えにわコミュニティ放送

株式会社あいコミ(旧称えにわコミュニティ放送株式会社)は、北海道恵庭市の一部地域を放送区域として超短波放送FM放送)をする特定地上基幹放送事業者である。e-niwa(いーにわ)の愛称でコミュニティ放送をしている。

株式会社 あいコミ
Aicomi Co.,Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
061-1355
北海道恵庭市島松寿町1丁目28番10号
設立 2005年11月
業種 情報・通信業
事業内容 コミュニティラジオ放送の制作・企画・運営
ラジオCM・音楽等制作
代表者 代表取締役社長:三浦孝史
外部リンク http://www.e-niwa.tv/
テンプレートを表示
株式会社あいコミ
愛称 e-niwa(いーにわ)
コールサイン JOZZ1AT-FM
周波数/送信出力 77.8 MHz/20 W
本社・所在地
〒061-1355
設立日 2005年11月
開局日 2006年3月3日
再開:2010年1月28日
演奏所 本社と同じ
送信所 恵庭市京町1番地(恵庭市役所屋上)
放送区域 恵庭市の一部
公式サイト http://www.e-niwa.tv/

概要編集

24時間放送で、自社制作・道内からの番組配信以外の時間帯は平日夜間20:00 - 翌朝7:00に同日8:00 - 19:00の番組を再放送しそれ以外はミュージックバードからの番組を放送。

恵庭市及び近隣市町を対象とし、エリア内人口は約8万人、恵庭市人口は約6万3千9百人である [1]

スタジオ編集

  • 本社スタジオ 北海道恵庭市島松緑町2丁目1番1号 アルファコート緑と語らいの広場えにあす内

歴史編集

1998年頃から恵庭市民の間でFM局開設の動きが生まれ、2001年から「えにわFMラジオ設立準備会」(後に「えにわコミュニティラジオ局開設準備室」に改称)がミニFM事業を実施[2]。その後恵庭市職員の北岡昌洋が道内各地での地域FM開局に刺激されFMで市民・企業・行政をつなぐ事をモットーとし市民や地元企業関係者らとともに準備を行い[3]、2005年末に「えにわコミュニティ放送株式会社」を設立し2006年3月3日に開局[2][3]。ステーションネームは「FMパンプキン」で、これは恵庭市の特産であるカボチャに由来したものである[3]

恵庭市内の各市街(島松、恵み野、恵庭)を対象としたラジオ放送を行い、市民情報、商店街情報、企業情報、行政情報、医療情報などの運用と発信による情報の共有と、市民間交流の潤滑油となるべく活動した。「市民総出演」をスローガンとし最盛期にはボランティア100人以上が参加し自社制作番組約40本で地域情報を発信した[3]

ところが、2008年に起こった大不況の影響で40社のスポンサーが12社まで減少、1期から3期の営業売上げは1400 - 1600万円と低迷。累積赤字は3700万円に及び、従業員の給与も賄えず意欲が続かない等の理由から放送局長が3度交代し市民パーソナリティが放送禁止用語を使用するといった問題が続発した[3]

再建策としてパートを含む社員計5人を解雇し、40ある自局制作番組も1日1本90分程度に縮小、東京の衛星放送から配信番組を買って放送を続ける方針だった[4]。2009年7月21日に自社放送休止を発表し[3]、9月上旬をめどに再開を目指していた7月30日午前10時45分ごろ、住居となっている事務所の2階から出火、消火活動により機材全損となり放送停止となった[5]。このため、8月3日に放送そのものを1年間の予定で休止することになった。

その後パンプキンの役員を務めた通信設備会社社長の三浦孝史らが存続に向けて株主企業らを説得し、新たな出資を募ったうえで2009年11月1日に社名を「株式会社 あいコミ」へ改称[3]、社名は「声を掛けあい」、「協力しあい」、「励ましあい」、「分かちあい」の等の意味を合わせたの「あい」とコミュニティを合わせたものとした。

新スタジオを道の駅『花ロードえにわ』(恵庭市南島松)に設置し、放送免許取り消し期限3日前の2010年1月28日より恵庭(eniwa)、北海道(ezo)、地球(earth)、自然環境(ecology)の頭文字を合わせた『e-niwa(いーにわ)』のステーションネームで放送を開始した[6][7]。子育て支援を手厚くする恵庭市役所と連携し、子育てに関する取り組みを柱として番組で子育てのアドバイスを取り上げる他イベントも含めて子育て世代や子どもとのつながりを深めている[8]

