メインメニューを開く

ZERO ESCAPE 刻のジレンマ』(ゼロ エスケープ ときのジレンマ)は、スパイク・チュンソフトより2016年6月30日に発売されたゲームソフト。極限脱出シリーズの3作目であり、完結編[2]

ZERO ESCAPE
刻のジレンマ
ジャンル 極限脱出アドベンチャーデスゲーム[1]
対応機種 ニンテンドー3DS
PlayStation 4
PlayStation Vita
Microsoft Windows
開発元 スパイク・チュンソフト
発売元 スパイク・チュンソフト
ディレクター 打越鋼太郎
シナリオ 打越鋼太郎
美術 友野るい
シリーズ 極限脱出シリーズ
人数 1人
メディア [3DS]3DSカード
[PS4]BD-ROM
[PSVita]PSVitaカード
[Windows]ダウンロード(Steam
発売日 3DS/PSVita/Windows:
日本の旗 2016年6月30日
アメリカ合衆国の旗欧州連合の旗 2016年6月28日
PS4:
日本の旗 2017年8月17日
対象年齢 CEROD(17才以上対象)
コンテンツ
アイコン
暴力、犯罪
テンプレートを表示

目次

概要編集

今作は、基本的に1人の主人公の視点で時系列順に進行していた前作までのシステムとは大きく異なる。登場人物は3チームに分かれ、各チームの視点で脱出に挑むと言う群像劇に近い形になっている。さらに、登場人物たちは90分ごとに記憶を消去され、その前に何が起こったかを忘れてしまう。プレイヤーは時系列や状況がバラバラな90分をプレイしていく形になる[2]。プレイ履歴は「グローバル・フローチャート」によって管理され、最終的にどのような時系列であったのかがわかる[2]

ストーリー編集

2028年12月31日火星の居住者の心理状態についての実験施設「Dcom」での実験に参加していた9人は、ゼロにより「ディシジョンゲーム」というゲームを強いられることになる。

用語編集

ディシジョンゲーム(Decision Game)
ゼロにより参加者に仕掛けられたゲーム。3つの区画に分けられた地下核シェルターからの脱出を目指す。1区画ごとに3人ずつ割り当てられ、区画内であれば、自由に移動することができる。
バングル
参加者全員のつけられた腕輪。参加者が活動を開始してから90分で麻酔薬と記憶消去薬がバングルから注入される。さらに、両側のボタンを押すことで現在時刻が表示される、時計としての役割も担っている。
Xドア
各区画のラウンジから繋がるエレベーターホールへの扉。脱出するためにはこのドアを通るしかない。ドアを開けるためには、パスワードを6つ入力する必要がある。パスワードは、参加者が1人死ぬ毎に1つずつ開示される。

登場人物編集

Cチーム編集

カルロス
声 - 杉田智和
Cチームのリーダー。優秀な消防士で、危機的状況においても数多くの人命を救った経験を持つ。Dcomの実験でも全体のリーダー格を務めていた。実験参加の目的は、参加報酬の50万ドル。「妹一筋」を憚りなく公言したことから、淳平から「シスコン」と言われる。
淳平(じゅんぺい)
声 - 鈴木達央
前前作『極限脱出 9時間9人9の扉』の主人公。彼の発言から、本作は『9時間~』の1年後の世界であることがわかる。行方がわからなくなった茜を探すために裏世界にも通じる探偵事務所に入社。そこで社会の暗黒面に触れてきたため、かなり荒んだ性格になっている。
茜(あかね)
声 - 沢城みゆき
淳平の幼馴染で、世界を救うための秘密結社「CRASH-KEYS」のリーダー。世界滅亡のきっかけを阻止するため、Dcomのデータベースにハッキングし実験に潜りこんだ。変わってしまった淳平に心を痛めているが、本質的には信頼している。

Qチーム編集

Q
声 - 豊崎愛生
Qチームのリーダー。球体の被り物をしている少年。監禁室で目覚める前の記憶を無くしている。Dcomの実験施設にもいなかった為、エリックから黒幕ではないかと疑われる。
ミラ
声 - 坂本真綾
露出度の高い服装をしている女性。面白そうだったからという理由で、Dcomの実験に参加した。エリックからは「天使」と呼ばれて慕われている。性格は冷静だが、人の死にも動じないドライな一面を見せることもある。
エリック
声 - 石田彰
ミラの恋人。ネブラスカアイスクリームショップの店員をしている青年。ミラについてくる形でDcomの実験に参加していた。極限的状況に置かれて、かなり焦っている。他人(特にミラ)の意見に流されることが多い。

Dチーム編集

ダイアナ
声 - 能登麻美子
Dチームのリーダー。穏やかな性格の女性。病院で看護師をしている。上司である看護師長・レベッカの勧めでDcomの実験に参加していた。
シグマ
声 - 小野大輔
前作『極限脱出ADV 善人シボウデス』の主人公。前作終了後の世界から世界救済のために行動していた。世界滅亡のきっかけとなった出来事を止めるため、茜の協力によりDcomの実験に参加した。精神上は外見以上に長期間経過しているため、やや時代がかった口調をしている。
ファイ
声 - 小見川千明
前作にも登場した、シグマと共に行動している女性。眼鏡をかけている。常に客観的に物事を判断し、それが彼女にとって合理的と判断されたのなら自己犠牲も厭わない。シグマの事情についても精通しているため、シグマのことを「ジジイ」と呼ぶ場面もある。

その他編集

ゼロ
黒い衣装に身を包んでペスト医師のような面をかぶった男。「2番目のゼロ」を自称している。ディシジョンゲームを仕掛けてきた張本人だが、地下シェルターでは録画によるビデオ通信のみで参加者にメッセージを伝える。
ガブ
Dcomの施設内にいた犬。別の区画に通じる通気口を通ることができる。参加者は首輪のカプセルにメッセージを入れて、チーム間の意思疎通を図ろうとする。

出典編集

外部リンク編集