TINI(ティニ、本名:マルティナ・ステッセル(Martina Stoessel Martina Alejandra Stoessel Muzlera [1] 1997年3月21日生まれ)、 [2] [3] Martina Stoesselスペイン語: [ˈtini estoˈesel] )、または芸名でTini (すべて大文字で様式化))は、アルゼンチン女優シンガーソングライターダンサー、モデルである。

Tini
Tini en 2019.jpg
Tini in 2019
生誕Martina Alejandra Stoessel Muzlera
(1997-03-21) 1997年3月21日(24歳)
Buenos Aires, Argentina
職業
  • Actress
  • model
  • singer
  • songwriter
  • dancer
活動期間2007–present
  • Mariana Muzlera (mother)
  • Alejandro Stoessel (father)
公式サイトwww.tinistoessel.com
音楽家経歴
ジャンル
担当楽器
  • Vocals
  • piano
  • guitar
  • drums
レーベル
共同作業者

2012年、ディズニー・チャンネル・ラテンアメリカのオリジナル・ドラマシリーズ「Violetta」のヴィオレッタ・カスティージョ役でデビューし、世界的な人気を得た。その後、17歳の時に、ディズニー・アニメーション映画『アナと雪の女王』のエンドソング「Let It Go」のスペイン語版とイタリア語版を担当した。 2015年にディズニー傘下の大手レコード会社ハリウッド・レコードと契約し、2016年4月29日にデビューアルバム『TINI (Martina Stoessel)』をリリースした。 その2年後、2018年10月12日にセカンドアルバム『Quiero Volver』をリリースし、デビューから2作連続でアルゼンチンのアルバムチャートで1位を獲得した。 2020年12月6日にリリースされた最新アルバム『TINI TINI TINI』は、Spotify TOP10 Global Album Debut chartで4位を記録した。

人生とキャリア編集

1997〜2011年:生い立ち&キャリア初期編集

ティニは、母マリアナ・ムズレラ(Mariana Muzlera)とテレビディレクター兼プロデューサーのア父レハンドロ・ストエッセル(Alejandro Stoessel)の娘としてブエノスアイレスで生まれた。1歳年上の兄フランシスコがいる [4]。幼少期から、歌、ピアノ、演劇、ダンスなどといった芸術的才能を地元のブエノスアイレスで磨きをかけた [5] 。ティニは、2つのバイリンガルの私立学校で教育を受け、母語のスペイン語に加えて、英語とイタリア語が話せるトリリンガルである [6] [7]

2007年には、アルゼンチンの人気子供向けテレビ番組『Patito Feo』の第1シーズンで、フィト・ベルナルディの助手の一人である「マルティナ」役を演じた [8] [9]彼女はまた、同じシリーズのフラッシュバックエピソードで「アンナ」の役割を果たした。

2011年には、シャノン・サンダースの曲「The Glow」のスペイン語版「Tu Resplandor」をレコーディングし、この楽曲はアルバム『Disney Princess: Fairy Tale Songs』に収録された [10]また、2011年12月31日に開催されたディズニー・チャンネル・ラテンアメリカのイベント『Celebratón』でこの曲を披露した。この曲はその後、2012年3月にシリーズのアルバムでリリースされた。

2012–2014:ヴィオレッタの飛躍的進歩編集

 
2014年5月にブエノスアイレスで開催されたPROパーティーで演奏するStoessel

2011年後半、ディズニー・チャンネルのラテンアメリカ、ヨーロッパ、中東、アフリカとの共同制作として開始された、ティーン向けミュージカル・ドラマシリーズ『Violetta』の主役の座を獲得した [11] 。これは、ディズニーチャンネルラテンアメリカ、ヨーロッパ、中東、アフリカの共同制作として開始されたトゥイーン指向のミュージカルシリーズ[12]。翌年、番組の第1シーズンの制作がブエノスアイレスで始まった。この番組の全3シーズンで主人公のヴィオレッタ・カスティージョを演じ、番組のテーマソング「En Mi Mundo」も担当した。このテーマソングは、2012年4月5日にシングルとしてリリースされ、番組のプロモーションとして使われた [13]。その後、イタリア語版の「Nel Mio Mondo」と [14]英語版の「In My Own World」をリリースした。両曲ともに、イタリア、イギリス、アメリカで国際放送されたシリーズの主題歌として使用された [15]ティニは、ヴィオレッタ役で2012年ニコロデオン・キッズ・チョイス・アワード・アルゼンチンで「女性新人賞」を受賞し[16]、「お気に入りのラテンアーティスト」カテゴリで米国版のニコロデオンキッズチョイスアワードにもノミネートされた[17]