自社制作は生放送1番組のみから徐々に増やしたが、旧パンプキン時代の半分程度にとどめ従業員も4人に絞り2013年度に単年度黒字を実現し2017年・2018年にも黒字経営としている[3]

2014年には東日本大震災での地域FMの利用を参考に詳細な災害時マニュアルを策定し、2018年の胆振東部地震時の緊急放送で役立てられ以降防災啓発のCMを流す等子育て関連と並び防災関連の取り組みを強化した[9]

沿革編集

前史
  • 2001年(平成13年)
  • 2002年(平成14年)
    • 2月3日 第19回えにわ雪ん子まつり参加
    • 3月9日 第4回ミニFM(島松地区町内会・商店会、島松市民センター)
    • 5月11日 第5回ミニFM(白樺町内会・つくし幼児園)
    • 6月9日 第6回ミニFM(恵み野町内会・つねまる薬局前)
    • 7月7日 第7回むらもと祭り参加
    • 8月4日 島松駅前通り夏祭り参加
    • 8月23日 NHK札幌放送局ほくほくテレビ」進行司会担当
    • 9月29日 第7回ミニFM(遊ingロード1番街、喫茶リボン)
    • 10月18日 恵庭ロータリークラブ例会参加
    • 12月8日 「ミニFM・イン・イトーヨーカドー」初回放送(以降毎月放送)
  • 2003年(平成15年)
    • 2月1日 第20回えにわ雪ん子まつり参加(桜町多目的広場)
    • 3月23日 「まちづくり市民リレートーク」実施(恵庭まちづくり市民の会との共催事業)
    • 7月13日 第8回むらもと祭り参加
    • 8月10日 恵み野地区夏祭り参加
    • 8月17日 第17回納涼盆踊り・第26回納涼花火大会参加
    • 8月30日 「島松の商店会主催 第35回わいわい広場感謝まつり」参加
    • 10月11日 03'えにわスポーツフェスティバル参加
    • 10月25日 北央三菱自動車恵庭支店10周年記念行事参加
  • 2004年(平成16年)
    • 2月1日 第21回えにわ雪ん子まつり参加(桜町多目的広場)
    • 2月15日 ミニFM・イン(第16回)XCスキー大会
    • 5月4日 イトーヨーカドー恵庭店の縁日イベントに参加
    • 5月26日 恵庭YEG少年サッカー大会支援
    • 10月9日 04'えにわスポーツフェスティバル参加
  • 2005年(平成17年)
    • 1月7日 NHKテレビ「ほくほくテレビ」進行司会担当
    • 2月1日 第22回えにわ雪ん子まつり参加(桜町多目的広場)
    • 2月20日 ミニFM・イン(第17回)XCスキー大会
    • 5月4日 イトーヨーカドー恵庭店の縁日イベントに参加
    • 6月8日 NHKテレビ「ほくほくテレビ」出演PR
    • 8月4日 「えにわコミュニティラジオ局開設準備室」に組織拡大
    • 11月 株式会社として法人登記
    • 12月1日 北海道総合通信局が放送局(現・特定地上基幹放送局)の免許申請受理
FMパンプキン時代
  • 2006年(平成18年)
    • 1月18日 愛称「FMパンプキン」決定
    • 2月2日 予備免許取得
    • 2月11日 第23回えにわ雪ん子まつり参加(桜町多目的広場)
    • 3月2日 放送局の免許取得
    • 3月3日 開局。遊花夢(you come)FMパンプキン誕生祭を公開生放送。
    • 7月 初の番組改編
    • 8月5日 えこりん村にサテライトスタジオを設け、3時間の公開生放送。
  • 2007年(平成19年)
    • 3月3日 一周年記念祭を開催(島松・夢創館)。
    • 12月12日 サポーターズクラブ「パンプキン合衆国」設立。
  • 2008年(平成20年)
    • 2月10日 夢創館でチャリティライブを開催。
    • 5月25日 市民プラザアイルにて「FMパンプキン5人展」を開催。
  • 2009年(平成21年)
    • 3月3日 3周年記念番組を放送
    • 5月7日 パンプキン農園、林田に開設
    • 7月21日 8月3日より1年間の予定で一時休止する方針を発表[4][3]
    • 7月30日 2階住居から出火、1階事務所の放送機材が全損[5][3]
    • 8月5日 - 7日 緊急回線を使って試験電波発射。局長から放送停止のお詫びと今後についてアナウンスされた。
    • 11月1日 社名を『あいコミ』に変更[3]
e-niwa時代
  • 2010年(平成22年)1月28日 『e-niwa』放送開始。
  • 2014年(平成28年)10月 SimulRadioでのインターネット配信を開始。
  • 2018年(平成30年)
    • 4月 本社スタジオを島松寿町から緑町の複合施設「緑と語らいの広場 えにあす」に移転。
    • 9月6日 - 8日 - 胆振東部地震緊急特別放送を63時間連続で実施[9]

