メインメニューを開く

Samsung Galaxy Fold

折りたたみスマートフォン

Galaxy Foldは、サムスン電子が設計・開発・製造・発表・発売した折りたたみ式スマートフォンである。2019年2月20日にGalaxy UNPACKED 2019にて発表され、2019年9月6日に発売。

Galaxy Fold│Fold 5G
コードネーム Winner
ブランド Galaxy
製造者 Samsung Electronics及びそのサプライヤー企業
キャッチコピー The Future Unfolds
モデル グローバル: SM-F900x
(最終的なモデルナンバーは国と通信事業者によって異なります。)
販売開始日 韓国: 2019年9月6日
フランス、ドイツ、シンガポール、アメリカ、イギリス:2019年9月18日から順次発売
日本:2019年10月25日
オマーン、カタール、バーレーン、メキシコ、タイ、スペイン、オーストラリア:2019年10月頃から順次発売
中国:2019年11月8日
カナダ:2019年12月6日
ベトナム、ニュージーランド、ブラジル、チリ、イタリア、オランダ、ギリシャなど:2019年12月〜2020年2月

*それぞれ順次発売。日付は第一次出荷分の販売開始日。
販売地域 全世界
関連機種 Galaxy S10
Galaxy Note10
フォームファクタ 折りたたみスマートフォン
寸法
  • 開いた状態
  • 160.9 mm (6.33 in) H
  • 117.9 mm (4.64 in) W
  • 6.9 mm (0.27 in) D
  • 閉じた状態
  • 160.9 mm (6.33 in) H
  • 62.9 mm (2.48 in) W
  • 15.5 mm (0.61 in) D
重量 263 g (9.3 oz)
OS 初期標準搭載: Android 9.0 "Pie"
SoC Qualcomm Snapdragon 855
CPU オクタコア (1x2.84 GHz, 3x2.42 GHz and 4x1.8 GHz) Kryo 485
GPU Adreno 640
メインメモリ 12 GB LPDDR4X
ストレージ 512 GB UFS 3.0
メモリーカード 非対応
電池 4380 mAh (4G)
4235 mAh (5G)
入力方式

センサー:

ディスプレイ Dynamic AMOLED, HDR10+
  • Infinity Flex Display
    1536 × 2152, 7.3 in (19 cm), 4.2:3 ratio, 362 ppi
  • サブディスプレイ
    720 × 1680, 4.6 in (12 cm), 21:9 ratio, 397 ppi
背面カメラ
前面カメラ
  • 外側: 10 MP, f/2.2
  • 内側: 10 MP, f/2.2, 8 MP RGB深度センサー
サウンド Dolby Atmos対応ステレオスピーカー
接続

Bluetooth 5.0
Wi-Fi b/g/n/ac/ax

3G4G5G(5Gは5Gモデルのみ)
その他
補聴器との両立 M3/T3
ウェブサイト www.galaxymobile.jp/galaxy-fold/

概要編集

Galaxy Foldは2019年2月20日に、Galaxy UNPACKED 2019で「スマートフォンの新しいカテゴリー」として発表された。画面そのものが折りたためる折りたたみスマートフォンの分野で、大手メーカー初の商用製品となった。当初、グローバル発売日は4月26日と発表されていたが、レビュワーやテック系のメディア関係者、テック系YouTuberなどに先行配布した際、折りたたみディスプレイ「Infinity Flex Display」そのものの耐久性が乏しい、折りたたみ機構の核心であるヒンジ部分が簡単に損傷してしまう、内蔵部品が折りたたみディスプレイを圧迫し、ディスプレイに膨らみが生まれるなどの問題点が指摘された。また、レビュワーらが折りたたみディスプレイの保護プラスチック層をスクリーンプロテクターと勘違いし、誤って取り外してしまうなど、その他の問題も浮き彫りとなった。この問題点は数カ月かけて修正され、改めた発売日は、9月6日となり、その後順次発売された。

開発編集

SamsungHuaweiGoogleAppleなど、様々なメーカーが折りたたみディスプレイや折りたたみスマートフォンを開発しているという情報はGalaxy Fold発表の数年前から存在したが、明確にメーカー各社がそれについて述べたことはなかった。2018年になると、その情報はより多角化し、近いうちに発表されるのではないか、と様々なメディアが指摘した。 2018年11月、「Infinity Flex Display」のプロトタイプが、SDC19で発表され、折りたためるディスプレイとそれに対応したOne UIが発表された。また、Googleとのパートナーシップも発表され、OEMと協力してAndroidの折りたたみ式デバイスをサポートすると述べた。(Android Qでは標準サポートされている。)

仕様編集

Galaxy Foldには2つのディスプレイが搭載されている。前面のサブディスプレイは、片手で使用できるように設計された小さな4.6インチディスプレイとなっている。一方、デバイスを開くと、7.3インチディスプレイのメインディスプレイが搭載されている。折りたたみ機構(主にヒンジ)には、約200,000個の部品を使用していると発表されている。メインディスプレイの右上隅には大きなノッチ(切り欠き)があり、ガラスの代わりにカスタムの多層プラスチックラミネートでコーティングされている。また、電源ボタンには静電容量方式指紋認証センサーが搭載されている。その他、RAMは12GB、内部ストレージ容量は512GBとなっている。MicroSDカードは非対応。チップは、Qualcomm Snapdragon 855。今回、Exynosは使用されたモデルは販売されない。また、Galaxy Foldは4Gモデル以外に5Gモデルも用意されている。

デバイス内には、2つのバッテリーが搭載され、合計で4380mAhの容量となっている。また、Galaxy Foldには6台のカメラが搭載されており、3つの背面カメラレンズ(12メガピクセル広角、12メガピクセル望遠、および16メガピクセル超広角)とサブディスプレイ面の10メガピクセルの前面カメラ、内側のスクリーンにあるRGB深度センサーを備えた2つ目の10メガピクセルの前面カメラがある。

OSは、Android 9.0 PieUIは独自の「One UI」。マルチウィンドウモードを使用すると、最大3つのサポートされているアプリを一度に画面に配置することができる。ユーザーがデバイスを開くと、サブディスプレイで開いたアプリがそのままメインディスプレイで表示される。

関連項目編集

外部リンク編集