○○の父一覧 さ行

○○の父一覧 > ○○の父一覧 さ行

○○の父一覧 さ行(まるまるのちちいちらん さぎょう)は、日本語版ウィキペディアの記事「○○の父一覧」に存在する「〇〇の父」と比喩的に呼ばれている人物の内、さ行に分類される人物の一覧である。

編集

編集

編集

編集

編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Carsey, Marcy; Werner, Tom (1998年12月7日). “Father Of Broadcasting DAVID SARNOFF” (英語). Time. ISSN 0040-781X. http://content.time.com/time/magazine/article/0,9171,989773,00.html 2020年11月26日閲覧。 
  2. ^ radikoの登場と「ラジオ携帯」の意味変容 ─ラジオの移動から遍在へ─”. 2020年11月26日閲覧。
  3. ^ インターネットの世界を変えた24人” (日本語). Webクリエイターボックス. 2020年10月6日閲覧。
  4. ^ 「インターネットの父」ヴィントン・サーフ氏が語るインターネット40年と未来” (日本語). TechTargetジャパン. 2020年10月6日閲覧。
  5. ^ インターネットの父 ヴィントン・サーフ氏に 慶應義塾大学名誉博士の称号を授与”. 2020年10月6日閲覧。
  6. ^ Inc, mediagene (2011年3月24日). “Mac OS Xの父 Bertrand氏、Appleを去る” (日本語). www.gizmodo.jp. 2020年10月6日閲覧。
  7. ^ Company, The Asahi Shimbun. “日本が世界に先駆けてつくった国立健康・栄養研究所が100周年 - 阿部圭一|論座 - 朝日新聞社の言論サイト” (日本語). 論座(RONZA). 2021年9月4日閲覧。
  8. ^ 並松信久「栄養学の形成と佐伯矩」『京都産業大学論集. 社会科学系列』第34号、京都産業大学、2017年3月、 25-53頁、 ISSN 0287-9719NAID 1200063689062021年10月10日閲覧。
  9. ^ 森本栄浩 (2014年1月30日). “沖縄勢の躍進と強さの秘密”. Yahoo!ニュース. https://news.yahoo.co.jp/byline/morimotoshigehiro/20140130-00032137 2022年5月22日閲覧。 
  10. ^ “自由ケ丘 初出場 指揮官は「沖縄高校野球の父」の長男”. スポニチ. (2013年7月28日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/07/28/kiji/K20130728006307980.html 2022年5月22日閲覧。 
  11. ^ 堅田剛「フォイエルバッハとサヴィニー : 法典論争外伝」『独協法学』第93号、獨協大学法学会、2014年4月、 153-185頁、 ISSN 0389-9942NAID 1200054591892021年6月20日閲覧。
  12. ^ JheringRudolf von, 平田公夫「翻訳 ルードルフ・フォン・イェーリング「ビスマルクとサヴィニーの想い出」(未発表の遺稿)」『岡山大学法学会雑誌』第57巻第2号、岡山大学法学会、2007年12月、 477-490頁、 ISSN 03863050NAID 120005232394
  13. ^ 国際私法における当事者意思の位置づけについて”. 国際私法学会. 2021年2月22日閲覧。
  14. ^ B1F サヴィニーミュージアム”. 学校法人桐蔭学園. 2021年2月22日閲覧。
  15. ^ Marilen Andrist (1998). Mexico. Hunter Publishing, Inc. pp. 110. ISBN 9783886181193. https://books.google.com/books?id=iWYM-xq3p6AC&pg=PA110 
  16. ^ サウザの歴史”. サントリー. 2021年2月25日閲覧。
  17. ^ 朝日新聞. (2016年6月14日). https://www.asahi.com/sp/articles/ASJ6G5QGTJ6GPLZU005.html+2021年2月19日閲覧。 
  18. ^ “高校球児のタバコ、「連帯責任」は時代錯誤か”. 東洋経済オンライン. (2016年8月14日). https://toyokeizai.net/articles/-/130948?page=2 2020年2月19日閲覧。 
  19. ^ みやこ町 堺 利彦(さかい としひこ) 1870年~1933年”. www.town.miyako.lg.jp. 2020年10月16日閲覧。
  20. ^ Company, The Asahi Shimbun. “朝日新聞デジタル:(291)堺利彦顕彰碑 - 福岡・北九州 - 地域” (日本語). www.asahi.com. 2020年10月16日閲覧。
  21. ^ 序章 竜馬の飛沫”. 国土交通省 北海道開発局. 2021年9月4日閲覧。
  22. ^ 仙頭竜也 (2017年1月4日). “アマゾン開拓の父 崎山比佐衛の企画展”. 高知新聞 
  23. ^ 白井暢明「高知県民の北海道開拓 : 北見・北光社を中心に」『札幌大学総合研究』第2巻、2011年3月、 201-220頁、 NAID 1200055484572021年10月10日閲覧。
  24. ^ 常設展”. 金沢ふるさと偉人館. 2021年9月1日閲覧。
  25. ^ 第5回化学遺産認定”. 日本化学会. 2021年9月1日閲覧。
  26. ^ “スカイラインの父と呼ばれた櫻井眞一郎氏が死去”. CarWatch. (2011年1月21日). https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/421847.html 2021年2月19日閲覧。 
  27. ^ 「スカイラインの父」櫻井眞一郎氏のコダワリ満載! オーテック製チューンド|88年式 日産 スカイラインGTS オーテックバージョン Vol.1”. Nosweb.jp. 2021年2月19日閲覧。
