メインメニューを開く

お気に召すまま」(: Any Way You Want Itエニィ・ウェイ・ユー・ウォント・イット)は、ジャーニーの代表曲で、1980年にシングル及びアルバム『ディパーチャー』の収録曲として発売された。作詞作曲はボーカルのスティーヴ・ペリーとギターのニール・ショーンビルボードホット100では23位を記録した[1]。ジャーニーのライブでは終幕に演奏することが多く、過去に発売されたライブアルバム4枚(『ライヴ・エナジー』、『グレイテスト・ヒッツ・ライヴ』、DVD『ライヴ・イン・ヒューストン〜1981年エスケイプ・ツアー〜』、DVD『レヴェレイション』)に収録されている。発売以来この曲は数多くの映画やテレビ番組、CMで使用されている。また、2008年のアルバム『レヴェレイション』では、アーネル・ピネダのリード・ボーカルによってセルフ・カヴァーされている[2]

お気に召すまま
ジャーニーシングル
初出アルバム『ディパーチャー
B面 「遥かなる旅路」(米、日)
「ドゥ・ユー・リコール」(英12インチ)
「ラヴィン、タッチン、スクウィージン」(英12インチ)
リリース
規格 7インチシングル、12インチシングル
録音 1979年11月
ジャンル ハードロック, ポップ・ロック
時間
レーベル コロムビア
作詞・作曲 スティーヴ・ペリーニール・ショーン
プロデュース ジェフ・ワークマンケヴィン·エルソン
ジャーニー シングル 年表
「トゥー・レイト」
(1980年)
お気に召すまま「ウォーク・ライク・ア・レディ」
(1980年)
ミュージックビデオ
ジャーニー「お気に召すまま」 - YouTube
テンプレートを表示

目次

メンバー編集

チャート成績編集

チャート(1980年) 最高位
カナダ・トップシングル(RPM 50
アメリカ・ビルボードホット100[1] 23

評価編集

VH1が2008年12月29日から2009年1月2日にかけて放映した企画「100グレイテスト・ハード・ロック・ソングス」では80位に選出された[3]。音楽ジャーナリストのSterling WhitakerはUltimate Classic Rockの企画「ジャーニーの曲トップ10」において本作を3位に挙げ「『ディパーチャー』はジャーニーの以前のレコードよりもエッジの効いたサウンドで、この曲はそれを示す完璧な例である」と評している[4]

大衆文化への影響編集

1980年の映画『ボールズ・ボールズ』では、ロドニー・デンジャーフィールドがゴルフバッグに内蔵したラジオをつける場面でこの曲が登場する。また、テレビアニメ『ザ・シンプソンズ』のシーズン8ではエンディング曲として使用されている。

テレビドラマ『glee/グリー』のシーズン1最終回ではこの曲が登場し、同じくジャーニーの「ラヴィン、タッチン、スクウィージン」とマッシュアップされたバージョンを部員達が歌唱している。

ロック/ジュークボックス・ミュージカルロック・オブ・エイジズ』やその映画化作品、アニメ映画『マダガスカル3』内でも挿入歌として使用された。

カヴァー編集

脚注編集

  1. ^ a b Journey | Awards | AllMusic
  2. ^ Deming, Mark. “Revelation - Journey”. AllMusic. 2015年7月26日閲覧。
  3. ^ Guns N' Roses, AC/DC, Led Zeppelin, Black Sabbath Classics Among 'Greatest Hard Rock Songs'”. Blabbermouth.net (2009年1月3日). 2015年7月26日閲覧。
  4. ^ Whitaker, Sterling. “Top 10 Journey Songs”. ultimateclassicrock.com. Diffuser Network. 2015年7月26日閲覧。
  5. ^ Anderson, Rick. “Victory Style, Vol.5 - Various Artists”. AllMusic. 2015年7月26日閲覧。
  6. ^ Rise Against - Revolutions Per Minute (CD, Album) at Discogs

外部リンク編集