窪塚 俊介(くぼづか しゅんすけ、1981年11月6日 - )は、神奈川県横須賀市出身の日本俳優気象予報士声優

くぼづか しゅんすけ
窪塚 俊介
窪塚 俊介
第30回東京国際映画祭にて(2017年10月)
生年月日 (1981-11-06) 1981年11月6日(39歳)
出生地 日本の旗 日本神奈川県横須賀市
身長 174 cm
血液型 A型
職業 俳優気象予報士声優
ジャンル 映画テレビドラマ
配偶者 あり
著名な家族 窪塚洋介(兄)
RUEED(弟)
窪塚愛流(甥)
菅原優香(義姉)
所属劇団 劇団青年座
事務所 劇団青年座映画放送部
主な作品
テレビドラマ
ビー・バップ・ハイスクール
レガッタ〜君といた永遠〜
映画
火火
まだまだあぶない刑事
最終兵器彼女
ガチバン
野のなななのか
花筐/HANAGATAMI
テンプレートを表示

兄は俳優の窪塚洋介。弟はレゲエミュージシャンRUEED

身長174cm、体重57kg。血液型A型劇団青年座映画放送部所属。

来歴編集

横須賀市立大矢部小学校[1]横須賀市立大矢部中学校神奈川県立横須賀高等学校[1]慶應義塾大学理工学部管理工学科卒業(ヒューマン・ファクター研究室出身)。2003年に休学し、米ロサンゼルスのリー・ストラスバーグ演劇学校に留学した後、俳優デビューする。

2016年3月2日、一般女性との結婚を自身のブログで報告[2]

2016年11月、地元横須賀市内で撮影した映画『スカブロ』を弟(RUEED)と共演[3][4]。長兄(窪塚洋介)もカメオ出演し、3人が同じシーンに登場した[5]

2017年7月23日、第1子の男児(3020g)が生まれる[6][7]

2018年5月に予定されていた舞台『たいこどんどん』[8]椎骨動脈解離のため降板[9]。5月29日、ブログにて全快を報告[10][11]

出演編集

テレビドラマ編集

映画編集

オリジナルビデオ編集

  • ガチバンⅡ 最凶決戦(2008年12月26日、AMGエンタテインメント) - 主演・八重樫拓海 役
  • あした 咲く(2017年、東映) - 立花真澄 役

ネットシネマ編集

  • 探偵事務所5 特別編 「わが師、その名はBOSS」(2006年) - 探偵590 役
  • 探偵事務所5 Another Story
    • 1st Season 第25話「真夜中の屋台」(2006年) - 探偵590 役
    • 2nd Season 第19話「カウントダウン〜グラウンドゼロ」(2007年) - 探偵590 役
  • 恐怖依存症(2006年4月8日公開、NETCINEMA.TV) - 主演・富士見英武 役

配信ドラマ編集

舞台編集

テレビ番組編集

ドキュメンタリー編集

  • NHKドキュメンタリー

朗読編集

  • ききみみ名作文庫シリーズ 宮沢賢治全集 BOX-I 第6集「蛙のゴム靴」「雁の童子」(2007年)

ラジオドラマ編集

吹き替え編集

ドラマ編集

映画編集

アニメ編集

CM編集

PV編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 2007年4月15日にWOWOWで放送され、同年10月27日には劇場公開がされた。
  2. ^ 2007年11月4日にWOWOWで放送され、2008年5月31日にはDVによる劇場公開がされた。
  3. ^ 2017年9月18日にBSスカパー!、同年11月3日に時代劇専門チャンネルで放送され、同年11月18日には劇場公開がされた。

