デビット伊東

日本のお笑い芸人、俳優

デビット 伊東( - いとう、1966年8月12日 - )は、日本お笑い芸人タレント俳優実業家。愛称はデビ。身長180 cm。血液型はA型。チームディー(オレガ)所属。TDM株式会社代表取締役会長。

でびっと いとう
デビット 伊東
本名 伊藤 努(いとう つとむ)[1]
生年月日 (1966-08-12) 1966年8月12日(55歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
出身地 日本の旗 日本埼玉県入間市
民族 大和民族
身長 180 cm
血液型 A型
職業 俳優お笑い芸人
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1986年 -
配偶者 既婚
事務所 オレガ
主な作品
テレビドラマ
花より男子』シリーズ
素敵な選TAXI
表参道高校合唱部!
花のち晴れ〜花男 Next Season〜
まだ結婚できない男
映画
花より男子F
テンプレートを表示

略歴編集

東京都で生まれ[1]埼玉県入間市で育つ。

埼玉県立狭山高等学校を卒業後、地元で水泳インストラクターをしていたが、アイドルを目指し上京。ショーパブ時代はヒロミの部屋の押し入れに同居していた。

1986年、ヒロミ・ミスターちんと共にコントグループ「B21スペシャル」を結成。

1990年にゴールデン・アロー賞芸能新人賞を受賞。

2000年、レギュラー出演していた日本テレビの番組『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』内で、タレントとして伸び悩んでいた伊東を再生させる企画が発足され、福岡のラーメン店「一風堂」に修行に出された。当時伊東はプライベートでの怪我の影響で左足のから下が動かない状態で、このまま芸能活動を続けるかどうか悩んでいた頃に同企画が発足されたこともあり、芸能界の第一線を引退してラーメン店の経営を始めることを決意した。

2000年7月19日、ラーメン店「でび」を渋谷に開店[1]。翌2001年に店名を「でびっと」と改めた[1]

現在はラーメン店「でびっと」を3店舗[注 1]経営しており[2]、以前は中延店の2階でスープの研究を行っていたほか、本人が店に立つこともあった。また、かつては海外[注 2]にも店舗を置いていたが、新型コロナウイルス感染症の流行の影響で現在はすべて閉店している[3]

2017年、及び2018年には、自身が監修したカップラーメンがハードディスカウントストア「Big-A」で販売されていた。

一時はラーメン店経営に徹していたが、TBSテレビドラマ聖者の行進』で共演経験があったいかりや長介が予告なく店を訪ねてきて、少ない言葉ながらも「芸能界に恩返ししてみたらどうだ」と情熱を持った強い誘いを受けたことをきっかけに芸能界復帰を決断した。以降は、ラーメン店の経営と並行して俳優・タレント業も積極的に行っている。

2017年8月には、埼玉県狭山市の観光大使に就任している[4]

テレビ神奈川の番組『あっぱれ!KANAGAWA大行進』に出演を開始して以降は神奈川県横浜市磯子区に居住していた[5]が、2020年6月に同県真鶴町に移住。翌2021年3月13日には同町内に新たなラーメン店「伊藤商店」を開店した[3]

エピソード編集

  • 趣味・特技は野球ラグビー水泳ファミコン等のテレビゲーム。
  • テレビゲーム好きであり、ゲーム王など、テレビゲーム関連のテレビ番組に積極的に出演していた時期もある。
  • キックボクサーで世界王者だった山木ジムOBでR.I.S.E.代表伊藤隆は実弟。
  • 芸名はショーパブにアルバイトとして勤務していた頃に「デヴィッド・ボウイに似ているから」として当時の歌舞伎町ナンバー1だったヘルス嬢に付けてもらったもの[6]。英語表記では "David Ito" となるが、カタカナ表記ではデビッドではなく "デビッ" が正しい。
  • ヒロミの考案により結成当初からDCブランドスーツ姿であったが、このコーディネートはデビットが当時交際していた彼女によるものであった。
  • 妻は静岡県出身の元カリスマエステティシャン。知り合ったきっかけは、1994年4月から静岡で1年間放送されていたローカルテレビ番組『Woming』であった。生放送番組であったことから毎週土曜日に来静していた中で知り合い、番組終了後も交際を続けた。
  • フジテレビの番組『1or8』では自身のヌードを撮影し、同性愛者向け雑誌『薔薇族』に掲載された。
  • 2004年7月24日から25日にてフジテレビ系で放送された『27時間テレビ』のコーナー「生・笑わず嫌い王決定戦」で、十数年ぶりにB21スペシャルとして復活。コントを披露した。
  • 2007年に発売されたOVA真救世主伝説 北斗の拳 ユリア伝』では、声優としてジャギの声を担当。なお『北斗の拳』以前にも『爆走兄弟レッツ&ゴー!! WGP』で、本人役として声を担当したことがある。
  • ドラマでの差し入れに、自分のラーメンをドラマの出演者、スタッフなどに振る舞う。
  • 『聖者の行進』に出演した際、障害者をいじめるという役柄に役者として悩んでいた。その時に共演者のいかりや長介は役者としての励ましを与えてくれたという。伊東は雑誌の取材で「つらい状況の中、いかりやさんはいつも僕のことを気にかけてくれた。今でも心の中に存在し続けています」と当時を述懐、いかりやを深く尊敬し、臨終にも実際立ち会っている[7]
  • が正しく持てない。

