Wolfenstein II:The New Colossus』(ウルフェンシュタインII ザ・ニューコロッサス) は、『Wolfenstein: The New Order』の続編となるWolfensteinシリーズの作品である。

Wolfenstein II: The New Colossus
ジャンル アクションアドベンチャーFPS
対応機種 PlayStation 4
Xbox One
Nintendo Switch
PC
開発元 MachineGames
発売元 ベセスダ・ソフトワークス
シリーズ Wolfensteinシリーズ
発売日 アメリカ合衆国の旗 2017年10月27日
日本の旗 2017年11月23日
対象年齢 ESRBM(17歳以上)
CEROZ(18才以上のみ対象)
テンプレートを表示

マルチプラットフォームで展開された本作は、アメリカ合衆国では2017年10月27日に発売され、日本では2017年11月23日に発売された。

概要編集

本作は前作に引き続き、シングルプレイ専用のゲームとなっている。序盤から怒涛のアクションが繰り広げられるように作られている。個性的なレジスタンス達やアドルフ・ヒトラー本人も登場するなど、非常に内容の濃いドラマもある。

第35回ゴールデン・ジョイスティック賞(The Golden Joystick Awards)やThe Game Awards(ゲームアワード)などにノミネートもされている[1][2]

ストーリー編集

舞台は1961年のアメリカ。レジスタンス「クライソー・サークル」に所属するB.J.ブラスコヴィッチは、ナチスのデスヘッド親衛隊大将を倒しギリギリの状態で生き延びることに成功する。

ブラスコヴィッチは満身創痍になりながらも、世界をナチスの支配から解放するべく世界中から仲間を集め、恐ろしい野望を打ち砕く為の革命を開始する。

登場人物編集

クライソー・サークル編集

ウィリアム・ジョセフ "B.J." ブラスコヴィッチ (William Joseph "B.J." Blazkowicz)
声 - 通常時:ブライアン・ブルーム (英) / 中田譲治 (日) 幼少期:デビ・デリーベリー (英) / 近藤唯 (日)
主人公。1作目のラストでデスヘッドとの因縁に決着をつけたものの、ひどい怪我を負って歩くことすらできない身体になっている。
キャロラインのパワーアーマーを装着してある程度の力は取り戻したが、身体は回復せず本領を発揮するには至っていない。
アーニャ・オリヴァ (Anya Oliwa)
声 - アリシア・バックレーダ (英) / 木下紗華 (日)
ヒロイン。ブラスコヴィッチの妻として弱気な彼を献身的に支える。また、お腹の中に双子を身篭もっている。
キャロライン・ベッカー (Caroline Becker)
声 - ボニータ・フリーデリシー (英) / 武田華 (日)
「クライソー・サークル」のリーダーを戦時中から務めている屈強な女性。ブラスコヴィッチの旧友。
ダド・イシュード製のパワーアーマーを装着して戦力として活躍していたが、ストーリー序盤でエンゲルに捕まり処刑される。
ファーガス・リード (Fergus Reid)
声 - ギデオン・エメリー (英) / 赤城進 (日)
赤毛のスコットランド人。ワイアット編では登場しない。
キャロラインが殺された際に右腕を切り落とされ、意思を持った不思議な義手を装着。調教に苦労し、新たな悩みの種を増やすことになる。
前作までは面倒見が良い兄貴分的な存在として組織を支えていたが、度重なるストレスにより皮肉屋と化しており、メンバーからの評判は悪く人望もない。
プロブスト・ワイアット3世 (Probst Wyatt III)
声 - A・J・トラウス (英) / 四宮豪 (日)
純真で素朴な性格の青年。ファーガス編では登場しない。
キャロラインが殺された際に右頬に怪我を負い、彼女の後釜を背負わされた重圧と怪我の痛みから薬物に手を染めだす。
それ以降から不可思議な幻覚を見始めて意図不明のことも言い出すようになる。ちなみに、彼の部屋には1作目で死亡したJの遺品が置いてある。
マックス・ハス (Max Hass)
声 - アレックス・ソロウィッツ (英) / 原語音声 (日)
障害を持ち、頭部の片側が陥没している大男。1作目では争いを恐れていたが、本作では銃を持って戦える程の成長を遂げている。
船内で飼っているロサという名の食用豚を可愛がっている。また、セット・ロスにチェスで勝ったり、高等な描絵やビリヤードの技術を持つなど謎も多い。
セット・ロス (Set Roth)
声 - マーク・イヴァニール (英) / 林和良 (日)
研究機関「ダト・イシュード」のエンジニアだった老人。何故かブラスコヴィッチのことをサムソンと呼ぶことが稀にある。
船内の一室に作業場を構え、組織の貴重な技師として様々な発明や開発を行う。また、医師としての力もあるようで重傷を負ったブラスコヴィッチの治療も担当した。
リスザルの胴体にシャム猫の頭を移植したショシャナという動物をペットとして飼っており、他の船員からは気味悪がられている。
ボムバテ (Bombate)
声 - ピーター・メイコン (英) / 佐野康之 (日)
陽気な性格の黒人。1作目で死亡したクラウスに代わってマックスの世話をしているが手を焼いている[注 1]
女癖が悪く扱いが下手なため、作中でシグルンとプロフェッサーに手を出して三角関係に陥ることになる。
マリア・ローレン (Maria Laurent)
声 - カレン・ストラスマン (英) / 飯塚雅弓 (日)
主に格納庫でヘリの整備を任されている赤毛の女性。ファーガスとは両思いだが付き合ってはいない。

