メインメニューを開く

TAKI183』(たき183)は、2006年1月28日に公開された日本映画

TAKI183
監督 小林正樹
脚本 一色伸幸
出演者 塚本高史
忍成修吾
窪塚俊介
村田充
加藤ローサ
配給 コムストック
公開 日本の旗 2006年1月28日
上映時間 85分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

目次

ストーリー編集

2年前、グラフィティに夢中だった5人。彼らの最高傑作は渋谷のあばら家・通称「スルメ屋敷」に描いた巨大なグラフィティ。

しかし、絵を描き上げてから、5人の気持ちは離れていき、それぞれの人生を歩み始めたが、トミーだけが一人大人になりきれずにいた。

ある日、彼らのグラフィティの上に、何者かが落書きをしてしまう。更に屋敷は主を失い、ついには取り壊しが決まる。そんな中、トミーは一人新たな絵を描き始める。明日取り壊される家に黙々とグラフィティを描くトミーの元へ、ひとりまたひとりと、かつての仲間がそれぞれの思いを胸に集まってくる。

TAKI183」とは、グラフィティの始まりと言われている、ニューヨークの落書きのことである。

キャスト編集

スタッフ編集

その他編集

  • 劇中のグラフィティ作品は、日本におけるグラフィティの第一人者でもあり、映画自体のモデルとなったTOMI-Eによるものである。
  • 本編DVDのほかに、『TAKI183 TOMI-Eとトミー ~6人と壁と600本のスプレー缶~』というメイキングDVDも発売されている。

協力編集

  • 美術協力:
  • 協力:

外部リンク編集