WILLCOM CORE

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

WILLCOM CORE(ウィルコムコア)とは、PHSをメインとする移動体通信事業者であるウィルコムが提唱する、従来型のPHS以外の各高速データ通信を包括するブランド名[1]

概要編集

具体的には、次のような方式がある。

  1. WILLCOM CORE XGP - 本来はこの方式を指す名称であったが、以下の方式を包括する形となったため、通信方式名であるXGPの文字が付加された。2010年12月21日より、Wireless City Planningが譲受したため、ウィルコムのサービスではなくなり、ブランド名称としても消滅したこともあり(Wireless City Planningでは、「XGPサービス」とだけ呼称)、事実上、WILLCOM COREとしての中核を失っている状況となっている。なお、WCPによるサービスは、2012年1月31日を以って廃止。
  2. WILLCOM CORE 3G - エヌ・ティ・ティ・ドコモからのMVNO(および日本通信によるMVNE)によるHSPAデータ通信方式サービス、または、ソフトバンクモバイルからのMVNOによる、HSPA/DC-HSDPAデータ通信方式サービス。なお、ドコモ網のサービスは、2012年3月31日を以って終了し、翌日から承継先のインターネットイニシアティブによるサービスとなり、サポートなどをウィルコムが受託する形で継続利用する形となる。
  3. ウィルコム無線LANオプション - エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズHOTSPOTのMVNOとして、同方式のローミングエリア(東海道・山陽新幹線内のエクスプレスエリアを含む)でも利用可能なサービス。

なお、広義には従来型のPHS(高度化PHSであるW-OAM方式を含む)のうち、音声利用についても含める場合がある。

脚注編集

  1. ^ WILLCOM COREとは ウィルコムコア: - IT用語辞典バイナリ”. www.sophia-it.com. 2022年10月28日閲覧。

外部リンク編集