あの娘におせっかい

あの娘におせっかい」(原題:Listen to What the Man Said)は、1975年ウイングスが発表した楽曲、および同曲を収録したシングルである。ウイングスの4枚目のアルバム『ヴィーナス・アンド・マース』に収録。またコンピレーション・アルバム『オール・ザ・ベスト』『夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜』『ピュア・マッカートニー』に収録されている。

あの娘におせっかい
ウイングスシングル
初出アルバム『ヴィーナス・アンド・マース
B面 歌に愛をこめて
リリース
規格 7インチシングル
録音 1975年1月~3月
ジャンル ロック、ポップ・ロック
時間
レーベル イギリスの旗パーロフォン
アメリカ合衆国の旗キャピトル
日本の旗東芝EMI
作詞・作曲 ポール・マッカートニー
リンダ・マッカートニー
プロデュース ポール・マッカートニー
チャート最高順位
ウイングス シングル 年表
ジュニアズ・ファーム
(1974年)
あの娘におせっかい
(1975年)
ワインカラーの少女
(1975年)
テンプレートを表示

解説編集

「あの娘におせっかい」1975年1月から始まったニューオリンズでのレコーディングセッション中に録音した曲である[1][2][3]。だが、録音の最中、突然ドラマーのジェフ・ブリトンが脱退してしまった。急遽新聞広告で募集をかけ、応募してきたジョー・イングリッシュを加入させ、セッションを続けた。この曲は1月31日と2月20日にレコーディングをしたが、イメージ通りの仕上がりではないと思ったポールは、3月になってロサンジェルスでデイヴ・メイソンのギターをオーバーダブするなど、試行錯誤を重ねた。しかしそれでも満足できなかったポールはサックスを入れることを思いつき、すぐにスタジオに来ることができる有名ミュージシャンということでトム・スコットが呼ばれた。試奏の後、数テイク録音したが、なかなか満足いくものができなかった。しかし、たまたま録音していた試奏のテイクが一番良いということになり、採用された[4]

新生ウイングスのニューアルバム『ヴィーナス・アンド・マース』の先行シングルとして同年5月16日にリリースされると[5]アメリカビルボード誌では、1975年7月19日に週間ランキング第1位を獲得。ビルボード誌1975年年間ランキングは第36位。キャッシュボックス誌では、6月12日付けで第1位を獲得し、年間ランキングでは第45位を記録した。日本でも1位。イギリスでは6位にとどまった[6]

アルバム・ヴァージョンでは冒頭にポールによる、アメリカのファンクバンド、ミーターズのギタリスト、レオ・ノセンテッリの語りの物真似があるが、このシングル・ヴァージョンではカットされている。また次の曲「トリート・ハー・ジェントリー〜ロンリー・オールド・ピープル」とのメドレーになっているが、ここではフェイドアウトされている[7]。また、この曲はライブアルバム「ウイングスU.S.A.ライヴ!!」およびライブ映画『Rock Show』にも若干アップテンポになって収録されている。

B面収録の「歌に愛をこめて」は、1974年11月にロンドンのアビー・ロード・スタジオで行われた『ヴィーナス・アンド・マース』のための初めてのレコーディング・セッションで収録された。

収録曲編集

7インチシングル
#タイトル作詞・作曲時間
1.「あの娘におせっかい」(Listen to What the Man Said)
  • ポール・マッカートニー
  • リンダ・マッカートニー
2.「歌に愛をこめて」(Love in Song)
  • ポール・マッカートニー
  • リンダ・マッカートニー
合計時間:

演奏者編集

ウイングス編集

ゲスト編集

脚注編集

  1. ^ Mason, S.. “Listen to What the Man Said”. Allmusic. 2011年10月13日閲覧。
  2. ^ Madiger, C.; Easter, M. (2000). Eight Arms to Hold You. 44.1 Productions. p. 205. ISBN 0-615-11724-4 
  3. ^ Blaney, J. (2007). Lennon and McCartney: Together Alone: A Critical Discography of Their Solo Work. Jawbone Press. pp. 107–108. ISBN 978-1-906002-02-2 
  4. ^ 40 Years Ago: Paul McCartney and Wings Release Uneven but Ultimately Charming 'Venus and Mars'”. Ultimate Classic Rock (2015年5月27日). 2021年3月14日閲覧。
  5. ^ 45cat - Wings - Listen To What The Man Said / Love In Song - Capitol - UK - R 6006
  6. ^ チャートはイギリスが『ミュージック・ウィーク』、日本が「TBS今週のポップスベスト10」での最高位を示す。
  7. ^ コンピレーション・アルバム『オール・ザ・ベスト』『夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜』にはシングル・ヴァージョンが収録されている。『ピュア・マッカートニー』では冒頭の台詞が挿入されているがメドレーにならずに曲末でフェイドアウトする。ただしフェイドアウトのタイミングと速さはシングル・ヴァージョンと異なっている。

書籍編集

  • 『Paul McCartney: Recording Sessions (1969-2013)』 Luca Perasi著 出版社:L.I.L.Y. Publishing 2013年10月 ISBN 978-88-909122-1-4

関連項目編集