2013年8月10日、ティニは『Violetta』のキャストと共にユニセフのチャリティーイベント『Un sol para los chicos』に出演し、「Ser Mejor」と「En Mi Mundo」を歌った [18] [19] 。2012年から2014年にかけて主演ドラマシリーズ『Violetta』の全3シーズンのアルバムをリリースした。 2013年には、ディズニー・アニメーション映画『アナと雪の女王』のエンドソング『Let It Go』のスペイン語版『Libre Soy』とイタリア語版『All'Alba Sorgerò』を担当した [20]

2014年には、ディズニー・アニメーション映画『モンスターズ・ユニバーシティ』のイタリア語吹き替え版の声優を務めた [21] [22] [23] 。その後、2014年5月にティニは自身初の著書「Simplemente Tini」を出版した。 同月、「Cuidemos el planeta」というスローガンのもと、ブエノスアイレス市政府が主催したアルゼンチンのカルタ・マグナと4つの地域の記念碑の近くで無料の音楽コンサートを開催した [24]。同月、ストッセルは、ブエノスアイレス市政府が主催する「クイデモスエルプラネタ」をスローガンに、カルタマグナ記念碑とアルゼンチンの4つの地域の近くで無料の音楽コンサートを開催 [25]。2014年9月、ローマのスタディオオリンピコ教皇フランシスコが招集したチャリティーサッカーの試合Partido Interreligioso por la Pazに出演し、「ネルミオモンド」とジョンレノンの曲「イマジン」のカバーバージョンを歌った[26]

2015–2017:映画デビューとミュージカルソロデビュー編集

ティニは、ドラマシリーズ『Violetta』のキャストと共に映画『Tini:The Movie』の撮影が行われました。映画の撮影は、番組の最終シーズンと海外ツアーのコンサートの合間に行われ、2015年10月7日に始まり、2015年12月中旬に終了した。シチリア、カディス、スペイン、マドリード、ブエノスアイレスなど、様々な海外ロケ地で撮影が行われた。2015年12月下旬には、本作のシーンを収録したティザー予告編が公開された [27]。本作は、中南米やヨーロッパ各国で公開された。 2015年8月21日、ティニは、ハリウッド・レコードとレコーディング契約を結び、新たに採用した芸名<TINI>でソロアルバムをリリースすることが発表された [28] [29] [30]

