メインメニューを開く

THE PRODIGAL SONS(ザ・プロディガル・サンズ)[1]2005年 - 2012年)は、日本ブルースロックバンド。2005年に森重樹一松尾宗仁ZIGGY別働プロジェクトとして結成された。当初は森重と松尾によるアコースティックを軸にしたユニット形態だったが、2008年のZIGGYの無期限の活動休止決定に伴い、JIMMY(G)、JAMES(Ba)、大島治彦(Dr)が参加しバンド形態となった。

THE PRODIGAL SONS
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ブルースロック
活動期間 2005年 - 2012年
レーベル meldac
ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント
shooting star
共同作業者 ZIGGY SNAKE HIP SHAKES
メンバー 松尾宗仁(Vo.&Gt.)
五十嵐"Jimmy"正彦(Gt.)
James(市川洋二、Ba.)
大島治彦(Dr.)
旧メンバー 森重樹一(Vo.)

来歴編集

  • 2005年 - 松尾宗仁と森重樹一の新プロジェクトTHE PRODIGAL SONS活動開始、アコースティックを軸にしたユニット形態。
  • 2006年 - アルバム「いびつな宝石」でmeldacよりデビュー。
  • 2008年 - ZIGGY無期限の活動休止決定。JIMMY(G)、JAMES(Ba)、大島治彦(Dr)が参加しバンド形態になり第2期始動。
  • 2011年 - 森重樹一が脱退、松尾宗仁がヴォーカリストを兼任し第3期を迎える。
  • 2012年11月 - THE PRODIGAL SONSの活動休止を発表。

メンバー編集

1期(2005年 - 2007年)編集

  • 森重樹一(ボーカル)
  • 松尾宗仁(ギター)

2期(2008年 - 2011年)編集

  • 森重樹一(ボーカル)
  • 松尾宗仁(ギター)
  • 五十嵐"Jimmy"正彦(ギター)
  • James(市川洋二、ベース)
  • 大島治彦(ドラムス)

3期(2011年 - 2012年)編集

  • 松尾宗仁(ボーカル&ギター)
  • 五十嵐"Jimmy"正彦(ギター)
  • James(市川洋二、ベース)
  • 大島治彦(ドラムス)

作品編集

オリジナル・アルバム編集

発売日 タイトル 規格品番 レーベル ラインナップ 備考
1st 2006年2月22日 いびつな宝石 TKCA-72981 meldac 1期 [CD+DVD]
2nd 2006年12月6日 夜が終わる頃に TKCA-73145
1st Live 2008年10月17日 LOVE ME LIVE 2期 会場限定
3rd 2009年7月3日 非常ベルが鳴り止まない 初回生産限定盤[CD+DVD] (GNCL-1209)
通常盤 (GNCL-1210)
ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント
2nd Live 2009年12月2日 Still Live GNCL-1227
4th 2011年2月16日 青い鳥 ~期待の無い朝希望は降る~ XQKD-1001 shooting star
5th 2012年6月27日 Valley Of The Sun XQKD-1002 3期

DVD編集

発売日 タイトル 規格品番 レーベル ラインナップ 備考
1st 2006年7月26日 Live at SHIBUYA-AX & TOUR DOCUMENT 2006 TKBA-1094 meldac 1期
2nd 2007年3月14日 LIVE!!BOOTLEG -ウラとオモテ- TKBA-1103 JAPAN RECORD
3rd 2008年 黒くぬれ! 2期 会場限定
4th 2009年12月2日 Still Live GNBL-1026 ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント
5th 2011年2月16日 実録 放蕩息子会合 吉祥寺編 弐千拾年睦月拾参日・漆月拾玖日 -THE PRODIGAL SONS LIVE at GB 2010.06.13and07.19- SS-10301 shooting star
6th 2011年8月10日 実録 放蕩息子会合 渋谷編 地下室脱会手打完全収録 弐千拾壱年弐月弐拾漆日 SS-11451
7th 2013年5月22日 実録 放蕩息子会合 九州、佐賀編 ~懐かしのシマで談合~ SS-13391 3期

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ THE PRODIGAL SONS - Web Rock Magazine BEEAST.セレクトショップ的なBEEAST Webロックマガジン(2010.08.31).2017年5月6日閲覧。

関連項目編集