主な番組編集

生放送編集

  • えにわモーニング(月曜~金曜 8:00-10:00) 
  • スキップ!(月曜~木曜 10:30-12:30)  
  • 金曜日 しろくま通信 (金曜 10:00-15:00) 
  • らじあす(月曜~木曜 13:00-14:30)
  • にわナビ!(月曜~木曜 16:00-18:00) 

FMパンプキン時代の番組編集

生放送編集

  • パンプキンぽっとラック
  • 情報バラエティ ガーデンカフェ
  • イブニングステーション
  • イブニングFriday
  • サタデー遊ingウォーカー
  • ENIWA SUPER COUNT DOWN+
  • プレシャスモーニング( - 2007年3月)
  • デリシャスランチタイム( - 2007年3月)
  • 情報キャッチアップ( - 2007年3月)

局制作番組編集

  • えにわ百年100話
  • てのひら通信
  • エッセイを書こうよ
  • キネマな夜

市民制作番組編集

  • 山口孝司アナザーウィークエンド
  • 井戸端ファーマーズ
  • 恵庭空想ビル地下2階ミュージックバーゴールデンポンプ
  • ストーリータイム
  • マイク青木のOH!演歌!
  • 街かどふれあいトーク(「街かどサークル紹介」 - 2007年3月)
  • 遭わない 起こさない 交通事故
  • サウンドクロスロード
  • ピースフォーボーイズ&ガールズ
  • LAN! ENIWA RUN!
  • なちゅ☆すた(2008年4月 - )
  • M-3ゴリゴリRADIO
  • An Die Musik
  • 名曲セレクション
  • 池永ちかこのおしゃべりサロン
  • おしゃべりトワイライト
  • Smile☆パレード
  • 恵庭小劇場
  • 上京物語
  • Heat Wave
  • カラオケだーい好き
  • Pumpkinside Chat
  • もうひとつのVoice
  • グラス一杯の音楽
  • Fの時間
  • マイアニメでグゥ!( - 2007年3月)
  • おまたせ千歳高校( - 2007年3月)
  • 局立喫茶放送部( - 2007年3月)
  • 夜でナイト2( - 2007年3月)
  • Mキン!(2006年3月 - 6月, 2007年4月 - 9月)
  • Nature's Passion(2007年4月 - 2008年3月)

役員編集

  • 代表取締役:三浦孝史
  • 取締役局長:北岡昌洋
  • 取締役:鶴田力

パーソナリティ編集

  • 滝沢 貴之
  • 大千里 麻里子
  • 白崎 亜紀子
  • 三浦 真吾
  • 柴田 京子
  • 塩谷 薫

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 会社案内 e-niwa(Internet Archiveのアーカイブ:2014年8月26日収集)
  2. ^ a b FMパンプキン!恵庭のFM3月スタート - 北海道ファンマガジン(2006年1月4日)
  3. ^ a b c d e f g h i j k 発信 恵庭 地域FMの10年(中)再出発後は「身の丈経営」 - 北海道新聞2019年12月4日朝刊
  4. ^ a b FMパンプキン自局制作番組一時休止へ 2009年7月22日
  5. ^ a b **火事でFM放送が中断「FMパンプキン」 2009年7月31日
  6. ^ 「FMパンプキン」、新愛称「e-niwa(いーにわ)」へタウンナビ恵庭 2009年11月12日
  7. ^ FM再出発 e-niwa(いーにわ)放送開始 恵庭を元気に北海道新聞 2010年1月29日
  8. ^ 発信 恵庭 地域FMの10年(上)「子育て応援」市民と高める - 北海道新聞2019年12月3日朝刊
  9. ^ a b 発信 恵庭 地域FMの10年(下)放送で高める「防災」意識 - 北海道新聞2019年12月6日朝刊

外部リンク編集