 
2017年にGotMeStartedツアーに出演するStoessel

2015年8月21日、ステッセルはハリウッドレコードとレコーディング契約を結び、新たに採用した芸名<TINI>でソロアルバムをリリースすることが発表された [31] 。2016年1月から2016年3月上旬にかけて、彼女はカリフォルニア州ロサンゼルスでデビューアルバムのレコーディングを行った。2016年4月29日、デビューアルバム『TINI (Martina Stoessel)』が全世界にリリースされた。アルバムはディスク2枚組で、1枚目は映画『Tini:The Movie』のサウンドトラック、2枚目はスペイン語と英語の楽曲を収録したソロアルバムとなっている。「Siempre Brillarás」が『Tini:The Movie』のプロモーションに使用されるリードシングルになることを発表し、2016年3月25日にデビューアルバムの先行予約購入をしたファンに先行リリースをした。また、この曲は英語でもレコーディングされ、「Born to Shine」というタイトルでリリースされた。その後、ティニのシーンをフィーチャーした「Siempre Brillarás」のミュージックビデオも2016年3月25日に公開された [32] [33] [34] [35] [36] [37] 。 ティニは、2016年6月12日にブエノスアイレスのLa Usina del Arteで開催されたショーケースにソロ・アーティストとして初出演し、デビューアルバムの楽曲をパフォーマンスした。2016年6月24日、ティニは初のソロシングル「Great Escape」をスペイン語バージョンの「Yo Me Escaparé」とともにリリースした[38]。「Great Escape」のミュージックビデオはブエノスアイレスで撮影され、2016年7月8日に公開された。ショーケースは、2016年8月22日から28日まで彼女の公式YouTubeチャンネルで撮影され、放送された [39] 。2016年10月14日、ティニは、「Yo Me Escaparé」と、コロンビア出身の歌手セバスティアン・ヤトラをフィーチャリングに迎えた「Got Me Started」のスペイン語バージョン「Ya No Hay Nadie Que Nos Pare」を収録したデビューアルバムのデラックス・エディションをリリースした。「Got Me Started」は、「Ya No Hay Nadie Que Nos Pare」と共に、アルバムのデラックス・エディションのリリースに合わせて、シングル第2弾としてリリースされた。3枚目のシングル「Si Tú Te Vas」は、2017年5月5日に同曲のミュージックビデオと並んでリリースされた。2017年3月18日、ティニは初のソロコンサートツアー「Got Me Started Tour」をヨーロッパで開始し、その後ラテンアメリカへでも実施した。

2017年夏、ティニはディズニー・チャンネル・ラテンアメリカのオリジナル・ドラマシリーズ『Soy Luna』のセカンドシーズンの2つのエピソードに自身役としてゲスト出演した。6月には、スペインの歌手ダビッド・ビスバルとタッド・ジョーンズのコラボ曲「Todo Es Posible」にフィーチャリングアーティストとして参加した [40] 。7月には、イギリスのポップロックバンド、ザ・ヴァンプスと3rdスタジオアルバム『Night & Day』の楽曲「It's a Lie」でコラボを果たし[41] 、仲間のアーティストやVoz Por LaPaz財団のパトロンであるOdinoFacciaと一緒に世界に出演。元アメリカ合衆国大統領バラク・オバマが書いた平和国歌「ソモス・エル・カンビオ」が、昨年のレッド・ヴォズ・ポル・ラ・パスの式典で最初に演奏された。 [42]

2017年〜2019年 セカンドアルバム『Quiero Volver』編集

 
2018年のTodoNoticiasのインタビューでのStoessel

2018年10月12日、セカンドアルバム『Quiero Volver』がリリースされた [43] 。ティニとベネズエラ出身の歌手ナチョとのコラボ曲「Te Quiero Más」は、2017年10月13日にアルバムからのリードシングルとしてリリースされた [44] [45] [46] 。また、アメリカの歌手MAXの「Lights Down Low」のリミックスバージョン「Lights Down Low (Latin Urban Mix)」と題された楽曲にも[47]ゲスト出演し MAXの「LightsDownLow 」のリミックス「LatinMix」に参加 [48] 2018年4月6日、2ndアルバムからの2枚目のシングルとして、コロンビア出身の女性歌手カロルGとのデュエット曲「Princesa」をリリースした [49] [50] [51]。 このシングルは、ティニにとって初のアルゼンチン国内シングルチャートトップを獲得した [52] 2018年6月22日、2ndアルバムからの3枚目のシングルとして、コロンビアのフォークロックバンド、モラトをフィーチャーした「Consejo de Amor」をリリースした [53] 。2018年7月26日、ティニはアルバロ・ソレールのヒットシングル「La Cintura」のリミックスでFlo Ridaと共にフィーチャリングされた [54] 2018年8月3日、ストッセルはセバスチャンヤトラとのデュエットであるタイトルトラック「QuieroVolver」をセバスチャンヤトラのセカンドアルバムの4枚目のシングルとしてリリースしました。 [55] [56] 。2018年8月3日、2ndアルバムからの4枚目のシングルとして、Sebastián Yatraとのデュエット曲「Quiero Volver」をタイトル曲としてリリースした [57] 。2018年8月24日、ティニはスペインの歌手AitanaとAna Guerraによる楽曲「Lo malo」のリミックスでコロンビアの歌手Greeicyと並んでフィーチャーされた [58] 。2018年11月2日、2ndアルバムからの5枚目のシングルとして、Cali y El Dandeeとのコラボ曲「Por Que Te Vas」をリリースした [59]同月、2019年2月にシングルとしてリリースされた[60]ジョナス・ブルーのデビューアルバム『ブルー』からの楽曲「ワイルド」で、チェルシー・グライムスやジェイ・コルテスと並んでフィーチャリングされた [61]

