アグリードール (映画)

アグリードール』(UglyDolls)は2019年アメリカ合衆国アニメーション映画。監督はケリー・アズベリー英語版、主演はケリー・クラークソンが務めた。なお、本作はアズベリー監督の遺作となった[2]

アグリードール
UglyDolls
監督 ケリー・アズベリー英語版
脚本 アリソン・ペック
原案 ロバート・ロドリゲス
原作 デイビッド・ホーヴァス英語版 & サンミン・キム
アグリードール英語版
製作 ロバート・ロドリゲス
ジェーン・ハートウェル英語版
製作総指揮 ロバート・シモンズ
ドリュー・マチルスキー
ジェイミー・マチルスキー
出演者 ケリー・クラークソン
ジャネール・モネイ
ニック・ジョナス
ブレイク・シェルトン
音楽 クリストファー・レナーツ
編集 ジュリー・ロジャース
ノーラン・サザーランド
製作会社 STXファミリー英語版
アリババ・ピクチャーズ
リールFX・クリエイティヴ・スタジオズ英語版
配給 アメリカ合衆国の旗 STXエンターテインメント
公開 アメリカ合衆国の旗 2019年5月3日
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $45,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $32,450,241[1]
テンプレートを表示

本作は日本国内で劇場公開されなかったが、2020年7月22日にデジタル配信された[3]

ストーリー編集

本作は人形たちが人間のように意志を持っている世界を舞台としている。子供たちには1体の特製人形が行き渡ることになっていたが、製作過程で傷が付いた人形は都会から遠く離れた村、アグリーヴィルに遺棄されていた。「出来損ない」の烙印を押された人形たちだったが、彼らは彼らなりに幸せな生活を送っていた。

村人の一人、モキシーは「大きな世界」の存在を信じており、そこに行けば子供のオモチャになれると確信していた。村長のオックスは「そんなのはお伽噺でしかない」とモキシーに言い聞かせたが、彼女は聞く耳を持たなかった。そんなある日、モキシーは村一番の知恵者、ラッキー・バットから「新しい村人は穴を通ってくるわけだが、その穴は別世界に通じているのではないか。その別世界こそ、君が言う大きな世界だと思う。」というアドバイスを受けた。モキシーはバットら友人たちの力を借りて穴の調査に乗り出した。

穴を通り抜けた一行は完璧機構の建物に辿り着いた。完璧機構は人形に様々な試験を課し、その試験に合格した完璧な人形だけを完璧な子供たちに送り届けていた。モキシーたちは機構の代表者(ロウ)に「自分たちにもテストを受けさせてくれ」と懇願したが、ロウは「君たちには受験資格すらない」と一蹴した。しかし、モキシーが執拗に食い下がったため、ロウは特別に試験を受ける許可を出した。受験者が滞在する宿舎で、一行はマンディと名乗る人形の歓迎を受けた。マンディは目が悪いにも拘わらず、絶対に眼鏡をかけようとはしなかった。マンディにとって、眼鏡をかけることは自らが完璧ではないことを証明するようなものだったからである。

翌日、ロキシーたちはテストのためのトレーニングに参加したが、散々な結果に終わった。その頃、ロウは手下3人(チューズデイ、キティ、リディア)にオックスの身柄を拘束するよう命じていた。オックスとロウは友人だったが、前者がテストに合格しなかったため、それ以来離ればなれになっていた。不完全とジャッジされることによる屈辱を身を以て知っていたため、オックスはアグリーヴィルに来た人形たちに外の世界の存在を隠していたのであった。ほどなくして、訓練について行けず、完全に自信を失ったモキシーはアグリーヴィルに帰ることにした。

アグリーヴィルの村人たちはモキシーたちの挑戦が失敗に終わったことを知って落胆した。失意の底に沈むモキシーだったが、マンディに慰められていつもの自信を取り戻した。そして、再度テストに挑む決意を固めた。ところが、その矢先、モキシーとマンディはロウの手下3人に拉致されてデス・トラップに放り込まれてしまった。2人は絶体絶命の危機に陥ったが、他の村人たちに救出されて事なきを得た。その後、モキシーをはじめとする村人たちは総出でテストに挑戦することにした。

