あの娘におせっかい

あの娘におせっかい」(Listen to What the Man Said)は、1975年ウイングスが発表した楽曲、および同曲を収録したシングル

あの娘におせっかい
ウイングスシングル
初出アルバム『ヴィーナス・アンド・マース
B面 歌に愛をこめて
リリース
録音 1975年
ジャンル ロック
レーベル キャピトル・レコード
作詞・作曲 ポール・マッカートニー
リンダ・マッカートニー
プロデュース ポール・マッカートニー
チャート最高順位
ウイングス シングル 年表
ジュニアズ・ファーム
(1974年)
あの娘におせっかい
(1975年)
ワインカラーの少女
(1975年)
テンプレートを表示

概要編集

ヴィーナス・アンド・マース』収録。またベストアルバムでは『オール・ザ・ベスト』『夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜』『ピュア・マッカートニー』に収録されている。シングルカットは同年5月16日。なお『ヴィーナス・アンド・マース』版のみ、冒頭でポールが黒人シンガーの物真似をして喋っており、また次曲へはメドレーとなっている(シングル及び『オール・ザ・ベスト』『夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜』では台詞が無く、曲末もフェイドアウト)。『ピュア・マッカートニー』は『ヴィーナス・アンド・マース』版同様に冒頭の台詞が挿入されているがメドレーにならずに曲末でフェイドアウトする(ただしフェイドアウトのタイミングと速さはシングル版と異なる)。

タイトルを直訳すると「あの男の言う事に耳を傾けよう」。後年、酒井美羽が邦題と同名の漫画を出している。

この曲では、ギターにデイヴ・メイソンサックストム・スコットをゲストとして起用している。アメリカビルボード(Billboard)誌では、1975年7月19日に週間ランキング第1位を獲得。ビルボード誌1975年年間ランキングは第36位。キャッシュボックス誌では、6月12日付けで第1位を獲得し、年間ランキングでは第45位を記録した。日本でも1位*。イギリスでは6位*にとどまった。

また、この曲はライブアルバム「ウイングスU.S.A.ライヴ!!」およびライブ映画「ロック・ショウ」にも若干アップテンポになって収録されている。 *チャートはイギリスが『ミュージック・ウィーク』、日本が「TBS今週のポップスベスト10」での最高位を示す。

脚注編集

関連項目編集

先代:
キャプテン&テニール
愛ある限り
Billboard Hot 100 ナンバーワン・シングル
1975年7月19日(1週)
次代:
ヴァン・マッコイ&スタイリスティックス・オーケストラ
ハッスル