2018年8月、ティニがアルゼンチン版のオーディション番組『The Voice』の第2シーズンのコーチを務めることが発表された [62] 。ティニは、2019年5月に公開されるミュージカル・コメディアニメ映画『アグリードール (映画)』のスペイン語吹き替え版でモクシーの声を担当した[63]

2019年〜現在 サードアルバム『TINI TINI TINI』編集

 
2019年のQuieroVolverTourで「Diciembre」を演奏するStoessel

「22」と題されたティニとコロンビアの歌手グリーシーのコラボレーションは、3枚目のアルバムからのファーストシングルとして2019年5月3日にリリースされた [64]。この曲はアルゼンチン・ビルボードホット100で8位にピークを迎え、彼女にとって初のトップテン入りシングルとなった [65] [66]。2019年6月14日、ティニはスウェーデンのDJアレッソとのコラボ曲「Sad Song」にフィーチャーされた [67] 。2019年7月26日、サードアルバムからの2枚目のシングルとして「Suéltate El Pelo」をリリースした [68] 。2019年9月6日、サードアルバムからの3枚目のシングルとしてコロンビアの歌手ラロ・エブラットとのコラボ曲「Fresesa」をリリースした [69]。同曲はアルゼンチン・ホット100で3位を記録し、ティニにとって初のトップ5シングルとなった [70] [71] [72] 。2019年10月11日、3枚目のアルバムからの4枚目のシングルとして、セバスティアン・ヤトラと再びタッグを組み、デュエット曲「Oye」をリリースした [73]。 同曲はアルゼンチン・ホット100で3位にデビューし、2曲連続トップ5を記録した 。2020年1月10日、3枚目のアルバムから5枚目のシングルとして、ベネズエラのデュオ、マウ・イ・リッキーとのコラボ曲「Recuerdo」をリリースした [74] 。2020年3月25日、ティニとコロンビアのプロデューサー、オビー・オン・ザ・ドラムスとのコラボ曲「Ya no me llames」がリリースされた [75] 。ティニは、2020年6月5日にリリースされた「Bésame (I Need You)」というタイトルの曲で、オランダのDJ兼プロデューサーのR3habとメキシコのポップロックバンドReikと一緒に共演した [76] 。2020年7月15日、3枚目のアルバムからの6枚目のシングル「Ella Dice」で、仲間のトラップアーティストKheaとコラボした[77]。この曲はアルゼンチンのホット100で4位にランクインし、ティニにとって3曲目のトップ5入りシングルとなった [78] 。2020年9月3日、ティニはLola Índigoと共に、Maria Becerraの曲「High」のリミックスに参加した [79]。このリミックスはアルゼンチンのホット100で2位にランクインし、ストエッセルにとって4曲目のトップ5入りシングルとなった [80] [81] 。2020年9月24日、トラップアーティストのジョン・Cをフィーチャリングした「Duele」をサードアルバムからの7枚目のシングルとしてリリースした [82]。この曲はアルゼンチン・ホット100で10位を記録し、ティニにとって6曲目のトップ10シングルとなった [83] 。2020年10月29日、サードアルバムからの8枚目のシングル「Un Beso en Madrid」でグラミー受賞歌手アレハンドロ・サンズ(Alejandro Sanz)とコラボした [84]。2020年11月16日、ティニはサードアルバムのタイトルを『Tini Tini Tini』とし、2020年12月3日にリリースすることを発表した [85]。アルバムリリースの日、ストエッセルは9枚目のシングルとして『Te Olvidaré』をリリースした [86] 。2020年12月6日、ティニは<Tini Tini Tini Live>と題したライブストリーム・コンサートに出演し、アルバムの様々な曲を歌った [87]