キャスト編集

製作編集

2011年5月26日、イルミネーション・エンターテインメントがアグリードールの映画化権を獲得したと発表した[4]2015年5月28日、STXエンターテインメントが家族向けアニメ映画の製作に注力する部門を新設し、その第1作としてアグリードールの映画化を進めることになったと報じられた[5]2017年3月、ロバート・ロドリゲスが本作の監督に起用された[6]

2018年3月13日、ピットブルの出演が決まったと報じられた[7]。5月23日、ロドリゲスの降板を受けて、ケリー・アズベリーが後任の監督に起用されるとの報道があった[8]。7月、ケリー・クラークソンがキャスト入りした[9]。8月29日、ニック・ジョナスが本作に出演することになったと報じられた[10]。9月、ワンダ・サイクス、ガブリエル・イグレシアス、ブレイク・シェルトンの出演が決まった[11][12]。10月、エマ・ロバーツとジャネール・モネイがキャスト入りしたと報じられた[13][14]

音楽・サウンドトラック編集

2018年7月11日、クリストファー・レナーツが本作で使用される楽曲を手掛けることになったと報じられた[15]。2019年3月27日、サウンドトラックの発売に先立って、ケリー・クラークソンの『Broken & Beautiful』がシングルカットされた[16]。4月11日、アニータが歌う『Ugly』が先行発売されたが、その際、サウンドトラックには収録されていない同曲のポルトガル語版も合わせて発売された[17]。26日、本作のサウンドトラックが発売された[18]

公開・マーケティング編集

当初、本作は2019年10月4日に全米公開される予定だったが、同日に封切られる『名探偵ピカチュウ』との競合を避けるべく、公開日が同年10月11日に前倒しされた[19]

2019年1月11日、本作のファースト・トレイラーが公開された[20]。2019年4月12日、本作のセカンド・トレイラーが公開された[21]。5月19日、本作のファイナル・トレイラーが公開された[22]

製作サイドは本作の宣伝に約4000万ドルを費やしたとされる[23]

興行収入編集

本作は『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』及び『侵入する男』と同じ週に封切られ、公開初週末に1050万ドル前後を稼ぎ出すと予想されていたが[24]、実際の数字はそれを下回るものとなった。2019年5月3日、全米3652館で公開され、公開初週末に860万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場4位となった[25]

評価編集

本作に対する批評家の評価は芳しいものではない。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには49件のレビューがあり、批評家支持率は32%、平均点は10点満点で4.44点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「ストーリーは万人受けするものだが、型にはまっており、どこかで見たような要素が盛りだくさんである。それに気が付く可能性が低い幼稚園児たちなら、『アグリードール』を楽しめるかもしれない。」となっている[26]。また、Metacriticには17件のレビューがあり、加重平均値は39/100となっている[27]。なお、本作のシネマスコアはB+となっている[28]

