かずさアクアシティ

千葉県木更津市金田地区に整備中のニュータウン

かずさアクアシティは、千葉県木更津市金田地区に整備中のニュータウンである。

概要編集

金田地区は、東京湾アクアラインの千葉県側の着岸地で、木更津金田インターチェンジ及び木更津金田バスターミナルが所在している。

かずさアクアシティは、東京湾アクアライン連絡道によって二分され、東側(金田東地区)は都市再生機構(UR)が、西側(金田西地区)は千葉県がそれぞれ土地区画整理事業により施工している。

計画人口は、金田東地区が約10000人、金田西地区が約7000人の計17000人程度を予定している[1]

開通時の1997年頃より、土地区画整理事業がURと千葉県によって行われていたものの、長きにわたり都市開発の着工には至らなかったが、金田東地区は2012年4月の三井アウトレットパーク 木更津三井不動産)の開業[2]、金田西地区は2020年7月のコストコ木更津倉庫店の開業と2023年開業予定の木更津ゲートウェイ・ヴィレッジ(新昭和)を皮切りに具体的な動きが見られるようになった[3][4]

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 金田地区土地区画整理事業(かずさアクアシティ)”. 千葉県庁. 2012年3月31日閲覧。
  2. ^ 「三井アウトレットパーク 木更津」第1期 171店舗 本年4月13日(金)グランドオープン”. 三井不動産株式会社・ららぽーとマネジメント株式会社 (2012年1月24日). 2020年6月21日閲覧。
  3. ^ 木更津に新ランドマーク 新昭和が落札、誘客期待 金田西の千葉県保留地”. 千葉日報 (2019年1月31日). 2020年6月21日閲覧。
  4. ^ コストコ木更津店、7月30日開店 アウトレットとの集客相乗効果期待 千葉県内3店目”. 千葉日報 (2020年6月17日). 2020年6月21日閲覧。