出典編集

  1. ^ a b 水彩画|窪塚俊介(@shunsuke_kubozuka)Instagram” (2020年4月21日). 2021年2月16日閲覧。
  2. ^ 窪塚俊介、関西の一般女性と結婚「人生第二幕の幕開けです」”. ORICON STYLE (2016年3月2日). 2016年3月2日閲覧。
  3. ^ アーティストとして今月、自身のレーベルとマスターマインド(株)を立ち上げたRUEEDさん(窪塚亮介さん)”. タウンニュース横須賀版 (2019年4月19日). 2021年2月16日閲覧。
  4. ^ 窪塚俊介、実弟RUEEDと共演した“オール横須賀”映画の東京上映に感無量” (2018年7月22日). 2021年2月16日閲覧。
  5. ^ 窪塚3兄弟、小泉ブラザーズが横須賀が舞台の映画で“まさか”の競演!” (2018年7月19日). 2021年2月16日閲覧。
  6. ^ 窪塚俊介、第1子男児誕生「愛おしいなぁ」” (2017年7月25日). 2021年2月16日閲覧。
  7. ^ Hello World.”. 窪塚俊介オフィシャルブログ「pre_sence」 (2017年7月25日). 2021年2月16日閲覧。
  8. ^ “こまつ座「たいこどんどん」窪塚俊介&柳家喬太郎の珍道中、演出はラサール石井”. ステージナタリー (ナターシャ). (2017年9月8日). https://natalie.mu/stage/news/247921 2018年4月27日閲覧。 
  9. ^ “窪塚俊介 椎骨動脈解離で舞台降板、放置するとくも膜下出血も”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年4月27日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/04/27/kiji/20180426s00041000387000c.html 2018年4月27日閲覧。 
  10. ^ “椎骨動脈解離で療養中の窪塚俊介「全快」完全回復”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2018年5月29日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201805290000573.html 2018年5月29日閲覧。 
  11. ^ フルリカバリー”. 窪塚俊介オフィシャルブログ「pre_sence」Powered by Ameba. サイバーエージェント (2018年5月29日). 2018年5月29日閲覧。
  12. ^ パラレル東京”. 窪塚俊介オフィシャルブログ「pre_sence」Powered by Ameba. サイバーエージェント (2019年12月2日). 2019年12月4日閲覧。
  13. ^ “松井玲奈&夙川アトム、『行列の女神』レギュラー出演決定 ゲストに窪塚俊介、大友康平ら”. Real Sound|リアルサウンド映画部 (株式会社blueprint). (2020年4月27日). https://realsound.jp/movie/2020/04/post-544953_1.html 2020年4月27日閲覧。 
  14. ^ “「神様のカルテ」第4話ゲストに貫地谷しほり、市原隼人らが決定!舞台は大学病院へ”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2021年2月27日). https://thetv.jp/news/detail/1022336/ 2021年3月1日閲覧。 
  15. ^ “「世にも奇妙な君物語」に武田玲奈、寺田心、戸次重幸、松倉海斗ら14名”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2021年1月28日). https://natalie.mu/eiga/news/413954 2021年1月28日閲覧。 
  16. ^ “真理を世に問う男描く「夜明けを信じて。」予告&本ビジュアル”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年7月12日). https://natalie.mu/eiga/news/387352 2020年7月12日閲覧。 
  17. ^ “哀川翔「デコトラの鷲」約12年ぶりに新作公開、剛力彩芽は演歌歌手役でヒロインに”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年12月17日). https://natalie.mu/eiga/news/409080 2020年12月17日閲覧。 
  18. ^ “篠原ゆき子と倉科カナの共演作「女たち」2021年春に公開、予告編も到着”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年10月14日). https://natalie.mu/eiga/news/400568 2020年10月14日閲覧。 
  19. ^ “丸山隆平主演「マクベス」東京グローブ座の公演を梅田芸術劇場で生中継”. ステージナタリー (ナターシャ). (2016年6月21日). http://natalie.mu/stage/news/191655 2016年6月22日閲覧。 
  20. ^ “渡辺謙&宮沢氷魚のPARCO「ピサロ」、アンコール上演が決定”. ステージナタリー (ナターシャ). (2021年2月27日). https://natalie.mu/stage/news/418005 2021年2月27日閲覧。 
  21. ^ オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁”. ふきカエル大作戦 (2019年11月20日). 2019年11月22日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集