Wikipedia:リストクラフト

リストクラフト(Listcruft、粗悪なリスト)とは、一部の編集者が無差別または些細なリストを指すために使用する用語です。この用語は、古いハッカー用語 クラフトcruft) に由来し、プログラムに蓄積された古いコードを表します。この用語は主にウィキペディアとそのミラーに限定された造語です。そのため、特定の記事タグや記事のノートページでは自由に使用されていますが、記事のテキストで使用するのは不適切です(Wikipedia:新造語を避けるおよびWikipedia:ウィキペディアへの自己言及を避けるによる)。

一般に、「X のリスト」の独立した一覧記事は、X 自体が正当な百科事典の主題であり、独自の記事が既に存在する場合にのみ作成する必要があります。リストはその記事内のセクションとして作成する必要があり、記事の残りの部分と釣り合いが取れなくなるまで、別の記事に分割しないでください。動物学に関する記事に重要な動物学者のリストを含めること、および架空のシリーズのキャラクター、リック・ブラントに関する記事にリック・ブラントの書籍のリストを含めることは非常に適切です。

特に、X が百科事典の主題である場合、X のページは「X のリスト」だけで構成されるべきではなく、実際には主題をはっきり示して定義します。最初に主題を検証可能に定義し特徴付ける記事を書くように努力する必要があります。[1]

独立した一覧記事の有効な例としては、シカゴ大学の人物一覧オズの本の一覧などが挙げられます。どちらの場合も、リストは百科事典の記事 ―それぞれシカゴ大学ライマン・フランク・ボーム― に密接に対応しており、どちらの場合も、リストの長さと詳細さゆえに、それらを分割することは正当化されます。

一方、小さいバストのモデルとパフォーマーの一覧子供の笑い声が含まれている曲の一覧鼻歌歌手の一覧などの主題は、これらの主題に関する記事が存在しないため、非常に疑わしいと見なすべきです。

埋め込まれた(記事内の)リストも、特に重要でない、または無関係な雑学無差別なコレクションである場合は、クラフト的(=粗悪)である可能性があります。

意味編集

あるウィキペディアの編集者がリストをリストクラフトと呼んでいる場合、それは一般的に、そのリストが百科事典に含まれることが期待されていないと考えていることを示しています。より具体的には、ある編集者がリストクラフトという用語を使用する場合、一般に、次の1つ以上があてはまると主張していることを示しています。

  1. このリストには非常に限られた数の人々しか興味を持っていない
  2. このリストはウィキペディアは無差別に情報を収集する場ではありませんに違反している
  3. 内容が検証できない: 根底にある概念が注目に値しないか、定義が不十分である
  4. このリストは、一握りの用語を超えて拡張することはできない
  5. このリストは限界がなく、(および/または)保守不可能である
  6. このリストには、他の記事へのリンク以外のコンテンツがないため、(自己維持型の) カテゴリとして実装する方が適切である
  7. このリストのメンバーシップを決定するには、中立的でない観点を採用する必要があり、それを回避するために信頼できる情報源が利用できない
  8. このリストのメンバーシップを決定するには、独自研究またはアイデアの合成が必要である
  9. このリストのメンバーシップは不安定であり、最新の状態に保つには多大な労力が必要である
  10. このリストには、主題の文脈において、明確に重要であるか、関連性さえあるものはほとんど追加されていない

一般的に言えば、記事がリストクラフトであるという認識は、誰かが削除に投票する一因となる可能性がありますが、それが唯一の要因ではないかもしれません。そのような場合、この認識は通常、存続に投票する人々によって異議を唱えられます。

リストの例編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 例えば、en:Humorist はもともと「ユーモリスト」の一覧であり、ユーモリストとコメディアンを区別しないという欠点もありました。