2019年5月、StoesselがリアリティタレントショーPequeñosGigantesArgentinaに審査員として参加したことが発表されました。 [88] 2020年5月、StoesselはYouTubeと共同で、Tini Quiero VolverTourというタイトルの2部構成のドキュメンタリーをリリースした。 StoesselのQuieroVolver Tourの舞台裏とコンサートの映像を示し、ツアー中の彼女のプロとしての生活を追っている。シリーズは2020年5月22日に発表 [89] [90] 2020年10月にはスペイン語版のザ・ボイス・第7シーズンの顧問を務めた[91]。今後は、ジャッキー・チェン監督の中国時代劇映画「日記」に出演する予定であるが、公開日は未定 [92]

私生活編集

フィルモグラフィー編集

ディスコグラフィー編集

ツアー編集

賞とノミネート編集

脚注編集

  1. ^ Roiz (2019年8月6日). “7 Things You Should Know About Argentine Pop Star TINI”. Billboard. 2019年12月10日閲覧。
  2. ^ Orquera (2015年5月6日). “Martina Stoessel: Violetta 'ha hecho popular al español en lugares remotos'” (スペイン語). El Comercio. 2018年11月8日閲覧。
  3. ^ Biografía de Martina Stoessel on Musica.com
  4. ^ Martina Stoessel: «Il mio primo bacio? Meglio di quello di Diego» | Best Movie. Bestmovie.it. Retrieved 7 December 2013.
  5. ^ Ajmat (2012年6月15日). “¿Quién es la nueva chica Disney argentina?” (スペイン語). La Nación. 2018年9月15日閲覧。
  6. ^ Martina Stoessel: "No habrá cuarta temporada de Violetta"” (スペイン語). Clarin.com (2014年10月15日). 2019年1月24日閲覧。
  7. ^ Tini Stoessel, a solas con Teleshow: "Estos últimos dos años sentí un gran crecimiento personal"” (スペイン語). Infobae.com (2016年6月5日). 2019年1月24日閲覧。
  8. ^ Patito feo (TV Series 2007– )”. IMDb. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  9. ^ Il Mondo di Patty | Sito Ufficiale. Ilmondodipatty.it. Retrieved 7 December 2013.
  10. ^ usrtrp12yt (2011年11月29日). “Tu resplandor – Martina Stoessel” (スペイン語). Adicción Musical. 2020年3月10日閲覧。
  11. ^ Una adolescente con sueños musicales” (スペイン語). Clarin.com (2012年5月12日). 2018年9月15日閲覧。
  12. ^ Marín (2012年5月12日). “Hecho en Argentina: TV para el mundo” (スペイン語). La Nación. 2018年9月18日閲覧。
  13. ^ ¡Mañana Disney Channel estrena el vídeo clip de "Violetta"!” (スペイン語). Revistateen.com. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  14. ^ Violetta: il video Nel mio mondo per i fan italiani e novità nel cast con l'arrivo di Ruggero Pasquarelli” (イタリア語). Focus Junior (2012年10月31日). 2019年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月27日閲覧。
  15. ^ In My Own World (From "Violetta") – Single”. iTunes Store. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  16. ^ Grachi y Violetta los mas premiados en los Kids' Choice Awards Argentina 2012” (スペイン語). Exitoina (2012年10月7日). 2019年7月7日閲覧。
  17. ^ 2013 Kids Choice Awards Artista Latino Favorito”. Lateengossip.com (2013年2月14日). 2014年10月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。 Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  18. ^ Violetta se suma a Un sol para los chicos 2013” (スペイン語). El Trece (2013年8月8日). 2020年3月12日閲覧。
  19. ^ Violetta hizo vibrar el Luna Park” (スペイン語). El Trece (2013年8月10日). 2019年11月15日閲覧。
  20. ^ Frozen – Il Regno di Ghiaccio: Martina Stoessel canta "All'alba sorgerò” (イタリア語). Primissima.it (2013年10月24日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  21. ^ Martina Stoessel (Violetta) en The U-Mix Show” (スペイン語). Extremista.com.ar (2012年7月6日). 2013年7月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。 Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  22. ^ Violetta ya tiene fecha de estreno en el teatro” (スペイン語). Infobae.com (2013年3月12日). 2015年12月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月28日閲覧。
