メインメニューを開く

うたっておどろんぱ!』は、1995年4月から2006年3月までNHK教育テレビで放送されていた幼稚園保育園就学児向け音楽番組[1]

概要編集

歌とダンスを中心に展開される子供向け音楽番組。放送形態は学校放送枠の15分番組。

3年ごとに番組出演者・登場キャラクターや舞台・設定を一新していた。全3シリーズで、番組タイトルも各期ごとに若干の差異がある。

歌のお姉さんを中心に、子役、お兄さん1人、複数の着ぐるみまたはパペットキャラクターが出演していたが、第3期では子役を廃止し、若いお兄さん達が複数登場、着ぐるみキャラクターは1名のみの構成となった。第3期のみ5年(後述の短縮版を含むと6年)続いたが、シリーズ内で1度行われたリニューアルを境に、更に前期と後期に分かれる(そのため、リニューアルした2003年度初回はそれまでの設定が1度リセットされ、改めて出演メンバーが初めて出会う形をとっている)。

2006年4月からは『うたっておどろんぱ!プラス』として5分に縮小され、土曜夕方17:40 - 17:45へ移行されたが、2007年3月に放送終了となった。

番組名の変遷編集

うたってオドロンパ(1995年度 - 1997年度)
第1期。じゅんじゅんとオドロンパダンスキッズが歌とダンスを展開、その合間にオドロンをはじめとするキャラクターが登場。
身近な素材でダンスの衣裳や小道具を作る工作コーナーの放送や、じゅんじゅんらが園児とキャラクターの絵描き歌やダンスレッスンを行うロケ撮影も実施された。
うたっておどろんぱ SING ALONG! DANCE ALONG!(1998年度 - 2000年度)
第2期。ハナを中心に、メロディさんとリズムさんの夫婦が管理人を務める『ドキドキハウス』というマンションを舞台にしたミニドラマと歌、ダンスを展開。
うたっておどろんぱ!(2001年度 - 2005年度)
第3期。ひとみちゃんとおどるくんとお兄さんたちがいる、宇宙にあるおどるくんのような形をした惑星「おどろん星」を舞台にミニドラマと歌、ダンスを展開。
従来この番組で使われる楽曲は番組オリジナル曲が中心だったが、この期間は、『ひらけ!ポンキッキ』(フジテレビ)発祥の「あいうえおほしさま」や、「夏のお嬢さん」などのカバー曲も使われた。
2003年、番組出演者の一部がリニューアル。立花秀樹(ひできくん)が卒業し、照井裕隆(てるくん)が登場。こーじくんとじろーくんの服装が新調された。また、これに伴い2002年度までのストーリーが1度リセットされ、おどるくんがひとみちゃんたちと出会うところから改めてスタートしている。
うたっておどろんぱ!プラス(2006年度)
5分間の短縮版。出演者は第3期後期(2003年度 - 2005年度)と同様。

各年度の舞台・設定編集

  • 第1期:特に設定は無いが、舞台美術やキャラクターデザインは古代エジプト風モチーフで統一されている。
  • 第2期:ドキドキハウス(メロディとリズム夫婦が管理人を務めるマンション
  • 第3期:おどろん星(おどろん星の頭の先にある球体ドームにある駅前広場に時計公園がある。惑星の重力と異なり地点は逆さまになっている。)

登場キャラクター編集

第1期編集

オドロン:三浦克也
身長が3m程度もあるツタンカーメンのような顔と古代エジプト風の服装をしたキャラクター。人間をそのまま拡大したような体格をしており、膝や肘の位置関係は人間とほぼ等しい。そのため踊ったり走ったりとかなり複雑な動きができ、飛行能力も持つ。でもタクシーに乗るのは得意ではない(着ぐるみ)。
2015年1月11日に『ワンワンパッコロ!キャラともワールド』にホニャピやじゅんじゅん共々17年ぶりに登場。なお、声を担当していた三浦克也は既に降板した為、川野剛稔が後任を務めている。
骨爺:三浦克也
肋骨だけでできた300歳の老人。どこか気の抜けたような喋り方をする(人形)。
ホニャピ:坂本千夏
キノコに手足が生えたようなキャラクター(着ぐるみ)。
ハツ:坂本千夏
骨爺といつも一緒にいる不思議な形(心臓)をしたキャラクター。声のトーンがやや高め(人形)。

