○○の父一覧 た行

○○の父一覧 > ○○の父一覧 た行

○○の父一覧 た行(まるまるのちちいちらん たぎょう)は、日本語版ウィキペディアの記事「○○の父一覧」に存在する「〇〇の父」と比喩的に呼ばれている人物の内、た行に分類される人物の一覧である。

編集

編集

編集

編集

編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 【海部美知】シリコンバレーはどのように誕生したのか”. NEWS PICKS. 2021年9月6日閲覧。
  2. ^ 大湾秀雄. “フィールド・アイ”. 独立行政法人 労働政策研究・研修機構. 2021年9月6日閲覧。
  3. ^ 大木裕子「シリコンバレーの歴史 : 進化するクラスターのソーシャル・キャピタルに関する一考察 (山田昌孝名誉教授記念号)」『京都マネジメント・レビュー』第18巻、京都産業大学マネジメント研究会、2011年3月、 39-59頁、 ISSN 1347-53042022年4月28日閲覧。
  4. ^ 【ノルウェー】オスロ国立劇場周辺にあるおすすめ観光スポット20選!情報はこちらから - おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)” (日本語). TravelBook. 2020年10月8日閲覧。
  5. ^ ..J.C. Dahl. The Power of Nature | KODE...”. kodebergen.no. 2020年10月8日閲覧。
  6. ^ The landscape painters who invented Norway” (英語). Apollo Magazine (2019年5月4日). 2020年10月8日閲覧。
  7. ^ “(3)『大日本』『世界政治の中の日本』-英国発もう一つの「坂の上の雲」が描く国民の歴史”. 産経新聞. (2020年12月13日). https://special.sankei.com/a/life/article/20201213/0001.html 2021年2月25日閲覧。 
  8. ^ 高橋裕. “将来を支える人材育成には 何が必要か”. 日本工学会. 2021年2月25日閲覧。
  9. ^ 三訂版,世界大百科事典内言及. “ダイムラーとは” (日本語). コトバンク. 2020年10月16日閲覧。
  10. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ). “タイラーとは” (日本語). コトバンク. 2020年10月21日閲覧。
  11. ^ アニミズム発生論理思考”. 2020年10月21日閲覧。
  12. ^ 高木 兼寛|宮崎県郷土先覚者”. www.pref.miyazaki.lg.jp. 2020年10月12日閲覧。
  13. ^ 「ビタミンの父」の奮闘~明治時代に大流行した“脚気”はどんな病気か”. ニッポン放送 NEWS ONLINE. 2020年10月12日閲覧。
  14. ^ 療育の理念 - センター紹介 | 心身障害児総合医療療育センター”. www.ryouiku-net.com. 2020年10月10日閲覧。
  15. ^ 中井昭夫「「療育とは…」再考 : -環境の中で身体が脳を創り運動がこころを創る-」『脳と発達』第43巻第6号、日本小児神経学会、2011年11月、 432頁、 doi:10.11251/ojjscn.43.432ISSN 00290831NAID 100302909892020年11月4日閲覧。
  16. ^ 森山 治. 戦前期における我が国の肢体不自由児政策と高木憲 次の影響. 
  17. ^ 高木貞治 - 岩波書店. http://www.iwanami.co.jp/book/b226072.html 
  18. ^ 台湾医学衛生の父、高木友枝の伝染病対策”. 三田評論ONLINE. 2020年11月22日閲覧。
  19. ^ “日本時代に活躍した「台湾医学衛生の父」の像、日台の絆結ぶ”. exciteニュース. (2014年10月23日). https://www.excite.co.jp/news/article/Jpcna_CNA_20141023_201410230004/ 2020年11月22日閲覧。 
  20. ^ “ウォークマンの父”元ソニー副社長が、ソニースピリットを語る!講演会『時代の変化に対応し生き残る力』開催。”. valuepress. 2020年10月15日閲覧。
  21. ^ 【“ヤメソニー”インタビュー第2回】昔のソニーは「おもしろい」が設計の判断基準だった--福嶋修・アキュートロジック会長” (日本語). ダイヤモンド・オンライン. 2020年10月15日閲覧。
  22. ^ 1910-1956 「コカ・コーラ」の上陸”. 日本コカ・コーラ株式会社. 2021年9月3日閲覧。
  23. ^ 梅津恒介, 長谷川弘一「剣道における伝統と文化に関する研究(序論)」『会津大学文化研究センター研究年報』第24巻、会津大学、2017年、 25-51頁、 doi:10.15016/00000147ISSN 2189-92902022年4月28日閲覧。
  24. ^ 第8回 近代剣道と気”. 全日本剣道連盟. 2021年9月28日閲覧。
  25. ^ Kunimitsu Takahashi- The Father Of Drifting” (英語). Car Throttle. 2020年10月8日閲覧。