  23. ^ Erica (2013年7月4日). “Martina Stoessel e Lodovica Comello: da Violetta a Monsters University” (イタリア語). Bambini.eu. 2019年12月5日閲覧。
  24. ^ Martina Stoessel presentó su obra "Simplemente Tini"” (スペイン語). El Liberal (2014年5月4日). 2019年2月1日閲覧。
  25. ^ "Violetta" reunió a 250 mil personas en la "Juntada Tinista" en Palermo
  26. ^ Martina Stoessel cantó por la paz en Roma y se emocionó hasta las lágrimas” (スペイン語). La Nación (2014年9月1日). 2018年1月13日閲覧。
  27. ^ Stoessell (2015年10月5日). “Comenzó el rodaje en Italia de Tini, el gran cambio de Violetta” (スペイン語). ARG Noticias. 2015年11月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月11日閲覧。
  28. ^ Tini Stoessel terminó de grabar su primer disco como solista” (スペイン語). Lmneuquen.com (2016年3月13日). 2019年5月1日閲覧。
  29. ^ Martina Stoessel debuta en cine con "Tini, el gran salto de Violetta"” (スペイン語). La Capital (2016年5月8日). 2019年7月16日閲覧。
  30. ^ Tini Stoessel estrenó un disco doble y habló sobre su película” (スペイン語). ARG Noticias (2016年5月20日). 2016年5月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月3日閲覧。
  31. ^ Cantor-Navas (2016年5月12日). “Martina 'TINI' Stoessel Graduates From Teenage TV Sensation 'Violetta' to Bilingual Pop Star”. Billboard. 2019年5月11日閲覧。
  32. ^ Tini Stoessel presentó su nueva canción "Losing The Love"” (スペイン語). La Capital (2016年5月7日). 2019年5月3日閲覧。
  33. ^ El primer videoclip de Martina Stoessel después de Violetta: se dio a conocer "Siempre brillarás"” (スペイン語). La Nación (2016年3月25日). 2016年3月29日閲覧。
  34. ^ Martina Stoessel y ese comienzo tan deseado” (スペイン語). ARG Noticias (2016年3月18日). 2016年4月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月23日閲覧。
  35. ^ Martina Stoessel (Violetta) desvela la portada y fecha de lanzamiento de su disco” (スペイン語). Meltyfan.es (2016年3月14日). 2016年3月14日閲覧。
  36. ^ Tini Stoessel: "Es tal cual como lo soñé"” (スペイン語). El Intransigente (2016年3月11日). 2019年2月1日閲覧。
  37. ^ Romero (2015年8月21日). “Martina 'Tini' Stoessel, Star of Teen Telenovela 'Violetta,' Signs to Hollywood Records”. Billboard. 2019年5月28日閲覧。
  38. ^ La ex "Violetta" Martina Stoessel estrenó su nueva faceta más adulta” (スペイン語). Cooperativa.cl (2016年7月8日). 2019年4月30日閲覧。
  39. ^ Críticas y elogios por el look con transparencias que lució Tini Stoessel en el estreno de su film” (スペイン語). La Capital (2016年6月6日). 2019年2月24日閲覧。
  40. ^ Mucha química: Tini Stoessel, junto a un sexy cantante español” (スペイン語). Infobae.com (2017年5月26日). 2019年9月24日閲覧。
  41. ^ 'It's A Lie', lo nuevo de The Vamps y Tini” (スペイン語). Billboard.com.ar (2017年7月14日). 2019年5月27日閲覧。
  42. ^ Tini Stoessel Embajadora de Paz” (スペイン語). Gente.com.ar (2016年11月26日). 2017年8月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月3日閲覧。
  43. ^ [1][リンク切れ]
  44. ^ Tini anuncia data do lançamento do dueto com Nacho” (ポルトガル語). Latin Pop Brasil (2017年10月9日). 2019年6月7日閲覧。
