あなたの名前を呼べたなら

あなたの名前を呼べたなら』(あなたのなまえをよべたなら、Sir)は、2018年インド恋愛映画。監督はロヘナ・ゲラが務め、ティロタマ・ショーム、ヴィヴェーク・ゴーンバルが出演している。

あなたの名前を呼べたなら
Sir
監督 ロヘナ・ゲラ
脚本 ロヘナ・ゲラ
製作 ブリース・ポワッソン
ロヘナ・ゲラ
製作総指揮 ラーケーシュ・メーヘラー
出演者 ティロタマ・ショーム
ヴィヴェーク・ゴーンバル
音楽 ピエール・アヴィア
撮影 ドミニク・コラン
編集 ジャック・コメッツ
製作会社 インクポット・フィルムズ
シネ=サッド・プロモーション
配給 日本の旗 アルバトロス・フィルム
公開 フランスの旗 2018年5月14日カンヌ国際映画祭
日本の旗 2019年8月2日
上映時間 99分
製作国 インドの旗 インド
フランスの旗 フランス
言語 ヒンディー語
英語
マラーティー語
テンプレートを表示

ストーリー編集

地方の農村出身の未亡人ラトナは、ムンバイの建設会社の御曹司アシュヴィンの新婚家庭でメイドとして働くことになっていたが、結婚は婚約者サビナの浮気が発覚したため破談になってしまう。休暇中に呼び戻されたラトナはアシュヴィンの元で住み込みで働き始め、傷心の彼を陰ながら支えていく。同時に、ラトナはファッションデザイナーの夢を叶えるため近所の仕立て屋の元にジ技術を学ぶため通い始めるが、仕立て屋は彼女に技術を教える代わりにタダ働きさせたため、ラトナは仕立て屋の元に通うのを止めてしまう。その後、友人ラクシュミから裁縫教室を紹介され、アシュヴィンの許可を得て裁縫教室に通うようになる。

アシュヴィンはインド社会の階級や体面を重んじる家族からサビナと復縁するように説得されるが、アメリカでの生活が長かったアシュヴィンは、そうした風潮を押し付けられることにプレッシャーを感じていた。そんな中、陰ながら自分を支え、さらにファッションデザイナーの夢を叶えるために前向きに生きるラトナに好意を抱くようになり、ラトナもアシュヴィンに好意を抱き自作の服をプレゼントする。そんな中、ラトナは妹が結婚を機に学校を中退することを知らされる。因習に縛られず自立した女性になって欲しいという思いから学費を援助していたラトナは、妹が自立よりも結婚を望んでいたこと、自分の思いが独りよがりなものだったことを知りショックを受ける。

妹の結婚式から帰った後、アシュヴィンは気持ちを抑えきれなくなりラトナにキスする。しかし、アシュヴィンは友人のヴィッキーからメイドであるラトナとの交際に反対され、同僚から冷やかされたラトナもアシュヴィンと距離を置き、「名前で呼んで欲しい」という彼の気持ちに応えず「旦那様」と呼び続けた。階級差や体面のためにアシュヴィンとの恋が実現しないことを知ったラトナは彼の元を離れ、妹夫婦の元に身を寄せる。アシュヴィンはラトナとの関係を父に話し、気持ちを振り切るためにアメリカに戻ることを決める。

妹夫婦の元に身を寄せてしばらくした後、以前アシュヴィンのホームパーティーで出会ったファッションデザイナーのアンキタから電話がかかってくる。アンキタの事務所に向かったラトナは、彼女からファッションデザインの仕事をもらう。それがアシュヴィンの計らいだと気付いたラトナは彼の自宅に向かうが、アシュヴィンはすでにアメリカに旅立った後だった。その日の夜、ラトナの元にアシュヴィンから電話がかかってくる。アシュヴィンからの「ラトナ」という呼びかけに対し、ラトナは初めて彼のことを「旦那様」ではなく「アシュヴィン」と呼びかける。

キャスト編集

評価編集

批評編集

Rotten Tomatoesには17件の批評が寄せられ、支持率88%となっている[1]ガーディアンピーター・ブラッドショー英語版は3/5の星を与え、「これはムンバイの素晴らしい街並みとショームの素晴らしい演技が存在する、繊細に考察された魅力的なドラマである」と批評している[2]ハリウッド・リポーターのジョーダン・ミンツァーは「シーンによってヒンディー語と英語を使い分ける2人の主演俳優の演技は素晴らしいが、ショームの方がゴーンバルよりも優れており、ゴーンバルは少々抑制されているように感じる。ピエール・アヴィアの少々鼻につく音楽は様々な場面で濫用され、プロダクションはテレビ映画に近いと感じることがある。それにも関わらず、ゲラは抑圧と矛盾を持ち、失恋が恐らくは解放への第一歩となる暖かいニュアンスの愛情に満たされた場所を作り上げた」と批評している[3]

受賞・ノミネート編集

映画賞 部門 対象 結果 出典
第71回カンヌ国際映画祭 国際批評家週間フランス語版GAN基金賞 あなたの名前を呼べたなら 受賞 [4]
AFIフェスト 観客賞 ノミネート [5]
ブラウンシュヴァイク国際映画祭 最優秀作品賞 受賞
カブールロマンティック映画祭 パノラマ部門観客賞
ミルバレー映画祭英語版 ワールドシネマ部門観客賞
ワールドシネマアムステルダム 観客賞
最優秀作品賞 ノミネート
サン=ジャン=ド=リュズ国際映画祭 審査員大賞 あなたの名前を呼べたなら 受賞 [6]
観客賞
ニューヨーク・インディアン・フィルム・フェスティバル英語版 最優秀作品賞 [7]
最優秀主演女優賞 ティロタマ・ショーム
バーミンガム・インディアン・フィルム・フェスティバル 観客賞 あなたの名前を呼べたなら [8]
カバーグ映画祭英語版 観客賞
ダラス・フォートワース南アジア映画祭 最優秀作品賞 [9]
最優秀監督賞 ロヘナ・ゲラ
最優秀主演男優賞 ヴィヴェーク・ゴーンバル
ブリュッセル国際映画祭英語版 最優秀主演女優賞 ティロタマ・ショーム [10]

出典編集

  1. ^ Sir (2018)”. Rotten Tomatoes. 2020年2月10日閲覧。
  2. ^ Sir review – sexual tension brews in Mumbai”. The Guardian. 2020年2月10日閲覧。
  3. ^ 'Sir': Film Review”. Hollywood Reporter. 2020年2月10日閲覧。
  4. ^ カンヌが注目するインドの女性監督デビュー作 身分制度や因習を乗り越える男女描く”. 映画.com. 2020年2月9日閲覧。
  5. ^ REVIEW&AWARD”. 映画「あなたの名前を呼べたなら」公式サイト. 2020年2月6日閲覧。
  6. ^ Saint-Jean-de-Luz crowns Tel Aviv on Fire and Sir”. Cineuropa. 2020年2月9日閲覧。
  7. ^ Rohena Gera's Sir wins Best Film, Tilottama Shome bags Best Actress award at New York Indian Film Festival 2019”. Firstpost. 2020年2月9日閲覧。
  8. ^ Birmingham Indian Film Festival: Rohena Gera wins top honour; Anurag Kashyap felicitated with LIFF ICON award”. Firstpost. 2020年2月9日閲覧。
  9. ^ Indian film 'Sir' sweeps with three top awards at DFW South Asian Film Festival”. The Dallas Morning News. 2020年2月9日閲覧。
  10. ^ Tillotama thrilled with new awards for 'Sir'”. Business Standard News. 2020年2月9日閲覧。

外部リンク編集