  26. ^ Kunimitsu Takahashi Honoured By Japanese Government For Lifelong Sporting Achievements - dailysportscar.com”. www.dailysportscar.com. 2020年10月8日閲覧。
  27. ^ a b c 第12回「殖産興業の父(2)」 | 歴史に学ぶ 父と呼ばれた日本人―近代日本を創った801人” (日本語). 2021年8月28日閲覧。
  28. ^ 特許と品種登録の観点からみた 東北の科学技術の歴史”. 日本弁理士会. 2021年10月8日閲覧。
  29. ^ 近代洋画の開拓者 高橋由一|京都国立近代美術館”. www.momak.go.jp. 2020年10月8日閲覧。
  30. ^ 高橋由一展/ 近代洋画の開拓者 高橋由一展 | レモン画翠” (日本語) (2012年6月20日). 2020年10月8日閲覧。
  31. ^ 20世紀最大のメディア「テレビ」を創ったひと、高柳健次郎博士の軌跡” (日本語). 東京工業大学. 2020年10月6日閲覧。
  32. ^ NHK. “高柳健次郎|NHK人物録” (日本語). NHK人物録 | NHKアーカイブス. 2020年10月6日閲覧。
  33. ^ “<2>「ウルトラマン」怪獣の父 高山良策(西桂町出身)悲哀と愛嬌 にじむ造形”. 山梨日日新聞. (2017年7月26日). https://www.sannichi.co.jp/article/2017/07/26/00210410 2021年2月26日閲覧。 
  34. ^ 大久保有規彦 (2005年10月31日). “GyaO、“怪獣の父”こと高山良策氏のドキュメンタリー番組を配信”. BBwatch. https://bb.watch.impress.co.jp/cda/news/11621.html 2021年2月26日閲覧。 
  35. ^ Sir James Douglas - BC Black History Awareness Society”. bcblackhistory.ca. 2020年10月8日閲覧。
  36. ^ Sir James Douglas | The Canadian Encyclopedia”. www.thecanadianencyclopedia.ca. 2020年10月8日閲覧。
  37. ^ 与野郷土資料館展示web解説(その18)「武井武氏とフェライト」”. さいたま市. 2021年3月18日閲覧。
  38. ^ 詳年譜1949”. SMD会. 2021年2月25日閲覧。
  39. ^ @MandolinMl (2021年1月23日). "資料館にはどんなものがあるの?第3話。" (ツイート). Twitterより2021年2月25日閲覧
  40. ^ 吉田成. 古写真の研究と保存. 
  41. ^ 敬七, 石黒 (1937). 写真の父ダゲール : 東西写真発明奇譚. 東京: 河出書房. https://iss.ndl.go.jp/books/R100000039-I001885992-00 
  42. ^ 松尾修 『竹澤長衛物語 南アルプス開拓の父』山と渓谷社、2012年11月23日。ISBN 978-4-635-34029-8 
  43. ^ “南アルプス開拓の父 竹澤長衛の珍しい写真見つかる”. 伊那谷ねっと. (2014年6月5日). https://ina-dani.net/topics/detail/?id=37113 2021年9月3日閲覧。 
  44. ^ 明治・大正の建築”. 京都府立図書館. 2021年2月26日閲覧。
  45. ^ 武田五一 コウモリマークを選んだ建築家”. 福山市. 2021年2月26日閲覧。
  46. ^ 京都市庁舎の沿革 2 現本庁舎の特色”. 京都市情報館. 2021年2月26日閲覧。
  47. ^ 吹田で「関西建築界の父」が設計した邸宅に出会った”. 阪急電鉄. 2021年2月26日閲覧。
  48. ^ 民謡雑学「東北民謡の父・武田忠一郎」”. いわての文化情報大辞典. 2020年11月8日閲覧。
  49. ^ 黒沢勉 『東北民謡の父・武田忠一郎伝』信山川社出版、1996年。 
  50. ^ 日本のウイスキーの父 竹鶴政孝 | ニッカウヰスキー80周年
  51. ^ ウイスキーの父 - アサヒビール
  52. ^ 国立国会図書館関西館 「日本酒の近代化と洋酒の国産化 ニッポンの酒造り」 展示資料解説講演会 「日本にウイスキーづくりを伝えた男」
  53. ^ 田澤義鋪について”. 一般財団法人 田澤記念館. 2021年2月26日閲覧。
  54. ^ “田澤義鋪生誕130年記念大会 「青年団の父」しのぶ”. 佐賀新聞live. (2015年7月29日). https://www.saga-s.co.jp/articles/-/60244 2021年2月26日閲覧。 
  55. ^ 4年生 社会科「日本整形外科の父」”. 足利市立東山小学校. 2020年10月8日閲覧。
  56. ^ 日本整形外科の歴史と田代家”. 2020年10月8日閲覧。
  57. ^ 「オール讀物」編集部. “<門井慶喜インタビュー>近代建築の父・辰野金吾が現代人に教えてくれること 『東京、はじまる』” (日本語). 文藝春秋BOOKS. 2020年10月16日閲覧。