第2期編集

メロディさん:山本圭子
「ドキドキハウス」を夫と共に管理している女性。(人形)
リズムさん:園部啓一[2]
メロディさんの夫。(人形)特技はピアノ。

第3期編集

おどるくん:渡辺久美子[3]
地球を連想させる丸い顔に頭にアンテナがついている。黄色をベースとしている。カラフルなロボットの衣装で出演者たちと一緒に踊る(着ぐるみ)。
2003年より、イッツフォーリーズの明羽美姫が操演。
2009年1月10日に放送された『あつまれ!キッズソング50〜スプー・ワンワン宇宙の旅〜』(NHK教育テレビ50周年特番)で番組終了から2年ぶりにテレビに登場した。さらに2012年10月14日からは『ワンワンパッコロ!キャラともワールド』にもゲスト出演。
本番組の出演者で最も番組終了後のゲスト出演が多いキャラクター。

出演者編集

第1期の出演者編集

第2期の出演者編集

  • ハナ:河合篤子
    2代目歌のお姉さん。
  • リョウ:井上良
  • マリ:佐々木真梨奈(1998年4月 - 1999年3月)
  • アリ:外山亜里奈
  • シオリ:鈴木詩織(1999年4月 - 2001年3月)
  • カズ :加賀谷一肇(1999年4月 - 2001年3月)
    • リョウ以下歌って踊る子供たち。当初3人組構成だったが、1999年にメンバーの一部が交代し、4人組構成となった。
  • ウガンダ:ウガンダ・トラ
    ハナや子役達と共にダンスする男性。
  • WD(橙)役:照井裕隆
  • WD(緑)役:森山開次(1998年4月 - 1999年3月)→ 織部順(1999年4月 - 2001年3月)
    • ドキドキハウスに住むパフォーマー。球状の頭部以外は人間と大差ない姿。頭部の色が橙色と緑色の2人組で、常に2人で行動する。
    • 言葉は発しないが、人型なので非常にアクティブなダンスが得意。

第3期の出演者編集

この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。
  • ひとみ吉田仁美
    3代目歌のお姉さん。全く衣装は変わらない。イメージカラーはピンク。のんびりアレンジが得意な「はっぴぃよしだ」としても出演。
  • こーじ青山航士
    イメージカラーは緑。薔薇が好きなイケメン。得意なダンスはバレエ。登場のあいさつは「コンティ。」
  • じろー森川次朗
    イメージカラーは黄色。おっちょこちょい。登場のあいさつは「どーもどーも」。
  • ひでき(立花秀樹、現:まいける
    イメージカラーは橙色。リニューアル直後 - 2003年3月。筋肉モリモリ。唯一、力持ちキャラ。
3人の服には矢印があしらわれたが2003年以降からは無くなっている。
  • てる照井裕隆
    イメージカラーは赤。2003年4月 - 放送終了。初登場時から、リーダー的存在。登場のあいさつは「ニャー」。
  • ブラックオドレーヌ(渡辺久美子)
    オドロンファイターで悪役として登場。黒い服装でマスクに隠れているので素顔は見えず胸元は赤い突起状のものを付けている。
演じた渡辺はおどるくんの声を担当している。オドロンファイターシリーズ終了後はチョイ役で登場している。
番組内のシリーズコーナー
  • オドロン・ファイター
    ひとみちゃん、おどるくん、お兄さんたちの5人で結成されたダンスヒーロー。敵であるブラックオドレーヌを倒すために、ダンスと体力で戦っている。
  • なりきり道場
    最初に門が開き、はっぴぃよしだが登場。始まる時には、「♪~なにになる なにになる いろんな ものに なってみよう」という、「なにになる?」のサビを歌い、始まる。
  • 3忍者
番組内で放送された主な曲
  • めぐりあいっていいね
  • だれかがよんでるよ
  • あるいてゆこう
  • すくらんぶる・エッグ
  • ねころんであそぼうよ
  • パ・パ・パドゥ・ドゥ
  • ひっぱるってたのしいな
  • 素晴らしき我が家へ[4]
  • とろとろとける
  • たたいてあそぼ
  • からだはドラム
  • いっぱいありがとう
  • みんなでダッシュ
  • はしれ、メロディー
  • 小さなうたの大きなちから
  • マネトリックス
  • 今日もいいこと
  • ともだちはともだち
  • ムテキマイハート
  • マッスルレボリューション
  • でたらめおんど
  • ノック・タップ・ラップ
  • バランス・スバラシイ
  • はなさかジージかぜ
  • ゆきのくに
  • おつかいに行こう
  • おちばとあそぼ
  • どんな音?
  • だからいっしょに!
  • はっぴー バンボレイオ!
  • オドロン・ファイター
  • せいぎのゆうひ
  • はる・るるる
  • あしたにむかってダンス!

