TRIAL』(トライアル)は、2006年5月24日にリリースされた日本歌手グループw-inds.の、19枚目のシングルである。

TRIAL
w-inds.シングル
初出アルバム『Journey
w-inds.Single Collection "BEST ELEVEN"
B面 Back At One
風詩-KAZAUTA-
リリース
ジャンル J-POP
レーベル FLIGHT MASTER
作詞・作曲 shungo.,Hiroo Yamaguchi,
Mario Liti,T2ya,
Takamitsu Shimazaki,
Steve Mac,Wayne Hector
チャート最高順位
w-inds. シングル 年表
IT'S IN THE STARS
2006年
TRIAL
2006年
ブギウギ66
2006年
テンプレートを表示

解説編集

  • CDのみの1形態リリース。初回盤のみw-Inds.×GOAL!両面ジャケット仕様。トレーディングカード計2枚(w-inds.トレーディングカード/全4種のうち1枚、映画『GOAL!』トレーディングカード/全2種のうち1枚)封入。
  • 表題曲「TRIAL」の作曲で、EXILE倖田來未などへの相次ぐ楽曲提供で一躍ヒットメーカーの仲間入りを果たした山口寛雄を初起用した。
  • 同じく表題曲「TRIAL」は、FIFA(国際サッカー連盟)・JFA(日本サッカー協会)公認映画『GOAL!』の日本語吹き替え版のテーマソング というタイアップのためか、詞が映画の内容とリンク、逆境に耐えながらも夢を追い続ける主人公が描かれている。また、映画の映像とPVの映像を編集したムービーヴァージョンがスペースシャワーTV等で流された。“夢を追っている”同じ状況下の者にとっては応援歌とも受け取れる。
  • カップリング曲「Back At One」は、表題曲「TRIAL」と並び今パッケージの表題曲候補であったため、同じテーマで詞が書かれている。タイトルでもある「Back At One」の頭文字を短縮した♪B.A.O.(ビー・エー・オー)♪というタイトル・コールがイントロ並びにサビ部分で印象的にリフレインされている。
  • カップリング曲「風詩-KAZAUTA-」は、アメリカ合衆国ポップ・グループO-townの「All or Nothing」のカバー曲である。

収録曲編集

  1. TRIAL
    (作詞:shungo.、作曲:Hiroo Yamaguchi、編曲:Koma2 Kaz
  2. Back At One
    (作詞:shungo.、作曲:Mario Liti, T2ya、編曲:Koma2 Kaz)
  3. 風詩-KAZAUTA-
    (作詞:Takamitsu Shimazaki、作曲:Steve Mac, Wayne Hector、編曲:Koma2 Kaz)
  4. TRIAL (Instrumental)
    (作曲:Hiroo Yamaguchi、編曲:Koma2 Kaz)

タイアップ編集

  • FIFAJFA公認映画『GOAL!』日本語吹き替え版テーマソング