  58. ^ BS朝日 - 東京駅100年の謎 近代建築の父・辰野金吾の暗号” (日本語). www.bs-asahi.co.jp. 2020年10月16日閲覧。
  59. ^ 「日本の魚類学の父」田中茂穂文書資料の分析による動物学黎明期の解読”. KAKEN. 2021年2月19日閲覧。
  60. ^ 魚類の多様性”. 東京大学総合研究博物館データベース. 2021年2月19日閲覧。
  61. ^ 動物分類学”. 高知大学. 2021年2月19日閲覧。
  62. ^ 田中舘愛橘のローマ字がつなげたドイツ人・クナウプ教授と岩手県二戸”. 慶應義塾大学日吉紀要刊行委員会. 2021年10月7日閲覧。
  63. ^ 夢プロジェクト 『常識として知っておきたい 世界を変えた天才科学者50人』河出書房新社、2007年7月19日。ISBN 978-4-309-49659-7 
  64. ^ 田中芳男と神宮の博物館”. 神宮の博物館. 2020年11月9日閲覧。
  65. ^ 田中芳男の海藻コレクション”. 日本藻類学会. 2020年11月9日閲覧。
  66. ^ 日本の博物館の父・田中芳男”. JAみなみ信州. 2020年11月9日閲覧。
  67. ^ 棚橋源太郎博物館学基本文献集成-青木豊”. www.amzon.com. 2021年2月19日閲覧。
  68. ^ 細樅雄貴「博物館の誕生は人と植物の関係に何をもたらしたのか―日本植物園史の再検討―」『生物学史研究』第98巻、日本科学史学会生物学史分科会、2019年、 59-61頁、 doi:10.24708/seibutsugakushi.98.0_59ISSN 0386-9539NAID 130007897808
  69. ^ 『博物館の世界、これまでとこれから』”. www.tdb-muse.jp. 2021年2月19日閲覧。
  70. ^ 田辺朔郎―北垣国道と土木事業の前線を担った「水運の父」”. テンミニッツTV. 2020年11月7日閲覧。
  71. ^ 田邊朔郎(たなべさくろう)”. 京都通百科事典. 2020年11月7日閲覧。
  72. ^ The History of Cinema, by Chelangatt Gopalakrishnan
  73. ^ Cinema of Malayalam, Dr. J C Daniel, オリジナルの6 June 2009時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20090606225929/http://www.cinemaofmalayalam.net/jcdaniel.html 2009年1月1日閲覧。 
  74. ^ 児玉啓 『バリューエンジニアリング201巻』日本バリューエンジニアリング協会、2000年11月、41頁。 
  75. ^ 日下部甲太郎「国立公園の父 田村 剛」『ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌』第60巻第2号、日本造園学会、1996年11月、 105-108頁、 ISSN 13408984NAID 110004306009
  76. ^ 戦時下の国土休養地計画”. 2020年10月8日閲覧。
  77. ^ 第14回「文明開化の父(2)」 | 歴史に学ぶ 父と呼ばれた日本人―近代日本を創った801人” (日本語). 2021年9月2日閲覧。
  78. ^ “田本研造の足跡紹介 没後100年写真展”. 函館新聞. (2012年12月3日). https://www.ehako.com/news/news2011a/5415_index_msg.shtml 2021年9月29日閲覧。 
  79. ^ タレスとは” (日本語). コトバンク. 2021年3月18日閲覧。
  80. ^ 『詳説 世界史研究』山川出版社、2017年11月30日、46頁。 
  81. ^ 心臓刺激伝導系発見者・田原淳の顕彰”. 日本医師学会. 2021年2月27日閲覧。
  82. ^ 須磨幸蔵 『ペースメーカーの父・田原淳』梓書院、2005年5月。ISBN 978-4-87-035251-3 
  83. ^ 谷口雅春. “豊平川の鱒釣りから北海道酪農史へ”. Hokkaido Magazine KAI. 2021年2月22日閲覧。
  84. ^ エドウィン・ダン”. 総合政策部総務課. 2021年2月22日閲覧。
  85. ^ 真駒内用水路の父 エドウィン・ダン”. 農林水産省. 2021年2月21日閲覧。
  86. ^ ウェルネスツーリズムを体験しよう! ~ウェルネスツーリズムは何かから、ツアー計画のポイントまで紹介します”. HALF TIME. 2022年5月23日閲覧。
  87. ^ ウェルネスとは?健康やウェルビーイングとの違いを紹介”. THANKS GIFT. 2022年5月23日閲覧。
  88. ^ 知られざるトルコの大作家 アフメト・ハムディ・タンプナル”. 社会・国際貢献情報センター. 2021年2月22日閲覧。
  89. ^ 千蒲 善五郎”. 秋田県立博物館. 2021年2月22日閲覧。
  90. ^ 秋田市の先人たち”. 秋田市公式サイト. 2021年2月22日閲覧。
  91. ^ 【第一回】大久保洋子さん”. www.gstv.jp. 2021年2月19日閲覧。
  92. ^ 佐々木和義. “パクり大国・韓国の知的財産権は、誕生したときから日本を模倣してきた…実例集”. デイリー新潮. 2021年2月27日閲覧。