出演編集

テレビドラマ編集

ウェブ配信ドラマ編集

インターネット番組編集

テレビ番組編集

ラジオ編集

映画編集

Vシネマ編集

  • ベイサイド・バイオレンス 群狼(1991年) - 主演・ケン
  • ばっくれ(1995年)
  • 実録・日本やくざ烈伝 義戦 昇龍編(2001年)
    • 実録・日本やくざ烈伝 義戦2 昇龍編(2001年)
  • 実録・日本ヤクザ抗争史 鯨道3 破門状(2001年) - 小島岩男
    • 実録・日本ヤクザ抗争史 鯨道4 残侠譜 完結編(2001年) - 関東八日会会長
  • 実録・鯨道7 伝説のヤクザ武闘烈伝(2001年)第3話「広島・仁義なき戦い 懲役20年 梶山慧」 - 主演・梶山慧 役
  • 実録・鯨道8 瀬戸内戦争「道後白昼市街戦」矢嶋長次(2001年)
  • 実録・鯨道9 伝説のヤクザ武闘烈伝 瀬戸内血風録 般若の高(2002年)
  • 実録・九州やくざ抗争史 LB熊本刑務所 侠牙(2002年)
  • 実録・九州やくざ抗争史 LB熊本刑務所 義絶盃(2002年)
  • 実録・九州やくざ抗争史 LB熊本刑務所 外伝 侠友(とも)よ(2002年)
  • 実録・最後の愚連隊(2002年) - 清水小鉄
  • 実録・鯨道11 広島ヤクザの終焉 斬侠(2002年)
  • 実録・ヤクザの戦場 侠の終章(2002年)
  • 実録・竹中正久の生涯 荒らぶる獅子(2003年 - 2004年) - 竹中組若頭 坪田英和 役
  • 野獣(クーガ)の城 女囚1316(2004年) - 看守長 アサクラ 役
  • 最後の神農(テキヤ)(2004年) - 綾ヶ崎二代目美神一家若頭 美神雄(→三代目) 役
  • 難波金融伝 ミナミの帝王 恐喝(おどし)のサイト(2004年)
  • 甲州プリズン(2005年) - ヒットマン 役 (友情出演)
  • 悪役パパ(2006年)
  • 実録・広島極道抗争 佐々木哲夫の生涯(2006年) - 山村組 美能昌蔵
  • 起業士 天馬(2004年) - 中島
  • 実録・鯨道外伝 博多ヤクザ抗争史(2009年)
  • むこうぶち7 高レート裏麻雀列伝 筋殺し(2010年3月19日、オールインエンタテインメント) - 前野(元麻雀プロ) 役
  • 桜塚やっくんの宇宙極道戦争(2010年)
  • 外道憤砕(2018年) - 龍文字一家神崎組組員
  • 日本統一47(2021年) - 八王子 八誠会理事長 村山

舞台編集

音楽編集

声優編集

CM編集

ナレーション編集

ゲーム編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 中延本店、桜新町店、イトーヨーカドー大和鶴間店。
  2. ^ マカオ店、上海店、ホーチミン店ほか。
  3. ^ a b AbemaTVと朝日放送による共同制作。

出典編集

  1. ^ a b c d vol.44 でびっと 伊東 努さん|ラーメン東へ西へ|力の源通信”. 株式会社 力の源ホールディングス (2005年1月). 2020年11月30日閲覧。
  2. ^ でびっとらーめん公式ウェブサイト”. 2021年4月28日閲覧。
  3. ^ a b “デビット伊東、愛妻のために地方移住を決断「本当に残り0円」“人生最後のラーメン店”にかける思い”. スポニチAnnex. (2020年4月26日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/04/26/kiji/20210426s00041000638000c.html 2020年4月28日閲覧。 
  4. ^ 広報さやま 2017年12月 Vol.749 (PDF)”. 狭山市 (2017年12月10日). 2020年11月30日閲覧。
  5. ^ 1月19日:横浜市③” (日本語). あっぱれ!KANAGAWA大行進公式サイト. テレビ神奈川. 2021年5月4日閲覧。
  6. ^ 一歩を踏み出したい人へ。挑戦する経営者の声を届けるメディア ~躍進する企業の貯蔵庫~”. 注目企業.COM. 国際情報マネジメント. 2021年5月4日閲覧。
  7. ^ デビット伊東(54)、いかりや長介さんの言葉で芸能活動再スタート…コロナ禍のラーメン店経営、新たな挑戦 テレビ朝日 2021年1月29日
  8. ^ “元AKB永尾まりや、キャバ嬢役でセクシーシーンに挑戦 “ライブ動画”の餌食に…”. AbemaTIMES. (2017年10月31日). https://times.abema.tv/articles/-/3171403 2017年10月31日閲覧。 
  9. ^ 水沢エレナ竜星涼奥野壮ら、小芝風花「書類を男にしただけで」出演”. A Cafe.net. (2020年9月25日). https://www.cinemacafe.net/article/2020/09/25/69162.html 2020年10月11日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集

先代:
橘しんご
(当時shingo名義)
あっぱれ!KANAGAWA大行進男性司会者
2005年4月 - 2021年3月
次代:
アキラ100%
(大橋彰名義)