  28. ^ 欠端大林 (2021年9月18日). “「黒い霧事件」「大相撲八百長事件」と同レベルの不祥事がなぜ…? ボートレース界から八百長が消えない“決定的理由””. 文春オンライン. https://bunshun.jp/articles/-/48462?page=1 2022年5月22日閲覧。 
  29. ^ ANEST IWATA NEWS 1999 winter”. アネスト岩田. 2022年5月22日閲覧。
  30. ^ “「北大の父」偉業を紹介 佐藤昌介没後80年で記念誌【花巻】”. 岩手日日新聞社. (2019年9月27日). https://www.iwanichi.co.jp/2019/09/27/372944/ 2021年9月4日閲覧。 
  31. ^ 佐藤昌介-北大の牽引者”. 北海道大学. 2021年9月4日閲覧。
  32. ^ 蝦名賢造 『北海道大学の父 佐藤昌介伝』西田書店、2007年11月1日。ISBN 978-4-88866-476-9 
  33. ^ “メキシコ演劇の父・佐野碩の生涯に再び光”. 日本経済新聞. (2016年2月4日). https://r.nikkei.com/article/DGKKZO96867850T00C16A2BC8000?s=5 2020年11月20日閲覧。 
  34. ^ 佐野碩 人と仕事 1905-1966”. 藤原書店. 2020年11月20日閲覧。
  35. ^ 海外から来訪した著名人 | ピース・ミュージアム”. hiroshimapeacemedia.jp. 2020年10月6日閲覧。
  36. ^ 石川清隆コラム │ 石川綜合法律事務所”. kiyotaka-ishikawa-law.com. 2020年10月6日閲覧。
  37. ^ アンドレイ, サハロフ 不二夫 金光, 晃三 木村訳. ペレストロイカの父として. https://www.amazon.co.jp/%E3%83%9A%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%82%AB%E3%81%AE%E7%88%B6%E3%81%A8%E3%81%97%E3%81%A6-%E3%82%B5%E3%83%8F%E3%83%AD%E3%83%95%E5%9B%9E%E6%83%B3%E9%8C%B2-%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AC%E3%82%A4-%E3%82%B5%E3%83%8F%E3%83%AD%E3%83%95/dp/4643900938 
  38. ^ それでも地球は回っているーの信念を”. 国際協力機構. 2020年11月20日閲覧。
  39. ^ 20191218”. 2020年11月20日閲覧。
  40. ^ エスペラントの父 ザメンホフ”. 岩波書店. 2021年2月25日閲覧。
  41. ^ 吉植庄栄「インドの図書館運動史 : 二人の父 : サヤジラオ3世とS.R.ランガナタン」『図書館文化史研究』第31号、日外アソシエーツ ; 1996-、2014年、 49-85頁、 ISSN 1342-6761NAID 400202271062021年6月20日閲覧。
  42. ^ 小山孝一郎「アジア・太平洋地域の宇宙教育の現状」『日本航空宇宙学会誌』第53巻第615号、日本航空宇宙学会、2005年4月、 108-111頁、 doi:10.14822/kjsass.53.615_108ISSN 00214663NAID 100155033202020年11月13日閲覧。
  43. ^ わが国の国際宇宙ステーション”. 日本国際問題研究所. 2020年11月8日閲覧。
  44. ^ アルベルト・サントス-デュモン / Alberto・Santos-Dumontに関する最新記事|GQ JAPAN” (日本語). GQ JAPAN. 2020年10月8日閲覧。
  45. ^ アルベルト・サントス=デュモン” (日本語). Google Arts & Culture. 2020年10月8日閲覧。
  46. ^ “ラテン料理レストラン『TORO TOKYO(トロ トーキョー)』リチャード・サンドバル氏来日記念フェア、10月17日~11月30日に開催”. 産経新聞. (2019年10月15日). https://www.sankei.com/smp/economy/news/191015/prl1910150384-s1.html 2020年11月21日閲覧。 
  47. ^ Why Toro Toro's Richard Sandoval is the 'father of modern Mexican cuisine'”. TimeOut. 2020年11月21日閲覧。
  48. ^ Jivaka Komarabhacca”. www.traditionalbodywork.com. 2021年2月27日閲覧。
  49. ^ 古谷暢基. “ルーシーダットンとアーユルヴェーダの関係、およびハタヨガへの系譜”. 日本ルーシーダットン普及連盟. 2021年2月27日閲覧。
  50. ^ 日本近代医学の父・シーボルト|長崎で活躍した外国人”. あっ!とながさき. 2021年10月1日閲覧。
  51. ^ Barron, James (2013年2月19日). “Why the School Bus Never Comes in Red or Green”. City Room. 2021年3月19日閲覧。
  52. ^ Watson, R.J.; Watson, R.S. (2002). The School as a Safe Haven. Greenwood Publishing Group. pp. 30–31. ISBN 978-0-89789-900-0. https://books.google.com/books?id=uNbd6oIXm0MC&pg=PA30 2021年3月19日閲覧。 
  53. ^ 淀川長治の言葉から見るベルイマン作品「スウェーデン映画は神」”. Fika. 2020年11月20日閲覧。
  54. ^ “「トーキョーノーザンライツフェスティバル2014」開催 「ムーミン」作者生誕100周年特集”. 映画.com. (2014年1月21日). https://eiga.com/news/20140121/3/ 2020年11月20日閲覧。 