  93. ^ 石田純郎「釜山の済生医院 : 釜山開港(1876年)後の病院の近代化と朝鮮の種痘」『新見公立短期大学紀要』第26巻、新見公立短期大学、2005年12月、 39-42頁、 doi:10.51074/000007092022年4月28日閲覧。
  94. ^ Ray Charles (レイ・チャールズ) プロフィール”. 2020年10月7日閲覧。
  95. ^ Ray Charles: Father of soul music”. 2020年10月7日閲覧。
  96. ^ Ray Charles: The Father Of Soul | Arts and Entertainment | BBC World Service”. www.bbc.co.uk. 2020年10月7日閲覧。
  97. ^ 多田羅浩三「現代公衆衛生の思想的基盤」『日本公衆衛生雑誌』第56巻第1号、日本公衆衛生学会、2009年、 3-17頁、 doi:10.11236/jph.56.1_32020年10月8日閲覧。
  98. ^ 新型コロナウイルス感染と民主主義の力 -日本国憲法が示す公衆衛生社会への道-”. 2020年10月7日閲覧。
  99. ^ 原始、投手は下手だった” (日本語). ライブドアニュース. 2020年11月26日閲覧。
  100. ^ 野茂英雄氏が日本人唯一選出 米メディアが「野球史で最も重要な40人」発表 | MLB | 野球のすべてが楽しめる野球情報サイト「BASEBALL GATE」新登場!” (日本語). BASEBALL GATE. 2020年11月26日閲覧。
  101. ^ まずはこれだけは知っておこう!―インクレディブルインディア―”. 2020年10月8日閲覧。
  102. ^ Acharya Charak - Father of Medicine [300BC | First IP]” (英語). 2020年10月8日閲覧。
  103. ^ イラク近代建築の父、COVID-19により死去|ARAB NEWS” (日本語). www.arabnews.jp. 2020年10月16日閲覧。
  104. ^ Magazine, Wallpaper* (2020年4月21日). “In memoriam: Rifat Chadirji (1926 ? 2020)”. Wallpaper*. 2020年10月16日閲覧。
  105. ^ The Legacy Continues: C.A. Chant and the David Dunlap Observatory” (英語). 2021年3月21日閲覧。
  106. ^ Asteroid (3315) Chant” (英語). RASC. 2021年3月21日閲覧。
  107. ^ NewsPicks編集部 (2018年3月25日). “リトル・インドの父。同胞のために西葛西のインフラを開拓した男”. NewsPicks. https://newspicks.com/news/2891516/body/ 2021年9月30日閲覧。 
  108. ^ リトルインドの父に出会う”. 未知の細道. 2021年9月30日閲覧。
  109. ^ 室橋裕和 (2019年7月19日). “西葛西にインド人が集中する歴史的な理由”. プレジデントオンライン. https://president.jp/articles/-/29322?page=1 2021年9月30日閲覧。 
  110. ^ 日本一のインド人街・東京都西葛西でリトル・インディアを体感してみた”. CHINTAI情報局. 2021年9月30日閲覧。
  111. ^ 写真:「コンピュータの父」アラン・チューリングの生涯--その功績と悲運の最期” (日本語). ZDNet Japan (2014年12月28日). 2020年10月6日閲覧。
  112. ^ Inc, mediagene (2019年7月16日). “人工知能の父、アラン・チューリングがイギリスの新50ポンド札に” (日本語). www.gizmodo.jp. 2020年10月6日閲覧。
  113. ^ イギリス紙幣にアラン・チューリング氏 コンピュータやAIの父、同性愛で有罪の過去も” (日本語). ITmedia NEWS. 2020年10月6日閲覧。
  114. ^ “計算機科学の父Turingに死後恩赦”. Computerworld. (2013年12月27日). https://project.nikkeibp.co.jp/idg/article/IDG/20131227/527602/ 2021年3月18日閲覧。 
  115. ^ アラン・チューリングとは”. goo辞書. 2021年3月18日閲覧。
  116. ^ 英文学の父「チョーサー」に魅せられて” (日本語). 福井大学. 2020年10月7日閲覧。
  117. ^ Sack, Harald (2018年10月25日). “Geoffrey Chaucer - the Father of English Literature” (英語). SciHi Blog. 2020年10月7日閲覧。
  118. ^ Chaucer The Father Of English Poetry English Literature Essay” (英語). UKEssays.com. 2020年10月7日閲覧。
  119. ^ 貝嶋崇 (2017). “チョーサーの時代 The Age of Chaucer”. 比治山大学紀要. 