  45. ^ TINI & Nacho – Te Quiero Más”. BCharts. 2017年10月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月13日閲覧。
  46. ^ Wesley (2017年9月10日). “Tini Stoessel anuncia novo single – LatinosBrasil” (ポルトガル語). LatinosBrasil.com. 2019年11月14日閲覧。
  47. ^ Tini Stoessel desembarca en Las Estrellas con una participación especial” (スペイン語). Primicias Ya (2017年12月14日). 2019年5月27日閲覧。
  48. ^ Lights Down Low (Latin Mix) [feat. Tini – Single by MAX]”. iTunes Store (2017年12月15日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  49. ^ Gutiérrez (2018年3月30日). “Estrella de Disney le entra al reggaetón” (スペイン語). Expreso.com.mx. 2019年7月13日閲覧。
  50. ^ Carrillo (2018年3月31日). “Tini y Karol G se convertirán en princesas este 6 de abril (+VIDEO)” (スペイン語). BuenaMusica.com. 2018年7月3日閲覧。
  51. ^ Novo single da Tini é uma colaboração com Karol G: Princesa” (ポルトガル語). Latin Pop Brasil (2018年3月28日). 2019年5月10日閲覧。
  52. ^ Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 title は必須です。[2]”. Charts.monitorlatino.com. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  53. ^ Tini y la agrupación colombiana Morat, juntos en 'Consejo de amor'” (スペイン語). El Heraldo (2018年6月22日). 2018年10月17日閲覧。
  54. ^ Fernandez (2018年7月26日). “Alvaro Soler Premieres 'La Cintura' Remix Video Feat. Flo Rida & Tini: Exclusive”. Billboard. 2018年11月28日閲覧。
  55. ^ Sebastián Yatra y Tini Stoessel lanzan el tema 'Quiero volver' – Programas – Radio Ritmo Romántica” (スペイン語). Ritmo Romántica (2018年7月31日). 2018年10月21日閲覧。
  56. ^ Sánchez (2018年8月3日). “TINI y Sebastian Yatra – Quiero Volver – Cadena Dial” (スペイン語). CadenaDial.com. 2019年11月21日閲覧。
  57. ^ Guijarro (2018年8月22日). “'Lo malo' tendrá un remix el 24 de agosto con Tini Stoessel ('Violetta') y Greeicy Rendón ('Chica vampiro')” (スペイン語). FormulaTV. 2018年8月24日閲覧。
  58. ^ Tini anuncia show en el Luna Park” (スペイン語). Billboard Argentina (2018年9月6日). 2020年1月24日閲覧。
  59. ^ Bertozzi (2018年10月31日). “Tini vai estrear clipe de Por Que Te Vas nesta sexta-feira” (ポルトガル語). LatinPopBrasil.com.br. 2020年1月11日閲覧。
  60. ^ JONAS BLUE EMBRACES LATIN SPIRIT IN VIDEO FOR NEW SINGLE, "WILD"” (2019年2月27日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  61. ^ TV News Desk (2018年10月15日). “Jonas Blue Announces Debut Album 'Blue'”. BroadwayWorld. 2019年3月1日閲覧。
  62. ^ Tini, Axel, Soledad y Montaner forman el jurado de "La voz argentina"” (スペイン語). Billboard Argentina (2018年8月9日). 2018年8月15日閲覧。
  63. ^ Tini Stoessel será un personaje extraordinariamente feo”. Pronto.com.ar (2019年3月29日). 2020年1月9日閲覧。
  64. ^ Andreina (2019年4月23日). “Greeicy Rendon y Tini Stoessel unirán sus voces en el tema "22"” (スペイン語). EsVenezuela.net. 2020年1月24日閲覧。
  65. ^ TINI debuta con "22" en el Top 10 del Billboard Argentina Hot 100”. Billboard Argentina (2019年6月25日). 2019年6月25日閲覧。
  66. ^ "Con altura" de Rosalía se afianza en el N°1 del Billboard Argentina Hot 100” (スペイン語). Billboard Argentina (2019年7月23日). 2019年7月23日閲覧。
  67. ^ Alesso is releasing a 'Sad Song', featuring the singer Tini, this Friday”. WideFuture.com (2019年6月11日). 2019年8月18日閲覧。