  55. ^ 三訂版,世界大百科事典内言及. “ジェファソンとは” (日本語). コトバンク. 2020年10月16日閲覧。
  56. ^ トランプ氏、バイデン氏と、「アメリカ建国の父」トーマス・ジェファーソン | 研究活動” (日本語). 東京財団政策研究所. 2020年10月16日閲覧。
  57. ^ How did Edward Jenner test his smallpox vaccine?” (英語). 2021年2月22日閲覧。
  58. ^ 李啓充. “アウトブレイク(5)”. 医学書院. 2021年2月22日閲覧。
  59. ^ ヘリコプターの父”. 航空の現代. 2020年11月7日閲覧。
  60. ^ 第1次世界大戦の東部戦線で活躍した世界初の4発爆撃機“イリヤー・ムーロメツ”のフライトシム「Ilya Muromets」の早期アクセス版が発売”. doope!. 2020年11月7日閲覧。
  61. ^ 【球界高校人脈】西武・菊池雄星を生んだ岩手は屈指の“古豪県”” (日本語). ZAKZAK. 2020年10月6日閲覧。
  62. ^ 史記とは”. コトバンク. 2021年2月25日閲覧。
  63. ^ 司馬遷”. 国立情報学研究所『東洋文庫所蔵』貴重書デジタルアーカイブ. 2021年2月25日閲覧。
  64. ^ 第1回「開国の「父」たち」 | 歴史に学ぶ 父と呼ばれた日本人―近代日本を創った801人” (日本語). 2020年10月6日閲覧。
  65. ^ 第136号 日本資本主義の父・渋沢栄一に今学ぶべき事 - 無形文化財 鎚起銅器「玉川堂」” (日本語). 2020年10月6日閲覧。
  66. ^ 第91回 日本資本主義の父 渋沢栄一(しぶさわえいいち)と久喜:久喜市ホームページ”. www.city.kuki.lg.jp. 2020年10月6日閲覧。
  67. ^ 上山明博 『ニッポン天才伝─知られざる発明・発見の父たち』朝日選書、2007年9月7日。ISBN 9784022599292 
  68. ^ 琥珀の子 電気のおはなし第6話”. 森ノオト. 2022年5月21日閲覧。
  69. ^ 岸宏子 『小説・島津源蔵 親父よ』エフエー出版事業部、1993年5月。ISBN 4872080432 
  70. ^ “新幹線開発は苦難の連続だった 大阪に残る国鉄マンの遺構”. 産経ニュース. (2014年10月1日). https://www.sankei.com/smp/west/news/141001/wst1410010058-s.html 2021年2月25日閲覧。 
  71. ^ 新幹線の父 島秀雄”. ktymtskz.my.coocan.jp. 2021年2月25日閲覧。
  72. ^ “北海道開拓の父・島義勇、札幌で顕彰祭 佐賀から知事ら参加”. 佐賀新聞LIVE. (2019年4月22日). https://www.saga-s.co.jp/articles/365293 2020年11月7日閲覧。 
  73. ^ “「北海道開拓の父」島義勇を顕彰 札幌の基礎築いた佐賀藩士”. 西日本新聞. (2018年4月14日). https://www.nishinippon.co.jp/sp/item/o/408578/ 2020年11月7日閲覧。 
  74. ^ a b c 第14回「文明開化の父(2)」 | 歴史に学ぶ 父と呼ばれた日本人―近代日本を創った801人” (日本語). 2021年9月2日閲覧。
  75. ^ 【まちネタ】日本マッチ産業の父 清水誠の顕彰碑”. いいじ金沢. 2021年2月19日閲覧。
  76. ^ 米田昭二郎「日本燐寸工業の父 : 清水誠」『燐寸と清水誠の生涯』第44巻第1号、化学史研究、1999年、 NAID 110001829073
  77. ^ “台湾 独立運動の父100歳 中国の圧力に危機感=田中淳”. 週刊エコノミスト. (2018年12月3日). https://weekly-economist.mainichi.jp/articles/20181211/se1/00m/020/037000c 2021年2月25日閲覧。 
  78. ^ “台獨先驅史明逝世 享嵩壽103歲” (中国語). 自由時報. (2019年9月20日). https://news.ltn.com.tw/news/politics/breakingnews/2922245 2021年2月25日閲覧。 
  79. ^ 食べて地元を愛すルポ vol.1「アスパラガス」”. 北海道電力. 2021年5月4日閲覧。
  80. ^ 西東秋男編 『日本食文化人物事典 人物で読む日本食文化史』筑波書房、2005年4月8日、159頁。ISBN 978-4-8119-0278-4 
  81. ^ 多田羅浩三「現代公衆衛生の思想的基盤」『日本公衆衛生雑誌』第56巻第1号、日本公衆衛生学会、2009年、 3-17頁、 doi:10.11236/jph.56.1_32020年10月8日閲覧。
  82. ^ 新型コロナウイルス感染と民主主義の力 -日本国憲法が示す公衆衛生社会への道-”. 2020年10月7日閲覧。
  83. ^ デジタル世界の基礎を築いたアインシュタイン以上の天才数学者 『クロード・シャノン 情報時代を発明した男』” (日本語). J-CAST BOOKウォッチ (2020年9月7日). 2020年10月8日閲覧。
  84. ^ 『クロード・シャノン 情報時代を発明した男』 | 『定年後の仕事は40代で決めなさい』ほか” (日本語). 週刊東洋経済プラス. 2020年10月8日閲覧。
  85. ^ 4月 30日 アメリカの数学者、C・シャノン誕生(1916年)(ブルーバックス編集部)”. ブルーバックス | 講談社 (2020年4月30日). 2020年10月8日閲覧。
  86. ^ 謝花昇(偉人)”. やえせ観光サイト. 2020年11月7日閲覧。
  87. ^ “自由民権の父を偲ぶ/謝花昇110回忌奉納祭”. 沖縄タイムス+プラス. (2018年11月8日). https://www.okinawatimes.co.jp/341853 2020年11月7日閲覧。 
