ほととぎす[杜鵑草」] オリコン 2021年3月24日配信, 2021年3月24日閲覧
  373. ^ 桑田佳祐、ユニクロのTVCMに新キャストとして登場! 綾瀬はるかとは初共演 THE FIRST TIMES 2021年8月23日配信, 2021年8月23日閲覧。
  374. ^ "大泉洋が柳楽優弥にバカヤロー!「浅草キッド」ティザー予告解禁、主題歌は桑田佳祐". 映画ナタリー. ナターシャ. 14 September 2021. 2021年9月14日閲覧
  375. ^ 綾瀬はるか、“宇宙から”挑戦続ける平野歩夢選手にエール「どこへだって、行ける」 オリコン 2021年10月8日配信, 2021年10月8日閲覧。
  376. ^ 桑田佳祐が損保ジャパン新CMでクライアントへプレゼン、パワーポップ調の新曲「平和の街」が映像彩る 音楽ナタリー 2022年4月15日配信, 2022年4月25日閲覧。
  377. ^ 桑田佳祐出演、『茅ヶ崎物語 〜MY LITTLE HOMETOWN〜』全貌が明らかに BARKS、2017年6月26日、9月25日閲覧
  378. ^ 桑田佳祐×ちびまる子ちゃん、茅ケ崎が舞台のコラボエピソード放送決定 ナタリー、2017年9月22日、9月25日閲覧
  379. ^ 桑田佳祐のエッセイ「ポップス歌手の耐えられない軽さ」が大幅加筆で書籍化決定 音楽ナタリー 2021年9月8日配信, 2021年10月9日閲覧。

関連項目

外部リンク