  120. ^ Fox, Margalit (1998年12月5日). “A Changed Noam Chomsky Simplifies”. New York Times. オリジナルの2012年5月29日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/eDfc 2008年8月2日閲覧. "... Noam Chomsky, father of modern linguistics and the field's most influential practitioner; ..." 
  121. ^ Thomas Tymoczko, Jim Henle, James M. Henle, Sweet Reason: A Field Guide to Modern Logic, Birkhäuser, 2000, p. 101.
  122. ^ “「赤坂四川飯店」の陳建一さん「料理人は頭が良くないとできないね”. 産経ニュース. (2016年1月2日). https://www.sankei.com/smp/premium/news/160102/prm1601020026-s.html 2021年2月25日閲覧。 
  123. ^ 陳建太郎 プロフィール”. HMV&BOOKS online. 2021年2月25日閲覧。
  124. ^ 宇宙へのあこがれ”. 宇宙情報センター. 2020年11月26日閲覧。
  125. ^ 宇宙飛行の父ツィオルコフスキー 人類が宇宙へ行くまで”. HMV&BOOKS. 2020年11月26日閲覧。
  126. ^ YH (2014年3月13日). “「中国ロックの父 崔健」のロウ人形を公開”. 人民網日本語版. http://j.people.com.cn/94638/94657/8564251.html 2022年5月22日閲覧。 
  127. ^ “中国ロックの父、初出演か/崔健氏、国営TVの春節歌番組”. 四国新聞. (2014年1月7日). https://www.shikoku-np.co.jp/national/culture_entertainment/20140107000637 2022年5月22日閲覧。 
  128. ^ 公益財団法人いしかわ農業総合支援機構. “農業を元気に! いしかわ農業総合支援機構” (日本語). 公益財団法人いしかわ農業総合支援機構. 2020年10月7日閲覧。
  129. ^ 『耕稼春秋 土屋又三郎』:番組案内:テレビ金沢”. www.tvkanazawa.co.jp. 2020年10月7日閲覧。
  130. ^ “原爆症研究の父 都築正男 再評価に期待”. 神戸新聞. (2016年8月6日). http://www.hiroshimapeacemedia.jp/wp-content/uploads/2016/09/d34fa9c950c3b1636b158a5aa3e3513b.pdf 2021年2月21日閲覧。 
  131. ^ 都築正男とは”. コトバンク. 2021年2月21日閲覧。
  132. ^ “生誕120年 円谷英二展” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 国立映画アーカイブ, (2021年7月), https://www.nfaj.go.jp/wp-content/uploads/sites/5/2021/07/tsuburaya120_release.pdf 2022年4月28日閲覧。 
  133. ^ 日本の体操の父|20世紀の郷土と人|ふれあい交差点|地域とふれあい がすたんパーク|ご家庭のお客さま|京葉ガス”. www.keiyogas.co.jp. 2020年10月10日閲覧。
  134. ^ 20世紀日本人名事典,367日誕生日大事典. “坪井 玄道とは” (日本語). コトバンク. 2020年10月10日閲覧。
  135. ^ “日本公開なるか? Jホラーの父・鶴田法男監督が手掛けた中国ホラー『ワンリューシュンリン』のゾッとする予告編”. エキサイトニュース. (2020年11月7日). https://www.excite.co.jp/news/article-amp/Getnews_2800662/ 2020年11月8日閲覧。 
  136. ^ “人気ホラー・シリーズ「ほん怖」はこうして生まれた! Jホラーの父・鶴田法男監督に聞くその原点とは?”. トレンドニュース. (2015年8月21日). https://trendnews.yahoo.co.jp/archives/386076/ 2020年11月8日閲覧。 
  137. ^ タイムズスクエアの看板を単独で飾った初のアラブ人アーティスト、アムル・ディアブ|ARAB NEWS” (日本語). www.arabnews.jp. 2020年10月6日閲覧。
  138. ^ 高校数学と数学史”. 2020年11月8日閲覧。
  139. ^ ディオファントス”. コトバンク. 2020年11月8日閲覧。
  140. ^ フレデリック・ウィンズロー・テイラー科学的管理法の父” (日本語). ダイヤモンド・オンライン. 2020年10月6日閲覧。
  141. ^ 水元昇. テイラー管理論の再検討 その人間観を探る. 