  88. ^ “【シャロン元首相死去】評伝 剛腕で知られた「入植者の父」”. 産経ニュース. (2014年1月12日). https://www.sankei.com/smp/world/news/140112/wor1401120026-s.html 2021年2月26日閲覧。 
  89. ^ Ariel Sharon's Legacy is Deeply Disturbing” (英語). www.hrw.org. 2021年2月26日閲覧。
  90. ^ 馬場匡浩「図書館特別資料紹介 古代エジプトの稀覯本--シャンポリオン『エジプトとヌビアの記念物』」『図書の譜』第15号、明治大学図書館、2011年3月、 37-45頁、 ISSN 1342808XNAID 1200052599802021年6月20日閲覧。
  91. ^ シャンポリオン博物館”. メゾン・デ・ミュゼ・デュ・モンド. 2020年11月7日閲覧。
  92. ^ 日本のコンビニに感銘、セブン導入…「台湾流通業の父」が見た昭和と平成 (2019年4月28日)” (日本語). エキサイトニュース. 2020年10月6日閲覧。
  93. ^ 日経クロストレンド. “台湾「流通の父」 徐重仁の教え” (日本語). 日経クロストレンド. 2020年10月6日閲覧。
  94. ^ Jhoon Rhee, 'father of American Taekwondo,' dies at age 86” (英語). NBC News. 2020年11月26日閲覧。
  95. ^ History ジークンドーの歴史 | JEET KUNE DO ASIA / JAPAN” (日本語). 2020年11月26日閲覧。
  96. ^ Пять главных открытий "отца русской авиации" Жуковского” (ロシア語). RGRU. 2021年2月22日閲覧。
  97. ^ "Father of Russian Aviation"”. TOPWAR. 2021年2月22日閲覧。
  98. ^ Wilhelm Steinitz - The Father of Modern Chess” (英語). www.learn-and-play-online-chess.com. 2020年10月7日閲覧。
  99. ^ Wilhelm Steinitz Facts”. biography.yourdictionary.com. 2020年10月7日閲覧。
  100. ^ まえがき”. 共立出版. 2020年11月7日閲覧。
  101. ^ 無限の可能性を秘めたポリマー”. ケムステ. 2020年11月7日閲覧。
  102. ^ Bach Collegium Japan 「シュッツってどんなひと?」第1回”. bachcollegiumjapan.org. 2020年10月6日閲覧。
  103. ^ ビールと音楽の美味しい関係 9杯目”. 音楽っていいなぁ、を毎日に。| Webマガジン「ONTOMO」. 2020年10月6日閲覧。
  104. ^ ヨハン シュトラウス[子] - 教育芸術社” (日本語). 2020年10月6日閲覧。
  105. ^ シュトラウス一家について”. 2020年10月6日閲覧。
  106. ^ 全日本スキー連盟 『日本スキー過程』山と渓谷社、2018年10月17日、9-10頁。ISBN 978-4-635-46021-7 
  107. ^ シュナイダー記念塔”. 信州菅平高原スノーリゾート シュナイダーゲレンデ. 2021年9月5日閲覧。
  108. ^ 山下和也. “カントとシュペーナー ― 批判哲学と敬虔主義神学―”. 日本カント協会. 2021年2月26日閲覧。
  109. ^ 千葉徳夫「絶対主義時代のドイツにおける小国の理念--ゼッケンドルフの政治的著作を中心として〔付 ゼッケンドルフ文献目録〕」『法律論叢』第64巻5-6、明治大学法律研究所、1992年3月、 73-143頁、 ISSN 03895947NAID 1200052581702021年6月20日閲覧。
  110. ^ Father of modern pharmacology”. HISTORY OF MEDICINE. 2020年11月20日閲覧。
  111. ^ Lightman, Alan P. (2005). The discoveries: great breakthroughs in twentieth-century science, including the original papers. Toronto: Alfred A. Knopf Canada. pp. p.178. ISBN 0676977898 
  112. ^ 久保鈴子 『カラー図解 薬理学の基本がわかる事典』西東社、2011年。ISBN 978-4-79-161795-1 
  113. ^ Tucker, Jonathon (2006). War of Nerves: Chemical Warfare From World War I to Al-Qaeda. Pantheon Books. ISBN 0-375-42229-3. https://archive.org/details/warofnerveschemi00tuck 
  114. ^ Gerhard Schrader: Father of the Nerve Agents” (英語). CHE. 2021年2月24日閲覧。
  115. ^ 神学部主催基督教研究会公開講演会「シュライアマハ その神学の構造」” (日本語). 2020年10月8日閲覧。
  116. ^ シュライエルマッハーとは” (日本語). コトバンク. 2020年10月8日閲覧。
  117. ^ ギリシア考古学の父 シュリーマン ―初公開!ティリンス遺跡原画の全貌―”. 2021年8月31日閲覧。
  118. ^ 横浜市記者発表資料「ギリシア考古学の父 シュリーマン」”. 2021年8月31日閲覧。
  119. ^ 気象研究所の職員 口頭発表”. 2020年10月7日閲覧。
  120. ^ 哲, 山本 (2017-03-10). 日本国家気象事業の父:気象観測者ヘンリー・バトソン・ジョイナー―イングランド・日本・ブラジル―. https://confit.atlas.jp/guide/event/jpguagu2017/subject/MZZ42-04/detail. 
