TP-LINK Technologies Co., Ltd.中国語: 普聯技術TP-LINK)は、中華人民共和国深圳に拠点をおく、SOHOおよびSMB向けのネットワーク機器を製造・販売企業。

TP-LINK Technologies Co., Ltd.
現地語社名
普聯技術有限公司
種類

民営企業

有限責任公司
業種 電気機器
設立 1996年5月
創業者

趙 建軍

趙 佳興
本社 中華人民共和国の旗 中国 広東省深圳市南山区科技園科苑路5号南楼
事業地域
グローバル
製品 ネットワーク機器
従業員数
21,849名(2013年12月時点)
ウェブサイト TP-LINK
ティーピーリンクジャパン株式会社
TP-LINK JAPAN INC.
種類 株式会社
略称 TP-LINK
本社所在地 日本の旗 日本
101-0021
東京都港区西新橋2丁目9番1号PMO西新橋8F
設立 2015年10月
業種 電気機器
法人番号 3010001171514
事業内容 デジタル家電及びコンピュータ関連設備の開発、製造、販売並びに関連サービス提供業務、および前号に附帯関連する一切の業務
代表者 李 超毅
資本金 2億0900万円(2020年7月時点)
従業員数 18名(2017年時点)
主要株主 TP-LINK Technologies
外部リンク TP-LINK 日本
テンプレートを表示

WLANおよびブロードバンドCPEデバイスを製造しており、公式サイトではユーザー数が数百万人に上るとしている[1][2][3]。製品は主にワイヤレス、ADSLルータースイッチIPカメラパワーラインアダプタープリンターサーバーメディアコンバーターネットワークアダプターなどである。

概要編集

 
深圳にあるTP-LINKグローバル本社、2010年撮影。
 
カナダにあるTP-LINKの社屋、2013年撮影。

TP-LINKは、趙建軍(ジェフリー・チャオ)と趙佳興(クリフ・チャオ)兄弟が開発したネットワークカードを販売するために1996年に設立された。会社名は、一種の電磁ケーブル配線であるツイストペアリンクに由来している[4]

TP-LINKは、従来の小売店、オンライン小売店、卸売業者、直接市場再販業者付加価値再販業者、およびブロードバンドサービスプロバイダーなど、複数の販売チャンネル経由で販売を行っている。主な競合企業は、BuffaloNETGEAR、Belkin、LinksysD-Link、および Asus などである。

2005年に国際展開を始めた。2007年に、深圳のHi-Tech Industry Parkに拠点を移し、グローバル本社として新たに面積10万平方メートルを有する本社施設を構えた。2008年には米国法人TP-LINK USAを設立した[5][6]

2005年に国際進出した以降、成長を続け、2013年の第一四半期にはWLAN機器において世界市場シェア42.2%を達成して1位になった[1]

日本法人は2015年10月に東京都千代田区外神田に設立され、2017年11月に現所在地に移転した。

製品編集

TP-LINKの製品には下記の種類がある。

  • ワイヤレスルーター
  • レンジエクステンダー
  • HomePlugパワーラインアダプター - HomePlug Powerline Allianceネットワーキング規格に準拠したアダプターとスターターキットであり、電気配線をネットワークに変える(電力線搬送通信[7]
  • アダプター
  • スイッチ
  • ポータブルルーター - 「ポータブルトラベルルーター」という、出張の多いビジネスパーソンや旅行する家族をターゲットとしているサイズの小さいルーターを販売している[8]
  • 3G/4Gモバイルルーター - LTEHSPA+/HSUPA/HSDPAUMTSEVDOなどのワイヤレスブロードバンド技術規格にアクセスするモデムから派生するインターネット接続を共有する。
  • ルーター - SafeStreamというVPNルーターと負荷分散ブロードバンドルーターを販売している[9]

ギャラリー編集

製造編集

ODM(相手先ブランド設計製造業者)に委託せず、製品とそのコンポーネントは自社製造であるとしている。その目的は競合他社との差別化であるという[10]

福岡大学NTPサーバーへの過剰アクセス問題編集

福岡大学は、日本標準時を決定している情報通信研究機構(NICT)が公開NTP(Network Time Protocol、時刻情報サービス)を始める前となる1993年10月より、日本初の公開NTPサービスを実施しており、インターネット草創期より世界中のインターネットユーザーがこれを利用して来た。しかし、ブロードバンドの普及に伴い、福岡大学のネットワークに負荷が集中するようになった。

2005年に福岡大学のネットワーク管理者が日本のネット掲示板で負荷分散を呼び掛け[11]、国内での対応は完了したが、代わって海外からのアクセスが増加し、2012年以降に学内ネットワークが停止する事態が立て続けに発生した。2018年現在では福岡大学のサーバーに「DoS攻撃並み」のトラフィックを与えるようになっている[12]。TP-LINKの中継器もインターネット接続の有無の確認を行うためにこれを利用しているが、同社の製品は確認の頻度が高いため、特に問題として挙げられていた。

そのため、TP-LINK社は2017年より福岡大学と連絡を取り合い、負荷が軽減されるように取り組んでいる[13]。古い製品でもファームウェアのアップデートで修正できるように取り組んでいるので、ユーザーに確認するように呼び掛けている。なお、福岡大学のNTPサーバは2019年以降の近い将来に停止される予定とのこと[14]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b TP-LINK Continues To Dominate WLAN Market Share”. Mobilitytechzone.com (2013年8月9日). 2014年3月7日閲覧。
  2. ^ About Us”. TP-Link. 2017年12月26日閲覧。
  3. ^ [1]
  4. ^ Network-gear firm TP-Link thinks big in US market|Across Americas|chinadaily.com.cn”. Usa.chinadaily.com.cn (2013年4月5日). 2014年3月7日閲覧。
  5. ^ Richard Xu (2013年9月15日). “Richard Xu, Vice President - TP-Link”. Businessinterviews.com. 2014年3月7日閲覧。
  6. ^ About TP-LINK - Welcome to TP-LINK”. Tp-link.us. 2014年3月7日閲覧。
  7. ^ [2], TP-LINK AV1200 Passthrough Powerline ac Wi-Fi Kit.
  8. ^ [3], Five Best Travel Routers.
  9. ^ [4], TP-LINK SafeStream VPN router.
  10. ^ Networking News”. CRN. 2014年3月7日閲覧。
  11. ^ 福岡大のNTPサーバがアクセス集中で悲鳴 - ITmedia NEWS
  12. ^ “DoS攻撃並み”のトラフィックでまひ寸前! 福岡大学NTPサービスの悩み(2/3 ページ) - ITmedia NEWS
  13. ^ <18.03.08更新>TP-Link製無線LAN中継器によるNTPサーバーへのアクセスに関して TP-Link
  14. ^ 日本最古の公開NTPサービスが廃止へ、世界中からアクセスが殺到した深いワケ 日経クロステック(xTECH)

外部リンク編集