  142. ^ “《日経Robo》IBM出身の「医療用ロボット工学の父」に聞く、手術の自動化の可能性と未来の病院の姿”. 日経XTECH. (2016年4月10日). https://xtech.nikkei.com/dm/atcl/mag/15/00174/00015/ 2021年2月26日閲覧。 
  143. ^ 「2015年本田賞」ジョンズ・ホプキンス大学 John C. Malone冠教授 ラッセル・テイラー博士が受賞”. Honda (2015年9月28日). 2021年2月26日閲覧。
  144. ^ デカルトとは” (日本語). コトバンク. 2020年10月12日閲覧。
  145. ^ デカルトの戦略;哲学とはキャッチコピーのこと”. 2020年10月12日閲覧。
  146. ^ Esaias Tegnér”. The British Museum. 2021年2月25日閲覧。
  147. ^ Will the 2015 Tour de France produce Henri Desgrange’s ‘perfect winner’?” (英語). Road Cycling UK. 2021年2月26日閲覧。
  148. ^ Father of the Tour: Henri Desgrange Fears for the Future of the Tour de France” (英語). velopress. 2021年2月26日閲覧。
  149. ^ 夢追い人 ニコラ・テスラの発明人生” (日本語). 日経サイエンス一般読者向けの月刊科学雑誌「日経サイエンス」のサイトです。. 2020年10月6日閲覧。
  150. ^ [近未来アニメ 手塚治虫 『 ミクロイドS 』(DVD5枚組/送料サービス)]”. www.kyoto-wel.com. 2020年10月8日閲覧。
  151. ^ Osamu Tezuka, "father of Manga," wanted to help Japanese overcome depression over World War II” (英語). The Vintage News (2017年12月25日). 2020年10月8日閲覧。
  152. ^ 長崎に今も残る多数の天主堂群。その裏で生涯を教会建築に捧げた鉄川与助の足跡を知る旅へ”. ニホンタビ. 2021年10月6日閲覧。
  153. ^ 【KTN】島々の天主堂~教会建築の父・鉄川与助~ - YouTube”. テレビ長崎. 2021年10月6日閲覧。
  154. ^ 萌書房刊『「ストーリー漫画の父」テプフェール──笑いと物語を運ぶメディアの原点──』森田直子著” (日本語). www3.kcn.ne.jp. 2020年10月8日閲覧。
  155. ^ 漫画の源流を探ってメディアを考える” (日本語). まなびのめ - 学術の世界と市民をつなぐ情報誌 [Web版]. 2020年10月8日閲覧。
  156. ^ デューク・カハナモクはサーファーで金メダリスト” (日本語). THE SURF NEWS「サーフニュース」 (2018年8月29日). 2020年11月4日閲覧。
  157. ^ SlowSurfStyle編集部 (2019年4月30日). “近代サーフィンの父【デューク・カハナモク】の生涯と功績!サーフィン映像も!” (日本語). Slow Surf Style(スローサーフスタイル). 2020年11月4日閲覧。
  158. ^ マルセル・デュシャン、その足跡をたどる。東京国立博物館で「マルセル・デュシャンと日本美術」が開幕”. 美術手帖. 2021年2月22日閲覧。
  159. ^ 【作品解説】マルセル・デュシャン『泉』”. Artpedia. 2021年2月22日閲覧。
  160. ^ 赤十字の父-アンリー・デュナン”. 2020年10月6日閲覧。
  161. ^ 赤十字って?” (日本語). 相模原市赤十字奉仕団. 2020年10月6日閲覧。
  162. ^ エドワード・テラー 「水爆の父」といわれた物理学者、死去 | 時事用語事典 | 情報・知識&オピニオン imidas - イミダス”. 情報・知識&オピニオン imidas. 2020年10月6日閲覧。
  163. ^ 足立寿美 『原爆の父オッペンハイマーと水爆の父テラー : 悲劇の物理学者たち』現代企画室〈PQ books〉、1987年。 NCID BN0160753Xhttps://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I090396038-00 
  164. ^ (日本語) 『寺島宗則 日本電気通信の父|国書刊行会』https://www.kokusho.co.jp/np/isbn/9784336022974/ 
  165. ^ 鹿児島県観光連盟, 鹿児島県PR・観光戦略部観光課 公益社団法人. “松木弘安(寺島宗則)旧家|鹿児島県観光サイト/かごしまの旅” (日本語). www.kagoshima-kankou.com. 2020年10月8日閲覧。
  166. ^ 日本近代土木の父といわれるオランダ人雇技師ヨハネス・デレーケが、明治24年(1891)9月2日に富山県の常願寺川視察を終えて石川県へ入り、手取川を視察したといわれています。...”. レファレンス共同データベース. 2021年2月22日閲覧。
