メインメニューを開く

UFC 190: Rousey vs. Correia(ユーエフシー・ワンナインティー:ラウジー・バーサス・コヘイア)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2015年8月1日ブラジルリオデジャネイロ州リオデジャネイロHSBCアリーナで開催された。

UFC 190: Rousey vs. Correia
イベント詳細
シリーズ UFC
主催 ズッファ
開催年月日 2015年8月1日
開催地 ブラジルの旗 ブラジル
リオデジャネイロ州リオデジャネイロ
会場 HSBCアリーナ
試合数 全13試合
放送局 WOWOW
入場者数 14,723人
PPV購入数 90万件[1]
イベント時系列
UFC on FOX 16: Dillashaw vs. Barao 2 UFC 190: Rousey vs. Correia UFC Fight Night: Teixeira vs. St. Preux

大会概要編集

本大会ではUFC世界女子バンタム級タイトルマッチとThe Ultimate Fighter Brazil 4決勝が組まれた[2]

WSOF女子ストロー級王者ジェシカ・アギラーがUFCデビュー。

試合結果編集

アーリープレリム編集

第1試合 バンタム級ワンマッチ 5分3R
  ギド・カネッティ vs.   ウゴ・ヴィアナ ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)
第2試合 ミドル級ワンマッチ 5分3R
  ヴィトー・ミランダ vs.   クリント・ヘスター ×
2R 2:38 TKO(グラウンドの肘打ち)

プレリミナリーカード編集

第3試合 バンタム級ワンマッチ 5分3R
  ユーリ・アルカンタラ vs.   レアンドロ・イッサ ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-27)
第4試合 ウェルター級ワンマッチ 5分3R
  ワーレイ・アウヴェス vs.   ノーディン・タレブ ×
2R 4:11 ギロチンチョーク
第5試合 ライトヘビー級ワンマッチ 5分3R
  パトリック・カミンズ vs.   ハファエル・カバウカンチ ×
3R 0:45 TKO(グラウンドの肘打ち)
第6試合 ウェルター級ワンマッチ 5分3R
  デミアン・マイア vs.   ニール・マグニー ×
2R 2:52 リアネイキドチョーク

メインカード編集

第7試合 女子ストロー級王座挑戦者決定戦 5分3R
  クラウディア・ガデーリャ vs.   ジェシカ・アギラー ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
※ガデーリャが挑戦権獲得に成功。
第8試合 ヘビー級ワンマッチ 5分3R
  アントニオ・シウバ vs.   ソア・パラレイ ×
2R 0:41 TKO(パウンド)
第9試合 ヘビー級ワンマッチ 5分3R
  ステファン・ストルーフェ vs.   アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第10試合 TUF Brazil 4バンタム級トーナメント 決勝 5分3R
  ヘジナウド・ヴィエイラ vs.   ジレノ・ロペス ×
3R終了 判定3-0(29-28、30-27、30-27)
※ヴィエイラがトーナメント優勝。
第11試合 TUF Brazil 4ライト級トーナメント 決勝 5分3R
  グライコ・フランサ vs.   フェルナンド・ブルーノ ×
3R 4:46 リアネイキドチョーク
※フランサがトーナメント優勝。
第12試合 ライトヘビー級ワンマッチ 5分3R
  マウリシオ・ショーグン vs.   アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)
第13試合 UFC世界女子バンタム級タイトルマッチ 5分5R
  ロンダ・ラウジー vs.   ベチ・コヘイア ×
1R 0:34 KO(右ストレート)
※ラウジーが6度目の防衛に成功。

各賞編集

ファイト・オブ・ザ・ナイトマウリシオ・ショーグン vs. アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ
パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトロンダ・ラウジーデミアン・マイア
各選手にはボーナスとして5万ドルが支給された。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集