Z会東大進学教室(ゼットかいとうだいしんがくきょうしつ)は、株式会社Z会が経営する、1991年(平成3年)に開校された大学受験予備校である。

概要編集

中学1年から高卒生までを対象とする。東大京大の受験指導を中心に、一橋大東工大などの最難関国公立大学、最難関大医学部、早大慶大などの最難関私立大対策の講座が開講されている。Z会の本業である通信教育の添削指導やノウハウを応用するが、これとは別に各大学の出題傾向を分析したオリジナルのテキストを使用。大手予備校と比較すると規模の点でこそ劣るものの、講師陣は精鋭揃いで、丁寧な添削指導を通じた集団授業を展開している。

2005年(平成17年)、本部を恵比寿から神田に移転、現在、本部に付設する御茶ノ水教室のほか、首都圏全6教室で指導が展開されている。

2008年(平成20年)から東京・横浜地区以外の塾・予備校とフランチャイズ契約を結び、東大をはじめとする難関大学志望者対象の授業をおこなっている。また、ena大学受験部を学究社から譲り受け、Z会enaと改称。2009年(平成21年)から最難関医学部専門塾としてスタートした。また、2010年からはZ会enaという形はなくなってしまったが、そのノウハウを活用し、2010年度には最難関医学部発展演習講座を、2011年度からは、医学部志望者を対象とした選抜講座も開講することになる。東大・東工大だけではなく、医学部への対策もより一層充実したものになっている。

2013年(平成25年)には「東大マスターコース・難関大コース」と改称し、東京大学をはじめとした最難関国公立大学だけでなく、幅広いニーズに対応出来るように、講座の改編などを行った。

2015年(平成27年)には「Z会東大進学教室」と改称し、2017年(平成29年)より新たに葛西教室が開校。御茶ノ水、葛西、渋谷、新宿、池袋、横浜の6校舎となり、現在に至る。

Z会ena編集

Z会ena(ゼットかいエナ)は2008年3月〜2010年3月まで存在した大学受験予備校である。enaとは、education network associationの略称である。enaも参照。

校舎は2008年度は御茶ノ水渋谷横浜西宮京都の5教室。2009年度は御茶ノ水校と渋谷校のみ。

もともとはenaの大学受験部として東大理科三類などに多くの合格者を輩出していたが、2008年3月1日をもって、学究社はこの部門をZ会に譲渡し、Z会enaが誕生した。その際、かつてenaでは数学では奥田猛が教鞭を執っていたが、2008年2月をもって引退した。

2010年度からは、Z会東大マスターコースとなり、Z会enaは消滅した。

講師陣編集

・英語科

柳瀬晃、鈴木正人、柿崎理、中村正寿、今村秀岳、澤田香苗

・数学科

三浦聡文、寺田英智、清水巨、石田浩一、瀬川健一

・国語科

谷野泰史、岩間雄志、伊藤恭平、小嶋はるか

・小論文科

小柴大輔、小早川純子

・物理科

内藤法胤、田中義一

・化学科

坂倉豊年

・生物科

舘野直子、藤田俊忠

・世界史科

荒巻豊志、東康介、星征史、小嶋駿介

・日本史科

渡部祐二、松田博明、犬丸征一郎

・地理科

根木島正之、田村誠

校舎編集

東京地区
御茶ノ水教室、渋谷教室、新宿教室、池袋教室、葛西教室
横浜地区
横浜教室
千葉地区(フランチャイズ)
千葉校舎、土浦校舎、海浜幕張校舎、柏、八王子、春日部の各校舎(すべて市進予備校内)
埼玉地区(フランチャイズ)
大宮教室(navio栄光ゼミナール高等部)内)
広島地区(フランチャイズ)
広島校、福山校(すべて鯉城学院内)
北海道地区(フランチャイズ)
札幌南高前会場、札幌北高前会場(すべて北大学力増進会内)

外部リンク編集