  167. ^ 立山カルデラ砂防博物館へようこそ”. 立山カルデラ砂防博物館. 2021年2月22日閲覧。
  168. ^ 土井善晴のレシピ100―料理がわかれば楽しくなる、おいしくなる”. 紀伊國屋書店ウェブストア. 2021年2月22日閲覧。
  169. ^ トム・ソーヤー”. TBSラジオ FM90.5 + AM954~何かが始まる音がする~. 2020年10月6日閲覧。
  170. ^ 新世代の「世阿弥」「マーク・トウェイン」出でよ! | 毎日新聞出版”. mainichibooks.com. 2020年10月6日閲覧。
  171. ^ “コーポリアルマイム、拠点が大阪に 役者の身体から始まる表現”. 毎日新聞. (2020年12月7日). https://mainichi.jp/articles/20201217/ddf/012/070/005000c 2021年3月4日閲覧。 
  172. ^ mime corporel dramatique and Etienne Decroux” (英語). Atelier des Mimes. 2021年3月4日閲覧。
  173. ^ 秦賢助 『東宮鉄男ー満洲移民の父』時代社、1941年。 
  174. ^ 樋口正士 『捨石たらん!満蒙開拓移民の父東宮鉄男』カクワークス社、2016年3月。ISBN 978-4-907424-06-0 
  175. ^ 沖縄移民の父・當山久三 生誕150年記念祭”. ラジオ沖縄ハイハイポッド. 2020年11月7日閲覧。
  176. ^ 海外移民の父、當山久三の像”. ビジット金武タウン. 2020年11月7日閲覧。
  177. ^ “「移民の父 當山久三物語」 出身地金武の小中高生熱演”. 沖縄タイムス+プラス. (2015年4月21日). https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/13428 2020年11月7日閲覧。 
  178. ^ 筑摩書房 ナチュラリストの系譜 ─近代生物学の成立史 / 木村 陽二郎 著”. www.chikumashobo.co.jp. 2021年9月4日閲覧。
  179. ^ Greasley, Philip A.. “Richard M(ercer) Dorson”. Dictionary of Midwestern Literature, Volume 1. p. 148. https://books.google.co.jp/books?id=ZnuYKJSoHCMC&pg=PA148&dq=father+of+american+folklore+study+Dorson&hl=ja&sa=X&ei=Di4xVa-oG6KwmwXF6IGIBg&ved=0CCUQ6AEwAQ#v=onepage&q=father%20of%20american%20folklore%20study%20Dorson&f=false 2015年4月17日閲覧。 
  180. ^ 中国の砂漠緑化に生涯をかけた日本人お爺さん・遠山正瑛”. 中国国際放送局. 2020年11月9日閲覧。
  181. ^ 林農「浮体式洋上風力発電を輸出産業に」『風力エネルギー』第36巻第4号、日本風力エネルギー学会、2012年、 505-505頁、 doi:10.11333/jwea.36.4_505ISSN 0387-6217NAID 1300050030812020年11月13日閲覧。
  182. ^ “「造林の父」徳川権七の旧家保存へ”. 佐賀新聞. (2018年4月21日). https://www.saga-s.co.jp/articles/amp/207737 2022年5月23日閲覧。 
  183. ^ 脊振とは”. コトバンク. 2022年5月23日閲覧。
  184. ^ 土倉庄三郎”. 奈良県歴史文化資源データベース. 2021年2月22日閲覧。
  185. ^ “【まちの近代化遺産】日本林業の父・土倉庄三郎の功績感じ 五社峠”. 産経新聞 奈良県専売会. (2016年10月1日). http://sankei-nara-iga.jp/news/archives/12171 2021年2月22日閲覧。 
  186. ^ カーネーション生産の誕生”. 宇田花づくり研究所. 2016年12月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月19日閲覧。
  187. ^ 本庄孝子. “『百年滄桑』からみる台湾水力発電の父・土倉龍次郎の足跡”. 大阪産業大学学会 論集データベース. 2021年3月19日閲覧。
  188. ^ 陳怡臻. “1895年以前の台湾における茶文化の幕開け (PDF)”. 2021年2月22日閲覧。
  189. ^ 中国茶の歴史”. 天仁茗茶. 2021年2月22日閲覧。
  190. ^ 青森のリンゴを救え!/外崎 嘉七(とのさき かしち)”. JA青森中央会. 2021年3月5日閲覧。
  191. ^ “朝日新聞デジタル:(4)飛沢野球、理論と精神の結晶”. 朝日新聞デジタル. (2018年3月23日). http://www.asahi.com/area/hokkaido/articles/MTW20180323011740001.html 2021年2月22日閲覧。 
  192. ^ 朝日新聞1967年6月22日