新たなレジスタンスたち編集

シグルン・エンゲル (Sigrun Engel)
声 - アリッサ・プレストン (英) / 三木美 (日)
エンゲル親衛隊大将の一人娘。肥満体でお菓子や音楽が好き。また、秘密の日記を書いている。
親とは折り合いが悪く、キャロライン処刑の際に仲間割れを起こし、ブラスコヴィッチ達の手助けをしたために仲間入りを果たした。
潜水艇の操縦や軍事コードの解読などで貢献するものの、他のメンバーからは余りいい扱いを受けていない[注 2]
グレース・ウォーカー (Grace Walker)
声 - デブラ・ウィルソン (英) / 合田絵利 (日)
マンハッタンのレジスタンスを率いるパワフルなアフロ頭の黒人女性。スーパースペッシュとの間にアビーという娘を授かっている。
ナチスに恐怖を教えて、世界中で大暴動を起こそうとするブラスコヴィッチの野望に賛同して協力。以降はキャロラインの部屋を借りてリーダーとして指示を出す。
右腕に被爆した痕があるように、ニューヨークに核が落とされていた際も現場におり、爆発の瞬間に地下にいたため生き残れた。
スーパースペッシュ (Norman "Super Spesh" Caldwell)
声 - ドン・マクメイナス (英) / 間宮康弘 (日)
グレースの夫で元弁護士。普段は彼女の尻に敷かれているが、変装を得意としスパイ活動に優れている優秀な人物。コメディリリーフ的存在。
また、かなりの変人でナチスと宇宙人が繋がってると考えており、ロズウェルにある隠れ家には、宇宙人を研究するための様々な機材が置いてある。
ホートン・ブーン (Horton Boone)
声 - クリストファー・ハイアーダール (英) / 白熊寛嗣 (日)
ニューオーリンズのレジスタンスを率いる白髪白髭の男。ナチスが現れる前よりずっと前から公民権運動を行っていた。
ブラスコヴィッチの野望に初めは否定的だったが、2人で酒を交わし討論しているうちに、彼の気概を気に入って他のメンバーを引き連れて革命に参加する。
ちなみに大の酒好きで、「オールド・ホートン・スペシャル」という一杯以上飲むと正気を保てないウイスキーを自作している。
プロフェッサー (Mary Sue "Professor" Ellington)
声 - ステファニー・ビッカース (英) / 品田美穂 (日)
ニューオーリンズのレジスタンスの一員。卓越した技術を持つ女性狙撃手
パリス・ジャック (Jacques "Paris Jack" LeRoy)
声 - アントニオ・D・チャリティ (英) / ? (日)
ホートンの古い親友である黒人。常にクラリネットを手にしている音楽家で、戦闘中でも頼まれれば曲を演奏し続ける。

ナチス編集

フラウ・イレーネ・エンゲル (Frau Irene Engel)
声 - ニーナ・フラノシェク (英) / 片貝薫 (日)
猟奇的な女性指揮官。男5人女1人の計6人のアーリア人の子供を育てあげた。
本作では功績をたたえられて親衛隊大将となり、ブラスコヴィッチ達の前に幾度となく立ちはだかる。
ちなみに1作目の中盤において顔をめちゃくちゃにされたが、ナチスの技術によって修正に成功している。
アドルフ・ヒトラー (Adolf Hitler)
声 - ノーバート・ウェイサー (英) / 言語音声 (日)
ナチス・ドイツの総統である独裁者。本作ではある特定の場面でブラスコヴィッチの前に姿を現す。

その他編集

リップ・ブラスコヴィッチ (Rip Blazkowicz)
声 - グレン・モーシャワー (英) / 後藤光祐 (日)
B.J.ブラスコヴィッチの父。ポーランド系アメリカ人。日常的に息子や妻に対して暴力を繰り返す。
戦争中、ナチス軍に白人社会の品位を保つためという理由で、ユダヤ人のゾフィアを売って結果的に殺している。
ゾフィア・ブラスコヴィッチ (Zofia Blazkowicz)
声 - ミシェル・フォーブス (英) / ? (日)
B.J.ブラスコヴィッチの母。ユダヤ系アメリカ人。息子を愛しているが、夫からはひどい仕打ちを受けている。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 特に食用豚であるロサを預けたことに関しては、肉が食べられなくなったため後悔している。
  2. ^ 特にグレース含むマンハッタンのメンバーからは罵倒や無視など、散々な扱いを受けている。

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集