T・J・ウォード(Terrell Ray Ward Jr.、1986年12月12日 - )は、元アメリカンフットボール選手。オレゴン大学出身。現役時代のポジションはセイフティ

No image.svg T・J・ウォード American football pictogram.svg
T. J. Ward
refer to caption
ブロンコス移籍後のウォード(2014年)
基本情報
ポジション セイフティ
生年月日 (1986-12-12) 1986年12月12日(35歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ
身長 5' 10" =約177.8cm
体重 200 lb =約90.7kg
経歴
大学 オレゴン大学
NFLドラフト 2010年 / 2巡目全体38位
所属歴
2010年 - 2013年 クリーブランド・ブラウンズ
2014年 - 2016年 デンバー・ブロンコス
2017年 タンパベイ・バッカニアーズ
2020年* アリゾナ・カージナルス
*オフシーズンまたはプラクティススクワッドとしての所属のみ
受賞歴・記録
スーパーボウル制覇(1回)
第50回(2015年)
プロボウル選出(2回)
2014年、2015年
その他受賞・記録
オールプロ(セカンドチーム)選出(2013年シーズン)
NFL 通算成績
タックル 607回
QBサック 8.5回
ファンブルフォース 4回
インターセプト 8回
タッチダウン 3回
Player stats at NFL.com

経歴編集

学生時代は、オレゴン大学ダックスでプレイした。2010年ドラフトでクリーブランド・ブラウンズから指名を受けた(2巡目、全体38番目)。

ブラウンズ時代編集

2010年シーズン編集

シーズン16試合すべてでスターターを務め、123タックル、2インターセプトを記録。ベンガルズ戦ではエンドゾーン内で相手チームのワイドレシーバージョーダン・シプリーに対して危険タックルを浴びせ、全米で大きく報じられた。ウォードはこのプレイで1万5000ドル(約120万円)の罰金処分を受けている。

2011年シーズン編集

怪我に悩まされた2011年シーズンでは、39タックル、1サックに終わった。

2012年シーズン編集

 
ブラウンズのトレーニングキャンプ(2012年)でのウォード

2012年では復調した。14試合でスターターを務め、68タックル、1サック、1インターセプトを記録した。

2013年シーズン編集

全16試合でスターターを務め、123タックル、1.5サック、2インターセプト、1ファンブルフォース、10パスディフェンスを記録。プロボウルおよびオールプロのセカンドチームに選出された。

ブロンコス時代編集

2014年シーズン編集

2014年3月11日、ウォードはデンバー・ブロンコスと4年契約(2300万ドル)を結んだ[1][2][3]

2年連続でプロボウルに選出された。

2015年シーズン編集

2015年のレギュラーシーズンは61タックル、2サック、2ファンブルフォース、6パスディフェンドを記録した。この年チームは12勝4敗の成績でAFC第1シードを獲得し、ディビジョナルでピッツバーグ・スティーラーズAFCチャンピオンシップゲームニューイングランド・ペイトリオッツに勝利しスーパーボウルに進出した。迎えたカロライナ・パンサーズとの第50回スーパーボウルでウォードは7タックル、ファンブルリカバー、インターセプトを記録し、チームのスーパーボウル優勝に貢献した[4][5]

2017年2月にチームからリリースされた[6][7]

ブロンコス退団後編集

2017年9月3日にタンパベイ・バッカニアーズと契約し[8]2020年10月1日にアリゾナ・カージナルスと契約した[9]が、10月20日にリリースされた[10]

2021年4月21日に現役引退を表明した[11]

家族・親族編集

アトランタ・ファルコンズに所属していたランニングバックのテロン・ウォード英語版は弟、元NFL選手のモーリス・ジョーンズ=ドリューはいとこである[12]

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Schefter, Adam. “Broncos are signing former Browns S TJ Ward, per sources.”. Twitter. 2014年3月11日閲覧。
  2. ^ Wesseling, Chris (2014年3月11日). “T.J. Ward, Denver Broncos agree on contract”. NFL.com. 2014年8月3日閲覧。
  3. ^ “T.J. Ward signs with Broncos as Denver's new strong safety”. DenverPost.com. (2014年3月11日). http://www.denverpost.com/broncos/ci_25321575/t-j-ward-signs-broncos-denvers-new-strong-safety 2014年8月3日閲覧。 
  4. ^ Garber, Greg (2016年2月8日). “Best and worst of Super Bowl 50”. ESPN.com. 2021年9月26日閲覧。
  5. ^ Martin, Jill (2016年2月8日). “Super Bowl 2016: Broncos defense dominates as Peyton Manning wins second title”. CNN.com. http://www.cnn.com/2016/02/07/us/super-bowl-50-gameday/ 2021年9月26日閲覧。 
  6. ^ Sessler, Marc (2017年9月2日). “Broncos release former Pro Bowl safety T.J. Ward”. NFL.com. 2021年9月26日閲覧。
  7. ^ Sessler, Marc. “Ward: Broncos 'unprofessional' with timing of release”. NFL. 2021年9月26日閲覧。
  8. ^ Bucs signing T.J. Ward to 1-year deal worth up to $5M”. NFL.com (2017年9月3日). 2021年9月26日閲覧。
  9. ^ Urban, Darren (2020年10月1日). “Cardinals Sign Veteran Safety T.J. Ward To Practice Squad”. AZCardinals.com. 2021年9月26日閲覧。
  10. ^ Urban, Darren (2020年10月20日). “Cardinals Activate D.J. Foster To Practice Squad”. AZCardinals.com. https://www.azcardinals.com/news/cardinals-activate-d-j-foster-to-practice-squad-t-j-ward-justin-johnson 2021年9月26日閲覧。 
  11. ^ Legwold, Jeff (2021年4月21日). “Former Broncos Pro Bowler T.J. Ward, part of Denver's 'No Fly Zone' secondary, announces retirement”. ESPN.com. https://www.espn.com/nfl/story/_/id/31303776/former-broncos-pro-bowler-tj-ward-part-denver-no-fly-zone-secondary-announces-retirement 2021年9月25日閲覧。 
  12. ^ http://www.cleveland.com/browns/index.ssf/2010/11/its_another_missed_chance_for.html

外部リンク編集