  121. ^ 「プロ野球の父」正力松太郎氏 「原子力の父」という一面も” (日本語). NEWSポストセブン. 2020年10月6日閲覧。
  122. ^ 殿堂入りリスト|公益財団法人野球殿堂博物館”. 2020年10月6日閲覧。
  123. ^ 第75回 正力松太郎(その一)警察官僚にしてプロ野球の父、テレビ放送の父、原子力の父”. 現代ビジネス. 2020年10月6日閲覧。
  124. ^ 宝島sugoi文庫 日本テレビとCIA” (日本語). 2020年10月6日閲覧。
  125. ^ ~軽井沢の別荘文化と歴史に触れる~ 軽井沢歴史ウォーク”. 軽井沢トラベル&コンサルティング. 2021年2月22日閲覧。
  126. ^ 図書館リニューアルオープン”. 学校法人 金城学院. 2021年2月22日閲覧。
  127. ^ Murgai, Puja (2018年1月12日). “5 facts about 'the true father of the U.S. Navy'” (英語). Military Times. 2020年10月9日閲覧。
  128. ^ John Paul Jones: Sailor, Hero, Father of the American Navy JOHN PAUL JONES -LIB 12D”. 2020年10月9日閲覧。
  129. ^ 天才たちの物理学”. www.museumpreneurs.org. 2020年10月6日閲覧。
  130. ^ Entrance, E.-ZUKA Event (2018年6月29日). “トランジスタの日” (日本語). 2020年10月6日閲覧。
  131. ^ トランジスタの歴史①~悔しさが生み出した世界を変える大発明~”. 2020年10月6日閲覧。
  132. ^ Plaza, Ignacio Mártil de la (2018年4月9日). “William Shockley and the Invention of the Transistor” (英語). OpenMind. 2020年10月6日閲覧。
  133. ^ 海部美知. “日本人は知らない、シリコンバレーの金持ちが必ずやっている「金の増やし方」”. 現代ビジネス. 2021年9月6日閲覧。
  134. ^ Antonio Carlos Jobim/アントニオ・カルロス・ジョビン 素晴らしきボサノヴァの世界”. tower.jp. 2020年10月6日閲覧。
  135. ^ ボサノヴァの父、作った曲の9割は… | J-WAVE NEWS” (日本語). 2020年10月6日閲覧。
  136. ^ Leó Szilárd: A Forgotten Father of the Atomic Bomb” (英語). Priceonomics. 2020年10月8日閲覧。
  137. ^ Staff, Gilroy Dispatch (2005年8月12日). “The father of the atomic bomb” (英語). Gilroy Dispatch. 2020年10月8日閲覧。
  138. ^ 【追悼】”ボサノヴァの父” ジョアン・ジルベルト”. 2020年10月6日閲覧。
  139. ^ ボサノヴァの父、ジョアン・ジルベルトが88歳で死去 | NEWS” (日本語). MUSIC LIFE CLUB. 2020年10月6日閲覧。
  140. ^ J・ジルベルト氏が死去 歌手「ボサノバの父」” (日本語). 日本経済新聞 (2019年7月7日). 2020年10月6日閲覧。
  141. ^ 【Vol.79】イタリア有機農業の父 「ジロロモーニ」 - プレマのニュースレター らくなちゅらる通信WEB”. prema.binchoutan.com. 2020年10月7日閲覧。
  142. ^ 【インタビュー】イタリア年率1割増、日本の意識変化に期待 | 健康産業新聞” (日本語). www.kenko-media.com (2017年5月15日). 2020年10月7日閲覧。
  143. ^ 「ジロロモーニ有機スパゲッティ」があまりにおいしすぎて、“素パスタ”に開眼しちゃいました” (日本語). ライブドアニュース. 2020年10月7日閲覧。
  144. ^ 李離和 『人物 朝鮮の歴史』明石書店、2000年11月、441頁。ISBN 978-4-7503-1349-8 
  145. ^ パンソリとは”. コトバンク. 2021年9月10日閲覧。
  146. ^ 深町 宏樹. Jaswant Singh,JINNAH: India-Partition-Independence. 
  147. ^ 三訂版,世界大百科事典内言及. “ジンナーとは” (日本語). コトバンク. 2020年11月2日閲覧。
  148. ^ 江湖良二 (2020年8月19日). “香川)道標が導く、遍路道の成立 江戸期の1基を公開”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/sp/articles/ASN8L6WNDN8GPTLC01T.html 2021年9月6日閲覧。 
  149. ^ 「四国遍路」1200周年、海外から注目される日本の巡礼”. nippon.com. 2021年9月6日閲覧。
  150. ^ 「広辞苑の父」新村出博士”. 2020年10月7日閲覧。
  151. ^ 「広辞苑の父」 平凡が身上” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2020年10月7日閲覧。
  152. ^ “トムラウシ開拓の父・菅野光民氏死去から100年 新得”. 十勝毎日新聞. (2018年6月6日). https://kachimai.jp/article/index.php?no=430383&display=sm 2021年9月4日閲覧。 
  153. ^ 三訂版,世界大百科事典内言及. “スカルノとは” (日本語). コトバンク. 2020年10月7日閲覧。
  154. ^ 山崎功著, 後藤乾一. “スカルノ : インドネシア「建国の父」と日本”. 東京外国語大学附属図書館OPAC. 2020年10月7日閲覧。
  155. ^ 三菱電機FA 第1回 先人に学ぶ 杉山龍丸 インドで緑地化に献身したグリーン・ファーザー 文化・教養 FA 羅針盤” (日本語). www.mitsubishielectric.co.jp. 2020年10月11日閲覧。
  156. ^ 杉山龍, 丸; 杉山満, 丸. グリーンファーザーの青春譜 ―― ファントムと呼ばれた士(サムライ)たち. https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%81%AE%E9%9D%92%E6%98%A5%E8%AD%9C-%E2%80%95%E2%80%95-%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%A0%E3%81%A8%E5%91%BC%E3%81%B0%E3%82%8C%E3%81%9F%E5%A3%AB-%E3%82%B5%E3%83%A0%E3%83%A9%E3%82%A4-%E3%81%9F%E3%81%A1/dp/4906917399 
  157. ^ 第12回「殖産興業の父(2)」 | 歴史に学ぶ 父と呼ばれた日本人―近代日本を創った801人” (日本語). 2021年8月28日閲覧。
  158. ^ Champaneria, Manish C.; Workman, Adrienne D.; Gupta, Subhas C. (2014-07). “Sushruta: Father of Plastic Surgery” (英語). Annals of Plastic Surgery 73 (1): 2-7. doi:10.1097/SAP.0b013e31827ae9f5. ISSN 0148-7043. https://journals.lww.com/annalsplasticsurgery/Abstract/2014/07000/Sushruta__Father_of_Plastic_Surgery.2.aspx. 