出典編集

  1. ^ a b UglyDolls”. Box Office Mojo. 2020年7月10日閲覧。
  2. ^ Kelly Asbury, Director of ‘Spirit: Stallion of the Cimarron’ and ‘Shrek 2,’ Dies at 60”. Variety (2020年6月26日). 2020年7月10日閲覧。
  3. ^ アグリードール(吹替/字幕)”. iTunes. 2020年7月10日閲覧。
  4. ^ Chris Meledandri's Illumination To Turn Uglydoll Into Animated Film”. Deadline.com (2011年5月26日). 2019年5月8日閲覧。
  5. ^ STX Entertainment Plans Uglydoll Film, Launches Family Division (EXCLUSIVE)”. Variety (2015年5月28日). 2019年5月8日閲覧。
  6. ^ Robert Rodriguez to Direct ‘Ugly Dolls’ Animated Film for STX”. Variety (2017年3月28日). 2019年5月8日閲覧。
  7. ^ Pitbull Joins STX’s Animated ‘UglyDolls’ Movie”. Variety (2018年3月13日). 2019年5月8日閲覧。
  8. ^ STX Sets ‘Uglydolls’ Animated Series, Feature Streaming Deal at Hulu”. The Wrap (2018年5月23日). 2019年5月8日閲覧。
  9. ^ Kelly Clarkson To Lead Voice Cast Of STX’s ‘Uglydolls’ Movie”. Deadline.com (2018年7月11日). 2019年5月8日閲覧。
  10. ^ Nick Jonas Joins The Band For STX’s ‘UglyDolls’ Movie”. Deadline.com (2018年8月29日). 2019年5月8日閲覧。
  11. ^ Wanda Sykes, Gabriel Iglesias Join Animated Feature ‘UglyDolls’”. Variety (2018年9月12日). 2019年5月8日閲覧。
  12. ^ Blake Shelton Joins Kelly Clarkson in 'UglyDolls' Movie”. Hollywood Reporter (2018年9月20日). 2019年5月8日閲覧。
  13. ^ Janelle Monae Joins Harriet Tubman Biopic and ‘UglyDolls’ Voice Cast (EXCLUSIVE)”. Variety (2018年10月2日). 2019年5月8日閲覧。
  14. ^ Emma Roberts Joins STX Animation ‘UglyDolls’ With Kelly Clarkson & Blake Shelton”. Deadline.com (2018年10月8日). 2019年5月8日閲覧。
  15. ^ Christopher Lennertz to Compose Score & Songs for Kelly Asbury’s ‘UglyDolls’”. Film Music Reporter (2018年7月11日). 2019年5月8日閲覧。
  16. ^ 'UglyDolls' Soundtrack Features New Music From Nick Jonas, Kelly Clarkson & More: See Track List”. Billboard (2019年3月27日). 2019年5月8日閲覧。
  17. ^ Anitta - Ugly (Feia) (Portuguese Version)”. YouTube. Atlantic Records (2019年4月11日). 2019年5月8日閲覧。
  18. ^ ‘UglyDolls’ Soundtrack Details”. Film Music Reporter (2019年3月20日). 2019年5月8日閲覧。
  19. ^ STX’s ‘UglyDolls’ To Launch First Weekend Of May”. Deadline.com (2018年12月13日). 2019年5月8日閲覧。
  20. ^ UglyDolls Official Trailer”. YouTube. UglyDolls (2018年11月8日). 2019年5月8日閲覧。
  21. ^ UglyDolls Official Trailer 2”. YouTube. UglyDolls (2019年2月5日). 2019年5月8日閲覧。
  22. ^ UglyDolls Official Trailer 3”. YouTube. UglyDolls (2019年3月28日). 2019年5月8日閲覧。
  23. ^ ‘Avengers: Endgame’ Mows Down ‘Long Shot’, ‘Intruder’ & ‘UglyDolls’ With $145M+ Second Weekend, Crosses $600M In Record Time”. Deadline.com (2019年5月5日). 2019年5月8日閲覧。
  24. ^ Brevet, Brad (2019年5月2日). “'Avengers: Endgame' Readies for Second Weekend Dominance”. Box Office News. https://www.boxofficemojo.com/article/ed2069955588/ 2020年7月10日閲覧。 
  25. ^ Domestic 2019 Weekend 18 / May 3-5, 2019”. Box Office Mojo. 2020年7月10日閲覧。
  26. ^ UglyDolls”. Rotten Tomatoes. 2019年5月8日閲覧。
  27. ^ UglyDolls (2019)”. Metacritic. 2019年5月8日閲覧。
  28. ^ Brevet, Brad (2019年5月5日). “'Avengers: Endgame' Tops $2 Billion Globally, En Route to Dominant Second Weekend”. Box Office News. https://www.boxofficemojo.com/article/ed2053178372/ 2020年7月10日閲覧。 

外部リンク編集