歴代オープニングテーマ編集

  • とかくとにかくオドロンパ(第1期)
    作詞:吉澤久美子
    作曲:山本純ノ介
    番組出演者が踊る。背景はすべてアニメーションで、CGのオドロンが登場。
  • ここはドキドキハウス(第2期)
    作詞:斎藤久美子
    作曲:大森俊之
    第1期同様番組出演者が踊るが、背景も実写。
  • うたっておどろんぱ!(第3期)
    作詞:並河祥太
    作曲:大森俊之
    当初は番組出演者が一切登場しないCGアニメーションだったが、2002年にリニューアルされ、第2期と同様の内容になった。

CD編集

第1期編集

  • 決戦のフォークダンス(COCC-13629)
1995年度放送の楽曲を収録。全20曲
  • のりものサンバ・カッパ天国(COCC-14000)
1996年度放送の楽曲を収録。全20曲
  • わくわくツイストパーティー(COCC-14885)
1997年度放送の楽曲を収録。全13曲

第2期編集

  • ここはドキドキハウス(COCX-30010)
1998年度前半放送の楽曲を収録。全34曲
  • ゆめはともだち(COCX-30303)
1998年度後半放送の楽曲を収録。全24曲
  • ともだちはともだち(COCX-30815)
1999年度放送の楽曲を収録。全23曲
  • ダンシング・メイト(COCX-31324)
2000年度放送の楽曲を収録。全23曲

第3期編集

  • めぐりあいっていいね(COCX-31848)
2001年度放送の楽曲から、今月の歌を収録。全20曲
  • あそんでみよう・うごいてみよう(COCX-31849)
2001年度放送の楽曲から、リズム表現・遊び歌を収録。歌16曲+カラオケ15曲、全31曲
  • こころのこえをきかせてよ(COCX-32158)
2002年度放送の楽曲を収録。歌20曲+カラオケ19曲、全39曲
  • 今日もいいこと(COCX-32669)
2003年度放送の楽曲を収録。全45曲
  • ダンスはこころのエネルギー(COCX-33173)
2004年度放送の楽曲を収録。全50曲
  • あしたにむかってダンス!(COCX-33572)
2005年度放送の楽曲を収録。全40曲

スタッフ編集

  • 音楽:山本純之助(第1期)、大森俊之(第2期)、並河祥太(第3期)
  • 構成:村雲一元
  • 操演:明羽美姫、酒井里枝、佐久間おさむ、南波郁恵、磯辺美恵子
  • 構成:古川順一、古屋啓子
  • 振付:香瑠鼓、紀元由有、菊口真由美
  • キャラクターデザイン:北島小百合(第1期)、藤枝リュウジ(第2期)、石川浩二(第3期)
  • デザイン:宗誠二郎、飯田聡子
  • 衣装デザイン:藤井伸惠
  • 人形製作:山村エナミ、光子館、スドーアート工房
  • 造形:中川真由子、原康平、清水洋
  • 監修:玉川大学 芸術学部、太宰久夫 
  • 音と動きの表現 指導: 柳沼てるこ(武蔵野音楽大学・こどもの城) 
  • 制作:NHK

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 幼稚園・保育所番組のひろば|うたっておどろんぱ!”. 日本放送協会. 2006年6月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月12日閲覧。
  2. ^ ディスコの支配人役や演歌歌手のマネージャーなどで顔出しあり。
  3. ^ 悪役ブラックオドレーヌ様として顔出しあり。
  4. ^ 初出はアニメ『アルジェントソーマ』の挿入歌。

外部リンク編集


NHK教育テレビ 幼稚園・保育所の時間 音楽系番組(1995 - 2005年度)
前番組 番組名 次番組
うたってオドロンパ!

うたっておどろんぱ!