ZIS-6ロシア語:ЗиС-6)は、ソビエト連邦の多目的6x4トラックで、2軸のトラックZIS-5を3軸へ増やしたものである。1933年-1941年の10月まで、ZiS(Automotive Factory No. 2 Zavod imeni Stalina)によって製造され、総生産台数は21,239台におよぶ。

ZIS-6を車台に使用したBM-13 カチューシャ

単純な構造で信頼性の高い車台は、さまざまな用途に合わせてボディを装備して使用された。一例としてはサーチライトトラックや移動工房などがある。特によく知られたものは、1941年7月に実行された多連装ロケット砲としての利用である。また、非常に少数ではあるが、ZIS-6は今日まで残存している。

第二次世界大戦の間、ZIS-6の車台は「スターリンオルガン」として知られるBM-13 カチューシャ多連装ロケット砲に用いられた。また、赤色空軍の航空燃料給油車であるBZ-ZIS-6のベースにも用いられた。


主要諸元編集

  • 6x4, 3軸 2.5トン(舗装路4トン)
  • ZIS-5ベースのトラック
  • ボア/ストローク:101.6/114.3mm
  • ホイールベース:3,360mm+1,080mm
  • タイヤ:34x7インチ

画像編集

関連項目編集

外部リンク編集

  ウィキメディア・コモンズには、ZIS-6に関するカテゴリがあります。