メインメニューを開く

UFC 35: Throwdown(ユーエフシー・サーティファイブ:スロウダウン)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2002年1月11日コネチカット州アンキャスビルのモヒガン・サン・アリーナで開催された。

UFC 35: Throwdown
イベント詳細
シリーズ UFCPPV
主催 ズッファ
開催年月日 2002年1月11日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
コネチカット州アンキャスビル
会場 モヒガン・サン・アリーナ
開始時刻 午後10時(ET
試合数 全8試合
入場者数 9,600人
PPV購入数 35,000件[1]
イベント時系列
UFC 34: High Voltage UFC 35: Throwdown UFC 36: Worlds Collide

大会第6試合ではデイブ・メネームリーロ・ブスタマンチのミドル級タイトルマッチが、メインイベントではジェンス・パルヴァーBJ・ペンのライト級タイトルマッチがそれぞれ行われた。

大会概要編集

第6試合の世界ミドル級タイトルマッチではムリーロ・ブスタマンチがデイブ・メネーをTKOで下し、第2代ミドル級王者となった。また、メインイベントの世界ライト級タイトルマッチでは、ジェンス・パルヴァーがBJ・ペンを下し、2度目のライト級王座防衛に成功した。

キャリア6戦全勝のキース・ロッケルがUFCデビュー。

試合結果編集

第1試合 ミドル級 5分3R
  ユージーン・ジャクソン vs.   キース・ロッケル ×
2R 3:46 フロントチョーク
第2試合 ウェルター級 5分3R
  ギル・カスティーリョ vs.   クリス・ブレナン ×
3R終了 判定3-0(29-27、30-27、30-27)
第3試合 ライトヘビー級 5分3R
  ケビン・ランデルマン vs.   レナート・ババル ×
3R終了 判定3-0(30-26、30-25、30-26)
第4試合 ミドル級 5分3R
  アンドレイ・シモノフ vs.   ヒカルド・アルメイダ ×
2R 2:01 TKO(レフェリーストップ:右フック→パウンド
第5試合 ライトヘビー級 5分3R
  チャック・リデル vs.   アマール・スロエフ ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第6試合 UFC世界ミドル級タイトルマッチ 5分5R
  ムリーロ・ブスタマンチ vs.   デイブ・メネー ×
2R 0:44 TKO(レフェリーストップ:パウンド
※ブスタマンチが王座獲得に成功。
第7試合 ヘビー級 5分3R
  リコ・ロドリゲス vs.   ジェフ・モンソン ×
3R 3:00 TKO(レフェリーストップ:パウンド
第8試合 UFC世界ライト級タイトルマッチ 5分5R
  ジェンス・パルヴァー vs.   BJ・ペン ×
5R終了 判定2-0(48-45、48-47、47-47)
※パルヴァーが2度目の王座防衛に成功。

脚注編集

  1. ^ Pay-per-view MMAPayout

関連項目編集

外部リンク編集