W31SA

W31SA(だぶりゅーさんいちえすえー)およびW31SA II(だぶりゅーさんいちえすえーつー)は、三洋電機(大阪、現・京セラ SANYOブランド)が開発し、KDDIおよび沖縄セルラー電話auブランドで販売されていたCDMA 1X WINの携帯電話である。

au W31SA / W31SA II
W31SA II(グレイブリーシルバー)
W31SA II(グレイブリーシルバー)
キャリア au
製造 三洋電機
発売日 W31SA2005年2月24日
W31SA II:2005年9月23日
概要
OS REX OS
CPU Qualcomm MSM6500
146MHz
音声通信方式 CDMA 1X WIN
(CDMA2000 1xMC)
(800MHz[1]
データ通信方式 CDMA 1X WIN
(CDMA2000 1xEV-DO Rel.0)
形状 スライド式
サイズ 98 × 49 × 23 mm
質量 117 g
連続通話時間 220分
連続待受時間 280時間
(移動と静止の組合せ)
充電時間 130分
外部メモリ miniSD
日本語入力 Advanced Wnn V2
赤外線通信機能 IrDA
Bluetooth なし
放送受信機能 FM放送対応
メインディスプレイ
方式 TFT液晶ディスプレイ
解像度 QVGA
(240×320ドット
サイズ 2.2インチ
表示色数 26万色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 133万画素CMOS
機能 AF付き
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
クールミント
(Cool Mint)
スティルホワイト
(Still White)
ソウルレッド
(Soul Red)
グレイブリーシルバー
(Gravely Silver)
(W31SA II)
グレアリングブラック
(Glaring Black)
(W31SA II)
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

目次

特徴編集

同社のau向け端末としては初のスライド式である。

着Flashなど発売当時最新のサービスに対応するほか、EZ・FMSD-Audioを搭載しており、音楽機能が充実している。この機種はアンテナを内蔵しており、本体だけでFM放送が楽しめる。また、EZ・FMは内蔵メモリに最大約60分の録音が可能なほか、ICレコーダーも備えており、こちらも内蔵メモリに最大5時間の録音が可能である。

カメラはAF付きで、メールアドレスや電話番号を読み取れるOCR機能や、英単語を写すとその単語の意味を表示するOCR英語辞書「カメラ de 辞書」も利用可能である。

2005年9月にはセカンドバージョンのW31SA IIも発売された。こちらはW31SAでは別売りだった「SD-Jukebox Ver.5.0 LE」とUSBケーブルが同梱されている。

対応サービス編集

編集

  1. ^ 2012年7月23日より利用不可

関連項目編集

外部リンク編集