  159. ^ まずはこれだけは知っておこう!―インクレディブルインディア―”. 2020年10月8日閲覧。
  160. ^ Inc, Aetas. “日本ボードゲーム界の父,鈴木銀一郎氏が語る「ハーツ オブ アイアンII」のやめられない魅力” (日本語). www.4gamer.net. 2020年10月8日閲覧。
  161. ^ 青いバラ”. 岩波書店. 2021年9月1日閲覧。
  162. ^ File95 薔薇(ばら)”. 美の壺. NHK. 2021年9月1日閲覧。
  163. ^ 歴史”. 森町ホームページ. 2020年11月8日閲覧。
  164. ^ 「日本製糖業の父 鈴木藤三郎の足跡」”. はまぞう. 2020年11月8日閲覧。
  165. ^ 今なお輝く流通金言録その1 コンビニの父が残した言葉 _小売・物流業界 ニュースサイト【ダイヤモンド・チェーンストアオンライン】” (日本語). 小売・流通業界で働く人の情報サイト_ダイヤモンド・チェーンストアオンライン (2019年9月25日). 2020年10月6日閲覧。
  166. ^ 久美子, 冨岡 (2019年11月26日). “【江上剛】セブンの父・鈴木敏文退任の裏側”. NewsPicks. 2020年10月6日閲覧。
  167. ^ 鈴木三重吉 | 成田ゆかりの人物 | 成田市立図書館デジタル資料”. www.library.city.narita.lg.jp. 2020年10月6日閲覧。
  168. ^ BS朝日「あらすじ名作劇場」” (日本語). www.bs-asahi.co.jp. 2020年10月6日閲覧。
  169. ^ デイビット・E・ナイ 『アメリカのブラックアウト変遷史』、松本 栄寿(訳)オーム社、2020年2月25日、87頁。ISBN 978-4-274-50743-4 
  170. ^ 今週『ららら♪クラシック』は「スタイナーの“風と共に去りぬ”」!” (日本語). MUSIC GUIDE ミュージックガイド (2020年6月3日). 2021年8月9日閲覧。
  171. ^ 「おもてなしの精神」とは何か”. 2022年5月22日閲覧。
  172. ^ ケニー・奥谷. “誰もが旅を楽しむ時代をいち早く見据えていた「近代ホテルの父」の生涯”. トリップエディター. 2022年5月22日閲覧。
  173. ^ アメリカ近代ホテルの父・スタトラー”. ホテリスタ. 2022年5月22日閲覧。
  174. ^ “近代写真の父、アルフレッド・スティーグリッツの写真展NYで開催”. ニューヨーク経済新聞. (2010年9月20日). https://newyork.keizai.biz/headline/252/ 2020年11月20日閲覧。 
  175. ^ アルフレッド・スティーグリッツとその仲間たち”. 東京都写真美術館. 2020年11月17日閲覧。
  176. ^ スティーグリッツ”. コトバンク. 2020年11月20日閲覧。
  177. ^ 矢島真澄美「ハーバート・ジョージ・ポンティングの写した日本 -自然を題材とした写真の考察-」『国際文化研究』第19号、東北大学国際文化学会、2013年3月、 117-130頁、 ISSN 1341-0709NAID 1200053054912021年6月20日閲覧。
  178. ^ [蒸気機関車誕生への道 不遇の天才トレヴィシック [Richard Trevithick]]” (日本語). Onlineジャーニー. 2020年10月7日閲覧。
  179. ^ 世界初の地下鉄がキュウリに例えられた理由 | 海外” (日本語). 東洋経済オンライン (2018年4月8日). 2020年10月7日閲覧。
  180. ^ 鉄道の歴史を変えた「蒸気機関車の父」ジョージ・スチーブンソンとはどのような人物? | tabiyori どんな時も旅日和に” (日本語). tabiyori[タビヨリ]. 2020年10月7日閲覧。
  181. ^ 佐藤優 『人物で読み解く世界史365人』新星出版社、2020年11月10日、43頁。ISBN 978-4-405-10811-0 
  182. ^ ストラボンとは”. コトバンク. 2022年5月22日閲覧。
  183. ^ “スポーツに高潔を求めて(1) 不祥事続くオリンピック 今こそ「ストレンジが伝えた精神」を考えてみては”. 産経ニュース. (2016年4月26日). https://www.sankei.com/smp/column/news/160426/clm1604260007-s1.html 2021年2月22日閲覧。 
  184. ^ 古城庸夫「F・W・ストレンジ(Frederick William Strange)の署名に関する研究」『江戸川大学紀要』第25号、江戸川大学、2015年3月、 77-81頁、 NAID 1200056073252021年6月20日閲覧。
  185. ^ F・W・ストレンジ氏 生誕160周年の会を開催致しました”. 日本陸上競技連盟公式サイト. 2021年2月22日閲覧。
  186. ^ IDESコラム vol. 7”. www.mhlw.go.jp. 2020年10月12日閲覧。
  187. ^ 宮崎県で発生した口蹄疫発生状況を追って”. 2020年10月12日閲覧。
  188. ^ William Dube (2009年9月25日). “Inventor Frank Sprague, 'The Father of Electric Traction'” (英語). Rochester Institute of Technology. 2021年2月26日閲覧。
  189. ^ 伊藤健市「IRTストライキと全国市民連盟」『關西大學商學論集』第62巻第3号、關西大學商學會、2017年12月、 19-72頁、 ISSN 0451-3401NAID 1200063784272021年6月20日閲覧。