  68. ^ Tini anuncia Suéltate El Pelo, próximo single”. Redação Latina Brasil (2019年7月22日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  69. ^ Lo nuevo de Tini Stoessel sabrá a 'Fresa'”. LOS40 (2019年9月2日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  70. ^ Billboard Argentina Hot 100 – Semana del 13 de Octubre” (スペイン語). Billboard Argentina. 2019年10月11日閲覧。
  71. ^ TINI & Sebastián Yatra's 'Oye' Breaks into Billboard Argentina Hot 100's Top 3”. Billboard (2019年10月23日). 2019年10月23日閲覧。
  72. ^ Billboard Argentina Hot 100 – Semana del 3 de Noviembre” (スペイン語). Billboard Argentina. 2019年10月31日閲覧。
  73. ^ Procopio (2019年10月25日). “Tini Stoessel y Sebastián Yatra en la "dulce espera"”. Gente.com.ar. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  74. ^ García (2020年1月7日). “Tini Stoessel: 'Recuerdo' llega este 10 de enero y abarrota Instagram”. Show!. 2020年1月15日閲覧。
  75. ^ Tini Stoessel presentó "Ya no me llames", con On The Drums, vía Youtube” (2020年3月25日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  76. ^ Villacañas (2020年6月5日). “"Bésame (I Need You)" trae ritmo y muchos artistas: TINI, Reik y R3HAB” (スペイン語). Cadena100.es. 2020年6月5日閲覧。
  77. ^ Tini Stoessel compartió un adelanto de «Ella dice», la canción que grabó junto al cantante de trap Khea” (2020年7月13日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  78. ^ Rauw Alejandro y Camilo llegan al número 1 del Hot 100 Argentina con "Tattoo (Remix)"” (2020年7月29日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  79. ^ D (2020年8月31日). “Tini y Lola Indigo colaboran con Maria Becerra en el Remix de High.”. LATIN NEWS: Espectáculos, Moda, Viajes, Cocina, Luxury. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  80. ^ Billboard Argentina Hot 100: "High (remix)" debutó en el tercer lugar” (2020年9月16日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  81. ^ Hot 100: Nicki Nicole logra el Hot Shot Debut con "Mala Vida"” (2020年9月22日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  82. ^ [3]
  83. ^ Billboard Argentina Hot 100 – Semana del 11 de octubre” (スペイン語). Billboard Argentina. 2020年10月6日閲覧。
  84. ^ [4]
  85. ^ [5]
  86. ^ [6]
  87. ^ [7]
  88. ^ Susana Giménez presentó al jurado de "Pequeños Gigantes", su nuevo segmento de talentos infantiles” (スペイン語). Infobae.com (2019年5月30日). 2019年8月9日閲覧。
  89. ^ Tini Stoessel colapsó las redes con el estreno del documental "Quiero Volver Tour" - Infofueguina - Tierra del Fuego”. www.infofueguina.com. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  90. ^ TINI anunció el estreno del documental "Quiero Volver Tour" y estallaron las redes - Infofueguina - Tierra del Fuego”. www.infofueguina.com. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  91. ^ Mala Rodríguez, Carlos Rivera, Tini y Sebastián Yatra, asesores de la próxima edición de 'La Voz' en Antena 3”. Antena3.com. 2020年3月28日閲覧。
  92. ^ Jackie Chan directs Andy Lau, Kevin Kline in 'The Diary' | cityonfire.com”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。

外部リンク編集