  193. ^ INC, SANKEI DIGITAL. “【郷土偉人伝】学生野球の父、飛田穂洲 「一球入魂」の精神で終生愛した白球” (日本語). 産経ニュース. 2020年10月9日閲覧。
  194. ^ 飛田穂洲 - 学生野球の父 水戸市”. 2020年10月9日閲覧。
  195. ^ デ・フォレストとは” (日本語). コトバンク. 2020年11月26日閲覧。
  196. ^ 小泉成史「アメリカ・エンジニア列伝(第4回)リー・ド・フォレスト:三極管を発明したラジオの父」『新電気』第60巻第4号、オーム社、2006年4月、 47-49頁、 ISSN 03865487NAID 40007232145
  197. ^ 新井晧士「文化史と文学史の狭間 : Thomasiusの実践的国語論に関する覚え書」『言語文化』第9巻、一橋大学語学研究室、1972年11月、 67-85頁、 doi:10.15057/9119ISSN 0435-29472022年4月28日閲覧。
  198. ^ 三成美保. “【史料】トマジウス『魔女罪論』(1701年)”. 比較ジェンダー史研究会. 奈良女子大学 生活環境学部. 2021年2月26日閲覧。
  199. ^ 古の歴史と文化の香る町・安堵町ウォーキング”. 歩くなら. 2021年10月8日閲覧。
  200. ^ “あべのハルカス5周年記念 ~近代陶芸の父~富本憲吉展 3月20日(水)から”. NEARLY. (2019年3月19日). https://nearlyweb.net/card602761 2021年10月8日閲覧。 
  201. ^ 高田俊輔「感化・少年教護実践と「教育的であること」」『人間教育と福祉』第9巻、2020年3月、 29-45頁、 NAID 1200068704492022年4月28日閲覧。
  202. ^ 立浪朋子「昭和戦前・戦中期富山県の感化院・少年教護院における 職業教育の実科からの分化とその要因」『障害科学研究』第41巻第1号、障害科学学会、2017年、 121-133頁、 doi:10.20847/adsj.41.1_121ISSN 1881-5812NAID 1300061475852022年4月28日閲覧。
  203. ^ 中本繁実 『発明魂 大衆発明家の父・豊沢豊雄の生涯』日本地域社会研究所、2010年6月1日。ISBN 978-4-89022-923-9 
  204. ^ 運営方針”. 名古屋発明研究会. 2022年5月24日閲覧。
  205. ^ DRYDEN AS THE FATHER OF ENGLISH CRITICISM” (英語). www.eajournals.org. 2021年2月25日閲覧。
  206. ^ ドライデンとは”. コトバンク. 2021年2月25日閲覧。
  207. ^ あの有名企業も…社員の副業を「解禁」する理由 : 深読み” (日本語). 読売新聞オンライン (2017年6月2日). 2021年9月3日閲覧。
  208. ^ ピーター・ドラッカー マネジメントの父”. ダイヤモンド・オンライン. 2021年9月4日閲覧。
  209. ^ Robert Trias: Father of American Karate” (英語). usadojo.com. 2021年3月19日閲覧。
  210. ^ Grandmaster Robert A. Trias’ 30th Memorial Anniversary” (英語). USKA. 2021年3月19日閲覧。
  211. ^ 第七回「クラシックの午後―気軽にオーケストラ」に寄せてーその一 チャイコフスキーを魅了したバレー音楽の傑作「シルヴィア」”. 2020年10月6日閲覧。
  212. ^ 日本国語大辞典,世界大百科事典内言及. “トレビシックとは” (日本語). コトバンク. 2020年10月7日閲覧。
  213. ^ 第105回 お散歩編: 蒸気機関車の父、トレビシック - 英国ニュース、求人、イベント、コラム、レストラン、ロンドン・イギリス情報誌 - 英国ニュースダイジェスト”. www.news-digest.co.uk. 2020年10月7日閲覧。
  214. ^ 2018年記念コイン - 英国造幣局ロイヤル・ミントの「アニュアル・セット」 - 英国ニュース、求人、イベント、コラム、レストラン、ロンドン・イギリス情報誌 - 英国ニュースダイジェスト”. www.news-digest.co.uk. 2020年10月9日閲覧。
  215. ^ Dr. Trono is the New National Scientist” (英語). 2021年3月19日閲覧。
  216. ^ Lawn Tennis | Encyclopedia.com”. www.encyclopedia.com. 2020年10月8日閲覧。
  217. ^ May 21st, 1881: The day the USTA was founded”. Tennis Majors (2020年5月21日). 2020年10月8日閲覧。
  218. ^ テンプの発明とシリンダー脱進機 | THE SEIKO MUSEUM GINZA セイコーミュージアム 銀座” (日本語). THE SEIKO MUSEUM セイコーミュージアム. 2020年10月7日閲覧。
  219. ^ グラハム” (日本語). 高級腕時計専門誌クロノス日本版[webChronos]. 2020年10月7日閲覧。