  190. ^ スプレーグとは”. コトバンク. 2021年2月26日閲覧。
  191. ^ 「経済学の父」アダム・スミスが教える21世紀にも役立つ「生きるヒント」” (日本語). PRESIDENT Online(プレジデントオンライン) (2016年4月23日). 2020年10月6日閲覧。
  192. ^ 日本経済新聞社・日経BP社. “経済学の父、アダム・スミスと考える「幸せ」の処方箋|ブック|NIKKEI STYLE” (日本語). NIKKEI STYLE. 2020年10月6日閲覧。
  193. ^ スミス(Edward Elmer Smith)とは”. コトバンク. 2021年2月26日閲覧。
  194. ^ Triplanetary by E. E. 'Doc' Smith, Science Fiction, Adventure, Space Opera” (英語). dicksmith. 2021年2月26日閲覧。
  195. ^ 世界を変えた地図:ウィリアム・スミスと地質学の誕生”. 2020年11月20日閲覧。
  196. ^ 3月23日 地質学者ウィリアム・スミスが生まれる(1769年)”. ブルーバックス. 2020年11月20日閲覧。
  197. ^ ホーランド・スミス” (日本語). Google Arts & Culture. 2020年10月10日閲覧。
  198. ^ Holland McTyeire Smith” (英語). Encyclopedia of Alabama. 2020年10月10日閲覧。
  199. ^ 塩原直美の「あんな古都、こんな古都 京都物語」第7回目”. 風戸47. 2020年11月7日閲覧。
  200. ^ 角倉了以(すみのくらりょうい)”. 京都通百科事典. 2020年11月7日閲覧。
  201. ^ 根津禎 (2019年8月30日). “「自動運転の父」が目指す、「空飛ぶクルマ」による移動革命”. 日経XTECH. https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00001/02797/ 2021年2月22日閲覧。 
  202. ^ “自動運転車の父” セバスチアン・スランの新プロジェクトは「食事の準備」?”. BUSINESS INSIDER JAPAN. 2021年2月22日閲覧。
  203. ^ Everett et al. (Slater Study Group) (2006) "Samuel Slater – Hero or Traitor?" Milford, Derbyshire: Maypole Promotions
  204. ^ 発明家や発明を支えた人々を何人知っているかな”. 経済産業省北海道経済産業局. 2022年5月25日閲覧。
  205. ^ サミュエル スレイターとは”. コトバンク. 2022年5月25日閲覧。
  206. ^ アメリカ経営史最近 一〇年 の成果”. 2022年5月25日閲覧。
  207. ^ 農業における新しいパラダイム”. 国際農林業協働協会. 2021年8月31日閲覧。
  208. ^ インドのスワミナタン研究財団に資金供与”. 三菱商事. 2021年8月31日閲覧。
  209. ^ “印、22年までに農民所得倍増 近代化に予算積極投入”. SankeiBiz. (2016年5月4日). https://www.sankeibiz.jp/smp/macro/news/160504/mcb1605040500006-s2.htm 2021年8月31日閲覧。 
  210. ^ 【北國新聞】121002水産業の父の魚類図、加賀藩出身の関澤明清”. 安房文化遺産フォーラム. 2022年5月18日閲覧。
  211. ^ 海の向こうから鱒が来た : 西洋鱒移殖小史(第2章)日本水産業の父 関澤明清”. 2022年5月18日閲覧。
  212. ^ 【日本水産業の父・水産業近代化の父】関沢明清(せきざわ・あききよ)・石川の偉人”. 郷土の偉人. 2022年5月18日閲覧。
  213. ^ 関根金次郎 : 人物データ&資料一覧 | 資料データベース | 野田市郷土博物館・市民会館”. 野田市郷土博物館・市民会館 - 資料データベース. 2020年10月6日閲覧。
  214. ^ 関根金次郎の碑と墓” (日本語). 野田市ホームページ. 2020年10月6日閲覧。
  215. ^ 「道こそ街の動脈」 大阪の父”. www.nikkenren.com. 2021年2月24日閲覧。
  216. ^ “88年前の都構想と正反対 大阪市大・加茂利男名誉教授”. 朝日新聞. (2020年10月20日). https://www.asahi.com/sp/articles/ASNBM4QJLNBBPLZU006.html 2021年2月24日閲覧。 
  217. ^ アンドレス・セゴビア/Andres Segovia in Portrait”. tower.jp. 2020年10月6日閲覧。
  218. ^ 1.なぜ「近代絵画の父」と呼ばれたのか | セザンヌ展 | ポーラ美術館” (日本語). www.polamuseum.or.jp. 2020年10月8日閲覧。
  219. ^ セザンヌ―近代絵画の父、とは何か?”. www.sangensha.co.jp. 2020年10月8日閲覧。
  220. ^ “「行進曲の父」瀬戸口藤吉の生誕150周年 記念モニュメントが建立 鹿児島”. 西日本新聞. (2018年6月15日). https://www.nishinippon.co.jp/sp/item/n/424844/ 2021年2月22日閲覧。 
