メインメニューを開く
いずみホール
地図
いずみホールの位置(大阪市内)
いずみホール
いずみホールの位置(大阪市)

いずみホールは、大阪府大阪市にあるコンサートホール。席数821席のシューボックス型である。2016年11月に優良ホール100選に選出された。専属オーケストラであるいずみシンフォニエッタ大阪を有する。

概要編集

1990年4月開場。住友生命保険の60周年記念事業として、音楽による社会貢献を目的に住友生命OBPプラザビルに併設された。建設にあたっては、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の本拠地であるウィーン楽友協会大ホールをモデルとした。「いずみ」は住友グループの屋号「泉屋」に由来している。

ホール内部にはフランスのケーニッヒ社製のパイプオルガンが設置されている。

1990年から2018年まで、音楽学者礒山雅が音楽ディレクターを務めた。

2018年3月、ホール開館30年目を前に、安全性と快適性の確保のため大規模改修工事を実施(同年9月末まで)。この際、パイプオルガンのオーバーホールも実施された。

2020年4月1日、ホール名称を「住友生命いずみホール」へ改称予定[1]

所在地・アクセス編集

大阪市中央区大阪ビジネスパークの一角に位置し、住友生命本社ビルホテルニューオータニ大阪OBPキャッスルタワーと2階においてデッキで結ばれている。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集