  221. ^ 瀬戸口藤吉翁記念行進曲コンクール”. 鹿児島県垂水市公式ウェブサイト. 2021年2月22日閲覧。
  222. ^ Vergara, Paolo. “Meet Fernando Sena, the man who taught Borlongan how to paint” (英語). ABS-CBN News. 2021年9月1日閲覧。
  223. ^ “銭村家の軌跡 野球と生きた日系米国人 <1> 広島の思い出”. 中国新聞. (2017年11月16日). http://www.hiroshimapeacemedia.jp/?p=78934 2017年12月27日閲覧。 
  224. ^ Otake, Gary T.. “A Century Of Japanese American Baseball”. National Japanese American Historical Society. 2021年2月22日閲覧。
  225. ^ 【トラムの窓から】蘭桂坊の父、カナダ籍捨て香港パスポート 香港・社会・事件” (日本語). NNA.ASIA. 2020年10月8日閲覧。
  226. ^ Meet the Father of Lan Kwai Fong ? Time Auction” (英語). timeauction.org. 2020年10月8日閲覧。
  227. ^ “東京造形大学で「国際アニメーション・デー」-ウクライナアニメの上映も”. 八王子経済新聞. (2010年10月26日). https://hachioji.keizai.biz/headline/706/ 2021年9月29日閲覧。 
  228. ^ “「中国宇宙開発の父」銭学森氏、北京で死去”. SciencePortal China. (2009年11月2日). https://spc.jst.go.jp/news/091101/topic_1_04.html 2020年11月8日閲覧。 
  229. ^ 宇宙開発と国際政治”. 岩波書店. 2020年11月8日閲覧。
  230. ^ 武上真理子. “シヴィル・エンジニアリングの語と 概念の翻訳 - 「市民の技術」とは何か”. 京都大学人文科学研究所. 2021年2月26日閲覧。
  231. ^ 武漢市江岸区、博物館2館が国家級に新規昇格”. CRJ. 2021年2月26日閲覧。
  232. ^ 感染制御の父 イグナッツ・ゼンメルワイス | 日本BD” (日本語). www.bdj.co.jp. 2020年10月7日閲覧。
  233. ^ 感染防ぐ「手指消毒」を導入したハンガリーの医師:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年10月7日閲覧。
  234. ^ 手を洗おう|犬山病院”. www.okeikai.or.jp. 2020年10月19日閲覧。
  235. ^ 日本医療政策機構 【開催報告】「センメルヴェイス生誕200周年顕彰胸像設置式典」(2018年11月14日)” (日本語). hgpi.org. 2020年10月19日閲覧。
  236. ^ 横田正夫 『教養のトリセツ 心理学』日本文芸社、2016年10月3日、212頁。ISBN 978-4-53-726144-8 
  237. ^ 発達”. 明桜大学. 2021年2月26日閲覧。
  238. ^ 博物館での学び”. 文化庁. 2021年2月26日閲覧。
  239. ^ 新幹線の父・十河信二~最後まで諦めなかった男の信念”. web歴史街道. 2020年11月7日閲覧。
  240. ^ 十河信二”. 向学新聞. 2020年11月7日閲覧。
  241. ^ ソシュールとは”. 2020年10月12日閲覧。
  242. ^ 「話がわかりやすい」人は一体何が違うのか | リーダーシップ・教養・資格・スキル” (日本語). 東洋経済オンライン (2017年2月21日). 2020年10月12日閲覧。
  243. ^ “小社会 中国革命の父といわれた孫文が1924年、神戸で...”. 高知新聞. (2018年8月12日). https://www.kochinews.co.jp/sp/article/206705/ 2021年2月26日閲覧。 
  244. ^ 小坂文乃. “辛亥革命100周年”. 日本国際問題研究所. 2021年2月26日閲覧。
  245. ^ かごしま黒豚の父”. 鹿児島県. 2021年2月26日閲覧。
  246. ^ 世界の「お札の顔」物語 異なる肖像を描いた国の事情”. 日経スタイル. 2021年10月2日閲覧。
  247. ^ パプアニューギニア独立国”. 外務省. 2021年10月2日閲覧。
  248. ^ 「2011年本田賞」表面科学の先駆的研究から触媒の高効率化等に貢献した米国カリフォルニア大学バークレー校のガボール・ソモルジャイ博士に本田財団が授与”. Honda. 2021年2月26日閲覧。
  249. ^ ガボール ソモルジャイとは”. コトバンク. 2021年2月26日閲覧。
  250. ^ 護人, 中沢 (1965-08). “技術の人-6-金属組織学の父クリフトン・ソルビー”. 金属 16: 89~94. https://iss.ndl.go.jp/books/R000000004-I8167587-00?locale=en. 
  251. ^ 竹村右「金属組織学の父 : Henry Clifton Sorby」『日本金属学会会報』第16巻第6号、日本金属学会、1977年、 373-378頁、 doi:10.2320/materia1962.16.373ISSN 0021-4426NAID 1300043493642021年10月10日閲覧。